人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

CMC トンプソンM1・・・のボルト

若い頃の僕はモデルガンをブローバックさせるのが大好きだった。
CMCトンプソンM1も買ってすぐにCMCオリジナルのなんたらカートで作動させようと思ったのだが全くブローバックしない。
そのうちMGCのCPが出てきたが、これはシンプルでイイ、ちゅーことでCP仕様に加工してバッコンバッコンと発火させていた。
しかしCMCのトンプはオリジナルどおりの構造のエキストラクターが仇となって、作動には強度的に問題があった。
エキストラクター本体がロストワックスの鉄製で、鑑賞派には嬉しい事この上ないのだが動かすとイカンかったのだ。
僕のも直ぐに壊れてしまい、どうするか考えた。

そこでMGCトンプのものを参考に自作したのが下の写真である。
探し物をしていたら発掘された。
これまた、若かりし頃の楽しい遺産だ。

e0162444_1711136.jpg
バラすとこんな構造だ。作ってから30年位は経っている。本体は、とうの昔にオクでドナドナされている。
e0162444_1711229.jpg
確か5mmの鉄板から鉄鋸とヤスリで削り出したはず。ネジの頭が千切れてもいいように逆側にもドライバー用の溝を切った。う~ん、芸細だなぁ!
e0162444_1711321.jpg
最低でも500~600発のブローバックに耐えたボルトフェイス!苦労人の顔つきだ。自家製エキストは100~150発くらいで外側にやや開いてしまい、カートの飛びが悪くなる。まぁ、ペンチで戻せばいい訳だが。
e0162444_17114270.jpg
レシーバーに入れるとネジは隠れる。
まぁコッキングすればハンドルの作動スリットから見えるのだが・・・
e0162444_17115220.jpg
7mmキャップ火薬1発でこの重いボルトを吹き戻すのだから、その力を一気に受けるボルト先端は大変だ。その為、ボルトが先太(ラッパ状)に変形しているのがお分かりいただけるだろうか?
e0162444_1712345.jpg
初めて気づいたが実銃に比べると結構ボルトが短い。まさかブローバックの圧のせいで縮んだという事は・・・まさかだよな。確かハドソンのはもっと短かったような。
e0162444_17121052.jpg
全くお恥ずかしい話だが、20代後半だったかビデオ・キャメラを買った時に、つい興奮してWWⅡ米軍フル装備で30連弾倉3本の計90発を一気に撃っているハメ撮りビデオを撮ってしまった。
今でも家のどっかにあるはずだ。ハドソンのステンやマルシンのUZIもあったような・・・


いずれにせよ、これが人前で上映されたら恥ずかしさのあまりに、精神崩壊をおこし悶絶死するくらいの黒過去である事に間違いはない。
# by 1944-6-6 | 2013-10-30 23:55 | 絶 版  C M C | Comments(12)

好きだなぁ…このアングル

e0162444_917493.jpg
MGC Walther P38

e0162444_9171914.jpg
ZEKE Colt M1903 .32Auto
e0162444_9173360.jpg
マルシン FN Browning M1910
e0162444_9174585.jpg
マルシン Colt .25Auto
e0162444_918658.jpg
ハドソン Jericho 941
e0162444_1412817.jpg
CMC FN Browning M1910
e0162444_9182166.jpg
MGC Colt M1911A1
e0162444_9184070.jpg
ハドソン Colt M1903 .32Auto
e0162444_918501.jpg
MGC SW /44 Combat Auto
e0162444_9224423.jpg
ZEKE Colt M1911A1 Nationalmatch


気づいてみると、同じような体位でやっていた。

う~ん!

