人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

チャンバーに拘る

e0162444_22290000.jpg
今では絶版のWA製ワルサーPPK/Sといえばオヤジー達は口をそろえて言う。

「排莢口から見えるチャンバーの質感は実に素晴らしかったなぁ!」

鉄製のインナーシャシーを巧みに利用してチャンバーをカバーしていたのだが、ウルムマークまで打刻されて実感が非常に高かった。
それに憧れて購入したオヤジーは多かったと聞く。
因みに僕も”それ”に負けてしまった一人なのだ(笑)
e0162444_22290057.jpg
ちゅーことで僕的にチャンバーを拘って再現してみた。
e0162444_22290081.jpg
チャンバー部分に0.2㎜の鉄材でカバーをこさえて、接着剤で固定している。
この厚みでもアルミやプラと違って鉄は硬くしっかりしている。
e0162444_22263176.jpg
それに0.2㎜とはいえ流石に”鉄”の質感は偉大で、見ているだけで楽しくなってくる。
なんでこんなことに気づかなかったのか・・・

早速いい気になって軽くヘアラインも入れてみた。

う~ん、この感じでPPKもいけそうだ!

e0162444_23245463.jpg

・・・って、サルっと作ってみた次第(笑)
e0162444_18371811.jpg
e0162444_18371914.jpg




by 1944-6-6 | 2018-07-10 17:00 | シリーズ 「拘ってみる」 | Comments(2)
Commented by シェレンベルク at 2018-07-10 23:25 x
これはいい!
昨日に続いてPPK三昧のネタをありがとうございます。
どちらも真似させてもらいますね~
と言いたいところですが、CAWのPPKのパーツだけは入手困難ですねえ。
気長に探すことにします。
それにしても着せ替えてあるグリップがいいですね、師匠。

また、2日遅れですが、戦前ナショナルマッチもご馳走様でした。
私もガバの中では、ゴールドカップと並ぶくらいの大好物です。
あのハンマーはどのパーツからの転用ですか?
もしかしてHFかしら?
気になるなあ・・・。
いずれにしても丼ぶり3杯はいけますねえ(^^)
Commented by 1944-6-6 at 2018-07-11 16:33
>シェレンベルク 様
お役に立てて幸い、マネしてね。
カスタムするうえでパーツの入手は頭の痛いところです。
一部メーカーはお手上げでヤフオクやイベントに頼るしかありません。
写真のナショナルマッチも大昔ヤフオクで買ったHF社のものだと思います。
でもフルサイズ・ガバはうまくするとガスガン用も使えるものがあるので重宝です。
セフティやスライドストップなんかはステンの削り出しでエッジが痛いくらいのものもありますね。
まぁ、残念ながらハンマーはバルブ・ノッカーなどがあるので使えませんが・・・