人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

1966 TV SERIES BATMOBILE

e0162444_045376.jpg
幼き頃、TVドラマはかなりアメリカ製のものがあった。
コンバットやギャラントメン・FBIその他コメディからシリアス物・スパイ物とあらゆるジャンルに渡ってだ。
このバットマンもそんな頃の憬れのヒーロー番組なのだ。
今のバットマンのように超シリアスものではなくお決まりの「勧善懲悪」で子供でもよく判る内容だった。

其の中に出てきたのが、この超カックいい「バットマンカー」である。
今出来のセンスのかけらもないバットモービルとは全く異なり流麗なフォルムは真に幼心を痺れさせた。
まぁこれ以外のバットマンの羽飾りを付けただけの「バットボート」とか「バットヘリコプター」なんちゅーのもあるにはあるが・・・あれは見なかったこととしよう。

プロップの原型はフォードのフューチャーなるコンセプトカーとのこと。
確かにバットマンカーから羽を取った感じだけど1960年代のアメリカン・デザインに満ち満ちている。

e0162444_0451680.jpg
e0162444_0453933.jpg
e0162444_0455785.jpg
e0162444_0463766.jpg
e0162444_0482949.jpg
e0162444_0484846.jpg
この模型っていうかミニカーは最近マテル・ブランドで発売された1/18である。
1966年からこれまでまともな出来のオモチャが無かったのが不思議なくらいだが、こんな出来の良いものが出てくれて本当に有り難い。

最近、子供の頃に欲しかったメカモノの素晴らしい出来のアイテムが非常に多いのには全く嬉しい限りだ。
特に円谷メカやITCメカの食玩の出来やラインナップには、ただただ感心するばかりである。
そのせいで我が家にもウルトラホークやジェットビートル・サンダーバードがどんどん増殖している。フォルムも良いし色味も綺麗で手に取るだけで楽しいのだ!

あぁ~、しかしこんなことでは全く手を動かさない「ダメ野郎」になってしまう!ただ消費するだけの単なるヲタになり下がってしまうぅ~・・・・・・・・が、しかし楽しいものはドンドン楽しむのがオレ流という事で手を動かすのは当分下半身だけにしておこう。



# by 1944-6-6 | 2009-11-23 02:01 | メ カ モ ノ | Comments(1)

8561

e0162444_123456.jpg

ディアゴスティーニの謀略に陥り東宝特撮映画DVDコレクション第4段「海底軍艦」を購入してしまった。
僕が思うにこの映画は特撮SFというよりむしろ戦争映画のイメージが強い。

1963年(昭和38年)12月22日に公開とのことだが終戦から18年、役者さんの半分は何らかの形で「軍隊」を経験しているのではないだろうか?
劇中で僕の最も好きというか気にいっている場面が上原謙演じる楠見元少将に対して田島義文演じる天野兵曹が礼をするところだ。
動きが「ビシッ」していて何というか今の人には無い時代的な「緊張感」を感じる。
1918年生まれとのことなので軍隊経験者なんだろうなぁ。



e0162444_147856.jpg

それとこのお姉さん。
神宮司大佐の娘役の藤山陽子。絵に書いたような「お嬢様」ちゅー感じのいわゆる美人タイプで、幼きころに観ていた夏木陽介主演『青春とはなんだ』の女性教師に子供心は知らず知らず痺れていたようだ。
自分でも意識していなかったのだがその後海底軍艦等を見てそれを思い出さされたのだった。

今でも「品の良いお姉さん…女教師…年上」に弱いところはこのお姉さんが始まりだったよーである。



# by 1944-6-6 | 2009-11-11 02:06 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(1)

McDonnell F-4EJ PhantomⅡ

e0162444_0185219.jpg
昨日、久しぶりに模型の展示会に行ってきた。

中々の力作に刺激を受けた・・・が作るほどの気力は無いのが現状だ。
そんな中にタミヤの1/32のF-4EJファントムがあった。

やっぱファントムはカッコ良い良い!!! 僕もモデラーだった頃タミヤのものを5機ほど作ったがロング・ノーズは手元に残っていない。 残念!
幸か不幸かEJのキットは持っている・・・久々にやってみるか! ・・・なんつって出来ゃーしねぇな。



