人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2018年 09月 24日 ( 1 )

M1 Garand 5Round Cartridge Clip

e0162444_18595513.jpg
M1 ガランドは通常8連のクリップを使用することはご存じの通りだ。
しかし5連のクリップも存在する。

日本の銃刀法ではライフル銃は弾倉内には5発と規定されているので、この5連クリップの使用が必至だ。
ただしこのクリップは日本製ではない。
Aggressive Engineering Corp.というアメリカのカリフォルニア州にある会社の製造品だ。
クリップには "AEC 3"との刻印がある。
因みに同社は軍に対してもガランド用の8連クリップを納入しており、そちらには"AGE"の刻印が打刻されているようだ。
e0162444_18595035.jpg
アメリカでは5連クリップをハンティング用と販売されている。
e0162444_18595054.jpg
しかし日本のような法的規制があるのなら判るのだが、何故アメリカで5連クリップが必要なのか?
昔からそこが疑問なのだ。
e0162444_18594955.jpg
実際にこの5連クリップをガランドに装填する場合はオリジナルの8連クリップとは若干異なる。
通常ならボルトが後退したオープン状態で8連クリップをスリットに押し込むと”カッチ!”と銃のクリップラッチが固定してくれる。
このクリップラッチはフォロアーが最後まで押し込まれて初めて作動するのだ。

5連クリップの場合は30-06弾が5発でフォロアーが最後まで押し込まれないためクリップラッチが作動しないのである。
したがって5連クリップを使用する場合は右手でオペレーティング・ハンドルを引いて抑えて置き、左手でクリップを押し込むと固定される。
メチャクチャ面倒になるのだ。

イマイチ理解に苦しむ方はハドソンのガランドで試してみると一発だ!
you tubeに苦労している動画があった!


by 1944-6-6 | 2018-09-24 19:30 | ダ ミ ー カ ー ト | Comments(10)