人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お預かりしている 三八式歩兵銃 by Miroku

e0162444_19421742.jpg
お預かり・・・といっても天皇陛下にではない。
修理/調整の為のお預かりなのだ。

僕的には久しぶりにミロク製の三八式を、じっくりと弄りまわしてみたという感じだ。
はるか昔、まだ世の中が昭和と言っていた頃に、友人のモノを暫く下宿させていた。

その当時、最初こそ鉄製という響きにクラクラ来たのだが・・・
ディテール的にはその後のタナカのほうが数段上であった。
でも・・・腐っても鉄なのだ!(注:アイアンであってスティールではない)
亜鉛崩壊などの悲しい目には合わない。

そういう意味では一生モノなのである。

e0162444_19421801.jpg
ボルトアクションの醍醐味はこのボルトを後退させたところだろう。
ダミーカートが入っていると尚更「ヨロシ」である。

確かミロクの三八には遊底覆いはついていなかったはず、友人に聞いたところ大阪の上六ガンショップのカスタムにはあったそうだ。
この三八が上六カスタムなのかは僕には判断が付かない。
ご存知の方がおられれば、是非お教え願いたい。
e0162444_19422644.jpg
ボルトストップが変形して機能していなかったのだが、うまい具合に形状修正できた。

e0162444_23595213.jpg
修理前の状態

ミロク製は鉄製鋳物なので無理な力をかけると、欠けてしまうのではないかと思い慎重に作業した。
おかげで機能も回復しストックにも綺麗に収まっている。

e0162444_23593851.jpg
リアサイトも傾いてしまっていた。

e0162444_19421871.jpg
レシーバーや遊底覆い/ボルトはリブルーされているようで非常に綺麗だ。
子供の頃、三八を見て何処から装填/排莢するのか悩んだことがある。
この遊底覆いが薄いカバーだとは見えなかったからだ。
e0162444_19422788.jpg
たまたまケイズにあった二式擲弾器を付けてみた。
ドイツのシースベッヒャー擲弾発射器を元にしているようで機能的にも全く同じだ。
これはタナカ製でモデルガン用の亜鉛製である。
そのうちに四〇㎜擲弾をでっち上げてみようと思っているのだが・・・
e0162444_19421883.jpg
なにげに「らしい」感じだ。

いい機会なので、次回はミロク三八式歩兵銃の分解をレポしてみるつもりだが、いかがだろうか?



by 1944-6-6 | 2016-01-21 22:00 | 絶 版  そ の 他 | Comments(10)

ZEKE リブサイト・GCNMスライド

e0162444_18182429.jpg

e0162444_18182410.jpg

e0162444_00314019.jpg

e0162444_18182551.jpg

e0162444_18181822.jpg

e0162444_18181851.jpg

e0162444_18181846.jpg

e0162444_18182565.jpg


 

by 1944-6-6 | 2016-01-20 23:20 | Z E K E | Comments(6)

うへぇ~! メチャクチャかっこぇー! ZEKEボーマーサイト・GCNMスライド

e0162444_17465080.jpg
最近の巷には「欲しい欲しい病」というのがあると聞く。
僕らが子供の頃は「クレクレタコラ症」と言っていた。
基本的にはバカなヲタクが罹るタチの悪い病気である。
僕もこの年になるとあまり発症しなくなるのだが・・・

久々に「キタァーーーーーーー!」

ZEKEのボーマーサイト付のGCNMスライドは欲しぃーーー!
e0162444_17464990.jpg
メチャクチャかっこええねぇーーー!

今回のアイテムはスライドセットのみでフレームは自前のPre'70GCNMなのだ。
スティール製のボーマーサイトの出来が物凄いのである。
ここまでカッキリ再現したものはトイガンでは必要ないかもしれない。
しかし、そこをZEKEはやるんだよねぇ。

e0162444_17465222.jpg
金ねぇーー! が、欲しいーーー!
今回のこのスライドはZEKEさんのご厚意で借りただけのモノなのだ。
e0162444_17465287.jpg
特にこのPre'70刻印はイイなぁ!