# by 1944-6-6 | 2009-11-09 00:37 | 模  型 | Comments(0)

U.S. Carbine Cal.30 Model 1

e0162444_193085.jpg
e0162444_1101627.jpg
e0162444_1103188.jpg
e0162444_1104647.jpg

カービン銃っていやぁM1カービン
              なのである。

何故かって・・・そりゃー判りやすい
             からなのだ。

これでいいのだ!

# by 1944-6-6 | 2009-11-07 01:38 | 無 可 動 銃 | Comments(6)

Woodsman

e0162444_1382492.jpg
e0162444_1384590.jpg
e0162444_139549.jpg
e0162444_1393451.jpge0162444_1395979.jpg
先日ヤフオクで購入した未使用の「きこり」だがあのカッコ悪いトリガーガードに我慢できずにやっちまった。
ガリン!ガリン!と削ってやったのだ。
だいぶ実物の雰囲気に近づいたっていうか・・・それ以上に品良くなった気がするのは僕だけだろうか。

ついでにパーティングラインを取ってカキカキに面出しをしたので尚更「品」が良くなったのである。
メデタシ! メデタシ!


# by 1944-6-6 | 2009-11-06 01:54 | 絶 版  M G C | Comments(0)

Do androids dream of electric sheeps?

e0162444_133963.jpg
「ブレードランナー」で使用されたデッカード・ブラスターの実物プロップがアメリカのオークションにて$ 225,000 で落札されたとのこと。・・・・・間に合わせで作ったプロップが2,250万円だとぉー!

そもそもブレードランナーなる映画はあまり好きではない。 と言って嫌いな訳でもない。・・・つまりドーでもいいんである。
しかし先日、強度のブレードランナー・ヲタ(ちゅーかデッカード・ブラスター・ヲタ)と話が出来た。
オークション出品の話を聞いてわざわざアメリカまで見に行ったとか・・・ウキャー!

そんな話を聞いていたら無性に「ブレードランナー」が観たくなって10数年ぶりに観てやろうとツタヤに行ってみたのだがレンタルに無い!!!
あったまにきてセルを見ると¥1,500であるではないか。
ここは一発ツタヤの戦略に乗って購入か否か・・・と迷う間もなくサラリと購入! 無事に鑑賞出来たのであった。
メデタシ! メデタシ!

相変わらず意味は良く判らないが画面から古臭さを感じない・・・ただハリソン・フォードが異常に若いのが何とも無気味であった!



# by 1944-6-6 | 2009-11-02 01:25 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(2)

Colt`s Woodsman Sports

e0162444_13211844.jpg
e0162444_13214051.jpg
e0162444_13223096.jpg
ショルダーホルスターはコクサイから出ていたものが使いやすくカッコいい。
e0162444_13233617.jpg
e0162444_13241715.jpg
e0162444_13244244.jpg
e0162444_13252747.jpg
手なぐさみにトリガーガードを広げマグ・キャッチをボトムに移動、パイソンあたりのリアサイトを付けてリブを造ってMGCのウッズマンを2ndタイプから3rdタイプに改造しようとわざわざ切った貼ったのできるABS製を購入したのであるが・・・・未発火で非常にコンディションが良かったのでイジルにイジレなくなってしまった。
しかし、どーも 2ndのトリガー周辺のゾウサクが嫌いなのである。マグ・キャッチもボトムのほうが似合う・・・というより折角の美しいトリガー&トリガーガードのラインをぶっ壊している。ましてMGCのは形状がダメダメだ。

