人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:絶 版  W A( 13 )

我慢できない!

e0162444_16545580.jpg
人の我慢にも限界がある。
e0162444_16545522.jpg
改めて前回のニューモデル スーパー ブラックホークの写真を見て僕の我慢は臨界に達した。
フレームサイドがヌラヌラだ。
以前から気にかかってはいたが・・・あえて見ないようにしていたのだが。

写真は正直・・・もうダメだ!

e0162444_16545993.jpg
ちゅーことでガリンガリンやってしまう。
あぁー気持ちエエ!

今回は取りあえずサイドだけは共削りする。
そのうち全体的に面出ししてカチッとしたWAニューモデルスーパーブラックホークにしたろ!
e0162444_16545574.jpg
あまり面出しに拘ってしまって"smg"も擦ってしまった。
これはイカンということで再生した。
コクサイの金パイソンや金M19と同じ感じだがしっかり入れてみる。

これで暫くは枕を高くして寝れるぜ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-09-15 17:30 | 絶 版  W A | Comments(6)

”ブラックホーク” 復活す!

e0162444_18244096.jpg
WAの傑作モデルガン ”スタームルガー ニューモデル スーパーブラックホーク” はオヤジーの大好物アイテムである。
僕自身も大好きなのだがWAのものは堅牢さが売りの実物とは異なり破損が多いモデルガンなのだ。

今回はその修理をしてみる。
e0162444_18405766.jpg
赤線から上の部分が折れてしまった。
中古品で入手したもので以前よりクラックがあったようだ。
このテッポーは組立る際にベースピンを入れておかないとトランスファーバーが撃針に当たってハンマーが起きなくなるのだ。
そこを無理したのでトリガーにあるトランスファーバーの取付け基部にストレスがかかり破損しやすくなった状態だったのだろう。
ある日、「ポリッ」と折れてしまった。
e0162444_18244743.jpg
この部品とは別に指のかかる部分が破損した別の部品があったのでニコイチで修理することにした。
上の写真のようには破損部分を切取り移植するのである。
e0162444_18244719.jpg
移植したものが上の部品だ。
M1.7のネジで固定しているのでそこそこの強度は確保できた。
後で気づいたが分割部をもう少し上にしておけばよかったようだ。
e0162444_18244016.jpg
取り付けてみると機能的には全く問題ない。
しかし分割部分が若干見えている!
ややショックだったが後の祭り・・・最初にしっかりと位置出しをしておけばよかった(反省)
しかし、分割線が見えなければ2.5㎜厚の真鍮板でも再生できることが分かった。
ニコイチじゃなくても治せるわけだ。
e0162444_18244787.jpg
まぁコッキングすれば見えなくなるのだが・・・
e0162444_18244084.jpg
グリップ下部に79・02とあえて打刻しているので1979年2月の製造と考えていいだろ。
40年も前に作られたモノなんだぜ!
この個体もアチコチ修理しているがこれでまた10年は遊べそうだ。

もしかすると俺より長生きするかも知れないなwww




by 1944-6-6 | 2018-09-14 18:30 | 絶 版  W A | Comments(6)

モデルガンで一番リアルなチャンバー・・・でした

e0162444_23584265.jpg
WAのPPK/S・・・このモデルガンが40年近くたっている。
でもこのモデルガンを手にした時のチャンバーのリアルさには驚いた。
実物のようにポリッシュした鉄だったのだ。
おまけにこれまたリアルな形状の刻印が打刻されていた。

今から見ればいろいろと愚痴が出るところもあるのだが・・・僕個人的には非常にインパクトを感じたモデルガンだった。

1980年代はいろんな意味で面白い時代だったなぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-01-06 23:50 | 絶 版  W A | Comments(10)

