人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:タ ナ カ( 73 )

M1917

e0162444_16005996.jpg
M1917のハンマー・コッキングポジション変更、幾つくらいやったか・・・でも毎回シッカリ作動した時は感激なのだ!
e0162444_16005925.jpg
ハンマー自体の形状がオリジナルとは若干異なるので、完全無欠の再現とは言えないのは仕方ないのか。
e0162444_16005569.jpg
でもコックした時の印象は全く異なっている・・・ハズだ(笑)
e0162444_16005563.jpg
このハンマーからバックストラップへ繋がるラインがエエンよ!
e0162444_16005496.jpg
今回はものはグリップの実感に拘ってみた。
ちょっと古ぼけたウォールナット・グリップをイメージしたが・・・いかがだろうか?



by 1944-6-6 | 2019-03-07 18:00 | タ ナ カ | Comments(4)

Glock 18 (TANAKA vs CAW)

e0162444_17481779.jpg
未だかつて”グロック”なのか”グロッグ”なのかに迷うのである。
僕にとってのグロッグ・・・もといグロックはそんな存在なのだ。
ましてフルオート付きなんざ・・・!

まぁ友人がブログのネタにしろやと言うことでくれたので取り上げてみよう・・・か。
(僕のグロックはMGC初代で終わっている)

銃としての詳細は各自で雑誌やWebなどを参考にしていただきたい・・・僕はほとんど言っていいくらいグロッグについては知らないのだ(笑)

(なお、写真では僕のミスでタナカのフレームとCAWのフレームを入れ違えてしまっております。
スミマセン!)
e0162444_17481755.jpg
CAWのものはタナカベースのカスタムということだろう。
グリップや刻印部が違う気もするがジェネレーションの違いかバージョンの違いかは・・・知らない(笑)
e0162444_17483192.jpg
最近再版されたものだろう。
モデルガンはタナカしか出していないのが寂しいところだ。
スライドはABS製でフレームがHW材、重量は空マガジン付きで530g。
e0162444_17481782.jpg
何時頃販売されたのかは不明だが当時¥36,000だった。
こちらはスライドがHW材だがフレームがABS製の為、重量は465gとタナカより軽い。

発火して遊ぶのは現行のタナカで、ダミーカートなどのハンドリング・モデルはCAWのスライドをタナカに付けるというのが理想か(重量600gなり)。
e0162444_17481187.jpg
バレルの穴(マグナポート?)はCAWは垂直に開いているが、対するタナカは斜め前方に向かって開けられている。
タナカの方が”っぽい”な(笑)
e0162444_17481243.jpg
タナカはサイトにホワイトが入れられている。
CAWのセレクター・レバーは削り出しのスティール製だ・・・が、エッジが痛いのだ!
e0162444_17481167.jpg
セレクターはフルオート・ポジションである。
CAWの方がストライカーのスプリングがかなり強い。
e0162444_17483056.jpg
カートリッジだがCAWは真鍮とアルミを使っていて5発で53g、タナカは全体がアルミ製のようで5発で29gだった。

タナカの再販は非常に調子のいいモデルガンのようでイロイロと映像がアップされているが、カートの軽量化などが発火性能につながっているのだろう。
e0162444_18331124.jpg
ファイアリングピンも特徴のある実物を模して四角くなっている。
斜めに深く入ったエキストラクターはイイねぇ!実にモデルガンだ!
さすがタナカ ワークス!感激だ!

フルオートで撃ってみたいのだが・・・売ってしまおう(笑)
しかし、フレームを入れ替えても気づかないとは・・・愛が無いんだなぁ(泣)



by 1944-6-6 | 2019-02-22 19:00 | タ ナ カ | Comments(8)

COLT GOVERNMENT .380AUTO

e0162444_20231121.jpg
人間がチッサイせいか大型のオートより中型オートが好きだ。
e0162444_20230749.jpg
コルトの.380オートも大好きなオートなのだが・・・スライドを引く際の滑り止め部分がチトいただけない。
今までのテッポーはこの部分はセレーション(鋸刃形)だった。
しかしこの.380オートはグルーブ(溝)になっている。
これではまるでトカレフだ!美しさが無い!手抜き感さえある!
e0162444_20231194.jpg
まぁこんな品格もセンスも無いことをするからコルトはダメになったに違いない・・・のかも知れない。
e0162444_20230793.jpg
でも腐ってもコルト(失礼!)チンコイ感じが心をそそる。
カッコいいじゃん!
e0162444_20230767.jpg
タナカの.380オートもモデルガンで欲しい1挺なのだ。
グロックとかSIGには全く萌えないジジイにはこのあたりが限界なのだ。



by 1944-6-6 | 2019-01-19 21:00 | タ ナ カ | Comments(6)

M1917が妙にカッコよく見えたので”パシャリ!”

e0162444_23081313.jpg

久しぶりにS&W M1917を見たら妙にカッコ良かったので・・・撮ってみた。



by 1944-6-6 | 2018-12-05 23:00 | タ ナ カ | Comments(0)

道具としての”Smith & Wesson”

e0162444_17210796.jpg
個人的に道具っぽい”銃”というのが好きだ。
ようするに何気ないモノである。
そのせいかレースガン的なものはほとんど持っていない。

