<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

.32オート ディテールアップ・バレル

e0162444_17295566.jpg
ケイズ オリジナルの.32オート用ディテールアップ・バレルを御徒町のTake Fiveさんから販売して戴くことになりました。
”コラボレーション”ってやつですね!
エジェクションポートから見えるチャンバー部に鉄板を貼ったものですが「キラッ!」と見える効果は”大”です。

価格や販売時期は現時点では未定です。
なんたってまだ納品していないんで・・・(笑)
たぶん9月中旬には売っているはずです。
e0162444_17295405.jpg
販売はバレル単品で組込みはご自身で行っていただきますが、分解してポン付け出来ると思います。
組み込むとこんな感じです。

ケイズでは既にお持ちのバレルにカスタムも出来ますのでご連絡ください。
.32オート以外はPPKも可能です。
ただし火薬を使う方にはあまりお勧めできません。
ガス圧で剥がれたり錆びたりする可能性があるためですが、そう簡単に剥がれたりはしないと自負しています。

mail : kz_gunshop@yahoo.co.jp
03-6421-6029(18:00~22:00)
エイジングや調整、修理、仕上げ直しなどイロイロなご依頼お待ちしております。
よろしくお願いいたします。



by 1944-6-6 | 2018-08-31 18:00 | C A W (MULE) | Comments(2)

ブレードランナー2049 ブラスター

e0162444_23255405.jpg
e0162444_02353899.jpg
e0162444_02355007.jpg
e0162444_02355118.jpg
e0162444_02384291.jpg
写真のブラスターは留之助商店のスタントモデルをケイズで塗装カスタムしたもの。
2049のプロップをイメージしている。

by 1944-6-6 | 2018-08-30 23:30 | 留之助ブラスター | Comments(0)

留ブラ ピンバッチ

e0162444_23364354.jpg
留ブラのピンバッチ。
七宝で出来ているのでちょっと豪華な感じだ。

e0162444_23364260.jpg
左右あるのがオモロイ!



by 1944-6-6 | 2018-08-29 23:45 | 留之助ブラスター | Comments(2)

こんなところを観て”一喜一憂”

e0162444_16022976.jpg
久しぶりに『バンド オブ ブラザース』を観た。
エピソード7の”雪原の死闘”だ。

ポンコツ指揮官のダイク中尉にウィンターズが指示を出すシーンでくだらない事に喜んだ。
ダイク中尉の拳銃だ。
M3ショルダーホルスターに入っているガバはハンマーがコックされているじゃねぇか!

たまに映画を観ていて突き付けた銃のハンマーが起きていないことがあるが、これって緊張感が一気に無くなっちゃうんだよね。

そこいくとコックしたガバを吊っているのは戦闘中って演出だと思えてイイ!(まぁ、闘いもしないダイクのくせに…だが)

こんなとこ見て喜ぶ輩って・・・個人的には好きだなぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-08-28 17:00 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(12)

M60 machine gun 100rd magazine bag

e0162444_16170110.jpg
M60マシンガン用の100連マガジン・バッグ。
アモ・ホルダーにラッチの付いた初期型のM60マシンガン用である。
なかなか出てこない超レア物の一つだ。
e0162444_16171751.jpg
全体がキャンバス地で100連の紙製パックがすっぽり入るようになっている。
e0162444_16173416.jpg
サイドのファスナーを開けて弾薬を入れる。
e0162444_16171717.jpg
この部分でM60のアモ・ホルダーに固定する。
e0162444_16173502.jpg
こんな感じで紙パックの100連が入る。
軽そうに見えるが重量は3㎏あるのだ。
e0162444_16171778.jpg
これを持って歩くのはバランス的にも楽じゃない。
クレイドルやプラットフォームに固定して三脚やマウントに取り付けて使用することが前提なのかもしれない。
e0162444_16170240.jpg
アモ・ホルダーにパチッと固定される。
かなりしっかりとした感じだ。
e0162444_16170271.jpg
勿論、紙パック無しでも使える。
e0162444_16173505.jpg
アモ・ホルダーのラッチをずらせばすぐに外れる。

今回のキャンバス製は初期のアイテムでその後ゴム引きのものになっていく。
それも結構見ることは少ないアイテムだ。
個人的にはそちらもコレクションしているのだが・・・どこに行ったのやら我が家の深淵に落ちているようだ(笑)

基本的に初期型のM60の無可動銃を所持していないと面白くもなんともないアイテムだが、個人的には新旧そろって万々歳!だ。



by 1944-6-6 | 2018-08-27 17:30 | 無 可 動 銃 | Comments(4)

”性(さが)”

キッチリ面出しされたパーツは美しい!
実物にはパーティングラインは無い!