あぁ、「欲しい欲しい病」と「クレクレタコラ症」が併発してしまったようだ!・・・・欲しい!!

・・・今夜は葛根湯飲んで早く寝よう。



by 1944-6-6 | 2016-01-19 21:00 | Z E K E | Comments(4)

ハドソンモーゼルの光明

e0162444_22504077.jpg
友人がC96の実物グリップを持ってケイズを訪れた。
何気なくMGCと比べてみるとやや小さい。
そこで先日切り取られたハドソンのグリップを合わせてみると・・・ほぼ同寸だった!
フレームもMGCはストックレール部分が厚く前方が薄い。
実物グリップはフレームの厚さに変化がない事を表していた!
写真はMGCのC96にハドソンのグリップを乗せてみたところだ。
ハドソンのほうが一回り小さいことが判る。

や・やられたぁ!

あまりの事に実物の写真を撮り忘れていたこともショック!
e0162444_22504054.jpg
ハドソンのグリップ部分は何本かの位置決めピンがあるが、それを削り落とせば実物グリップがジャストフィットしそうだ。
これは考えてもいないことだった。
あの・・・ハドソンが・・・んなバカな!
e0162444_22504122.jpg
事実は小説より奇なり・・・
MGCのグリップはデカかったのであった・・・というより、ハドソンがオリジナル寸法だったのである。

いったいどちらが奇なりなのだろう(笑)



by 1944-6-6 | 2016-01-18 23:06 | 絶 版  ハ ド ソ ン | Comments(5)

U.S. Carbine Cal.30 M2 by CMC

e0162444_19242339.jpg
高校生の時、歯医者の小倅が持っていたのがCMCのM1カービンだった。
今でいう初期型のチャンバー分離タイプだ。
ハンマー/シアー/トリガー/ボルトがロストワックスの鉄製という豪華さ。
オペレーティングスライドまでニッケルメッキという派手さも兼ね備えていた。

作動はイマイチで飽きられたのか、いつの間にか僕に引き取られていた。
実物のマガジンが使えないように、また実物のマガジンが使えないようにマガジンキャッチの形状を変えていたり、マガジンのボディサイドに変な出っ張りを付けてみたりとアレコレやっていたヤツだ。
そのくせリアサイトはM1903A3の実物だったりして・・・
いつの間にか何処かいってしまったが。
今回のM2はその後購入したもので疑似ロータリーボルトではないタイプだ。

この頃はまだオープンデトネーター・タイプでカートはアルミ、あまり作動は良くなくてめったに遊ばなかった。
写真のM2はマルシンのM16プラグファイアー・カートを切って使っていたのだ。
カートのテーパーの関係で10~12発しか装填できなかったがヘンリー少尉のように気持ちよく連射できた。
しかしファイアリングプレートがすぐ湾曲してしまう。
そうすると分解して真直ぐに叩いて戻し組み込む。
そして20発も撃つとまた変形・・・の繰り返しだった。
でも楽しかったね!
勿論、その頃はセレクターなど取っ払ってM1カービンとして使用していたが・・・
e0162444_19242273.jpg
写真を撮る時に気付いたがリアサイトは実物に付け替えられていたのだ。
しかもフレームにヤスリでアリ溝を切っての姑息さ・・・
う~ん、やるなぁ!
ほんと40年近くも前から同じことをしている自分に思わずほくそ笑んでしまう。
e0162444_19242344.jpg
ボルトはあまりに汚かったので最近磨きなおしたものだ。
ちょっと猟銃っぽさを出している。

思うに、このCMCのM2カービンも随分と長く我が家に住んでいるモデルガンの一つなのである。



by 1944-6-6 | 2016-01-17 22:30 | 絶 版  C M C | Comments(6)

