人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

2011年 07月 08日 ( 1 )

ささやかな反抗・・・拘ってみる

e0162444_1405485.jpg
e0162444_1411512.jpg
e0162444_1413893.jpg

MGCのGM5系はフルサイズ系ガバが当たり前の今となってはいろいろと不満もあるが僕的にはまだまだ好きなモデルガンである。
ただ、発売当初からどうしても気にいらない箇所が一つ

トリガー直後のリリーフ・カットの形状だ。

M1911よりM1911A1が好きな理由はこのリリーフ・カットの有無なのである。
それがカッコ悪いとは言語道断!
毎回購入の度に形状修正している。

今回はナショナル・マッチ・ゴールド・カップなのでやや手間取ったがなんとかそれらしくなった。
前回のコマンダーはフレームを削っただけも良い感じになったのだがNMはトリガーがワイドに厚くなった分、フレームとリリーフ・カットの間が狭くフレームを削ったくらいでは全く良い形状にならずリリーフ・カットの部分を平面ではなく球面に削ってみることにした。
それでなんとからしくなったと自己満足している。
後はトリガーの縦幅が短くフレームとの間に隙間が出来てしまうのでWA用のエアガンパーツを調達して組み込もうかと思っている次第。
アジャスト・スクリューもダミーだしね。

因みに3枚目のコマンダーはエアガン用のトリガーを組み込んだのでカッチョイイー!

by 1944-6-6 | 2011-07-08 02:14 | シリーズ 「拘ってみる」 | Comments(8)