人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

無可動銃アクセサリー

e0162444_13520752.jpg
僕が最も好きなテッポーの一つが ”M1ガランド” だ。
理由はそのメカニズム。
鋼鉄を削り出して造られた部品が一つ一つが幾つもの役割をタイミングよく確実に作動し、戦時下で400万挺も作れるほどしっかりとした基本設計・・・
しかも部品の交換性に問題ない。

これは全くもって凄い事だと思うわけだ。
e0162444_13520761.jpg
そのスゴイ部品の中で一番の働き者がこの "Operating Rod Catch" だ。
特にこの中にピン止めされた "accelerator" と " follower arm " の連携した動きを見ているだけで感涙にむせび泣くくらいだ。
e0162444_13520756.jpg
勿論、この部品だけが働き者だというわけではないが・・・どうしたらこんな機能を持った部品を思いつくのだろう?
恐るべし John Cantius Garand!
John Moses Browningと共に僕が尊敬する偉人の一人だ。
e0162444_13520736.jpg
左が後期タイプで、右が初期のタイプ。
どちらも硬い!

こういった部品は持っているだけで嬉しいものなのだ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-31 18:00 | 無 可 動 銃 | Comments(2)

コルト MkⅤ リボルバー

e0162444_19175329.jpg
KSCのキングコブラ
何で買ったのか思い出せないアイテム。
僕のところにはそんなものがよく発掘される。

う~ん、なんかのカスタムの為だったような気がするが・・・

グリズリーは好きじゃないからなぁ・・・こうなりゃあリアサイト埋めて、ストレートのブルバレルにして、MGCのグリップ付けて ”なんちゃってローマン” でも作るかぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-30 19:30 | K S C | Comments(0)

XM-177E2

e0162444_23193182.jpg

拝啓 ユージン ストーナー 様


by 1944-6-6 | 2018-03-29 23:30 | 絶 版  M G C | Comments(2)

U.S. PROPERTY by Mule

e0162444_22133875.jpg
小学生の頃、なんにでも名前を書かされた。
これは俺のものだ・・・という証というかアイデンティティー形成の第一段階だったのか。
中にはパンツまで名前が入っているヤツがいたが・・・誰もそんなもん盗りゃあしねえって(笑)

さて、この2挺には”合衆国財産”とある。
やはりパクられないためなんだろうか?
e0162444_22133825.jpg
32オートはパットン将軍も持っている写真があるが、デリンジャーは見たことが無かった。
WAC(Women's Army Corps )やWAVES(Women Accepted for Volunteer Emergency Service)、パイロットなどが使用するために採用していたとか・・・

なるほどハンドバックの中に入っていたんじゃ見えないやね(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-28 22:30 | C A W (MULE) | Comments(4)

What matrial is it?

e0162444_15211788.jpg
僕は”面出し”が大好きだ!
このハドソン製のデザートイーグルもそのつもりでポチったのだが・・・

御依頼のカスタムなんかの作業の合間に休憩代わりに面出しして心を清める。
今日も今日とてこのデザートイーグルを手慰みに面出しを始めてしまったのだが・・・

何なんだ!この素材は?

普通のHW材とは全く異なり金属感がまるでない。
妙に粉っぽく土のよう・・・なんかインダストリアル・クレイのようだ。

やっちまったかぁー!
e0162444_15161584.jpg
まだらの部分は元々の塗装の色だが・・・ほんとに土壁のようで吸水性が高そうだ。
果たして目止めしないで塗料を塗れるのだろうか?

が、しかし順応性の高い僕は「この雰囲気はこれでありかな・・・」と思い始めた。
なんかサンドっぽい感じに見えなくもないし・・・なんきゃいいきゃも!

