人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2019年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

祝 ”令和” 元年

e0162444_23474374.jpg
マニアの常連さんよりの戴き物。
なんとも懐かしい表紙だ!
これらを見て夢をはせていたあの頃(昭和53年12月20日発行)、若干二十歳の僕がいる。

その後、昭和が終わり平成となる。
その平成も後数分で終わるのだ。

今でもP.38のモデルガンを握るとこの表紙を思い出す。



by 1944-6-6 | 2019-04-30 23:59 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

マルシン .44Magスーパーブラックホーク ディスプレイモデル その2

e0162444_17455135.jpg
ディスプレイモデル化に伴いバレルを4.62インチにモディファイしたマルシンの8㎜BB .44Magスーパーブラックホークの追加レポ。
e0162444_17593042.jpg
7.5インチバレルを4.62インチタイプにカットするのだが刻印を生かすために中央部を利用する。
エジェクターチューブ用の取付ネジは位置を変えて開けなおした。
e0162444_17455573.jpg
全体の部品構成はこんな感じ。
カットしたアウターバレルに合わせてチャンバー(右下)とバレルナット(下段中央)を改良している。
e0162444_17455504.jpg
エアガンとして機能は取り去っているのでインナーバレルは無垢の真鍮棒に変えた。
安全対策と重量アップを狙ってのことだ。
e0162444_17455110.jpg
フロントサイトの取付基部は元々ものを切取り位置を変える。
ネジで固定し接着した。
プラスネジの後ろの穴はインナーに固定するイモネジ。
e0162444_17455175.jpg
フロントサイトを乗せてサイドからピンで固定する。
サイト自体はカッキリ面出ししてセレーションも入れなおした。
e0162444_17455163.jpg
銃口部はこんな感じだ。
奥に閉鎖された無垢のインナーバレルが見える。
e0162444_17454018.jpg
ハンマーは全面に渡って面出しをしてパーティングラインを完全に処理した。
こういったところをカチッとさせると印象が良くなるのだ。
e0162444_17454179.jpg
グリップは将来的に木製に変えたいのだが、現時点ではプラのグリップ。
しかし共削りしたので握った感じは最高である。

マルシン スーパーブラックホークをお持ちの方、こんなカスタムはいかがですか?



by 1944-6-6 | 2019-04-29 19:00 | マ ル シ ン | Comments(6)

街から消えていったもの

e0162444_18290170.jpg
気づいたら地元にもケイズの周りにも昔ながらの”ソバ屋”が消えていた。
ソバ屋のカツ丼も喰えなくなったと思うとちょっと寂しい・・・が、無くなって久しいことにも気づかなかった僕が言えることではないのだが。

オモチャ屋や本屋も無い・・・なんか夢の無い街になったような気がした。



by 1944-6-6 | 2019-04-28 18:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)

マルシン .44Magスーパーブラックホーク ディスプレイモデル

e0162444_18024527.jpg
マルシンのスーパーブラックホークの銃身をカットしたものに色を塗って”らしく”してみた。

う~ん、アグレッシブな面構えだねぇ!

e0162444_18024577.jpg
.44Magのスーパーブラックホークちゅーとどうも7.5インチって思ってしまう。
アヤツの影響は偉大だ(笑)

でも、この4.62インチはめっちゃカッコイイいいのだ!
e0162444_16000643.jpg
完全なディスプレイ・モデルで発火もBB弾の発射も出来ない。
んじゃ、何が楽しいのかって?
それがハンドリングが楽しい逸品になった・・・と、思うよ(笑)
e0162444_16000121.jpg
映画「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」でミッキー・ロークが.454カスール仕様のスーパーブラックホークを使っているようだ・・・が、残念ながら観たことないんだよね!
e0162444_16000543.jpg
元々はお客さんのご依頼でカスタムしたのが最初だが、メッチャ気に入って自分のものもちょん切ったわけ。
勿論のことバレルは取り外しできるので替えのバレル(及びインナー)があれば7.5インチや10.5インチにも着せ替え可能だ。

でも、このほうがなんかエエッすね(笑)


※次回はこれの改良ポイントをお伝えの予定だ(仮)



by 1944-6-6 | 2019-04-27 18:30 | マ ル シ ン | Comments(4)

