人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:C A W (MULE)( 31 )

エイジング "Colt M1903 .32Auto"

e0162444_21013413.jpg
Mule(MGC)の.32オートをエイジングした。
このところのケイズ・スタンダードな感じの気持ちよく使い込まれた機械を表現している。
e0162444_21013431.jpg
なんか微妙な色合いが時間的経過を出している。
e0162444_21010793.jpg
表面はツルツルで気持ちエエ!
映画「パブリック・エネミー」でジョニー・デップ演じるジョン・デリンジャーが最後のシーンでズボンのポケットに滑り込ませるあの感じ・・・時計や携帯といった何気ないモノの感じが好きなのだ。
e0162444_21010741.jpg
やっぱ.32オートはカッコいいやね!
ちょっと鋼鉄っぽく見えるでしょ!
e0162444_21010773.jpg
グリップも一度ペーパーをかけて濃い色のステインを塗りこんで古さを出したのだが・・・
しかしこのデザインの木グリは本物にはないと思うがイイ感じになった。
e0162444_21013387.jpg
スライド・エンドは共削りでフレームと一体感を出している。
e0162444_21013308.jpg
平面とエッジが1900年初頭の鋼鉄細工だ。
e0162444_21013304.jpg
大げさにならない程度にエッジにバフをかけて下地を出して色味を付けている。
e0162444_21010600.jpg
銃身はHW材ではないのでスライド/フレームのような手法は使えない。
ここはモデラーのテクニックでドライブラシで色味を合わせる。
e0162444_21010603.jpg
今回は販売用に真っ新のものからのカスタム品だ。
興味のある方はご連絡いただければと思う。
価格は銃込みで¥50,000。
ご質問や不明な部分があればメールで・・・

mail : kz_gunshop@yahoo.co.jp


by 1944-6-6 | 2018-04-05 21:30 | C A W (MULE) | Comments(2)

Colt M1903 .32Auto をイジクル

e0162444_18132507.jpg
毎夜毎夜、ケイズ内で自慰行為に溺れている。
やったからってどうになるものでもないが・・・つい手が動いてシコシコとやってしまうのだ!
ああっ、神よ!

昨晩もやってしまった。
e0162444_17212770.jpg
先日、32オートとデリンジャーの写真を撮った時、大昔から気になっていたことが益々気になりだした。
上の写真の矢印がそれだ。
MGC32オートはいわゆる”日活コルト”っぽくてどこかゴツイのだ!
ハドソンあたりの華奢な感じが32オートらしい。
ということでシコシコとヤスリがけしてしまった。
e0162444_18132519.jpg
上がデフォの32オートで、下が僕に慰み者にされた32オートだ。
若干華奢な感じに見えるはずだ・・・って、見えない?
心の綺麗な人には見るのだが・・・(笑)
e0162444_18132457.jpg
誰にも気づかれずお金にもならない自慰行為ばかりしていてはジジイは枯れてしまうのだが・・・辞められないのよね(笑)




by 1944-6-6 | 2018-04-02 18:00 | C A W (MULE) | Comments(3)

U.S. PROPERTY by Mule

e0162444_22133875.jpg
小学生の頃、なんにでも名前を書かされた。
これは俺のものだ・・・という証というかアイデンティティー形成の第一段階だったのか。
中にはパンツまで名前が入っているヤツがいたが・・・誰もそんなもん盗りゃあしねえって(笑)

さて、この2挺には”合衆国財産”とある。
やはりパクられないためなんだろうか?
e0162444_22133825.jpg
32オートはパットン将軍も持っている写真があるが、デリンジャーは見たことが無かった。
WAC(Women's Army Corps )やWAVES(Women Accepted for Volunteer Emergency Service)、パイロットなどが使用するために採用していたとか・・・

なるほどハンドバックの中に入っていたんじゃ見えないやね(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-28 22:30 | C A W (MULE) | Comments(4)

.41 Rimfire Dummy Cartridge by MULE

e0162444_22413130.jpg
アメ横のテイク ファイブでMule製レミントン・ダブル・デリンジャー用のダミーカートを購入した。
グレーの弾頭付がそれだ。
e0162444_23563252.jpg
ただし、このダミカを装填するには前撃針を外さなくてはならないのだが・・・
これがそこそこ手間がかかる。

