<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

MGC カタログ

e0162444_23500830.jpg
久しぶりに見てみるかい?
e0162444_23501376.jpg
今は昔・・・のことだけど、全部ほしいよね。
e0162444_23501355.jpg
写真が悪くて恐縮だが・・・書かれていることは今読んでも楽しい。
1968年頃のカタログかな?
e0162444_23500728.jpg
1971年(第一次規制の年)のカタログだが実際は1970年当時のラインナップなのだろう。
44オートがイラストだ。
なんかパイソンが妙にカッコイイねぇ!
e0162444_23500869.jpg
中坊の頃なんでアクセサリーまでは手が出せなかった。
当時このカタログを手に入れた時は畳の上に広げて飽きずに見ていた。
しまいには折り目から切れてしまいセロテープで修理してまた切れてって・・・
楽しかったなぁ!

あの頃は平凡パンチとMGCカタログが妄想を広げるメディアだったんだよね(笑)



by 1944-6-6 | 2018-10-31 18:00 | 絶 版  M G C | Comments(16)

笑うしかない・・・ってか!

本日は材料調達のためにアキバに行く。
立ち寄った”ラジ館”のあちこちに貼ってあるポスターに心がイタァァァーーい!

e0162444_18092910.jpg

何もこうストレートに言わなくても・・・判っているんだよ!

”物欲の秋”

金も無いのに欲望は果てしなく暴走するジジイであった。
来年1月には還暦なんだよなぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-10-30 18:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(0)

CAW Walther PPK の”気になる隙間”を解消!

e0162444_19483046.jpg
何気にCAWのPPKの箱を開けてみて驚愕した!
あの大嫌いな”気になる隙間”が広がっているんじゃないか・・・そんな気がした。
確かにどう見てみても前より隙間が育っている!

ガァァァーーーーン!

こうなりゃあ徹底的にやってやるー!
e0162444_20112050.jpg
・・・って、気になる隙間をサルっと解消した。
e0162444_19482698.jpg
アッタマきて考えた末ここに2㎜のピンを打ち込んでトリガーバーの動きを規制することにしたのだ。
これで抑え込んだぜ!
機能的にも全く問題なしだ。

ヤッタネ!!
e0162444_20135953.jpg
ココロなしかトリガーのポジションも良くなった。
あとは半年後に隙間が育っていないことを祈るしかない。
もし育っていたら・・・ウキィーー!破壊せざるえない!

でも、もし隙間が出来ていなかったら、ご褒美にワルサーバナーを入れて・・・ヤフオクに出してあげよう(・・・って、売るのきゃよ!笑)



by 1944-6-6 | 2018-10-29 17:00 | C A W (MULE) | Comments(6)

MGC ”007 ライター”

e0162444_19470987.jpg
現在70歳近いマニアの方には懐かしいアイテムではないだろうか。
まだまだ小学生だった僕には全く興味の対象外のものだ。
e0162444_19515638.jpg
007ジェームス・ボンドのガスライターである。
e0162444_19470061.jpg
MGCのアクセサリー&ホルスター・カタログに⑪007ライター●¥800と記載がある。
MGCオリジナルアイテムかは分からないが、ライター自体にMGCの打刻がされていないので販売をしていただけなのかもしれない。
e0162444_19465434.jpg
しかし007がこんなのを持っていたらスパイってバレバレじゃん・・・なんてクダラナイ妄想をしてしまう(笑)
e0162444_19465964.jpg
一見、ジッポーのようなオイル・ライターのようだが実はガス・ライターである。
フリント・ホイールが綺麗なのでほとんど使われていないようだ。
e0162444_19465444.jpg
インナー・ユニットはジッポーのように外せる。
この状態でガスを入れるようになっている。
フリントの交換もこの状態で行える。
e0162444_19465408.jpg
カスタム7とあるが、それがこのライターの名称かも知れない。
というのは側面の007や紋章は彫刻機によるものだが、このカスタム7.GASの文字は金型による打刻だからだ。
e0162444_19470917.jpg
何年製のカタログかは記載が無いので判らないが、ガバのアップ サイド ダウンが出ているので1966年以降と思われる。
このショルダーホルスターって子供の頃は「変なの!」って嫌いだったんだけど、最近はなかなか気になる存在なのだ!
そういうのってあるよねぇ(笑)
e0162444_19470098.jpg
ダートゲームとか銃型ライター、ボールペンが載っているあたりは、まるでマノク商事みたいだ(笑)
ルガーP.08のドラムマガジンは価格が未定となっているのが面白い。

