人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

道具としての”Smith & Wesson”

e0162444_17210796.jpg
個人的に道具っぽい”銃”というのが好きだ。
ようするに何気ないモノである。
そのせいかレースガン的なものはほとんど持っていない。

・・・唯一の例外が”国さんのNM”かも知れない(笑)
e0162444_17210638.jpg
てなことで何気ないS&Wだ。
再仕上げのグリップがこれまたそれっぽいのだ。
妄想としては
「アメリカのド田舎のオッサンが自分の親父から受け継いで持っている。
オッサンは銃が好きじゃないが”道具”として置いてあるのだ。
使い方は知っているが名前は知らない。
Smith & Wessonと呼んでいるだけだ。」
e0162444_17210706.jpg
3インチにオーバーサイズのグリップを付けるとチーフのイメージは無くなる。
なんかエイジングしたくなってきたなぁ・・・

薄っすらと錆さすのもイイな!



by 1944-6-6 | 2018-09-28 18:00 | タ ナ カ | Comments(7)
Commented by 至高のガンマン at 2018-09-29 02:27 x
お疲れ様です。
この何気ないs&wのフォルムが素敵ですね。
この出過ぎずさり気なく出す存在感がたまらないですね。オーバーサイズのグリップ付けると本当にチーフ感がなくなってまたカッコいいです!
Commented by monco at 2018-09-29 08:53 x
このオールド感が良いですね。
田舎のストアに中古で売ってる工具なんかと並んでるような。握りの部分にうっすら焦げ茶色の錆が浮いててもバレルの中はピッかピかに磨かれてる。
これ5スクリューなんですね。
Commented by Sunny at 2018-09-29 10:36 x
使い方は知っていても名前を知らない。それがじつにアメリカ人らしくて良い表現です。
トンプソンをシカゴタイプライターと言ったり、M3をグリースガンと呼んだりするのと同じ感覚です。
Commented by 1944-6-6 at 2018-09-29 16:32
>至高のガンマン 様
全体にエングレーブの入った銃のいいけど僕的には何気ないのがイイですね。
でもルガーP.08ならビンビンのブルーの綺麗な美品が欲しいっす!
誰かくれないかなぁ(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2018-09-29 16:36
>monco 様
ストーリーが浮かんでくるようなものっていいですよね。
そんな感じの写真が撮れたら最高です。
Commented by 1944-6-6 at 2018-09-29 16:45
>Sunny 様
以前、初めてハワイに行った時にボロイ車が多いのにチト驚きました。
へこんでいたり下地の塗装のまんまだったり塗装がヤレて全体に艶消しになっていたり。
日本人はみんなそこそこ綺麗な車に乗っていますが・・・
マックイーンの映画「ゲッタウェイ」のラストに出てくるピックアップなんかイイ感じですね。
Commented by Sunny at 2018-09-29 21:19 x
1980年代中期まではサンフランシスコでもボロ車が走っていました。ロスアンゼルスは車がないと生きていけない所だから更に酷い車が走っていたようです。しかし、1990年代になると修理代が高くなってきた為、直すより買い替える人が増えてきたのだと思います。車の価格そのものも昔より安くなりました。
しかし、グァムに行けば日本の廃車置き場でさえ見ないほど錆びた汚い車がたくさん走っています。空気中の塩分が多いから、銃も傷みそうです。