Western Arms "Colt Combat Commander Custom"

e0162444_18092650.jpg
僕が20代の頃、WAから出ていたのがこのコンバット コマンダー カスタムだ。
当時はこの手のものが流行りで僕も欲しかったが・・・高価ゆえ諦めざるえなかったのだ。
今回も借り物だがフルスペックのカスタムパーツ仕様みたいだ。
e0162444_18092762.jpg
何処までがデフォなのかは分からないがショットブラストのフレームに磨いたスライドの取り合わせは派手ではないがイイ感じだ。
おおかたのカスタムパーツは鉄製もしくはステンレス製のようでカチッとしている。
e0162444_18092712.jpg
グリップには3㎜厚の鉄板のウエイトが装着され総重量はABS製なのに872gある。
ただし、丸太のようなグリップだが・・・(笑)
コンペンセイターは鉄製だ。
e0162444_18092049.jpg
なんともお大臣なコマンダーだがグリップ以外はイイ感じだ。
造りも丁寧でお高そうな雰囲気である(フロントサイトのイエローランプは特に良い仕事を感じてしもた!)
e0162444_18092038.jpg
マスプロ品では初のセンター仕様だった気がするが・・・
当時、本体を買えなかった僕はWAでスライドだけ買って悦に入っていたのである・・・惨めだなぁ(笑)
e0162444_18092058.jpg
MGCのKKスペシャルと合わせてみる。
WAはMGCとの大人の約束でガバを造れなかったとか・・・
ほんとかどうかは知らないが本家本元の国元社長にKKスペシャルを造って欲しかった!(エアガンは出たけど)

なんせこのジジイにはクニさんとタークは憧れの大先輩なのだ・・・今でもね。



by 1944-6-6 | 2017-08-31 20:00 | 絶 版  W A | Comments(6)

WA セキュリティシックス

e0162444_20102920.jpg
微妙にファンのいるのがセキュリティシックスっぽい。
S&Wほど華麗さはなくコルトほどあか抜けてもいない・・・どちらかというと野暮ったいのだ。
WAもよくモデルガンを出したもんだと発売当初は思ったもんだ。

しかし、何気にハマるとカワイク見えてくるのだ。
今手元にはセキュリティシックスとスピードシックスの2挺がある・・・いろいろと中途半端に部品があって2~3挺分はあるかも・・・ なのだ。
e0162444_20102976.jpg
WAのセキュリティシックス系といえば、ほぼ必ずと言っていいほど壊れる部品がある。
”エジェクター”だ。
(インストではエシェクターとあるが)

この部品が非常に崩壊しやすいのである。
かなりの確率で壊れている。
僕の家に部品が多いのも何挺も壊れてしまい部品だけが残ったからなのだ。
e0162444_20103047.jpg
これはマルシンのM586のエジェクター(マルシンではエキストラクターと呼称)を改造したWA セキュリティシックス用リペアパーツだ。
久しぶりに製作してみたのでヤフオクに出品してみる。
e0162444_20103039.jpg
この3点がリペアパーツだ。
セキュリティシックス系のエジェクターだけが破損している場合は、これをポン付けすれば機能回復する。
若干、ラチェット部分の形態が異なるがシングル/ダブル共に気持ちよく動きカートのエジェクトも支障ない。
ただしモデルガンは個体差があるので極く軽度の調整が必要な場合も起こり得る。

現在はまだ崩壊が来ていなくても予備に持っていると安心なのだ。

出品しました。



by 1944-6-6 | 2017-02-22 22:00 | 絶 版  W A | Comments(3)

復活! WA Sturm.Ruger New Model Super Blackhawk .44MAGNUM

e0162444_21285530.jpg
世の中には必ずと言っていいほど同じ結果になってしまうものがまま有る。
多少お金が入ってもいつもピィー助の〇ASさんとか・・・
何故かいつもフラれてしまうkzさんとか・・・
ボコとか・・・

それがボコだから・・・(笑)

と、お約束のギャグをかましたところで本題に入ろう。
必ずと言っていいほど同じところが壊れるモデルガンは幾つか存在する。
CMCのGSPとかWAのセキュリティシックスとか・・・
このWAのブラックホークもその代表選手だ!
僕のBHも御多分にもれずシリンダーハンドとラッチ・カムが吹っ飛んだ。

ヤフオクやWebサイトでもリペアパーツや修理をしているが、良いモデルガンだけに・・・惜しいことだ。
e0162444_21285347.jpg
ヤフオクでリペアパーツを買って復活させるか・・・でもお金が無い。
となれば作るっきゃないか。

ということで取り敢えず製作してしてみた。

折れたパーツから寸法を取って3㎜の真鍮板で作れば何とかなりそうだ。
ノリと勢いでやってみるか!幸いHScのウエイトを作った時の真鍮板があるし・・・

よーし! パンツァーフォー!