面白いので並べて見たが結構イイね!!

e0162444_1002826.jpg

e0162444_1083167.jpg

e0162444_1004655.jpg
e0162444_101383.jpg
e0162444_1011657.jpg

# by 1944-6-6 | 2013-10-28 09:27 | モデルガン そ の 他 | Comments(3)

イイ色合いになってきた! .32AUTO

e0162444_14352982.jpg
暫く放置プレー状態だった.32AUTOを見てみたら、中々良い色合いになってきた。
何とも秋っぽい色ではないか。

真鍮は色々な景色を持った色合いになるのが良いような悪いような。
黄金のような眩しい金色から、銅のような赤みのあるものまで・・・
僕的にはくすんだ黄色・・・昔の真鍮のドアノブって感じが憧れなのだが。
材質の違いか、なかなかそうはならないのが現実だ。
しかし、以前に見せてもらったロッケンFDSが正にそんな感じだった。
e0162444_14354077.jpg
素晴らしく美しいラインである。
さすが天才ジョン・M・ブローニング大先生。
勿論、異論はあろうが・・・
.25AUTOも是非とも欲しいモノである。
e0162444_14355165.jpg
何故か僕はこの.32AUTOが非常に好きで、予約までして手に入れたのである。
非常に満足している。
ただ一つ気になるのはトリガーの材質。
なんか色気が無いと感じるのは僕だけだろうか。

まぁ、ドーでもいいことだが・・・


PS:この.32AUTOも分解写真を予定しているのでご期待あれ!

 

# by 1944-6-6 | 2013-10-07 03:26 | Z E K E | Comments(10)

江ノ島から見た『世界遺産』

e0162444_21372719.jpg
先日、夏休みを兼ねて鎌倉、江ノ島に一泊の旅行に出た。
あいにくピーカンとは言えない天気だったが、何十年ぶりに江ノ島に渡った。
その途中、江ノ島弁天橋から雲間に霞む富士山が見えた。
なにやら幻のような蜃気楼のような・・・

ふと、こんな景色が何百年も前から変わらずにあったんだろうな。

なんか力が湧いてくる!・・・気がした。

まだまだ青いな!


# by 1944-6-6 | 2013-10-02 22:31 | そ の 他 | Comments(2)

岐路

人生の岐路に立った。
これから、いろいろ変わる。
生活も友人も・・・その他いろいろと。

        有難うございました。
 

# by 1944-6-6 | 2013-09-21 23:46 | そ の 他 | Comments(25)

リチャード・ディック・ウィンターズ

e0162444_2352733.jpg
8月の初めに行われたB・Hに行ってきた。
そこで購入したアイテムの紹介・・・と思っていたが。
時間が開いてしまったが、我家にはエアコンが無いので暫くは写真も撮れない状態が続く。
やっと今日になって多少活動が出来そうだったので久しぶりに風呂場での撮影をしてみることにした。

でも、動くと汗が出る。

ちゅーことで中途半端な出来なのは、どうかお許し願いたい。
e0162444_23522438.jpg

e0162444_056092.jpg
B・Hで購入したのはTV「バンド・オブ・ブラザース」のリチャード・ディック・ウィンターズ大尉の認識票のレプリカである。
アメリカ製とか・・・
なかなか面白い。

我家の空挺グッズを総動員して写真を撮ろうと思ったのだが・・・汗が噴き出て途中で断念!!
でも久しぶりにT-5パラシュートとM1Cヘルメットを確認。
もう20年以上も前に購入したものだ。

昔話になるが、自宅でこれらを装着して一人で空挺ゴッコしていた。
11ハトメのブーツまで履いて・・・である。
その楽しい時に、嫁さん(当時はいたのである)が友人を連れて帰ってきた!
ブーツや予備傘は直ぐには外せない・・・という事で101空挺のまま友人をお迎えしたのであった。


# by 1944-6-6 | 2013-08-28 00:22 | Z E K E | Comments(14)

ワンフェスに行ってきた

e0162444_075054.jpg
e0162444_080100.jpg
今年の夏もワンフェスに行ってきた。
いろんな意味で刺激になって面白い。

今回はTV「ザ・パシフィック」で使用された九五式戦車の実物大プロップが来ていた。
う~ん、なかなか良い感じだ。
パイプ・フレームに2㎜の鉄板を溶接しているとか・・・

恐れ入りました。

# by 1944-6-6 | 2013-07-29 00:26 | そ の 他 | Comments(4)

ウルトラ警備隊 ビデオシーバー

e0162444_11424984.jpg
また、憧れのオモチャを手に入れた。
オヤジ達には最も弱いアイテムだ!

