人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:マ ル シ ン( 59 )

弾の出ないエアガン・・・?

e0162444_20182361.jpg
ドゴ~ン‼
ドーベルマン刑事に憧れるケイズです。

遊べるニュー モデル スーパー ブラックホークの素敵なモデルガンが出てこないので、マルシンのエアガンにダミーカートを入れて遊んでいましたがなんか精度が悪い造りにアッタマ来てディテールアップを始めました!
取りあえずメインフレームとグリップフレームの合わせの修正。
内部にネジを増設しガッチリ固定されるようにしました・・・が、その為にエアの通り道をふさいでしまったのでエアガンという機能を失ってしまった!
まぁBB弾を撃つことも無いので良しとしました・・・勿論、発火も出来ませんよ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-04-20 20:30 | マ ル シ ン | Comments(16)

果てしない妄想

e0162444_16285907.jpg
以前にMauser C-96を作ろうかとマルシンのM712を買ってみた。
絶対にC-96の方がカッコいいはずだ!・・・と思う。
しかし、MGCのと比べてもマガジン部を新規で造らにゃあかん・・・ってことで”置き”になっていた。

そんなこんなで今日に至ったんだが、春の陽気の所為か「合体」を思いついた。
e0162444_16285969.jpg
マルシンのアッパーにMGCのロアーを嵌めてみたら・・・あらら付いちゃった!
トリガー/ハンマー ユニットはMGCのまま。
取りあえず作動はする。

なんかちょっとアッパーに手を入れれば出来そうだ!
e0162444_16285912.jpg
アッパー前部の幅が2㎜程広いがそんなの無いも同然だ。
ガリガリ削れば済む。
内側もABS板やプラリペアでも盛ればいけちゃう・・・

と、ここで我に返ったのだが・・・こんなことをして何が楽しいのだろうか?
発火させる気は無いし・・・2挺のモデルガンが1挺になって中途半端なゴミが出来るだけ?
ところでこれって果たして合法?

う~ん、実行は暫く考えてみよう(笑)



by 1944-6-6 | 2018-04-07 18:30 | マ ル シ ン | Comments(8)

1851 + 1861 = 1851…?

e0162444_21232557.jpg
いつもの思い付きでマルシンのCOLT M1861 NAVY カスター将軍モデルのフレームに、CAWのM1851 NAVYのバレルを付けてみる。
これが思った以上にカッコイイ!
ちとグリップがイマイチだが妙に本物っぽい印象だ。

CAWのバレルはガタはあるものの問題なく取り付けられ、多少手を入れればしっかり取り付けも可能と見た!
e0162444_21232892.jpg
CAWのシリンダーもラチェット部分を若干詰めればいけそうだ。
これに蛇グリップなんかつけたらさらにカッコイイかもしんない!
e0162444_21232451.jpg
因みにマルシンのカスターモデルは金メッキの部分をピカールで磨いてシルバーにしている。
この方が本物っぽい。

どうもあの一点豪華主義的な色味は好きくないのだ(笑)




by 1944-6-6 | 2018-02-17 21:30 | マ ル シ ン | Comments(4)

S&W M586

e0162444_21302725.jpg
作動感が実物っぽく非常に素晴らしい出来きでS&Wモデルガンの中では最高なんだけど・・・Lフレ故にあまり重宝されていないのがこの586なのだ。
これがKフレームだったら傑作になっていただろうとミリポリ好きのジジイは嘆く。
e0162444_21302808.jpg
コッキングした感触なんかはスプリングの強弱を除けば実に「っぽい」フィーリングだ。
Kフレーム用のターゲットグリップもピッタリ!
e0162444_21302793.jpg
ディスティングイッシュット マグナム・・・ってなんとも覚えにくく言い難いとは思わないだろうか!
いまいち人気が無いのは、このややこしい名前のせいなのかもしれない(な独断!)



by 1944-6-6 | 2018-02-10 18:00 | マ ル シ ン | Comments(10)

PP PPK/S PPK

e0162444_20491120.jpg
これまた気が付くと幾つも出てきたマルシンのWalther PP/PPKシリーズ。
自分でも「何個あんだよ!」って、ツッコミを入れてしまう。
こんなに買った気もせんのだがなぁ・・・

まぁ、そんなわけで貴兄たちの押し入れにも同じような状況が繰り広げられている・・・ハズだ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-11-12 21:00 | マ ル シ ン | Comments(0)

なんとかならんものか?

e0162444_19480559.jpg
マニアなら一度は考えること。
モデルガンのM36(写真ではコクサイ)をマルシンのポリスリボルバーに組込む/合体できないものか・・・ってなことを。

最近ずっと考えているのだが、基本的な数値が近いだけに悶えてしまうのだ。
正に「似て非なるもの・・・」なのである。
e0162444_19475982.jpg
シリンダーはマルシンが直径36㎜Φでコクサイが33㎜Φだ。
シリンダーをマルシンから流用するとしてもヨークの高さが微妙に異なる(1.5㎜程)
このくらいの微妙な数字が案外面倒くさい。
e0162444_19475865.jpg
コッキングしたところはなんとも悲しすぎる!
去勢というか竿をチョン切られておるではないか!
ウウゥ、男としてなんとかしてあげたいところだ!