久しぶりにそろえた

e0162444_15354428.jpg
あまり本を読まない僕だが久しぶりに漫画本を買った・・・しかも全巻!
漫画といえども全巻己で購入したのは「夜明けのマッキー:望月三起也著」「バビル2世:横山光輝著」「火の鳥:手塚治虫著」以来だと思う。

因みにバビル2世は当時ヤンキーをやっていた我愚弟が売って飲み代にしたとカミングアウトされた(笑)



by 1944-6-6 | 2019-04-26 22:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

M14/M1A 未使用ウォールナット・ストック

e0162444_22261134.jpg
M14/M1A用の未使用ウォールナット・ストック。
随分前に手に入れたものだ。
セレクターの切り欠きもしっかりカットされているのでM14にも装着は可能だ。
刻印が一切入っていないのでミリタリー物ではないようだ。
e0162444_22261000.jpg
オリジナルパーツのバットプレート&ショルダーヒンジ。
今はこれの付いたストックは輸入が難しいとか・・・レア物だ(笑)
e0162444_22261141.jpg
手前は無可動銃のM14ライフルのストック。
ガスシリンダーから出たカーボンがビッシリついている。
したがって奥のストックは未使用だろうと思う。
e0162444_22261042.jpg
この傷が唯一のダメージ。
気にはなるところだが、沸騰した湯気なんかを当てることで多少のリカバーができるようだ。


出品予定です。
かなりのレア物なので・・・高いです(笑)



by 1944-6-6 | 2019-04-25 22:30 | 無 可 動 銃 | Comments(2)

古いモデルガンのレストア

e0162444_23160940.jpg
表面にかなり腐食があったアサヒイーグルのSAAだがレストアをしてみる。
幸いに一皮むくと綺麗な亜鉛が顔を出した。

この個体は王冠マークの無い最後期のタイプなのでフレームサイドの合わせが美しい。
合わせてボルト・スクリュー前にあったサークル・ランパントの彫刻も削り落としたがスッキリしてイイ感じだ。
e0162444_23160956.jpg
ラッカーの金色がまるで真鍮のようで憧れのFDSに近づいた・・・かも(笑)
e0162444_23324700.jpg
アサヒイーグルのSAAは46年のモデルガン規制以前からある製品だが、造りはかなりしっかりとしている。
CMCやMGCのものとは全く異なる感じは、初めて手にした中坊の時に随分衝撃を受けたものだった。
あれ以来のファンなのだ(笑)
e0162444_23324812.jpg
古いモデルガンも真っ新の箱入りなら別だが、お疲れの我愛銃はちゃんと整備しておくと手にするのも楽しくなるんだよね。



by 1944-6-6 | 2019-04-24 23:30 | 絶 版  そ の 他 | Comments(2)

35年前

e0162444_00265608.jpg
35年前のエアガン。
MGCのハイパトをパクってはいるが独創的な部分も見られて面白い。

・・・35年前っていうと僕は25歳だった。
このエアガンを見ていたら・・・2・3日でイイからあの頃に戻ってみたいと思った還暦のジジイであった(笑)



by 1944-6-6 | 2019-04-23 23:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(8)

ワルサーPP

e0162444_18264495.jpg
ワルサーPP
e0162444_18264425.jpg
あまり使っていない感じの仕上げをしている。
e0162444_18264573.jpg
同じようなアングルだけど鉄のチャンバーカバーがギラリとしてイイ!



by 1944-6-6 | 2019-04-22 19:00 | マ ル シ ン | Comments(2)

COLT KING COBRA .357MAGNUM

e0162444_00102075.jpg
最近、KSCがキングコブラを再販しとかで友人が購入してきた。
僕はだいぶ前に手に入れていたのだが、右サイドのトリガー/ハンマー等のピンがイマイチ立体感が無く唯一の不満点だった。
そこでサルっと改良してみた。

これで安心だ(笑)
e0162444_00084031.jpg
これは以前の製品で今回の再販品とはグリップが異なるようだ。



by 1944-6-6 | 2019-04-21 23:45 | K S C | Comments(4)