チト高いけどね。

# by 1944-6-6 | 2013-07-08 11:44 | 特 撮 モ ノ | Comments(21)

君はシュオーツ・セフティをみたか?

e0162444_048464.jpg
e0162444_0484897.jpg
あっ、またZEKEのガバじゃん。もう飽きたよ・・・とお嘆きの貴兄もおられると思うが暫しお付き合いを。

先日、友人が我ブログを見てZEKEのM1911A1の購入を決めたとTelがあった。
聞けば1942年ミリタリー・タイプが良いとの事なので、とりあえずナショナルマッチを買ってもらい僕の手持ちのミリタリーと交換することにしてもらった。
勿論、差額はお支払いだ。
僕自身、コマーシャル・ミリタリーが欲しかったのは先にも記したが、諸事情でミリタリーを購入したのであった。
しかしミリタリーは外見的にも見慣れていて何かおもろくない。
モデルガン初のシュオーツ・セフティも見てみたい・・・ちゅーことで今回のトレードと相成った。
友人はディフォルトのフラットな感じよりピカ物が良いとの事で、多少磨きこんでいた僕のものが好みだったようだ。

外見はどうでもシュオーツ・セフティは完全に機能しているのにはニンマリだ。
このセフティはファイアリングピンを常時ロックしていてグリップセフティを握ることで解除するファイアリングピン・セフティロック・システムで、シリーズ’80にも同様のものが取り付けられている。
ただし、’80はトリガーに連動するので引き具合に支障を感じそうだ。

しかし、ハンマーとトリガーの連動もしないし発火もするわけではないZEKUガバには全く意味は無いのだが・・・メチャクチャ正確に作動する。

う~ん!

どうやら僕の大好きな『大人の遊び心・・・』っちゅーヤツですね。

e0162444_0581065.jpg
e0162444_0572526.jpg

e0162444_0492583.jpg
e0162444_0493256.jpg
e0162444_0494293.jpg
e0162444_050863.jpg
e0162444_0501811.jpg
e0162444_051369.jpg
e0162444_0511213.jpg
e0162444_0512181.jpg
e0162444_0513478.jpg
e0162444_0514226.jpg
e0162444_0515278.jpg

e0162444_05243100.jpg
e0162444_0525037.jpg
e0162444_05332.jpg

# by 1944-6-6 | 2013-06-10 01:41 | Z E K E | Comments(13)

The Third

e0162444_251891.jpg
Rocken・・・・・3rdモデル。
世の中には奇特な方がいてZEKEのM1911A1購入のお祝いにか、貴重なこのモデルガンを我愚ブログの為に貸してくださった。
という事で『正倉院』にでも保管されなくてはならない様な、国宝級のモデルガンが我が家に降臨された。
ただし、すでに返却済なので短い滞在であったが、とりあえず分解の許された範囲でバラしてみた。

オーナーからの御要望でいくつかの制約を承諾している。
まずシリアルは明かさないでほしいという事。これはRockenを取り上げる場合、不文律というべきお約束である。
次に無理な分解は絶対に避けてほしいという事。これも必ず守らなくてはいけない事である。
したがって今回はやや消化不良に感ぜられるかも知れないが、その点を鑑みご了承願いたい。
僕がオーナーでも同じことを言うはずだ・・・・・というか、僕だったら他人には貸せない。
そう考えるだけで、この3rdのオーナーは豪儀である。 

