2016年 01月 25日 ( 1 )

ダブル オー バック (00/000-BUCKSHOT)

e0162444_22530027.jpg
バックショットって言葉はよく聞くと思う。
後ろを撃つ弾ではなく英語のBuck:牡鹿をハンティングする時の弾である。
ダブル オー バックというのはよく耳にするが33口径の散弾が9発入った弾だ。
表記が00-Buckshotなのでダブル オーなのだ。
いわゆる九粒弾である。
e0162444_22530107.jpg
ところが上の写真の1発だけがダブル オー バックではない。
右から2発目がそれで、トリプル オー バック:000-Buckshotというもので36口径の鉛玉が6発入っているのだ。
六粒弾だ。

バックショットというと九粒弾のイメージだが6粒のモノもあるのである。
e0162444_22530173.jpg
これらのカートは20年位前にモデルガンショップでも出回っていた”ダミーカート”で火薬が一切入っていないこと以外は実弾同様だ。
ダミーということで雷管部に穴が開いている。

僕自身はショットガンを所持しているが使用目的が『標的射撃』のみなので、バックショット等の猟用の弾は購入が難しい為にこのダミーを持っているのだ。

まぁ、クレー射撃でバックショットを使っても当たるはずない。
200発近い弾を一度に飛ばしても飛んでるクレーに当たらないのだから・・・6~9発の散弾じゃ当たらんはずである。



by 1944-6-6 | 2016-01-25 23:19 | ダ ミ ー カ ー ト | Comments(0)