人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:絶 版  M G C( 69 )

MGCカタログ

オヤジーには懐かしくジジイには冥途の土産・・・
どこか心を乱される・・・
そんな忌まわしくも愛おしい”MGCカタログ”なのだ。
e0162444_19125208.jpg
これはNo.1。
マックイーンとおぼしき絵柄がイケル!
e0162444_19125260.jpg
No.2
アンタ!銃口がアッチの方向を向いてるぜ!(笑)
e0162444_19125234.jpg
No.3
どう見てもハリー・キ〇ラハンだぜぇ!
e0162444_19125747.jpg
No.3
この薬莢の飛び方がイイね!
一直線に飛んでたら興ざめだ(笑)
e0162444_19124787.jpg
No.5
まだCPは出ていないようだ。
e0162444_19124752.jpg
昨日のレポへ頂いたコメントのチラシがこれ!
なんとNo.6だったのだ。
初めて確認した・・・あぁメイドの土産が増えたぜ!
e0162444_19125741.jpg
これがワンセットだったのだ。
このセットは昭和52年規制ちょっと前のものだ。
No.1のミリタリーオート編には金属のガバや44オートが掲載されている。

電話番号にも”03”がついていない!
なんか目頭が熱くなる内容だが・・・それはまたいずれレポしよう(たぶん)



by 1944-6-6 | 2018-08-08 19:30 | 絶 版  M G C | Comments(13)

MGC グロック17・・・たぶん世界初のグロックのトイガン

e0162444_21594505.jpg
MGCがグロックを出したのは1980年代後半だったのだろうか?
世の中バブルの真っ盛りだ。

GBBの先駆けだったんで、当時けっこーブッたまげて思わず買ってしまった・・・なんてオヤジーは多いと思うが僕も正にそうなのである。
e0162444_21594513.jpg
グロックっていうテッポーに予備知識も無かったのでこれが刷り込まれてしまっている。
つまりスライドから銃身が出っぱっている印象だ。
今のマニアには奇妙かも知れないが・・・そういうことってあるよね(笑)
e0162444_21594573.jpg
でもこのMGCグロックは30年経った今もガスを入れると バシッ!バシッ! 動く。
なんとも頑丈なオモチャなのだ!



by 1944-6-6 | 2018-07-26 22:30 | 絶 版  M G C | Comments(0)

AR-15 SP-1のピボット・ピン

e0162444_17480728.jpg
AR-15 SP-1のピボット・ピンを作った。
最も軍用のM16と異なる識別点だ。
e0162444_17480770.jpg
上の写真は以前にレポしたものだが軍用M16のアッパーレシーバーをAR-15 SP-1のロアフレームに乗せた時のものだ。
ピンの太さだけではなくセンターの位置まで変えている。
元々はフルオート仕様の軍用タイプのフレームなどを容易に共用できなくする為の対処だった。
因みにAR-15 SP-1のピボットピンの直径は8㎜だが軍用は6㎜なので全く共用出来ないのだ。
e0162444_17480747.jpg
上のものが今回製作したもので、下が実物のピボットピン。
製作中のAR-15カスタムの元になったMGCのピボットピンは6㎜で軍用タイプだが、プラ製のフレームだと考えると簡単に太くすればよいというわけにはいかない。
とういことでネジ部だけ作ってピン径はそのまま6㎜とした。
ネジ部は直径11㎜で高さ4.3㎜くらいだ。
e0162444_17480725.jpg
やっぱこのダサさがイイねぇ!
反対側の止めのネジ部はこれから作っていく予定だ。

こうご期待・・・って、予定は未定で何時になることやら。



by 1944-6-6 | 2018-05-16 20:00 | 絶 版  M G C | Comments(2)