でも入れておくとカッコいいのでお勧めだ。



by 1944-6-6 | 2018-03-23 23:45 | C A W (MULE) | Comments(0)

CAW M1911A1カスタム "コマンダー"

e0162444_14520082.jpg
CAWのガバからカスタムされたコマンダー。

↑これは試作段階のレポ。
その後、スライドストップやらセフティやらMSハウジングやら各社のパーツが混ぜこぜに使われているのだが・・・どれがどれだか?作った本人が分からなくなってしまった(笑)

刻印は某ショップでお願いする予定なのだが・・・やっぱライトウエイトだろうなぁ



by 1944-6-6 | 2018-02-02 19:00 | C A W (MULE) | Comments(4)

スパイ デリンジャー

e0162444_14045942.jpg
ぷぷっ!
あまりのバカらしさに我ながら笑ってしまい・・・ネタにしてしまった。
バカすぎる・・・が、出来ればストックも欲しかったか?
・・・が、あるわきゃないね(笑)
e0162444_14050055.jpg
昔、モデルガンチャレンジャーって素敵な雑誌で、バレルを幾つも繋いで伸ばして長~いデリンジャーを作るってレポを見た。

本末転倒だ!・・・と、当時は思ったが今思うに案外面白そうかもしれない!?

しかし、このスパイ デリはアンダーバレルをどうやって発砲するのか・・・まっ、触れちゃいけない疑問ってことで(笑)



by 1944-6-6 | 2017-12-09 20:00 | C A W (MULE) | Comments(4)

OLD COLT'S REVOLVERS by CAW

e0162444_16382249.jpg
未来のテッポーの後はずっと昔のリボルバーなどいかがだろうか。
コルトのM1849ポケットとM1851ネービーである。
e0162444_16382360.jpg
諸外国ではCap & Ballといった名称で呼ばれるパーカッションタイプのリボルバーだ。
思い起こせば中坊の時に見た「続・夕日のガンマン」のM1851ネービーが、それまでSAA一本やりだった僕に目を開かせた。
早速、MGCのネービーを手に入れるべく画策し始めたのだった(当時はすぐに買えるほど安い買い物ではなかったのだ)

しかし劇中のものはいわゆるコンバージョンのようでカート式・・・当時はこのギャップに悩まされたものだ。
e0162444_16382244.jpg
CAWの管打ち式回転拳銃はカチッとした出来で非常に大好きなのだ。
特に49ポケットはイイ!
e0162444_16382254.jpg
どちらも本物が日本でも買える・・・のだが僕には買えない。
我が家には ”諭吉” が居つかないのだ(笑)

このところハートフォードからコルトM1860アーミーのコンバージョンモデルを出した。
欲しいぃー!・・・が余裕はない!

先日買ったデリンジャーを売却して買っちゃうかなぁ・・・(笑)



by 1944-6-6 | 2017-11-27 20:00 | C A W (MULE) | Comments(2)

M31 アルミリム by MULE

e0162444_21112195.jpg
長年の酷使でカートのリムがボロボロになってしまったMGCのショット・シェル。
MULEからアルミ削り出しのリムが出たので補充として購入しておいた。
しかし・・・これはプラになったM-31のキャップ専用タイプだったのである。

手持ちのMGC ウィンチェスターM-97には使えなかったんだぁ!
以前も同じことをしてしまっっている。
学習能力がゼロである!
e0162444_21112097.jpg
装填すると写真のように閉鎖不良でハンマーも落ちない。
また以前行ったようにキャップ火薬の保持部分を削り取らなければならない・・・

これが結構面倒な作業なのだ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-11-18 22:00 | C A W (MULE) | Comments(2)