C96カービン 復活への道 第2章 完結編 by Hudson

e0162444_16305050.jpg
前回に引き続き『C96カービン 復活への道 完結編』をレポしよう。
e0162444_16305083.jpg
↑崩壊して使用不可だったボルトも供給された!
しかも未発火だ。
e0162444_16305070.jpg
↑取り敢えずピストルタイプのグリップをバッサリとカットした。
若干、心が痛んだがカービン復活を念頭に作業する。

崩壊したフレームを基にカット部分を決めて、やや長めに切断し、その後ベストな長さに調整する。
ギリギリにカットすると必ず短くなってしまうので注意が必要なのだ。
形状を修正した後にM6のネジ穴を開ける。
ネジ径が6㎜なので約0.8倍の5㎜の下穴を開ける。
フレームに対しての角度は特に重要だ。
慎重に決めてそれに沿って穴を開けていく。
開けた後はM6のタップをねじ込みネジ穴を完成させた。

ストックとの合いを見ながら取付部分の形状を微調整する。
その後、ブルーイングしてしてここは完了である。
e0162444_16305066.jpg
↑次はフォアーグリップ用アーム(ブラケット)の取付ネジ穴を開けていく。
位置はアームに合わせて位置決め、いわゆる現場合わせだ。
ここはM3ネジなので下穴は2.5㎜で開け、タップをねじ込む。
径が小さいので楽だ。

ここまで来れば、ほぼ完成だ!・・・と思いきや
そこはハドソン、そうは問屋が卸さなかったのである。
e0162444_16305880.jpg
↑フォアーグリップは一本のネジでアームに止まっているが結構しっかりと固定されている。
ただしフレームへの取付が3㎜のネジ3本で、しかもネジ込みが浅いので無理は絶対に禁物である。
e0162444_16305788.jpg
↑上の写真を見て「?・・・」と思われた方は流石である。
そう、完全閉鎖していないのだ。
ハンマーがボルトを斜に叩いている。
これではセフティもレシーバーに当たってしまい、掛けることすらままならない。
e0162444_17402697.jpg
↑こちらが修正後の位置関係だ。
実はこのハドソンカービンはショートリコイルした位置より前にレシーバーが前進しないのだった。

それは何故か・・・?
e0162444_16305055.jpg
↑実はフォアーグリップがレシーバーに当たって前進を阻んでいるのだ。
この個体だけなのだろうか?
個人的にはそうは思えないが・・・
お持ちの方は確認しておいたほうが良い。
このままではボルトを戻すたびにフォアーグリップ・アームの取付基部にストレスがかかり、先に開けたネジ部を壊してしまうからだ。
e0162444_16305820.jpg
↑調べてみると5㎜ほどフォアーグリップが前にあればレシーバーは定位置に収まるのだが・・・
こんなに隙間が空いてしまう。
おまけにフォアーグリップ取付ネジの位置の変えねばならない。
e0162444_16305891.jpg
↑そこで僕としてはレシーバーの当たっている部分を削ることにした。
写真は削る前の状態。
e0162444_16305852.jpg
↑上の写真のように内側のチャンバーが当たる部分を削らねばならない。
e0162444_16310618.jpg
↑これが削ってオイルステインで着色した後のものだ。
内側側面にある溝も削っている。
e0162444_16310627.jpg
↑これで完全に閉鎖するようになった。
絶対にフォアーグリップに当たらないように多めのクリアランスにしている。
だいたい直ぐにヘタって位置が前進してくるのが亜鉛のモデルガンだからである。
e0162444_16310766.jpg
↑ボルトをフルオープンするとこんな感じだ。

