人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

国際産業 ミリタリーポリス

e0162444_22344092.jpg
以前にもレポした旧国際産業製のミリタリーポリスだが、今回は気になる部分のリペアをした。

このモデルガンはグリップの破損が多いようで、この個体もグラつきが多くなった気がする。
見てみるとグリップ自体が薄くグリップ取付ネジを締めていくと破損するようなのだ。
e0162444_22345397.jpg
そこでグリップの裏側にポリパテを充填して補強し強度を上げた。
位置決めには20㎜のABSパイプを3㎜幅で切り半円にカットしたものを接着している。
これで全くグラつきは解消した。
e0162444_22344180.jpg
グリップの表面にはそこそこ傷もあったので紙ヤスリで綺麗にした。
国際産業のメダリオンも若干気にはなるが、ここは時代の生き証人としてこのまま残しておこう(笑)
e0162444_22345383.jpg
このモデルガンではエキストラクターに真鍮のパーツ(エキストラクター カラー)を叩き込んで固定している。
エキストラクターの中にはダボとスプリングが入っていて、絶えずこの真鍮のEXカラーを押し出す方向に力がかかっている。
それにより段々このパーツがエキストラクターから押し出されていくのだ。
そうするとエキストラクターロットも前に出っ張っていってスイング イン/アウトに支障をきたすのだ。

今回はこのエキストラクターに穴を開けピンを打ちこんだ。
これでEXカラーもしっかり固定されたのでシリンダーの出し入れも安定したようだ。

古いモデルガンなのでいろいろと調整が必要な個所もあるのだが、思った以上に作動はしっかりしている。
黒染め穴あきの頃に持っていたら・・・友人との撃ち合いゴッコも楽しそうな感じだ。
短い銃身からドバッと火が出たら・・・俺の銃身からもドバッとイッちゃいそうだ!(下ネタで失礼)
あぁ、あの日に戻りたい!(下半身も元気だったし)



by 1944-6-6 | 2019-02-11 23:00 | 絶 版  国 際 | Comments(2)
Commented by monco at 2019-02-12 10:25 x
いやあ、奇遇ですねえ。実はボクもここんとこ、この国際ミリポリのレストアに嵌りこんでいます。
https://blogs.yahoo.co.jp/monconom/folder/1611492.html
貴殿ほど、本格的ではありませんが、素人なりにボチボチやってますよ。
この国際初代機のグリップパネルはネジの受けがプラグリップ本体にネジを切っていますでしょ。これは硬く締め付けるとすぐ舐めてしまいそうで怖い部分です。
エキストラクターの真鍮インナーがバネの力で押し出されているとは気付きませんでした。思慮浅薄なボクはロッドの先端を削って調整しました。
最初はハンドスプリングの自作から始めて、いまはシリンダーの回転不良に手こずっています。シングルアクションで1/6回転しないんですよね。エキストラクターの掛かりがへたってるんでしょうねえ。これは自作なんてムリっすもんね。
あきらめるしかないのかなあ。
Commented by 1944-6-6 at 2019-02-12 16:10
>monco 様
貴殿のレポも見ていました。
実は時を同じく僕も作業していたのですが、貴殿が先にレポを上げられたので置きにしてました。
バッティングするのも何ですからねぇ・・・
そろそろほとぼりも冷めただろうと僕もアップしました(ネタも乏しいので)
シリンダーの回転不良は古いモデルガンの宿命ですね。
シリンダーハンドと精度を上げれば若干解消されますが・・・