本物はもう少しだけ「品」があるのだ。

あぁー3rdが欲しい!・・・マルシンのはカッコはまあまだがオープン・ファイアにも拘らずオクでの価格が異常である。
多分に一般大衆が3rdを求めている証なのだ。
エランの社長、このブログを観ていたら早速最高のウッズマン・スポーツの3rdを作ってほしい。
ノーマルと飛葉タイプの2丁は絶対に買わせていただくので・・・・なんとかお願いしたいものである。
ターゲット・タイプも出してくれりゃあヘボピー(注:ノリピーではない)も好きなんでもう一丁追加だ。


そういえば中坊の頃か、この「ウッズマン(woodsman)」という響きがカッコよかったのでどんな意味だろうと辞書を引いた。

「きこり(林業に従事する人)」・・・だとよ!・・・・・・えぇっ!!!!

「与作」と同義だったのだ!!



# by 1944-6-6 | 2009-10-27 14:06 | 絶 版  M G C | Comments(2)

Colt Single Action Army Bisley Model ,3in

e0162444_1411198.jpg
e0162444_1422215.jpg
e0162444_1423613.jpg
e0162444_143168.jpg初めて見た時からスナブ・ノーズの

ようで気になっていた「ビズリー 3

インチ」をオクで手に入れた。コンデ

ィションはなんか良くなかったけど

未発火ならOKちゅーことで落札。

チュート半端なコンディションせい

かたいして値も上がらずラッキー!

どうせ仕上げなおすのでド新品や

変な手が入っているよりよっぽど

マシだ。

「ハドソン」にしては変質的な自己

解釈的表現もなく非常にカチッと

出来ている。グリップなんかわざ

わざベークライトっぽいので造っ

たりしてし良い意味で普通に頑

張っている。


「やりぁーできんジャン!ハドソン」
ホルスターは前に買ったS&W製のもの。Nフレーム用(でもKフレーム用として売ってたけど・・・)を流用した。ピッタリだ!

しかしビズリーはイギリスの射撃大会の名前。・・・3インチなんかじゃ意味無いじゃん…てな訳で実物には無いんだろうなぁ、こんな

モデル。

でも、なんか良い感じなんである。

ハドソンのモデルガンの中ではこのビズリーとミニデリンジャーは実銃を感じさせるフィーリングを持っている。どちらも「ゲテ」 なの

がハドソンらしいと言ったらはちょっと偏見すぎるだろうか?
e0162444_1433976.jpg

e0162444_143544.jpg

e0162444_2295116.jpg
トリガーガード内側のパーティングラインは消しておけばよかったと反省!反省!

でも、なんかキャワイイ「ピーメ」である・・・
# by 1944-6-6 | 2009-10-22 02:37 | 絶 版  ハ ド ソ ン | Comments(0)

Colt`s Combat Commader .45AUTO

e0162444_0205381.jpg
e0162444_0211954.jpg
e0162444_0213626.jpg
エランのコマンダーが欲しいのだがヤフオク貧乏で全く手が出ない。
仕方がないのでMGCのものに手を入れて自慰行為をしているのだ。
あぁー、淋しい・・・・・けれど気持ちヨロシ!

とりあえずオリジナルの箱に入れて悦にいったり、実物グリップ(あまり見かけないヤツ)を付けて当時のコルトのカタログと並べたりと楽しんでいる。
# by 1944-6-6 | 2009-10-21 00:35 | 絶 版  M G C | Comments(2)

G.I. Joe

e0162444_1365741.jpg
DVDで「G★I ジョー(原題:The story of G.I. Joe)」という1945年(昭和20年)製作の戦争映画を観た。
画質も良く装備や車両はモロホンマモンばかり!年代的に当たり前だけど非常に感激した。
この映画はこれまでビデオ化されていなかったと言う事だがなんでだろう?
戦中の映画によくある戦意高揚的な部分は感じられず逆に絶対戦争に行くのは嫌だちゅー気にさせる。

内容は米陸軍第1師団第18歩兵連隊第1大隊C中隊のイタリア、モンテ・カッシーノでの戦いを中心に従軍記者アニー・パイルの目を通しておっていく・・・ってお話だ。

で、主演はあまり好きくないロバート・ミッチャム。 メッチャ若い!!
でで、持っている武器がトンプソンM1928A1・・・しかも銃身にフィンが無いうえL型簡易サイト付ときている。
完全な戦時簡易型・・・ではないか!