ついでにミニトリビアを一つ。
ストックがザラついていたらスチールウール(ボンスターってヤツ)でナデナデして、オイルステインを軽く擦り込むと簡単に綺麗な表面ができる。
紙ヤスリだと木部が削れすぎたり目詰まりして面倒くさいのだ。
ステインもティッシュペーパーに染みこませて拭く程度でイイ感じになる。
簡易な方法なのだが失敗が少なく、愛着は倍増である!
その後、シリコンオイルやマシンオイル(機械油)でも擦り込んで、乾いた布で拭けばイイ感じのツヤツヤだ。
僕的には軍用銃はマシンオイルほうが『らしく』テカって好きだ。
機械油の匂いもテッポーっぽい。
亜麻仁油でもいいのだがチトあの臭いは僕は苦手だ。
e0162444_19200452.jpg
ハドソンの14.5インチ カービンとMGCのストック付 5.5インチ



ということで、何とか終了したようだ。
さすが一筋縄ではいかない昭和のモデルガンと久しぶりに一戦を交えたが・・・う~ん、楽しかった!
箱出しでは遊べない、こんな関係が好きなのである。



by 1944-6-6 | 2016-01-16 22:00 | 絶 版  ハ ド ソ ン | Comments(10)

C96カービン 復活への道 第1章

e0162444_22271392.jpg
これまで2度レポしたあのボロボロのモーゼル(ボロモーゼル?)C96カービンに救いの手が伸びた。

アッパーレシーバーがボロボロに崩壊したジャンクのモーゼル拳銃のパーツを寄贈していただいたのだ!
崩壊したレシーバーには王冠が付いている時代のモノ。
このままレストア・・・と思ったが所詮色塗りしなきゃならない。
なら・・・カービンとして元々の黒肌で生きてもらったほうがイイのではないかとグリップカットになった訳だ。
どちらを生かすか・・・マニアには難しい選択である。

ところがやはりハドソンだった。
思いもかけないところで手間が掛かってしまったのだ。
それらは次回に回すとして、取り敢えず『蘇ったC96カービン:もうボロモーゼルとは呼ばせない!』をお送りしたい。
e0162444_22270828.jpg
TVのワイルド7でヒバが持っていたのはMGC製。
ちょっと雰囲気が異なるが、ハドソンのほうが落ち着いた雰囲気で個人的には好みだ。
どことなくプロのツールって感じがする。(なんのプロだろ?)
e0162444_22271767.jpg
フレームの黒肌もイイ感じだ。
さっきまで金色の塗装がされていたのだ。

弾倉式のモーゼル拳銃はイマイチ・・・と思っていたがカービンはイイ感じだ。



by 1944-6-6 | 2016-01-15 22:50 | 絶 版  ハ ド ソ ン | Comments(6)

BREN MkⅠ .303British Light Machine Gun Lithgow 1943

e0162444_21522660.jpg
今回は無可動実銃のブレン MkⅠ.303ブリティッシュ 軽機関銃だ。

知っての通りブレンガンはチェコのZB26をイギリス的にモディファイした銃である。
その為、Brenの名称は「Brno:ブルーノ工廠」と「Enfield:エンフィールド造兵廠」から採られている。
e0162444_21525168.jpg
銃身先端部はステンレスのスリーブで実際の銃身はその中にある鋼鉄製である。
二脚はトライポッド使用時には前方に折ることができる。
現用のMinimiなどと同じだ。
e0162444_21524959.jpg
キャリングハンドルは非常に便利だ。
木製で大きいので持つ手にも楽である。
左側に倒すことや横に固定して発砲姿勢での携行時に使用できるようになっている。
これはZB26からの機構だ。

銃の真上にマガジンがあるので照準器は左にオフセットされている。
大きなドラムはやはりZBからのもので、2~20のメモリがありエレベーションを調整する。
e0162444_21522546.jpg
キャリングハンドルを固定したところだが、かなりガッチリ固定される。
垂れ下がったレバーは銃身交換用で実際はボルトを引いてこのレバーを上げると銃身が前に抜けてくる。
実に銃身交換の作業に手間がかからない。
e0162444_21525147.jpg
トリガー上方のレバーはセフティ&セレクターである。
写真の状態が”フルオート”で真ん中が”安全”、レバーを後ろにすると”セミオート”となる。
パチッパチッと小気味良く作動する。