こんな時代から見たら今のWebカタログは天国のような商品ラインナップなのかもしれないが・・・なんかこの頃も夢があって楽しそうだ!



by 1944-6-6 | 2018-10-28 18:00 | 絶 版  M G C | Comments(6)

HF クワックアクション Pre'70 ガバメント BBシリーズ その2

e0162444_17293827.jpg
写真のホビーフィックス製Pre’70だけどハンマーとトリガーは連動するのかと尋ねられた。
答えはディスプレイ用のトリガーを組み込んだだけで基本的に元のままである。
ハンマーもセフティを利用してコックした状態を保つだけでトリガーとは連動はしないのだ。
e0162444_17293491.jpg
同じホビーフィックス製のプラ製のガバのパーツを組み入れることは可能だが現時点では行われていない。
何故ならそれの在庫は無いからだ。
残念!
e0162444_17293835.jpg
したがってこのガバはスライドを引くことが出来るだけのディスプレイ・モデルなのだ。
e0162444_17293481.jpg
でも美しいガバメントだ!
手にしているとツイ楽しくなる。
金属の感触はイイもんだぜ!
e0162444_17294487.jpg
スライド内のパーツはオリジナルと変わらない。
エキストラクターやFPリテンナー、ダミーFPも取り外し可能だが傷を付けないようにここでは行わない。 
勿論、リアサイトの外すことはできる。
e0162444_17293831.jpg
スライド内の加工も全く手抜き無しだ。
ロッキングリセスもしっかりと刻まれている。
e0162444_17294725.jpg
カートの彫刻がニヤリとさせる。
モデラーよろしく色を塗ってもカッコいいかも知れない(笑)
e0162444_17294368.jpg
エジェクターは鉄製の別部品になっている。
本来は疑似カートの横にクワックアクション(タニオアクション)用の爪が出ているのだが、ディスプレイ用トリガーを取り付けるとスライドの分解の際に厄介になる。
ゆえに取り外した。
これで通常のガバと同じような手順で分解/組立が可能だ。
e0162444_17294495.jpg
マガジンは亜鉛合金の塊で機能はない。
グリップスクリューで止まっているだけなのだ。



by 1944-6-6 | 2018-10-27 18:00 | ホビーフィックス | Comments(0)

HF クワックアクション Pre'70 ガバメント BBシリーズ

e0162444_18440673.jpg
HFのクアックアクション ガバメント Pre'70 BB。
発売から既に10年は経っている伝説的なアイテムだ。

1977年のモデルガン2次規制で姿を消した金属ガバメントをフルサイズで復活してくれたことは素晴らしい。
いわゆるクアック・アクション(タニオアクション)でマガジンは外せないが薬室にダミーカートを入れれば排莢を楽しめる・・・う~ん、イイなぁ!
e0162444_18443335.jpg
ディスプレイ用のトリガーは形状優先のための付属品で、クアックアクションの機能をなくして外見をリアルにするものだ。
分解して交換するのだが慣れないとなかなか手間取る。
不器用と自負する人は避けた方が賢明なのだ。
でも・・・やはりこちらの方が絵になる。
e0162444_18443362.jpg
綺麗なラインのガバだ!
全体にポリッシュの後に22金メッキで素晴らしい豪華さだ。
マブスイ・・・!
ブラスとは異なる質感が堪らない。
e0162444_18443813.jpg
シリーズ’70になる前のモデルがプレ’70と呼ばれるもので刻印は非常に上品で個人的には大好物なのだ。
e0162444_18443402.jpg
このモデルではハンマーがコッキング状態でセフティをかけるとコックポジションでハンマーが止められるのだ。
もうこりゃあ堪らん!
勿論セフティを下すとハンマーは倒れてしまうが・・・イイんだよね!この機能は!
最初のミリタリータイプではこの機能は無かったのだ。
進化である。
e0162444_18440617.jpg
全く機能しないマグキャッチもちゃんとした部品割になっていて押したら動きそうだが・・・残念ながら動かないのだ。
e0162444_18435725.jpg
刻印はしっかりとしたリサーチの上で入れられているようだ。
スライドのセレーションも後加工でメチャクチャシャープで感動もの。
e0162444_18435826.jpg
どう見てもタニオには見えない。
グリップは赤味の強い木製でエッジもシャープだ。
22金メッキの本体と非常にマッチングしている。
e0162444_18435276.jpg
フロントサイトも涙が出るくらい良く出来ている。
素材はZinc(亜鉛合金)製でしっかりとしたメッキがかけられているので表面的にはブラスモデルより硬い気がする。
若干傷がつきにくいので、日ごろハンドリングして楽しむにはこのモデルは最高なのだ。
e0162444_18435818.jpg
カッコいいよね!
シャープなセレーションがよくわかる。
適度なエッジが心地よい感触を醸し出す・・・なでなでしたくなるのだ(笑)
e0162444_18440679.jpg
BBというのがコレット・タイプのバレル・ブッシングを装備していることを表している。
このバレル・ブッシングはこの後のシリーズ’70では標準装備になるのだが、ブッシングにスプリング性を持たせてバレル先端の保持を向上させてガタツキを押さえるのが目的だ。
その為にバレル先端部がやや太くなっているのだ。
HFではブッシングを削り出し加工で再現しているがこの加工は凄すぎる!
しかもバレルも後加工で先太の形状を再現している。
写真でもかすかに解るが凄い精度だ!
e0162444_18435233.jpg
今回のガバではクアック・アクションを外してディスプレイ・モデルにしている。
やはりオリジナルのガバらしい金属製フルサイズが欲しいというマニア用だ。
e0162444_18435218.jpg
実はこのアイテムは購入からほとんど触っていない。
表面も非常に綺麗で付属品も完全だ。
ただ発売から10年近く経っているので若干のメッキの痛みなどがあるかもしれないが、特に気になるような部分は無いはずだ。



