人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:留之助ブラスター( 16 )

留之助ブラスター2049 スタントモデル を作る-その1

e0162444_18441514.jpg
留ブラのスタントモデル(無可動のレジン製)が再販されるようなので、御依頼品を使って製作レポをやってみることにした。
何度かに分けてレポすることになりそうだが、これから購入される方の参考になれば幸いだ。
e0162444_18442107.jpg
下地処理にはこの程度の工具があればOKだ。
モーターツールは無くても特に問題はない。
また、レジンの場合は金ヤスリよりも紙ヤスリの方が効率がイイ。
僕の場合、今回のような作業ではスポンジヤスリ使うことが多い。
e0162444_18441536.jpg
まずレシーバー上にあるパーティングラインを消すことから始める。
段差が大きい場合は事前にパテなどを盛っておくといいが、今回は削るだけでいけそうだ。
e0162444_18441501.jpg
フロント部分の丸頭のネジはヤスリがけの支障になるので一旦切取る。
切取ったものを後で整形して貼り付けたり、別パーツを作り取り付ける方がレシーバーの作業がやり易いうえに仕上がりが綺麗だ。
この個体ではあとから実際のネジを取り付ける予定だ。
3個ある丸い穴は実際のステアーライフルでスコープ・マウントを取り付けるネジ穴なのだが、スコープを使用しない場合はキットのようにイモネジをねじ込んで蓋にしている。
キットではヤスリがけ等でモールドが甘くなるので、穴を開けてマイナス溝を切ったプラ棒などをはめ込んで新たに再現する。
その方がシャープな印象に仕上がる。
また、ヤスリがけでボルトスリーブとレシーバーの境目が消えてしまい一体になってしまうのでケガキ線を入れて再現しておいた。
e0162444_18442071.jpg
トリガーガード内には大きなバリがあるので、ニッパー等で大まかに切り落とし、トリガーガードやトリガーの残ったバリやパーティングラインを処理する。
e0162444_18442009.jpg
処理した後はこんな感じ。
その他各所に残るバリやパーティングラインを処理する。
個人的にはこの作業は楽しいのだ!(笑)
e0162444_18442125.jpg
トリガーガード内側はモーターツールなどで荒削りをして・・・
e0162444_18442688.jpg
紙ヤスリやスポンジヤスリで整形する。
この時に一定方向にヤスってツールマークを表現した。
e0162444_18442609.jpg
トリガーガードの外側もヤスっておくがやはり一定方向にヤスる。
e0162444_18442703.jpg
トリガーの裏側も案外目立つところだ。
この辺りは金ヤスリなどを使ってキッチリとした硬そうな感じを出す。
e0162444_18442708.jpg
もう40年近く使っているのがX-ACTO ナイフの丸刃だ。
これは押すことで一点を切削出来るので個人的には非常に使いやすい。
平刃だと刃の幅の痕を残しやすいのだ。
e0162444_18442718.jpg
こんなところもサクサクと削ればバリ取りは完了である。
この後は塗装前の全体の表面処理をしていく予定だ。


留ブラキットの製作依頼をお受けいたします。
また時期発売のライセンスバージョンや既にリリースされているリテイラーなどの仕上げ直しもお任せください。
詳細は取りあえずメールにて・・・
ご連絡ください。
Mail : kz_gunshop@yahoo.co.jp




by 1944-6-6 | 2018-03-19 22:00 | 留之助ブラスター | Comments(2)

ケースカラー

e0162444_16255452.jpg
留ブラ エイジング加工の中で個人的に色味が欲しくて、ハンマーの背面にケースカラーをしています。
実物(?)でもハンマーはケースハードゥンに仕上げられています。
留ブラでは側面はほとんど見えないんで、グリップの間から見えるハンマー背面部分だけですが、いろんな色が綺麗でちょっと嬉しい・・・かも(笑)
e0162444_16255715.jpg

