人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

チャールズ・ジョセフ・ホイットマン

「チャールズ・ホイットマンは500ヤードの距離で柱の陰の男を撃ち抜いた。あいつはどこで射撃を習った? もちろん海兵隊だ!」
このセリフは『フルメタル・ジャケット』でハートマン軍曹が言ったものだ。
そのチャールズ・ジョセフ・ホイットマンとは誰か・・・

1966年8月1日にテキサス大学オースティン校で起きた乱射事件の犯人である。
海兵隊上がりのホイットマンが90mのテキサスタワー(テキサス大学時計台)からライフル数挺を使って下をいく通行人を狙撃した。
15人が犠牲者となりかなり問題になったようだ。
e0162444_14440512.jpg
1975年に先のテキサスタワー乱射事件を題材にしたアメリカ映画が公開された。
『The Deadly Tower (邦題:パニック イン テキサスタワー)』
今や大御所のカート・ラッセルが犯人のホイットマンを演じている。

うぅ~若い!

しかし何故か使っているライフルは旧軍の二式テラをスポーターに改造したものだ(実際はレミントンのM700だが)
これで塔の上からバッコン!バッコン!撃ちまくるのだ。
ひでぇ奴だ!
e0162444_14440582.jpg
その後は30連マガジンの付いたM1カービンに換えてバッコン!バッコン!とやり始める(実際もM1カービンを使用)
個人的には写真の綺麗なハイウッド・タイプのストックに目が行くが・・・

しかし、もう最高に悪い奴ちゃね!

しかし・・・若きカートくんの疑似反動の白々しいことと言ったらない!
日本の刑事ドラマなみだ!
今や実力派俳優のカート・ラッセル氏もそんな時代があったのだ。

気になる方はYoutubeでもアップされているので一見されることをお勧めする。
結構面白いっスよ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-08-09 17:00 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(12)
Commented by イチロー at 2018-08-09 17:38 x
暑くて脳に異常が起きそうです。いかがお過ごしでしょうか。江戸も死ぬほど暑い?っていうか台風ですね。ご無事でしょうか。懐かしい映画ですねえ。犯人カートだったんですね。遊星からの物体Xが印象深いです。目がホースは、私的には△。本題のM1カービンのハィウッドの値段は本国でもうなぎのぼりですね。前みたいに500ドル切るの無くなっちゃった。ドル80円の頃、インランドとウィンテェスターのデッドが売ってたので悩んでウィンのIカット、ハイウッドを買いました。無事通関、これで公のお墨付き!4万ぐらいだったけど、ブルノーズのハンドガードもデッド!でも、持ってるのはインランド。ウィンのシリアル100万台の無可動は後で・・・とか考えてたけど出ないですね。出てたのは6オクロックカットのオペハン付のやつで却下。今はナショナルポスタルメーターにウィンのストックというねじれが・・・。死ぬまでにマッチングした個体が組みあがるかな?ひたすら悲しい。映画のM1で印象深いのがアランドロンの冒険者たち。死にかけドロンの横に転がるM1ハイウッドストックに目が行っちゃいます。ついでに脳も逝っちゃいます。
Commented by 犬札 at 2018-08-09 19:08 x
懐かしい……ラミロって警官がでてた覚えがあるなぁ。
なにしろ中々に面白い映画でした。
Commented by OAS at 2018-08-09 20:06 x
うちにある、「タイムライフ編、大量殺人者」によるとレミントンは6mmだったようで。
その他、9mmルガー、S&W357マグ、35口径ポンプアクションライフル、シアーズで買ってソウドオフした12ゲージショットガン、ガレーシ製拳銃(本にはガレシブレシアと記述)を持ち込んだそうです。
しかし、このTV映画では二式スポーターを使用してたんですね。スコルピオのお古だったら面白いですが。

Commented by 四国★三郎 at 2018-08-09 21:08 x
一時期よくTVでやってましたよね?といってももう40年ぐらい前かな?(笑)
カート・ラッセルがあの犯人役だったなんて初めて知りました。
うろ覚えなんですがこの映画、主役は犯人ではなく、何かに悩みを抱えていた警官だったような・・・?間違ってたらゴメンナサイ。何せ見たのは40年ぐらい前なモンで・・・。
Commented by 6699 at 2018-08-09 21:13 x
カートくん言うたら物体xとかエスケープ・フロム・LAですね、私としては
Commented by 1944-6-6 at 2018-08-09 23:16
>イチロー 様
このところの台風は首都圏直撃との前情報が出ますが全くのスカ。
直撃は嬉しくないですが大雨、大風、ウダルような暑さ、焦げそうな直射日光って人間の非力さを感じて嫌いじゃありません。
ちょっと変なジジイなのでした(笑)
貴殿も相変わらずカービン愛/トンプ愛の深さには変なジジイっぽくて感激ですわ!
全くお互いあと何年生きれるか知らないけどアホなことに思いを巡らせていますね!

ビバ どあほ!
Commented by 1944-6-6 at 2018-08-09 23:21
>犬札 様
僕も久々にYoutubeで映像を見たけど70年代っぽい雰囲気がダーティハリーと相通じる感じです。
映画的にはB級だけどテッポー好きにはイイですな。
しかし・・・邦題の『パニック イン テキサスタワー』はなんだかねぇ。
Commented by 1944-6-6 at 2018-08-09 23:26
>OAS 様
相合わらずテキサスタワーとかゾディアックとか心霊写真には喰いついてきますな!
心が病んどる!(笑)
この映画の二式は銃身部分が変です。
そのうちもっとイイ画質のもので解決したい案件です。
Commented by 1944-6-6 at 2018-08-09 23:30
>四国★三郎 様
なんか僕の記憶ではお昼の映画劇場で見たような・・・
当時はなんかパチモン臭いなぁと感じました。
まさか実際の惨事を題材にしているとは思いもしませんでしたが。
てなことで内容は全く覚えていません(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2018-08-09 23:35
>6699 様
僕はカート・ラッセルっていうと『バックドラフト』なんですよ。
何気に検索したら今の嫁はんは『プライベート・ベンジャミン』のゴールディ・ホーンとかで、今度はそっちを見てみようかと思いました。
MGCのM16が見れるし・・・(笑)
Commented by monco at 2018-08-10 01:49 x
これ中学生のときテレビの映画劇場で観ました。
事件が勃発して非番の警察官が呼び出され、タワーの下から応戦するも拳銃じゃタマが届かない。数名の有志がチームを組んでタワーに登って行きますが、このとき警察官が持ってる拳銃がコンバットマグナムなんですよね。拳銃を構えてじりじりタワーを上がっていくとき銃もアップになって深いブルーイングのすてきなリボルバーが堪能できました。
久しぶりに見てみたいなあ。でも内容は希薄でしたね。
Commented by 1944-6-6 at 2018-08-10 15:51
>monco 様
そうなんですよね!話はマッタリとしてしてB級ですね。
でもテッポーを見ているとモデルガンマニアの好物が多くて嬉しいです。