や、やるなぁー。

あまり映画では拝めないのでよく観ておこう。



e0162444_137117.jpg
次はB.A.Rなのだがこちらは逆に大戦型のM1918A2ではなく初期のM1918なのである。
フラッシュ・ハイダーも初期型だったかバイ・ポッドは付いていない。
ショルダー・レストもない。 マガジン・ガイドもついていない。・・・がコッキングもされてはいない。
リア・サイトはピープ付きのM1918型でサイド・ガードの後端がピョコンととんがっているのが特徴だ。

こいつも中々やるなぁー!


e0162444_1372436.jpg
最後は大好物の50口径だ!
空砲での作動を考えて航空タイプのAN/M2と呼ばれているものを使っている。
これは「ラット・パトロール」でもそうだったので大目に見てやろう。

ここで注目したいのはロバート・ミッチャンがM49リングマウントの中でクレードルを後方にずらす際にスケーターのロック・レバーに手をかけているところだ!
これはめったに見ない動作だけにメッチャ感激!!!・・・手なれた操作に嫌いだったミッチャンが好きになってしまった。
やっぱミッチャンも軍隊にいっていたんだろうか・・・

ちなみに乗っているGMCはショート・ホイール・ベースと呼ばれるもの。
東宝のゴジラ等では自衛隊に供与されたものが105mm榴弾砲を引いているのが確認されているのであった。



# by 1944-6-6 | 2009-10-20 02:27 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(0)

Kisibojinn

e0162444_341280.jpg
e0162444_3102033.jpg
先日の休みに「江戸探訪学会都市伝説研究会」のメンバーとかねがね訪れたいと思っていた小石川~雑司ヶ谷に出かけた。
複雑な地形と数々の奇々怪々な土着的民間宗教施設に驚嘆しながら非常に意義のある調査になったと思う。
東京にもまだまだ不気味な別世界が彼方此方にあることを痛感し、益々その「結界」ともいうべき不可思議な非日常的な空間を体感してゆきたいと思わざる得ないのであった。
その奇怪な写真はとてもブログにはアップしたくない。なにか見てはいけない「モノ」が写っていそうだからだ。

とりあえず最後に訪れた雑司ヶ谷「鬼子母神」にあった駄菓子屋を紹介しよう。
なんと創業1781年だとか・・・マジか?
この婆さんは200年以上もいきているのか!

「ナンマイダブ、ナンマイダブ・・・」


e0162444_3104743.jpg
御神木のところにいた「猫」。
この白さと雰囲気はそこら辺の駄猫とは異なる。 何かの化身と直感したのだが・・・。



# by 1944-6-6 | 2009-10-17 03:52 | そ の 他 | Comments(0)

Junk Snack

e0162444_3362285.jpg先日は大坂で変わったスナック菓

子を見つけたが今日は東京のしか

も行き慣れた近所のセブンイレブン

で意味不明というか、もはや人を

なめているとしか思えないものを

発見した。




「キャベツ太郎」・・・だとよ!





もはやネーミングの意図やセンス

は全く感じられない。


e0162444_3364179.jpg原材料にキャベツが入っているの

かと思い(なんて人が良いんだ俺

は・・・)コンビニ内で裏書きを何度

も読んでしまった。


やっぱ入ってねえや・・・って一人

でほくそ笑んでいたら前にいたどっ

かのネーチャンと目が合ってしまっ

た。


ドラマならここから「恋」が始まるの

だらうが現実はただ軽蔑的な無視

をされたにすぎないのだった。



e0162444_3365628.jpg

なんだか女子高生にはやっているらしい・・・安いしボリュームもあって結構いける!