by 1944-6-6 | 2018-10-26 20:00 | ホビーフィックス | Comments(3)

CMC-M1970 SELF-LOADING-PISTOL E.L CALIBER.380

e0162444_22374541.jpg
"CMC-M1970 SELF-LOADING-PISTOL E.L CALIBER.380"・・・と聞いてパッとエルマが出る人は瀬戸内 寂聴さまの法話でも聞いた方がいいかも知れない。
普通はよほどのマニアでも知らないはずである。
e0162444_22374067.jpg
しかし、このネーミングからCMCエルマルガーは1970年発売と推察できる。
1970年・・・って、エキスポ’70大阪万博の開催された年じゃないか!
行くことが出来なかった僕には寅馬の年なのだ。
e0162444_22374042.jpg
いやぁ、エルマって本当にいいもんですね(笑)




by 1944-6-6 | 2018-10-25 23:30 | 絶 版  C M C | Comments(6)

WA スーパー ブラックホーク に実物グリップを装着す

e0162444_16301290.jpg
WAのニューモデル スーパー ブラックホーク用に実物のグリップを手に入れた。
早速取り付けてみる。
e0162444_16301279.jpg
アウトラインはほぼ一致している。
若干グリップボトムが1㎜弱長いが何とかなる範囲だ。
グリップフレームにある位置決めのスタッドも極若干削ればガッチリ固定できる。
e0162444_16301242.jpg
出来はどうでもやはり実物はイイ!
スタームルガーのエンブレムも紛れもない本物なのだ!
握っただけで嬉しくなる・・・あぁフェチな楽しみだなぁ。

これって実物が無い日本に住むマニアだけにしか判らない嗜好なんだろうねWww



by 1944-6-6 | 2018-10-24 18:30 | 絶 版  W A | Comments(10)

残念なことに・・・

e0162444_23591427.jpg
ケイズのある旗の台で有名な人気者と言えば”サトちゃんムーバー”だ。

先日、ヤフオクを見ていたら結構出品されてるじゃん!
乾いた心の癒しにポチってみようか悩んだ。
ケイズの前に置いてあってもイイなぁ。
室内で乗って遊べるし・・・
e0162444_23591445.jpg
と、思いきやサトちゃんの頭には僕を拒否する呪文が書かれている。

ガァーーーーーン!

しかし・・・ここで疑問だが体重30㎏以下でも大人は乗っちゃイカンのだろうか?(笑)



by 1944-6-6 | 2018-10-23 23:50 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(10)

ダイソーで網を買ってきた

e0162444_23102574.jpg
先日、何かに使えればと思い買っておいたワイヤーネット。
こんな形で使ってみた。

思ったよりも・・・ビンボー臭い雰囲気にやや凹む(笑)


昨日、思いっきり人格を踏みにじられたのでリベンジしてみた。
更にハイ-センスになっているはずだWww(自画自賛)
e0162444_15374406.jpg




by 1944-6-6 | 2018-10-22 23:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(10)