e0162444_21284743.jpg
折れたパーツを瞬間でくっ付けて原型とした。
真鍮板にケガいてそれを切り拭いていく。
e0162444_21284788.jpg
まずラチェット側を削っていく。
真鍮は柔らかいので楽だ。
e0162444_21284829.jpg
大まかに削れば十分。
どうせこの後に調整で削り合わせていくのであまりピッタリだと寸足らずでお釈迦になってしまうのだ。
ピン穴にセンターポンチを打ってある。
e0162444_21284868.jpg
ラッチ・カムはこんな感じで削っていく。
この様な形状のものはピッタリの寸法で削っておいても問題ない。
この後に切り離していけばほぼ終了だ。
勿論、カム部の調整は必要となる。
e0162444_21284883.jpg
おおかた取り付けられるくらいまで作ってから作動調整に入る。
これからが簡単そうで大変なのだ。
そのうえBHはメカが合理的なように見えるが、分解や組立はあまり簡単とは言えない。
なん度もやっているとイライラするのだ! ムキィーーー!
e0162444_21285586.jpg
まぁ、そこは大人なのでじっくりと調整したのだ・・・(やや誇張あり)
以前に形状修正したトリガーもイイ感じだ。
e0162444_21285377.jpg
WAのBHはこの時代(1979年)にしては珍しく実物のカートが入る。
勿論、金属モデルガンなので弾頭無しの薬莢だけだが嬉しい設計だ。

今回のリペアパーツおかげで久しぶりにBHと戯れることが出来た。
やっぱ不調のモデルガンが復調するとメチャクチャ嬉しいものである!



by 1944-6-6 | 2016-08-26 22:30 | 絶 版  W A | Comments(2)

二挺のBeretta M1934

e0162444_21583016.jpg
先日レポした "BERETTA M1934 Original Grip"を見て WAベレッタのオリジナルグリップ取付のご依頼があった。
持ち込まれたWAベレッタを見てショックを受けてしまった!
スライド右面のWAのゴタクが入っていないのだ!

ムムムッ・・・

僕のは、なんかゴチャゴチャと文字が入っていて一見らしいのだが・・・!
これって、ズルいんじゃない!
ユーザーに対する裏切り行為ではないだろうか!
小池のおばちゃんに立ち上がって欲しいもんだ(笑)
e0162444_21583135.jpg
でも、オリジナルグリップ付のBeretta M1934も2挺並ぶとイイ感じだ。
工業製品は同じものがズラッとならぶとやたらカッコイイんだよね。



by 1944-6-6 | 2016-08-03 22:30 | 絶 版  W A | Comments(2)

Sturm Ruger Speed-Six by WA

e0162444_21222813.jpg
スタームルガー スピード-シックス
ウエスタンアームズに再生産をお願いしたいモデルガンの一つである。

パッと見はセキュリティ-シックスとほとんど変わり映えがしないが、何気にフィクス サイトでラウンドバットなのだ。
口径は357MAGNUM。
WAでも生産数が少ないのかあまり見かけないアイテムだ。


しかし、WAのこのシリーズは知る人ぞ知る「必ず壊れちゃうんだよね!」を引き起こすモデルガンでもあるのだ。
エキストラクターが生きている個体は非常に少ない。
亜鉛崩壊寸前で膨れ上がり動かないならまだましな方だ。
ほとんどがエジェクターのネジ部の崩壊から始まるのだ。

そしてこれまた「なんで?」と言うくらいに実物を無視して、ミッキーマウスメカニズム化したシリンダー固定が分解に待ったをかけている。
もし、ちゃんとした亜鉛合金を使ってエジェクターを作ってくれていたら・・・

WAにお願いしたい・・・このシリーズをHWで再販してくれないだろうか!


本日は、このスピード-シックスが冬の乾燥の所為か、やたらホコリが付いていて使える写真が一枚になってしまった。誠に恐縮である。
by 1944-6-6 | 2015-12-17 21:56 | 絶 版  W A | Comments(6)

噂にたがわぬ・・・ WA Single Action Army .45

e0162444_21350188.jpg

元々、ロッケンブランドでリリースされた天ぷらピーメである。
しかし驚くことに、このピーメはムー御大の設計ではないとか最近耳にした・・・や・やられた!
40年近くも信じていたのに・・・
ある意味、ムー民の僕はそれを信じて他社の天ぷらピーメを敬遠していた。
でもいつも気になる話がある。

「WAの天ぷらピーメは箱だしでも作動はピカイチだ!」
「さすが国本圭一!あなどりがたし!」

ホントきゃよ!ロッケンですらガキガキだったぜ! と高を括っていたのである。
e0162444_21345179.jpg
今回初めてWAのピーメを手に入れて驚いた!