ただ・・・偶然性の産物なんで一個一個異なってしまうんですが楽しんでくだされ!
e0162444_16255466.jpg
このコードの捩じれがらしくてイイんですよね!
人が使うメカ!・・・て感じです。
e0162444_16305908.jpg
もったいねぇ・・・ってくらい打ち傷や擦れが使った感じ。
ホントはもっとやりたいんだけど・・・
e0162444_16310387.jpg
右利きのデッカードが使ったのでトリガーの右面の方が擦れが大きい・・・なんてクダラナイ拘りかな(笑)
e0162444_16310819.jpg
アルミ製のグリップボトムは共削りで指とのフィット感はバッチグゥー!(古)
e0162444_16310827.jpg
最後のロットが最終仕上げに入っていますので、ご予約頂いた方には今しばらくお待ちいただければと思います。

何卒宜しくお願いいたします。



by 1944-6-6 | 2018-02-22 16:00 | 留之助ブラスター

留ブラ用 グリーン・LED・レーザーサイト

e0162444_16101360.jpg
留ブラ用の”光るグリーン・LED・レーザーサイト”。
e0162444_16101380.jpg



by 1944-6-6 | 2018-02-14 16:00 | 留之助ブラスター

鉄っぽさ

e0162444_17125625.jpg

イイ感じで鉄っぽいですが・・・トリガーガードは亜鉛合金製です。


by 1944-6-6 | 2018-02-13 18:00 | 留之助ブラスター | Comments(4)

留ブラ・スタント・モデル組立キットのグリップ修正する

e0162444_15423636.jpg
製作依頼の留ブラ・モデル組立キットを見ていたらグリップが整形後の変形でかなり反っていた。
このまま取り付けるとグリップ・スクリューに力がかかってネジがバカになってしまう。
リテイラー版とかPROのモデルガンではグリップフレームがアルミ製なのでそれほど問題にはならないのだが。

見ればグリップはレジン製なので熱によって修正が可能なのである。
e0162444_15423218.jpg
これで一目瞭然だ。
修正前のグリップには隙間が目立つ。
これはイカン!
e0162444_15413051.jpg
レジンは熱をかけると柔らかくなる。
プラモなどでよく使う方法としては熱湯で煮ることだ。
ただしこれは勝手に鍋窯を使った場合、カーちゃんもしくはカミさんに焼きを喰らってしまう。
僕は使えなくなったフライパンを使ってみた。
e0162444_15413024.jpg
割り箸等で熱湯から引き揚げ、鏡やガラス板などの平面的なものに押し付けて平らにする。
結構熱いので火傷等注意が必要だ。
e0162444_15423628.jpg
そこでフッと閃いた!
何も鍋窯で煮なくても耐熱容器に水と共に入れて電子レンジで加熱すりゃあいいんじゃね!

ちゅーことで早速やってみたら大正解!
2分も加熱すればグリップは柔くなる。
これなら手間もかなり省けるのだ。
e0162444_15412996.jpg
それを現場合わせでブラスターに押し付けてピッタリ合わせればいいじゃん!
e0162444_15423630.jpg
GOOD JOB!!

キットの組み立てや塗装に関しても以後にレポする予定なのでお楽しみに!
(キットの製作依頼も承っております!)

ということでピッタリとしたグリップを見ていると、それまでの苦労が走馬灯のように蘇る・・・長い戦いであった(笑)



by 1944-6-6 | 2018-02-05 17:00 | 留之助ブラスター | Comments(4)

光ってます!輝いています!留ブラ用レーザーサイト・・・発進準備中!

e0162444_17090673.jpg

グリーンに輝くレーザーサイト!

e0162444_17294970.jpg

シリンダーカバー裏のネジを外すだけで光り輝くレーザーサイトに交換できます。


"留ブラ用 グリーン・LED・レーザーサイト"予約第一回目は好評だったようで次回は受注生産方式で行います。
詳しくは下記リンクから宜しくお願いいたします。



by 1944-6-6 | 2018-02-01 20:30 | 留之助ブラスター | Comments(4)

”レーザーサイト” グリーンLED点灯!