Colt Model SP-1

e0162444_19042730.jpg
先日プラトーンを観て刺激されMGCのM16A1を初期のM16にカスタムに始めたアレが・・・セミオートのAR-15(SP-1)になってしまった。
見本になる無可動銃を持っているし、こんなオマヌーなことするのはあまりいないだろうし・・・これは面白いってわけだ!
e0162444_19042765.jpg
一番の修正点はマガジンハウジング右サイドの造形だ。
M16にあるエジェクション・ポート下のかまぼこ型のバルジはピボット・ピンのプランジャー&スプリングが入っているが、AR-15(SP-1)ではピボットピンがネジ式なので必要ない。
またこの膨らみにはオープン状態のダストカバーを浮かせて閉めやすくする役目もあるようだ。
確かにSP-1のダストカバーは閉めにくい!(笑)
e0162444_19282048.jpg
フルオートマティック・シアーの穴も埋めてしまう。
個人的にはAR-15(SP-1)の印象というのは、幼き頃に大好きだったTVドラマ「特別狙撃隊 スワット」で毎回活躍していたテッポーってことになる。
テーマ曲にのってでっかいブルーのバンから飛び出していく隊員が手にしていた真っ黒なAR-15(SP-1)は痺れたねぇ。
e0162444_19042792.jpg
MGCのハンマーピンは太すぎてカッコ悪いので、一旦穴を埋めて細いものに再生する。
e0162444_19042853.jpg
刻印はPROPERTY部分を削除することでOKだ
勿論モデル名とシリアルは必要になるが・・・

しかし折角の軍用タイプを民間仕様にする奴はほとんどいないだろう。
そこが変態心を刺激するのだ!・・・って、単なるアホである(笑)



by 1944-6-6 | 2018-04-30 19:30 | 絶 版  M G C | Comments(6)

久しぶりに "platoon" を観たら・・・

e0162444_22075902.jpg
先日、久しぶり(数十年ぶり)に映画「プラトーン」を観た。
内容は僕にはなんか説教臭くて当時からどうも好きにならなかったのだ。
でも・・・暫く忘れてたベトナム・スイッチがバッチリ入っちまった!(笑)

ということで今夜の悪戯は "M16 Rifle"
M16A1じゃなくてM16なのである。
ケイズに転がっていたMGCのABS製M16A1があったので早速ガリン!ガリン!とやっちまった。

マガジンキャッチのガードを削り去るとなんか新鮮なものを感じる。
BFAはドレメルで削り取ったので後は穴をABS材で埋めて整形すればOKだ。

う~ん! どっかパイ〇ンっぽいマガジンハウジングはなんかイイねぇ!
e0162444_19384063.jpg
取りあえず穴だけ埋めてみた。

今やゴテゴテした16の末裔がハバをきかせているが・・・こざっぱりした基本形はイイもんである(笑)



by 1944-6-6 | 2018-04-24 22:30 | 絶 版  M G C | Comments(9)

S&W M76 Submachine gun by MGC

e0162444_23210895.jpg
短機関銃・・・って、言葉がもっと似あうのがこの”S&W M76”じゃないかと思う。
円筒のレシーバーに放熱筒、簡易なストックに細長い箱型弾倉・・・昔のマンガに出てきそうなフォルムである。

僕的にはダーティハリー2(MAGNUM FORCE)の印象が深かったのだが、先日「バットマン:ダークナイト」を観たら劇中でジョーカーが軽々と撃つのを見て痺れてしまい・・・ポチってしまった。
e0162444_23210820.jpg
1980年代初頭にMGCが発売したABS製のモデルガンだが、当時の僕はそれまでなかった溶接のビート痕やサンドブラストに感激して購入した。
S&W M59とカート共用も心躍る。
オープンデトネーターでそこそこの発砲音で撃ちまくった。
腰にM59をさしてね・・・(笑)
S&W風のMGCモノグラムが懐かしい!
e0162444_23210981.jpg
でも発砲中にバレルが割れ擲弾のように飛んでからは弄らなくなってしまった。
「所詮、プラなんかの心を許した俺がバカだった・・・」
あれから30数年・・・僕も大人になった。
e0162444_23210963.jpg
ダミーカートは一発だけ乗っかる。
やっぱカッコいい短機関銃だ!

残念ながら無可動銃店では見たことないが、日本に入っているのなら一度は手に取ってみたいテッポーなのだ。



by 1944-6-6 | 2018-04-13 23:45 | 絶 版  M G C | Comments(10)

赤木圭一郎の”ウッズマン”

e0162444_21384776.jpg
改装中のフィクス・サイトのMGCウッズマン
グリップを切り詰めてから時間が経ってしまったが、サイズ的にどうかが知りたかったので実物グリップのリプロを手に入れてみた。
あてがってみるとピッタリだ!