「アメイジング!噂は本当であった!と・都市伝説ではなかったぁーーー!」(やや誇張)

気持ちイイほどスムースにハンマーをコック出来るのだ。
e0162444_21350039.jpg
そういえば高校生の頃、国本先生のレポートを読んでマイ・ピーメをチューンしていた。
ボルトはハーフコック通過直後に開放するとか、ボルトのスプリングはピアノ線で作っているとか・・・

「こ・このピーメもピアノ線だったのだぁーーー!」

オマケにボルト調整なんかイラネェゾってんで、ボルトには焼きが入っていて普通のヤスリじゃ加工は不可能だ。

僕はこの時点で、すっかりハシャギ疲れてダウン状態になってしまったのであった。
e0162444_21345034.jpg
他社に比べるとシリンダーインサートの位置が深い。
何気にインサートが見えにくくてカッコイイやね・・・などと、これまた高を括っていたのだが。
これはカートを短く軽くしてファーストドロウの際に早くシリンダーを回すためらしい。
フリクションも弱くなりABSのシリンダーへの負担も軽減できそうだ。

うへぇ~、んなわけか。
e0162444_21345192.jpg
初めはプラかと思うくらいに白々しいコントラストのグリップだがなんと木製だった。
最近の木目塗装のプラグリップに汚染されていたようだ。
それともた単にローガンか?
e0162444_21345158.jpg
若干バレル付け根にクラックらしいものがあるが、まだまだ現役の元気さだ。
因みにこのピーメの銃身内は上半分が埋まった後期のタイプだった。

しかし、時代を感じさせるホワイトレターは前オーナーの仕業だ。
まぁ80年代のマニアには当たり前のことだった。
中にはゴールドレターなんてぇーのもあり、今見るとチットばかりハズイ感じだ。



by 1944-6-6 | 2015-11-21 22:21 | 絶 版  W A | Comments(2)

淋しさの徒然に~♪♪ WA ベレッタ M1934

いきなり井上陽水から入ってしまったのは、このところ湿りがちだったオク活動のせいで寂しさあまってついモデルガンを買ってしまったからだ。

懐かしのWA製ベレッタM1934である。

当時から気になっていたのだが値段はどうでも豪快なヒケと後部亜鉛の組み合わせに趣旨を動かされなかったのだが、いつもの悪い癖で「削りてぇ!」の一言でポチってしまった。

しかし幸か不幸か傷の多い個体だったので躊躇なく面出しができラッキー。

e0162444_2348593.jpg
フレームの所々に黒っぽく見えるのが豪快なヒケの残党。
特に目立たなかったスライド先端下部の強烈なヒケは削ることでは解消できない。
何らかのパテ状のモノを盛るしかないようだ。

e0162444_23482514.jpg
WESTERN ARMSのロゴも派手で消そうかと思ったがあまりにお茶目なのでこのままとした。
e0162444_23484387.jpg
新旧WA製ベレッタM1934。
国本社長はこの34が好きなのだろうか?
右が新作のガスガンだがセレーションの形状が全く異なる。実物は直線ではなく円弧状だ。

e0162444_23485751.jpg
おやっ?ツートン・カラーだ!
e0162444_23492043.jpg
MGCの金属製との比較。
この2丁はほとんど部品の交換可能と言って過言ではない。

e0162444_23492936.jpg
ちゅーことでチト悪戯でスライドを載せてみたのだが問題なく作動する。
この組み合わせの逆はフレームの幅が若干広くスライドが入らなかった。
バレルは全く交換性無し。

そういえばMGCのリペアパーツにWAのモノを使うなんて事をよく聞くが全く問題なしだ・・・がWAも今やレアなアイテムちゅーことだな。



※今日は11/11/11ではないか!記念にどっかの駅で切符でも買おう!!
by 1944-6-6 | 2011-11-11 00:29 | 絶 版  W A | Comments(2)