Remington U.M.C. Double Barrel Derringer (U.S. PRORERTY) Part 2

e0162444_14501231.jpg
やっぱ気になっちゃいますか!・・・って事で”ハンマー”弄ってしまった。
トリガーとかトリガーガードの形状と言えば弄らずにはおけないケイズ君だが・・・
ハンマーもその範疇にあるのだ!
e0162444_14493547.jpg
ということでサルっと弄ってみた。
Webで資料を探したのだがいろいろ形状のバリエがあるようだが、ホーン部のチェッカーの写真が驚くほど無い。
取りあえず見っけたU.M.C.の個体を参考にしてそれらしい形状にしてみた。
e0162444_14493621.jpg
昔っぽいチェッカーがイイ感じだ(歳取ると自画自賛が多くなるね・・・うぜぇ!ってか)
e0162444_14493662.jpg
分解ついでにフリクションの出そうなところを磨いておいた。
e0162444_14493799.jpg
ラチェットはワイヤーカットなのか非常にシャープでチト嬉しい!
こういったところに見たことのない本物のニオイを感じちゃうんのだ。
e0162444_14493691.jpg
ハンマースタラップ・ピンは左から右に抜かないと泣きを見る。
ピンに緩み止めのロレット加工がされているからだ。
トリガーピンにも同様の加工が見られる。
CAW(MULE)に多く見られる加工だ。

因みにハンマーとハンマー・スプリングをつなぐ部品をモデルガンではストラップ(Strap:紐の意)と呼ばれることが多いが、正確にはスタラップ(stirrup:鐙[あぶみ]の意)である。
日本語では発音が近いので混同されているのだと思う。
e0162444_14501156.jpg
ああああああぁぁぁーーー!カッコイイ!
e0162444_14501259.jpg
ハンマーのコバ部分にも機械加工っぽい感じを残す。
これが判んねぇヤツには傷とか未仕上げと感じるようだが・・・変態にはたまらんのだwww
e0162444_14501118.jpg
ちょっとハンマーを弄っただけで随分落ち着いた感じになった気がする・・・

ああぁーーーー、こうなるとしっかりとしたアクションと形状のウィンチェスターM1873も欲しいなぁ!



by 1944-6-6 | 2017-11-15 17:00 | C A W (MULE) | Comments(2)

Remington U.M.C. Double Barrel Deringer (U.S. PRORERTY)

e0162444_20394168.jpg
僕のモデルガン遍歴の中で案外重要なのものにレミントン ダブル デリンジャーがある。
MGCの以外はおおかた手に入れてバコバコしている(MGCのはバレルロックのEリングが子供心にも「なんだかねぇ~」と思ってしまったのであった)。
特に印象に残っているのは小学生の時に手に入れたハドソン製で最も発火したモデルガンだ。
平玉火薬を5粒以上入れてのファイアリングは短い銃身(なぜかカートは長かったが)も相まってすごい迫力だった!

昔々、家でモデルガンを撃っていると
「BANG!」
そうするとお袋が
「こら~!なにやっているのぉ!」
しらばっくれて2発目を
「BANG!」
そしてまたお袋が
「そんなことばっかしていると、ろくな大人になれないよ!」・・・
40年後、お袋の言ったことは事実であった(笑)
e0162444_20394199.jpg
このデリンジャーはMULEの発売したものだ。
驚くくらい良く出来ている。
特にRemington U.M.C.でU.S. PROPERTYときては我慢が出来ず・・・Take Fiveでいってマッタ!
e0162444_20394271.jpg
早速、ナイロンバフでなんちゃって使用感を出してみた。
とりあえず軍用だし鉄っぽい感じが欲しかったのだ。
ブルーイングだとギャンブラーっぽいしね・・・って、ブルーイングといった高級技法が出来ないことは伏せておこう(笑)
e0162444_20394976.jpg
とにかくこのMULE製デリンジャーは重く感じる。
グリップを外すと大きな鉄製のウエイトに驚いたがなんと2枚で61gある。
全重量(285g)の21.5%が重りなのだ。
付属の発火カート6発分に相当する重量である。
モデルガンが重いことはイイことだ!
e0162444_20394857.jpg
バレルとフレームの精度は高くガタひとつ無い!
ハンマーも改良されたとかで心地よくコッキングが出来る。
ウ~ン、素晴らしい!CAW(MULE)らしさ爆発だ!

しかし・・・U.S. PROPERTYがイイ感じだねぇ~(笑)



by 1944-6-6 | 2017-11-14 21:30 | C A W (MULE) | Comments(8)