ストックにはショルダーレストが付いていないタイプだ。
e0162444_21522604.jpg
二脚は高さの変えられる初期のタイプでガタツキもなく作動する。
さすが鋼鉄の銃がイイ!
e0162444_21524254.jpg
刻印はBREN MkⅠ Lithgow M.A 1943とある。
Lithgowはオーストラリアのリスゴー小火器工廠のことで1943年製造を表す。
カナダ製ではInglis:イングリス社と打刻されている。
e0162444_21524226.jpg
ストックと二脚後方にあるレバー状のモノはトライポッドに固定するためのピンで回して引き出す。
e0162444_21524389.jpg
無可動銃なので銃身はバッチリ溶接されている。
因みにこのブレンはC社で購入したものではなく、旧エリカクラブ購入した一丁だ。

オフセットフロントサイトが良く判る。
e0162444_21524228.jpg
真上のマガジン挿入口から見た写真。
いわゆる旧加工品だがボルトは後方で固定されている。
砲底面は斜めカットされているがエキストラクターとエジェクターがはっきり見える。
この銃は真下に排莢されるのでエキストラクターが下でエジェクター上にくる配置だ。
e0162444_21524379.jpg
無可動加工で溶接されているボルトキャリアー部分。
先端のピストンはカットされていて影も形もない・・・残念。
まぁ通常では全く見えないのだが。
写真ではロアフレームを外している。
レシーバー後部のピン1本で簡単に上下分解ができるのもZBからの伝統だ。
e0162444_21523467.jpg
ロアフレーム先端のトライポッド用の取付ピン。
古い銃は凝っている。
排莢口にもスライド式のカバーが付いている。
チラッと見えるのがそのロック部分だ。
e0162444_21523488.jpg
スイベルは下ではなく横に付いている。
これは発砲姿勢を維持したままで携行するようにスリングをかける為だ。
e0162444_21523483.jpg
旧加工品なので上部カットされ機能はなくなっているが”シアー”が残っている。
その前のパーツがディスコネクターでセフティをセミオート・ポジションにすると、せり上がってきて前進するボルトに蹴られ前に倒れる。
そしてシアーとのリンケージが外れ、シアーがフリーになるのだ。
そこに後退してきたボルトをシアーがホールドしてセミオートのサイクルが完了する。
e0162444_21523466.jpg
この銀色の板がバッファーのようだ。
後退してきたボルトをここで受け止める。
中央の穴の中はレコイルスプリングがセットされていてボルトを前進させる。
ブレンガンはオープンファイアーなのだ。
e0162444_21523534.jpg
テーパーの強いというかリムドの303ブリテッシュの為にかなり湾曲したマガジンである。
リムドカートリッジは順番に入れていかないと、恐ろしいことになってしまうのでどうも苦手だ。
e0162444_21522577.jpg
マガジン底部の刻印。
I*JIと入っているが何を表すかは僕にはわからない。


・・・と、ざっとブレンガンMkⅠを見てきたがクラシックな銃らしさが満載のアイテムだ。
ドイツのMG34/42なんかとは異なる非常に単純な構造で信頼性も高そうだ。

そういえばZB26の亜流には我日本の九六/九九式軽機がある。
こちらはこちらで非常に日本らしいアレンジであり、何ともイイ感じでなのある。


このBREN GUNは出品中です。


by 1944-6-6 | 2016-01-14 23:15 | 無 可 動 銃 | Comments(6)

MGC New XM177E2

e0162444_19290674.jpg
前回のMGC M16A1を見ていたら、急に改装途中だったABS製XM177E2を引っ張り出してみたくなった。
この16系はイイ感じだが全く人をバカにしたように、押し出しピンが目立つところにあるのだ。
〇ドソンじゃないんだから少しは気にしてほしいと思う方も多いのではないだろうか。

