"人はパンのみに生きるにあらず" (ケイズ ブログ)

ビリー・ザ・キッドを撃った銃

ビリー・ザ・キッドを撃った銃_e0162444_18464545.jpg
生涯に21人を殺害したビリー・ザ・キッドことウィリアム・ヘンリー・マッカーティ・ジュニアは1881年に保安官パット・ギャレットにより射殺された。
その時にギャレットが使用したシングルアクションアーミーが先日アメリカのオークションに出品されていた。
写真の7.5インチバレルがそれだ。
果たして幾らで落札されたかは不明だが予想では200万~300万ドル(約2億2100万~3億3200万円)と推定されているようだ。

そこでケイズお得意のインチキエイジングで”ビリー・ザ・キッドを撃った銃”・・・っぽいものを製作して見ることにした。
パット・ギャレットの銃の口径やシリアルなどは資料が無いのであくまでも雰囲気のみの再現だがちょっと楽しそうだ。



by 1944-6-6 | 2021-08-09 18:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(7)
Commented by 8908 at 2021-08-09 19:38 x
ビリー・ザ・キッドを殺害したパット・ギャレットのSAAは 1906年にエルパソの富豪トム・パワーズに売却された。 そのSAAは 「1881年製 44-40口径 シリアル番号55093」 とあります。
(以下いくつかの記事から抜粋 )
Tom Powers owned El Paso's Coney Island saloon at the turn of the century and bought interesting guns from some noted people.
The gun that Pat Garrett used to kill “Billy the Kid” in 1881 was serial number 55093. It is pictured in the book “The Peacemakers” by R.L. Wilson.
Colt caliber 44 pistol--I.D. No. 55,093. This gun Garrett used to kill Billy the Kid in Lincoln County. Got from Pat Garrett in 1906.
Commented by 8908 at 2021-08-09 21:25 x
1881年は事件の年でした。(kill “Billy the Kid” in 1881)
シリアル番号59093はコルトのHPで検索すると1880年製です。ということは新品だった?(55093
~Year of Manufacture 1880 Model SINGLE ACTION ARMY)
Commented by 1944-6-6 at 2021-08-10 03:22
>8908 様
有難うございます!
ウィンチェスターと共用の44-40(44WCF)とは嬉しい!
現在44-40のダミーカートを装填できるHWSキャバルリーがあるんでそれ使おう!
しかし1880年製とは・・・キッドが撃たれた時はピッカピカのSAAだったという事ですね。
それもイイっすね。
Commented by 8908 at 2021-08-10 21:24 x
SAA(シリアル番号55093)の写真を見て疑問があります。トリガーガードの55093はきれいに残っていますが フレーム側の番号が不鮮明で550までは判読できますが93が判読できません。さらにフレームのシリアル番号「550・・」の上部に「DFC」とおもわれる刻印があり「DFC」のさらに上のフレームギリギリに「C」が刻印されています。DFC刻印があるSAAは軍納入品では?軍納入品は45のはず? いくつかのネット記事によれば 軍納入最盛期のコルト工場では DFC刻印を打刻したフレームを軍契約数量以上に製造(オーバーラン)してしまい 余剰品となったフレームを民間用に流用していた。 55093のフレームにUS刻印がないことからも軍用として完成組立されたものではないとおもわれます。DFCの上にある「C」の刻印は「Commercial」の意味で民間用流用を意味しているのかも?
Commented by KAZ at 2021-08-11 13:17 x
Cのマークは不良品(condemn)の意味らしいですよ。
軍用として不合格でも、民間用に流用しているようで、
オークションなどでもインスペクターとCマークの入った
民間用SAAをたまに見かけます。
Commented by 1944-6-6 at 2021-08-11 17:27
>KAZ 様
なるほど、そうなんですね。
しかし軍不合格ってどんなことなんでしょう?
Commented by スト-ナ-65 at 2021-08-12 22:24 x
·····K'z先生、ひとつ悲報があります。
日本人のCOLTマニアの間では神様のような存在の「R.L.Wilson」氏が、現在米国の銃器鑑定の世界で袋叩きに遇っているようなのです。
事の詳細は、何でも"インチキ品を本物と称してハ-トフォ-ドの「COLT博物館」に法外な値段で納入"したり"「COLT博物館」から貴重な銃器をインチキ品と騙し交換"していたようです。現在「R.L.Wilson」氏は追起訴されているそうです。ヒトは見かけによらないですネ。