チューことで、僕のヘッポコ写真で楽しんでいただければ幸いである。

e0162444_2524391.jpg
スラッとカッコイイM1911だ。
グリップはリアル・マッコイの木製グリップに換えているそうだ。
バレルはオール真鍮製で、銃口は前から硬材が叩き込まれている。
勿論、非貫通なので抜くことは不可能のようだ。

e0162444_2522776.jpg
シリアルは画像処理で消している。
因みにかなり若い番号である。
非発火式のダミーカート・モデルで、撃針は貫通していないので包底面から出ない。

e0162444_2531346.jpg
平成のリアルなガバを見慣れているが、Rockenには特別な『オーラ』みたいなものを感じる。
きっとそれは製品と作品の違い、Rockenは僕にとって『作品』なのだから・・・・だろうか?
36年前の『欲しい!』って思った昇華できない憧れなのかも知れない。

e0162444_252518.jpg
なんか、イイやね。
e0162444_2533220.jpg
短期間ではあったが手にして操作・分解できたことは感謝すべき事である。
志は同じでもそのような機会や出会いに巡り合う事の無い同志には、つたないレポートで誠に申し訳ない。

e0162444_2541757.jpg
どうしても分解のままならない部分があり消化不良気味の分解写真。
相手は国宝級といっても良い作品だ。
ご勘弁アレ!!
驚くなかれハンマー、シア、ディスコネ、マグキャッチSPガイドはCMCのブローバックのものと同じものであった。

e0162444_2542597.jpg
今までどこの雑誌にもなかったZeke/Rocken/CMCのパーツ比較。
左から、Zeke/Rocken/CMCの順になっている。

e0162444_2544099.jpg
36年の年月を感じるような・・・
e0162444_2544280.jpg
案外驚いたのがCMCの完成度の高さだった。
素材や加工法による精度は他の二つに遠く及ばないが、再現性に関しては全く遜色ない・・・といえば言い過ぎか。

e0162444_2545436.jpg
このまま何処かに展示したい感じだ。
e0162444_2545863.jpg
さすがバレルは異なっている。
上からZeke/Rocken/CMCの順。
Rockenは潔いというか何というか・・・ブローバックならいざ知らずダミーカート仕様ならもう少し・・・
これ以上は言うまい。

e0162444_2551081.jpg
セーフティの比較。Zekeの再現性は群を抜いているが、RockenよりCMCの方がエエんちゃう?
チューことで、CMCガバを持っているオーナーは自信を持って大切にしよう!!


当初、もっと部品一つ一つを比べようと思い写真を撮り始めたが、無意味に思え断念した。
いい機会だとは思ったのだが、どうしてか茶化しているようで嫌になったのである。
矛盾しているかも知れないが・・・


でも、憧れは憧れのままでイイんじゃないだろうか?
# by 1944-6-6 | 2013-05-29 18:22 | 絶 版  ロ ッ ケ ン | Comments(38)

やまと 1/6 ミュージアムモデル KAWASAKI Z1

e0162444_0384037.jpg
追 加 工 作
購入時から気になっていたシートの裏の鉄板フレームをグロス・ブラックで塗装して空気抜きの穴を開口した。中には黄色のウレタンを入れてそれらしくしている。
このような完成品に手を入れるのはチト気が引けるが昔見た感じが欲しかったのだ。
ちょっと完成度が増してエエ感じ!!

e0162444_22152020.jpg
5~6年前のホビーショーでやまとのブースに実物のZ-1と1/6のプロトが展示されていた。
良い出来だと感心してポストカードだかを貰った。
「これは絶対買うぜ!!」
そう思ってからちょくちょくHPを見て待っていた。
開発経過が心を躍らせた。

昨年の夏のワンフェスで、やまとのブースにZ-1が置いてあるのを見て益々期待は高まった。
しかし今年の冬のワンフェスにブースは無かった。
なんか変だなと思っていたら『やまと倒産』だと・・・

ガァーーーーーーン!  やられた!

