人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

ダブル オー セブン のアストン マーチン DB5

e0162444_21573600.jpg
コーギー社製のジェームス・ボンドコレクションのアストンマーチンDB5(ゴールドフィンガー仕様)でスケールは1/43。
e0162444_21574156.jpg

e0162444_21574179.jpg

e0162444_21574200.jpg

e0162444_21574978.jpg

e0162444_21574901.jpg

e0162444_21575732.jpg

e0162444_21574971.jpg

e0162444_21574952.jpg

e0162444_21575788.jpg

e0162444_21575872.jpg




by 1944-6-6 | 2018-07-20 16:00 | ミ ニ カ ー | Comments(4)
Commented by entaro at 2018-07-20 21:23 x
オッドジョブ付き!

007関係と言えば、サンダーボールの水中スクーターや原爆運搬潜水艇などのプラモデルがあったように記憶してますが・・・
Commented by 1944-6-6 at 2018-07-21 16:14
>entaro 様
よくご存じで!
このオッドジョブ君は金属製で重いんですよ。
なんか得した感じなのです(笑)
Commented by Schutze600 at 2018-07-21 17:39 x
ジェームズ・ボンド役のショーン・コネリーが愛用したワルサーPPKは、WW2以前のタイプか、戦後タイプかの問題。
ちょろっとネット検索したら・・・
http://www.originalprop.com/blog/2008/04/20/the-side-arms-of-james-bond-007-from-the-walther-ppk-to-the-p99/
007の銃プロップを提供したのは、スターウォーズのプロップでもおなじみのイギリスのバプティ社(Bapty & Co)でした。
最初の1962年の「ドクター・ノオ(DR .NO)」で使用されたダミーのサイレンサー付きのPPKは、SNが89706の戦前タイプだったそうです。これには、PPも使用されましたが、これは戦後タイプでした。翌年の「ロシアより愛をこめて(From Russian with Love)」では、SNが104718Aの戦後タイプでした。1967年の「007は2度死ぬ(You Only Live Twice)」では、日本で撮影されたので、MGCのPPKが使用されたとMGCが猛烈に宣伝していましたね・・・
Commented by 1944-6-6 at 2018-07-23 02:11
>Schutze600 様
ショーンコネリーのは完全に戦前っぽいですね。
個人的には戦後タイプが007にはあっていると思うんですが・・・