e0162444_16093278.jpg
先日試作した留ブラの光るLEDレーザーサイト。
なんと留之助商店店主殿のお目に留まりオプションとして商品化されました。
(恐縮ながら現在Sold outしてしまいました)
e0162444_16092832.jpg
LEDを点灯したところです。
スイッチは無くてLEDの頭を押し込むと発光します。
発光停止は逆にLED引っ張るのですが・・・素手だと面倒なので真鍮製の発光停止キーなるものを付属させることにしました。
それは・・・留之助店主ブログを見てください!
e0162444_16092782.jpg
発光していない状態だとややLEDが出っ張る感じですが気にしなければ問題なし・・・と思います。
なんたって光っているのがこれの”売り”です!(やや強引!)
取付は留ブラ付属の六角レンチと小さなプラスドライバーがあれば簡単です。
なんたって配線なしですからね!



by 1944-6-6 | 2018-01-23 16:30 | 留之助ブラスター

海を越えて・・・

e0162444_15321202.jpg
海外で僕の仕上げた留ブラを楽しんでくれている方がいるようで・・・You tubeにアップされていました!
なんかついこの間までケイズにあったものが海を越えて・・・不思議というか・・・嬉しいというか・・・複雑な感じですね。

しかし、卓上を見るとレーチェルの写真などあって・・・やるなぁ外国のオタクも!(嬉)
このインターナショナルな自称オタクのレビューアーは クリスチャン・S・ハンセン氏 。

このレクチャーの様子は留之助商店の店主ブログからリンクしているので興味のある方はご覧ください。


by 1944-6-6 | 2018-01-22 15:30 | 留之助ブラスター

電飾化成功!

e0162444_16314487.jpg
先日、苦手な電飾作業をレポしたが、その際に古くからの友人の”犬札”氏からタレコミがあった「HIROMI(ヒロミ) ミライト 316G 緑 」なるLEDを入手してみた。
取りあえず最も小さいサイズを購入。
e0162444_16314591.jpg
手元にあったパーツ(リテイラーなどのアルミ製では無く鉄製のモノ)にミライトが入るように加工する。
本来このLEDは夜釣りなどで浮が見えるように取り付けるものらしく発光部分を押し込むと点灯し引っ張って戻すと消える。
チト面倒だが・・・ブラスターにつけて遊んだらピンセットやニッパーで引っ張りだせばいい。
バッテリーと一体で30時間くらい光っているようでその後は使い捨てのようだ。
配線は一切なし!
ただし発光部を不用意に引っ張ると抜けてしまうが、本来の位置に戻せば問題はない。
e0162444_16314599.jpg
長さは発光時で約26㎜、太さはバッテリー部分が3㎜だ。
グリーンのプラ部分がやや長かったので若干カットしている。
e0162444_16314444.jpg
やはり光っているとカッコイイ!
e0162444_16314382.jpg
取りあえず今回は試作的にやってみたがなかなかイイ感じだ。
一本¥300前後の価格で約30時間点灯するのであれば、こまめにON/OFFすればかなり遊べそうだ。


PS : 留ブラをお持ちの方で「これでいいから点灯してみてぇー!」って方は取りあえずメールください。
加工委託をお受けします。
mail : kz_gunshop@yahoo.co.jp

たぶんご満足いただけると・・・思います。



by 1944-6-6 | 2018-01-08 17:00 | 留之助ブラスター | Comments(2)

留ブラ・ワーコン・カスタム、オンライン予約開始

e0162444_17123560.jpg
東京コミコンでの予約販売分20挺の納品も終わり、次回製作の20挺につきオンラインで御予約を募ります。
御希望の場合は下記「留之助商店ブログ」よりご予約を宜しくお願いいたします。

合計40挺限定製作、今回も製作中のレポもアップしていく予定です。

今回もデッカードが長い間身を守るために使い続けた”使用感バリバリのディフェンス・ガン”のイメージ(そんなドラマを妄想)を表現/再現したブラスターです。
テッポー大好きならではの仕上げで・・・
だから・・・勿論のこと錆はなんかありません(笑)



by 1944-6-6 | 2018-01-04 17:30 | 留之助ブラスター