もう少し考えてみるか。
「♪知恵をめぐらせ 頭を使え
   悩み抜け抜け 男なら~」・・・ってね(笑)



by 1944-6-6 | 2017-09-24 21:00 | マ ル シ ン | Comments(10)

マルシン XM-177E2

e0162444_23040283.jpg
中坊の頃からM16(というかベトナム戦争の)が好きだった僕にとって、マルシンがM16をリメイクしてくれた時は嬉しかった。
元ネタの国際製を買ってその重さに「ありえへん!ありえへん!」と呪っていただけにアルミ製のレシーバーは大いなる福音だったのだ。
e0162444_23040256.jpg
実際に発売され手にしてみると、かなり軽くなっているうえに刻印やマガジンガードもイイ感じでM16していた。
今のように実物と見まごうエアガンや無可動銃の無い時代は、実物のグリップやハンドガード/ストックやマガジンを付けて悦に入っていたのだ。

あれから30数年経っているがベトナム装備にマルシンのM16A1を持ってCレーションを食っていた黒過去を思い出して恥ずかしくなる。

しかしながら、あの頃から大きく変わっていないのが現在の僕なのであった(笑)



by 1944-6-6 | 2017-09-02 23:30 | マ ル シ ン | Comments(12)

ソードカトラスのモデルガン

e0162444_23521233.jpg
ブラックラグーンのソードカトラスをモデルガンでやろうと思っている。(写真は想像図)



by 1944-6-6 | 2017-08-28 23:55 | マ ル シ ン | Comments(6)

マルシン S&W M586

e0162444_16595370.jpg

個人的にS&WのLフレームっていうのは好みではないのだが、マルシンのM586シリーズは実に良く出来たS&Wのモデルガンだと思っている。
形状的(特にトリガーガードがイイ!)にもメカニズム的にも全くS&Wなのだ。

上の写真はマルシンのM586 6インチとマルシンをカスタムしたM581 4インチである。
M581はリア・サイトがフィクスド(固定式)になったモデルで、Kフレームで言えばM19コンバットマグナムとM10ミリタリー&ポリスの関係と同じだ。
今回それらのパーツを見ていたら同じマルシンのM586にはシリアル違いがあるのを気が付いた。
一つが”AAE3891”でもう一つが”AAF1990”である。
e0162444_16251033.jpg
サイドプレート内側にシリアルがある。
左がAAE3891だが素材がABS製で、AAF1990の方がHW材で出来ている。
HWのAAE3891が存在するのかは不明だ。
また、ABSの方がS&Wのモノグラムが完全だが、HWの方は言っちゃあ悪いがカッコ悪すぎだ(笑)
e0162444_16251042.jpg
上のエジェクターロッドが初期のもので、下のロレット加工がいい加減になったのが後期だ。
他が良く出来たモデルガンだけに惜しい省略だ。
e0162444_16250900.jpg
ヨークにもシリアルが入っている。
シリンダーを受ける部分の厚みが後期の方が薄くなっているが理由は不明だ
e0162444_16250995.jpg
グリップのインナーフレーム(部品名インサート)にもシリアル変更がされている。
AAE3891のパーツは無着色なのでキット・モデルのものかもしれない。
e0162444_16245634.jpg
シリンダーはABSとHWで造りが違う。
それとよく見るとエキストラクター軸の回転防止用の突起の数が異なる。
ABSが初期タイプとするとそれのエキストラクターは後期のシリンダーには使えないってことだ。
確か初期のものはユックリ作動させるとシリンダーが回りきらないのを、パーツに修正をしてしっかり回るように改良したと聞いた。
僕はハンドだけを改良したと思っていたのだが、エキストラクターもどこか変更されたようだ。
e0162444_16245560.jpg
ハンドも先端部に若干の形状変更がある。
e0162444_16245609.jpg
LフレームのグリップはKフレームと共用だ。

S&Wも最近は実用的観点からかラバー・グリップが付いているが、写真のようなゴンガロの縦縞はやはりイイ感じだ。
特に70年代80年代にGun誌を愛読していたジジイには堪らないアイテムなのである。



by 1944-6-6 | 2017-07-21 21:00 | マ ル シ ン | Comments(6)

”S&Wリボルバーのシリンダーハンド” のピン

e0162444_21063495.jpg
昔からこのピンが何のためにあるのかが疑問だった。
もしかしたら雑誌やWebで説明されているかも知れないが・・・個人的に推測してみた。
e0162444_21063392.jpg
S&Wのリボルバーの組立時にサムピースを引いておかないとハンマーが入らない。
この時にサムピースを後ろに引きトリガーを引ききっておくと、ハンドのピンがボルトをブロックしてハンマーを入れやすくするのだ。
e0162444_21063845.jpg
この矢印の間にハンドのピンが入るのである。
e0162444_21063339.jpg
そうするとハンマーがスポっと入る。
このためのピンだったようだ。

しかし、これが機能するモデルガンはマルシンのM586とタナカのNフレーム系くらいだが・・・
はたして僕の推論は当たっているのだろうか(笑)



by 1944-6-6 | 2017-07-20 22:00 | マ ル シ ン | Comments(6)