人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2018年 07月 06日 ( 1 )

ダブルステージ・トリガー

e0162444_22314041.jpg
通常のミリタリー ライフルはダブル ステージ(二段引き)だと言われる。
これはトリガーを引くと最初軽い感じ(遊び)があり、そのあとに”ヤマ”がありそれを越すとハンマーが落ちるシステムだ。

それに対するのがシングル ステージで遊びが無く引くと一気にハンマーが落ちるタイプで上下二連や水平ニ連の散弾銃がそれである。
以前、レミントンのM700を見た時にオリジナルのトリガーはシングル ステージで僕的には使いづらい気がした。
e0162444_18024100.jpg
これは先のHF製M1Aのトリガーユニットだ。
調整してダブルステージがしっかり効くようにした・・・が、スプリングがヘナヘナなので微かに感じる程度だが。

トリガーを加圧していない状態だとトリガーのフックがハンマーをしっかりと捉えている。
この時点ではハンマーはシアーに触れていない。
e0162444_18024177.jpg
トリガーを少し引く(ファースト ステージ)とトリガーのフックがハンマーから外れる方向に移動するがまだハンマーをホールドしている。
ここでトリガーに取り付けられたシアーが前方向に移動しハンマー後部に接触する。
シアーはハンマースプリングでテンションがかかっているのでトリガーがいったん重くなる。

ここが”ヤマ”だ。

これからがセカンド ステージで更にトリガーを加圧するとハンマーが落ちるわけだ。
e0162444_18024190.jpg
これがM1ガランド、M14、M1Aのダブル ステージ(二段引き)トリガーメカニズムである。

昔のカメラのシャッターは機械式で同じような指に伝わる”ヤマ”がありシャッターの落ちるタイミングが読めた。

テッポーのトリガーと似ているのだ。



by 1944-6-6 | 2018-07-06 19:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)