・・・唯一の例外が”国さんのNM”かも知れない(笑)
e0162444_17210638.jpg
てなことで何気ないS&Wだ。
再仕上げのグリップがこれまたそれっぽいのだ。
妄想としては
「アメリカのド田舎のオッサンが自分の親父から受け継いで持っている。
オッサンは銃が好きじゃないが”道具”として置いてあるのだ。
使い方は知っているが名前は知らない。
Smith & Wessonと呼んでいるだけだ。」
e0162444_17210706.jpg
3インチにオーバーサイズのグリップを付けるとチーフのイメージは無くなる。
なんかエイジングしたくなってきたなぁ・・・

薄っすらと錆さすのもイイな!



by 1944-6-6 | 2018-09-28 18:00 | タ ナ カ | Comments(7)

豪華な”馬のマーク”

e0162444_16133475.jpg
華美な彩りも美しい”馬のマーク”
e0162444_16133400.jpg
ブラスのタナカ製エアガン ディテクティブだ。
それにMOPのグリップとテイラーのアルミ製グリップアダプター、とどめはヒートブルーに輝くハンマーシュラウド!

豪華だ!
e0162444_16134079.jpg
キャアー! マブスイ‼マブスイ‼
ビンボーな僕には眩しすぎる!
e0162444_16134086.jpg
勿論だが僕のモチモンじゃないのだが・・・
e0162444_16134625.jpg
カチッとエッジを残したまま磨き込まれている。
見て触った感じはこれりゃあホンモンのディテクティブだ!
e0162444_16134645.jpg
勿論だが銃腔は完全閉塞している。
e0162444_16134080.jpg
フォーシングコーン部も綺麗に閉塞されているのだ。
e0162444_16133469.jpg
茶革のショルダーホルスターが良く似合う。
実物のハンマーシュラウドはアルミ製で味気ない色合いだがアドベン製と思われるこの鉄製シュラウドはこの銃に映える。
ただ・・・両面で止まっているだけなのだが。

なんたって希少なブラスフレームにネジは切れないからね(笑)



by 1944-6-6 | 2018-08-25 18:30 | タ ナ カ | Comments(9)

"DIAMONDBACK"

e0162444_18403673.jpg
DIAMONDBACKの銃身刻印が上がってきた。
これで随分らしくなってきたぞ!
e0162444_18483520.jpg
取りあえずご依頼用と僕用の2個を作ってあるのだ。
これでブリッドに近づいた!?
e0162444_18403658.jpg
随分と厳つい感じになった元ディテクティブ。
完成まであと少し・・・なんだろう(なぜか他人事だ)
しか~し、よく見ると銃身がやや下を向いているな・・・これじゃあジジイの✖✖✖じゃねえか(自爆)

ご依頼のO様、今しばらくお待ちを・・・



by 1944-6-6 | 2018-08-21 19:00 | タ ナ カ | Comments(2)

コルト Dフレームのグリップをショート・タイプにする

e0162444_22021808.jpg
タナカ製コルトのDフレームを短くした。
理由はお察しのとおりだ。

タナカのグリップ部分を実物グリップに合わせカットして底板には4㎜のABS板で作っている。
フレームと同じHW材がベストだがグリップを付けてしまったら全く見えないので問題はないはずだ。

ハンマーノーズもシャープなフォルムに整形したが、ここがパイソンとの大きな識別点だ。



by 1944-6-6 | 2018-08-15 22:15 | タ ナ カ | Comments(2)

The Hunting Guns

e0162444_23184799.jpg
日ごろから米軍だのミリタリーだのと言っているせいか僕自身は”軍隊ヲタク”と思われている節がある・・・が、実はこの手の民間型のライフルも大大大好物なのだ。
それもアメリカの田舎のオヤジが持っていそうな気どってない道具っぽい方がなおさら良い!
タクティコーなんていうのは僕には似合わない(笑)
e0162444_23184736.jpg
それなら猟銃を25年近く所持しているのだからこの手のライフルを買えばいいじゃん・・・と思うこともある。
でもモデルガンだからいいんだよね!
トランプさんが来ようと東京オリンピックが開催されようが気を使わないでイイ!
部屋の中で”パニック イン テキサスタワー”ごっこも自由だ。

CAWにM1903の民間型を出して欲しいなぁ!
死ぬまでにはレミントンM700も出て欲しい・・・できればロングアクションでね!
まぁ、叶わぬ希望でしょうが・・・(笑)



by 1944-6-6 | 2018-08-11 17:00 | タ ナ カ | Comments(10)

Detective

e0162444_21382478.jpg
子供の頃から好きなんだなぁ!・・・コルト ディテクティブ。
でも、ふと考える。

「ディテクティブって探偵だよな」

コルト 探偵 回転式拳銃
とか
コルト ニシキヘビ .357大瓶 回転式拳銃
とか
コルト 店主 回転式拳銃

e0162444_21390584.jpg
およそ日本語にするとなんかダサくね?
日本人にはこういった名前に本来の意味はなく、記号としての意味しかないようである。
まぁ、日本の車にも外人から見ると恥ずかしいものがあるようだが・・・
ゲイシャ・ブランドなんて缶詰を見たこともあるけど思いっきりハズイ!

でも、サクラって回転式拳銃もあったっけ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-07-11 22:00 | タ ナ カ | Comments(11)