ちゅーことでこのまま暫く面出しを楽しむことにした。
この素材はあまりヒケが出ていないし、デザートイーグルは大きな平面が多いので面出ししててなんか楽しいのであった・・・って、ホントかなぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-27 20:30 | 絶 版  ハ ド ソ ン | Comments(6)

ド~でもいいトンプの雑学 01

e0162444_23411196.jpg
写真のトンプソンはコルト製造のM1921だ。
ホスイ!
あまりの美しさにWebからパクってしまった・・・

さて、トンプは大まかに分けてM1921とM1928とM1/M1A1がある。
今回はそのうちM1921とM1928の違いを軽く触れてみる・・・って、なんだかクソ生意気なジジイだ(笑)
e0162444_23411295.jpg
最も異なる仕様が発射サイクルの違いなのだが、困ったことに資料によって異なっている。
おおむねM1921が800発/分以上の高速回転で、M1928が700発/分以下の一般的なサイクルとなっているようだ。
ただ米軍がM1928A1を採用した時のスペックに600発/分以下とあったような気もするのだが・・・

M1921から発射サイクルを下げるためにM1928ではボルトのハンドル部分(アクチュエーター)の形状とドライブスプリングの径を変えている。
上の写真がそのアクチュエーターの形状の違いだ。
e0162444_23411292.jpg
M1921の分解だがスプリングが太い。
Webからパクった写真だが何故かHピースが2個は写っている。
e0162444_23411217.jpg
同じくパクリ写真だがドライブスプリングが細くて長い感じだ。
勿論のことSPガイドも異なっている。

今回はトンプ好きな輩には今更のことで喜んではもらえないレポであっただろうが、後輩育成のためと思いご勘弁願いたい(?!)
あっ、それから写真は全部ネットからのパクリで実物は持っていないのであしからず・・・できれば欲しいんだけどね(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-26 18:00 | 銃 関 係 | Comments(8)

ハチロクはいいやね!

e0162444_16142514.jpg
久しぶりに”ハチロク”を見たくて「今日もわれ大空にあり」を観た。
プリプリとした魚みたいなフォルムがカワカッコいい!
この映画では現役のバリバリで正に水を得た魚のようにイキイキとしている。

カッコええ!
e0162444_16142561.jpg
1964年、東京オリンピックの年に公開されている映画だ・・・ちゅーことで内容的には”クサイ”のだがジジイには免疫があるので楽しく観れた。
敬愛する故平田明彦師匠のイチマルヨンに対するクッサイ台詞も痺れるねぇ。
e0162444_16142591.jpg
感想としては・・・やはりパイロットになるべきであった(笑)
e0162444_16142133.jpg
地上攻撃訓練中のハチロク。
Cal.50ブローニングAN/M3マシンガンが機首に6門搭載されている。
e0162444_16142081.jpg
AN/M3は航空機用の50口径でM2ブローニングの発展型である。
1,200発/分の発射サイクルは地上型のM2HB(ヘビーバレルの意)の倍だ。
その為に構造的には変わらないもののレシーバー・エンドの強化やフィードカバーの強化が見られる。
銃身長もM2HBの45インチに対して36インチと若干短い。
因みにWW2で使用された航空機用機銃はAN/M2と呼称され、銃身以外は基本的にM2HBと同じだがボルトの軽量化などで発射サイクルが750~850発/分となっている(M2HBは485~635発/分)。
e0162444_16142142.jpg
バシバシ曳光弾が飛んでいる!
兆弾も凄い!
当たったら・・・絶対に死ぬな(ヒィー)
e0162444_16142032.jpg
プロップの機体。
凄く良く作ってあるのには感激だ。

まぁ・・・射出座席がハチロクのものではないのは気になるが、T-33用の実物と思われるのでOKなのだ(笑)
あとキャノピーに複数のライトが写り込んでいるのがスタジオっぽいかな・・・

飛行機好き(特に古め)には堪らない映画だが・・・模型屋に行きたくなってしまうのが大問題だ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-25 17:00 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(2)

S&W M1917 ディテール追加

e0162444_20113223.jpg
先日テイクファイブの店長さんと話していたらM1917のハンマーピン(実はネジになっている)とリバウンドスライドピンが表現出来たらカッコいいだろうということになった。

ナルホド! やるべ!

