人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2016年 01月 15日 ( 1 )

C96カービン 復活への道 第1章

e0162444_22271392.jpg
これまで2度レポしたあのボロボロのモーゼル(ボロモーゼル?)C96カービンに救いの手が伸びた。

アッパーレシーバーがボロボロに崩壊したジャンクのモーゼル拳銃のパーツを寄贈していただいたのだ!
崩壊したレシーバーには王冠が付いている時代のモノ。
このままレストア・・・と思ったが所詮色塗りしなきゃならない。
なら・・・カービンとして元々の黒肌で生きてもらったほうがイイのではないかとグリップカットになった訳だ。
どちらを生かすか・・・マニアには難しい選択である。

ところがやはりハドソンだった。
思いもかけないところで手間が掛かってしまったのだ。
それらは次回に回すとして、取り敢えず『蘇ったC96カービン:もうボロモーゼルとは呼ばせない!』をお送りしたい。
e0162444_22270828.jpg
TVのワイルド7でヒバが持っていたのはMGC製。
ちょっと雰囲気が異なるが、ハドソンのほうが落ち着いた雰囲気で個人的には好みだ。
どことなくプロのツールって感じがする。(なんのプロだろ?)
e0162444_22271767.jpg
フレームの黒肌もイイ感じだ。
さっきまで金色の塗装がされていたのだ。

弾倉式のモーゼル拳銃はイマイチ・・・と思っていたがカービンはイイ感じだ。



by 1944-6-6 | 2016-01-15 22:50 | 絶 版  ハ ド ソ ン | Comments(6)