ちゅーことで、そのピン跡を瞬間接着剤で埋めてみた。
写真はコンモリ盛りつけた瞬接である。
e0162444_19290630.jpg
しかし見ていたら以前から気になるハンマーピンの太さとセイフティのストッパーの形状が気になりだした。

う~ん、 修正するか!
e0162444_19290617.jpg
一見、HWのようだがABSである。
HWに比べ削る際に粘るので若干扱いにくいが、瞬接がバッチリ効くので便利ではある。
e0162444_19290691.jpg
こうなると全体に手を入れてみることになりそうだが・・・
キャリングハンドルやトリガーガード内側のリブ(アルミ合金鋳造のバリの様な部分)の幅がMGCの1mmに対し実物は3mmあるのだ。

ここをどうするか・・・スルーするべきか・・・悩むところだ。



by 1944-6-6 | 2016-01-13 22:30 | 絶 版  M G C | Comments(0)

M16A1 ベトナム タイプ by MGC

e0162444_19172696.jpg
いろいろとハリウッド映画で活躍しているのがMGCの金属M16シリーズだ。
初めてそれに気づいたのは1980年の映画『プライベート・ベンジャミン』で主演のゴールディ・ホーンが持っているポスターだった。
何とも言えぬ驚きと怒りが沸き上がったのを覚えている。

アメリカの映画に日本のそれも僕らの持っているモデルガンが出るなんて・・・許せん!
ハリーキャラハンがMGCの44マグナムを持っていたら絶対にM29は好きになっていない!
外国映画は唯一の動く映像資料だったのだ。
e0162444_19172580.jpg
特にMGCの16はブサイクなテイクダウンネジが付いている。
これだけは当時、硬派だった僕には我慢ができずMGC離れをしはじめるキッカケとなった。

しかしロックド・フローティング・ブリーチシステムには一本取られた感がある。
クローズド・ファイアーの暴発を防ぐ仕組みである。
発想の素晴らしさには驚いた。
e0162444_19172630.jpg
全体の鋳造っぽさもMGCのセンスを感じさせている。
本物よりカッコいいくらいだ。
e0162444_19172698.jpg
今回のレポにつかったM16A1はナ・なんとスタンダード・モデルだった。
個人的には初めて見て嬉しかったのだが・・・スタンダードだと知らずに購入した友人は、その事実をしるやケイズに捨てていってしまった。
よほどショックだったのだろう・・・(笑)
左側のキャリングハンドルの取付前部に打刻されている”S”は、スタンダードを表す印なのだろうか?
ブローバックには無かった。
e0162444_19173304.jpg
これは無可動銃のM16A1。
マニアにはプロパティと呼ばれる米軍採用品だ。
1,000,000台のシリアルは1968~1969年にColtで製作されたM16A1である。
因みに、2,000,000台がH&R(ハーリントン&リチャードソン)製で、3,000,000台がHydramatic(ハイドロマチック)製のM16A1だ。
どちらも1968~1971年に製造されている。

本物はMGCより何処か野暮ったい感じがしてしまう・・・(笑)
e0162444_19172636.jpg
MGCというかM16系にトイガンで気にいらないのが矢印のリブだ。
実物では無いはずだ。
A2を含め綺麗にフライス掛けされているものしか見ない。
ここにリブの付いたM16は存在するのだろうか?

・・・?
e0162444_19173302.jpg
因みに僕の周りのColt製M16を集めてみたが・・・
あんなリブはどれにも見当たらない。
それともかなり初期の実物にはあったのだろうか?
しかし初期の写真を見る限りキャリアハンドルの内側すら綺麗に処理されている。

ここだけリブを残すことは想像しにくいのだが・・・



by 1944-6-6 | 2016-01-12 22:30 | 絶 版  M G C | Comments(10)