早速、今は亡きGun誌の表紙の写真を参考に穴を開けてみた。
確かにノッペリとした左サイド面が引き締まるではないか!
e0162444_20113136.jpg
こんな感じで位置出した。
表紙の写真からなので実物とは若干異なるかも知れないが実物が無いので仕方ない。
僕はアバウトなのだ(笑)

あとは何かでダミーのピン(ネジ)頭を作って裏から貼れば完了だ。
出来あがったらまたレポするので暫くお待ちくだされ!

e0162444_20473883.jpg
今回ハンマーピンの位置を変えたインナーフレームを取り付けてみたら・・・移動したピン位置とダミーピンの穴がほとんどピッタリの位置だった!
作った僕がブッタマゲーションである!

なんか妙に嬉しくなった僕であった(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-24 17:00 | タ ナ カ | Comments(2)

.41 Rimfire Dummy Cartridge by MULE

e0162444_22413130.jpg
アメ横のテイク ファイブでMule製レミントン・ダブル・デリンジャー用のダミーカートを購入した。
グレーの弾頭付がそれだ。
e0162444_23563252.jpg
ただし、このダミカを装填するには前撃針を外さなくてはならないのだが・・・
これがそこそこ手間がかかる。

でも入れておくとカッコいいのでお勧めだ。



by 1944-6-6 | 2018-03-23 23:45 | C A W (MULE) | Comments(0)

swedish K

e0162444_20512547.jpg
S&WのM76短機関銃は非常にシンプルでモデルガンマニアには人気の高いアイテムだ。
そのM76の原型がこの "カールグスタフ m/45" だということをご存じだろうか?
”スェーデッシュ K” というニックネームでベトナム戦初期に米軍で使用されているのだ。

実際はカンボジアなどに入っての作戦で国籍をゴマカスためらしく、その後スェーデンからの輸入が停められてしまい先のS&W M76が開発されたらしい。
どうりでよく似ている。
e0162444_20512020.jpg
そんなスェーディッシュ Kの無可動銃を出品することになった。
新加工品ながらなかなか状態と加工がイイ感じだ。
マガジンスプリングはオリジナルのままで結構重い。
トリガーはオリジナルではないがテンションは生きている。

このサブマシンガンは1945年にスェーデンで開発/採用された銃だ。
全体に2㎜厚の鋼板でプレス加工されていてかなりガッチリしているので案外重たいのだ。
e0162444_20512507.jpg
この色合いは好き嫌いの分かれるところだが個人的には北欧系な感じで好きなのだ。
IKEAで売っていたら面白い!
ミートボール喰いながらm/45を弄りたい!(笑)
e0162444_20512126.jpg
取り外しが出来るバレル・ジャケット。
本来はこれでバレルが外せるのだが無可動銃では溶接固定されている。
e0162444_20512981.jpg
新加工品なのでスリット加工があるのだが非常に上品な感じでほとんど目立たない。
e0162444_20512011.jpg
バカみたいに平べったく幅広いグリップにある王冠はスェーデンが王国である印だ。
フロントサイトにも打刻されている。
e0162444_20512564.jpg
今回のアイテムはm/45Bと呼ばれるもので、バレル・ジャケットの放熱穴が小さくなり尾筒部分の固定方法が改良されたものだ。
当初のm/45はスオミ m/37-39のマガジンを使用できるものだったが、あまり調子が良くなくこの36連マガジンと取付アダプターが付くようになった。
写真下のバレル・ジャケットはm/45Cの着剣ラグ付きのものだ。
容易に交換できる。

e0162444_20512161.jpg
掃除の為にフロントサイトを分解してみた。
フロントサイト自体はバレル・ジャケットにねじ込まれている。
サイトブレードは偏心しているので回転させることでウィンテージ/エレベーションの調整が出来る。
リアサイトは3段階の切り替え式だが・・・簡単な構造ながら凝った造りだ。


近いうちに出品するので宜しくお願いします!


by 1944-6-6 | 2018-03-22 21:30 | 無 可 動 銃 | Comments(0)