こりゃあクールだぜぇ。
e0162444_21384907.jpg
左側にサムレストの無いタイプでこのカスタムにバッチリだ・・・が、取り付けるのはやや困難だ。
裏側をかなり削り込めばいけそうだが・・・

てなことで暫く完成しそうもない(笑)



by 1944-6-6 | 2018-04-11 21:30 | 絶 版  M G C | Comments(4)

今の今まで・・・

e0162444_18252971.jpg
MGCのランダルだ。
いま、60過ぎのオヤジーには大好物かもしれない。
中途半端に若い僕はマックィーンのカッコ良さが判らずウィンチェスターならランダルよりも通常のカービンタイプの方が好きだ。
e0162444_18252948.jpg
MGCのランダルを見ていてフト気づいたことがあった。
e0162444_18252911.jpg
この傷(擦れ)は何なんだろう?
よーく見て初めて知ったのだが・・・ランダルは矢印のフロントバンドがバレルと一体成型で外せない。
フォアーグリップを止めているリアバンドを入れるには無理からフロントバンドを通過させないとならない。
ここで傷を見ると確かにその時に付いた痕だった。

う~ん、なんと大胆な!
e0162444_18253044.jpg
どうも納得がいかずmai mai氏のHPからパーツリストを無断拝借して確認。
おぉ~、当初よりこうなのね!

僕にとってMGCのM-73は中坊の時に初めて買った長物で、フロントバンドは勿論だが別部品だった。
てっきりランダルも同じと考えていたのだが・・・45年ぶりにやられた!

どーでもイイことなのだが案外新鮮な驚きだったなぁ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-04-08 19:00 | 絶 版  M G C | Comments(2)

XM-177E2

e0162444_23193182.jpg

拝啓 ユージン ストーナー 様


by 1944-6-6 | 2018-03-29 23:30 | 絶 版  M G C | Comments(2)

ボブ チャウ 完成す!

e0162444_23135424.jpg
たぶん最初で最後の "ボブ・チャウ スペシャル" が仕上がった。
フー!
e0162444_23135095.jpg
しかしやってみるといつも気を使っている悩ましいエッジを粉砕して・・・ガリンガリン削り倒していくといったなんとも気持ちが良い!

カ~イカン!ちゅーことだ
e0162444_23134561.jpg
憂さ晴らしには結構イイ作業かも知れない(笑)
e0162444_23134571.jpg
しっかし・・・ミリガバ好きには対極にある感覚か!
e0162444_23135071.jpg
今までよく見たことが無かったので全く気付かなかったが・・・
斜めセレーション(グルーブ)なのにスライド上のリブが無い???GCNMじゃない???
気になって調べたらNM M1964とかいうみたいのがあるらしい・・・知らんかった(反省)
なんとも興味のないってことは恐ろしいことだと改めて悟った次第である。
e0162444_23135437.jpg
バレル刻印はNM。
って、まぁいいやボブチャウだし・・・(笑)
e0162444_23134675.jpg
このボマーサイト(?)は真鍮製であった。
ベースをかなり削り込んでシルエットを低くした。
e0162444_23135012.jpg
今回ご依頼のボブ・チャウ スペシャルは "MGC ボブチャウ スペシャル メモリアルラストオーダー" というメーカーカスタムのようだが・・・はっきり言ってヤスリの跡がガリガリで全体はザリザリ、そこに艶消しブラックの塗装という故チャウ氏も怒り出しそうなラフな仕上げだった。
そこでツルツルヌルヌルスレスレハゲハゲにさせていただいた。
元はMGCのGM5なのでHWとはいえ軽い。
出来れば今の重たいモデルガンだと楽しいかも・・・しかしタングステン入りの樹脂じゃ普通のヤスリは使えず削るのが大変だ!

でも・・・重たいボブチャウはイイかもしれないなと暫し考えた僕であった(ヤバ)



by 1944-6-6 | 2018-03-10 16:00 | 絶 版  M G C | Comments(4)