30円だったかな。

e0162444_3371252.jpg

どちらも40~50円のくせに食いでがあってそのうえ非常に美味しい!!

はまりそうである。



# by 1944-6-6 | 2009-10-09 04:20 | そ の 他 | Comments(2)

ULTRAMAN

e0162444_230527.jpgこりゃまたメッチャクチャかっこいい「流星バッジ」を見つけてしまった。

子供の頃は赤や青のメッチャダサイ「流星バッジ」で我慢していたのだが今のオヤジたちはマッタク幸せである。

出来も上々なれどその機能も凄い!!

アンテナが3段に伸びるのだ。

劇中では段無で伸びるのだがこのあたりは「より良いリアリティ」ちゅーことで大満足である。 メデタシ! メデタシ!

e0162444_2302581.jpgおおぉ、これは素晴らしい!

思わず 「こちらハヤタ。 キャップ応答願います。」 などと言ってしまいそうだ。

危ない! 危ない!

e0162444_2304481.jpg怪獣殿下にでもなった感じである。

そいえば「科特隊」って国際警察機構の一部であってセブンなどと異なり防衛軍ではないのである。

安心! 安心!

e0162444_23109.jpg
光りはしないがあの「変身音」が出るベータカプセル。
なんか凄く嬉しいアイテムである。

e0162444_2311789.jpg
科特隊のパーソナル・ウエポン「スーパーガン」だ。
3丁の銃身を合わせて発射すると威力が倍増して怪獣をやっつけられるのだが39話のうちで1回しか使っていない。
日ごろから使えばハヤタも変身しないで済むのに・・・

科特隊の歌の中に 「♪ スーパーガンで立ち向かう~ ♪」というくだりがある。
立ち向かう・・・って始めから負け戦っぽくないだろうか。

それにどう聞いても「科特隊の歌」と「ウルトラマンの歌」は内容が混同しているような気がしてならないのは僕だけ?



# by 1944-6-6 | 2009-10-06 03:29 | 特 撮 モ ノ | Comments(4)

Junk Food

e0162444_23545926.jpg
e0162444_23533618.jpg
e0162444_23535598.jpg
大阪のコンビニで見つけたジャンキーなコーンスナック。
東京にもあるのかは判らないけど試しに購入し早速食べてみた。

すき屋の牛丼味は・・・・・微妙な味で牛丼っていえばそんな気もする程度。

いかめし味・・・・・・・・・・・これは「いかめし」の味だ!!! すげぇ美味すぎる!! 結構やめられない。
               正式名称は「人気駅弁屋監修 いかめし味」・・・らしい。

先日食った「大阪・難波 自由軒のカレーせんべい」も大変にヨロシク満足だった。大阪にゃ変わったスナックがあるんだね。

e0162444_013420.jpg





# by 1944-6-6 | 2009-10-03 00:14 | そ の 他 | Comments(0)

GODZILLA

e0162444_313112.jpg
e0162444_3132682.jpg
e0162444_3134058.jpg
なんとなく待っていた「東宝特撮映画DVDコレクション」が本日(正確には昨日29日)にデアゴスティーニから発売となった。
特撮物には弱いので早速購入した次第だ。 メデタシ! メデタシ!!
う~ん!  解説書が付いて990円!安い!!
…ということなのか考えてみるとC62以来フェラーリ・安土城・零戦と毎回のように第1号だけは買っている。

なんか、アホちゃう!

なんかそんな気もするが、今回はいくつか欲しい作品がある。でも書店には3~4号までしか置かないだろうなぁ。
定期購読して毎月¥8,000の月賦を脊負うか・・・迷うところである。

もうひとつ難題は同じ作品群が東宝よりブルーレイで先週だかに発売となった。こちらは¥6,000近い。
先のないDVDにするか先を考えブルーレイにするか・・・これまた悩みの種なんである。



# by 1944-6-6 | 2009-09-30 03:36 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(2)