そんなショックで自暴自棄になり無駄使いを繰り返す日々が続く・・・(多少誇張有)


しかし唐突に来ちまった。
しかも素晴らしいクオリティで・・・
正直言ってこんなに気の入ったオモチャは初めてだ。
凄いとしか言いようがない。
携わったスタッフをリスペクトしてしまう。

少しでも気になる人は絶対絶対絶対買いだ!!
買わなかったら一生後悔すると思う。
とにかく、いくら写真を撮っていても飽きない。

イイなぁ!・・・・・チト高いけど


e0162444_2216755.jpg
e0162444_2215495.jpg
e0162444_22162616.jpg
e0162444_2216964.jpg
e0162444_2217339.jpg
e0162444_22164479.jpg
e0162444_22172093.jpg
e0162444_22181454.jpg
e0162444_22182391.jpg
e0162444_2218343.jpg
e0162444_22184415.jpg
e0162444_22185513.jpg
e0162444_2219376.jpg
e0162444_22192134.jpg
e0162444_22193041.jpg
e0162444_22194887.jpg
e0162444_22195736.jpg
e0162444_2220792.jpg

# by 1944-6-6 | 2013-05-23 00:01 | ミ ニ カ ー | Comments(4)

男なら起たせてみたい・・・・・

e0162444_2395246.jpg
歳のせいか・・・ 最近・・・

せめてガバはフルボッキさせたい・・・・・・・・・・・という事でスタンドを作った。

デコパの木製台に軽くニスを塗り糊付のエンジ色ベルべット生地を張って木製ダミーマガジンを螺子止めしただけだ。
大した工作じゃないがチト面白い。
こうなりゃ、一昔前のRokkenオーナーよろしくAJAXのパール・グリップを付けてみた。

クゥーーー 成金っぽーーい!

そのうちアクリルケースでも作って床の間にでも飾ろうと思うのだが・・・

e0162444_23102083.jpg
なんか寝てるのとは違う気がする。
やっぱ上からの光の所為だろう。
e0162444_2310763.jpg
イイね!! 
e0162444_23103596.jpg
スタンドはこんな感じの超シンプル設計。
僕の〇〇〇にもスタンドを作っちやるかな。

# by 1944-6-6 | 2013-05-17 23:32 | Z E K E | Comments(12)

「TOWER OF THE SUN」 by Kaiyodo

e0162444_1431562.jpg

「20世紀少年」って映画の中で70年大阪万博に行った行かないというくだりがある。
小学校6年生だった僕は夏休みの計画で大阪万博へ家族で行くのを、もの凄く楽しみにしていた。
当時、学校で使うノートは万博の各パビリオンの落書きで埋まっていた。
特に好きだったのが岡本太郎作『太陽の塔』だった。
そのすべてが幼き僕の心に浸透していった。

しかし・・・しかしだ! 万博には行けなかった! 理由はここでは書かないが・・・

小学校6年の夏休み明けの教室は万博に行った話で満ちていた。  辛いなぁ
大好きだった太陽の塔の落書きもしなくなってしまった。



辛い辛い日々を送った少年時代。
このオブジェ(フィギュアとは呼びたくない)が発表された時、そんな昔がよみがえった。
楽しい記憶としてだ。

e0162444_143244.jpg
e0162444_14321124.jpg
キラン! 光るんだぜ!
e0162444_14321956.jpg
目からビーム!
e0162444_14322555.jpg

e0162444_14323421.jpg
4つの顔
e0162444_14324283.jpg
これは当時ロバートブラウンのオマケに貰えた『顔のグラス』の前期型と後期型である。
CMでは岡本太郎先生が「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」と言っておられたのが印象的だ。

その当時、このグラスがどうしても欲しくて欲しくて・・・親父は酒飲まないし・・・ロバートブラウンは買えないし・・・
したがってこれは酒屋に直談判して直接手に入れた『当時の本物』である。
前期型は箱付きだ!