そう思うようになって半世紀近く経っている。
全くしつこいアホなのだ。
e0162444_18340841.jpg
今日も今日とて・・・パーティングラインがビィンビィンに残ったままのパーツを見つけてしまった!
コクサイの古いNフレーム(ハイパト)用だ。
e0162444_18340753.jpg
「ウゥ~、ガマンできねぇ!」・・・って始まった。
e0162444_18340752.jpg
取りあえずパーティングライン絶滅計画発動だ。
ガリンガリンと殲滅していく!
「ざまぁみやがれ!」ってんだ!
e0162444_18335374.jpg
この不細工なサイドも面出し決行だ!
e0162444_18360049.jpg
なんと!・・・なまったるいチェッカーもあるではないか!
ここもコーゲキだぁー!
e0162444_18335488.jpg
フゥ~、すっかりオレ好みのパーツになったぜ。
あとは好みのケースカラーに染めればイイ。
e0162444_18355455.jpg
しかし、ご依頼品でもなく、使うあても何もないこんなパーツに何やってんだか・・・オレ
完全に趣味というか精神安定剤としか思えないが。

なんか見ているとツイツイやっちゃうんだよね・・・
”性(さが)”なんでしょうか(笑)



by 1944-6-6 | 2018-08-26 19:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

豪華な”馬のマーク”

e0162444_16133475.jpg
華美な彩りも美しい”馬のマーク”
e0162444_16133400.jpg
ブラスのタナカ製エアガン ディテクティブだ。
それにMOPのグリップとテイラーのアルミ製グリップアダプター、とどめはヒートブルーに輝くハンマーシュラウド!

豪華だ!
e0162444_16134079.jpg
キャアー! マブスイ‼マブスイ‼
ビンボーな僕には眩しすぎる!
e0162444_16134086.jpg
勿論だが僕のモチモンじゃないのだが・・・
e0162444_16134625.jpg
カチッとエッジを残したまま磨き込まれている。
見て触った感じはこれりゃあホンモンのディテクティブだ!
e0162444_16134645.jpg
勿論だが銃腔は完全閉塞している。
e0162444_16134080.jpg
フォーシングコーン部も綺麗に閉塞されているのだ。
e0162444_16133469.jpg
茶革のショルダーホルスターが良く似合う。
実物のハンマーシュラウドはアルミ製で味気ない色合いだがアドベン製と思われるこの鉄製シュラウドはこの銃に映える。
ただ・・・両面で止まっているだけなのだが。

なんたって希少なブラスフレームにネジは切れないからね(笑)



by 1944-6-6 | 2018-08-25 18:30 | タ ナ カ | Comments(9)

あららっ!

今日はなんかバタバタでブログネタがまとまらなかったのでお休みします(笑)


e0162444_00590511.jpg
ごまかしで昔グアムで撃ったシリーズ′80のNMGCの写真を貼っておきますわ。



by 1944-6-6 | 2018-08-24 23:59 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)

M2 カービンのメカニズム 1

CMCのM2カービンでセミ/フルのメカニズムをレポしよう。
e0162444_18560687.jpg
セレクターがセミオート・ポジションの場合。
e0162444_18560612.jpg
セレクターがフルオート・ポジションの場合。
ディスコネクタの支点が上に上がってディスコネクターを押し上げている。
e0162444_18560757.jpg

<次回に続く>



by 1944-6-6 | 2018-08-23 23:55 | 絶 版  C M C | Comments(4)

CMC S&W M27のフェチ的ディテールアップ

e0162444_18454454.jpg
一部にこだわる・・・非常に文化人っぽい嗜好だ。
今回はハンマーにこだわっている。
e0162444_18454452.jpg
決してベストな形状とはいいがたいCMCの傑作”S&W M-27”のハンマーを弄る。
e0162444_18454408.jpg
CMCのハンマーノーズは全くの固定なのだが”いかにも動きそう”に見えるように上部を面一にしていない。
それっぽく見えないスカ?!


k'z(ケイズ)ではこんなフェチなご依頼も承っております。
エイジングや調整、修理、仕上げ直しなどイロイロなご依頼お待ちしております。
よろしくお願いいたします。
mail : kz_gunshop@yahoo.co.jp
03-6421-6029(18:00~22:00)



by 1944-6-6 | 2018-08-22 19:00 | 絶 版  C M C | Comments(2)