ヤフーなんかでは出品されているが、これだけは僕の血と汗と涙の本物には比べ物にならない。

# by 1944-6-6 | 2013-05-15 15:15 | 模  型 | Comments(16)

ZEKE M1911A1 スライド

e0162444_1405084.jpg
Coltのブラス・ブラザーズ。
勿論、ちっさいのが兄貴だ。
見せびらかしのようだが、この2丁で僕の2ヶ月分の給料が消えた。
当然、シャツもズボンもユニクロだ。
親兄弟には言えねぇな。
e0162444_0385446.jpg
まぁ、そんただことはドーでも、これが現在最高峰のモデルガンのスライド内部なのである。
全て切削加工だ。
それでいて滑るように動く。

e0162444_038959.jpg
0度52分の傾きを持った包底面の為に、閉鎖した状態だとバレル後端がわずかに上にあがってみえる。
初めはこの傾きは銃のヘタリだと思っていた。
実際にガバを射撃している連中で、こんなことを知っているヤツは、あんまりいないんだろうな。



・・・って、やっぱ見せびらかしジャン!

でも、お金かかってんだから許してほしいモノである。(←なんで上から目線なんだ?)

# by 1944-6-6 | 2013-05-13 01:07 | Z E K E | Comments(8)

ランパントクラシック製 エクスペリア・エディション COLT S.A.A. 1st 軍用 7 1/2 “H.N.”

e0162444_2250363.jpg
e0162444_22512640.jpg
昨年末に予約していた『ランパントクラシック製 エクスペリア・エディション COLT S.A.A. 1st 軍用 7 1/2 “H.N.”』が届いた。
なんだったら、もう2~3か月先送りでもよかったと思うようなこの時期にだ。
嬉しさと恐怖と諦めが三位一体となって我精神を支配している。
うぅぅぅぅぅぅぅぅ!!
因みに最近の買物はいつもこうである。

などと、反省無き言い訳はサラッと忘れて・・・

このエクスペリア・エディションはトリガー・ガード、バック・ストラップ、エジェクター・チューブが真鍮の削り出しでハンマーが真鍮の鋳物である。
その他のパーツはランパント言うところの『めたる ろっくらいと』だ。

はっきり言って今までの同社の『めたる ろっくらいと』SAAに比べるとイイ仕上がりだ・・・というより前製品が期待外れの感があったので格段に良く感じる。
といって、不思議と僕自身は今までの仕上げを大して気にしていない(価格は別だが・・・)。
なんといっても、ランパントのSAA1stのフォルムが気に入っているからだろう。

とりあえず、今回の真鍮パーツと、これまでの亜鉛パーツの比較写真を撮ってみた。
どの写真も左がエクスペリア・エディションのパーツだ。
削り出しパーツは素晴らしい出来と仕上げだが、鋳物のハンマーは「画竜点睛を欠いく」仕上がりである。
フォルムも亜鉛の方が僕は好きだ。

e0162444_22513291.jpg
e0162444_22514740.jpg
e0162444_22514869.jpg
e0162444_2252294.jpg
e0162444_22522022.jpg
e0162444_22523449.jpg
e0162444_22524065.jpg
e0162444_22525589.jpg
e0162444_22531512.jpg
e0162444_22533173.jpg
e0162444_22533187.jpg
e0162444_22534740.jpg
e0162444_22535026.jpg
e0162444_2254615.jpg
e0162444_2254112.jpg
e0162444_22542812.jpg
e0162444_22542931.jpg
このピーメの重量は銃本体1,115gでシリンダーのみは163g、ダミー薬莢タイプ カートが42gで総重量が1,157gとなった。
真鍮製のトリガー・ガード、バック・ストラップ、エジェクター・チューブ、ハンマーが若干鋼鉄より重いせいか非常に重量感を感じる。

# by 1944-6-6 | 2013-05-06 23:32 | ラ ン パ ン ト | Comments(6)