得した気持ち・・・

e0162444_20175756.jpg
上のバイオネットはよく見かける放出品のガランド用M1942だ。
下は昔に入手したちょ~っと長めの放出品のM1942バイオネット。

当時こんだけ長いだけでメチャクチャ得した感じで幸福感が味わえたのだ。
・・・って、今でもなんか嬉しいアイテムだ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-06-15 20:30 | 軍  装 | Comments(4)
Commented by Schutze600 at 2018-06-15 21:31 x
銃剣のコレクションはしていないので、教えて頂きたいのですが、このM1942は、刃は付いているのですか?ヤフオクでたまにノーカットの銃剣が出品されているのを見ますが、「刃はついていません」という説明文をよく見るので・・・あれ、違法品ではないという言い訳なんですかね?まあ、銃剣は基本的に刺すものなので、刃は無くても良いような気はしますが・・・
Commented by 1944-6-6 at 2018-06-15 22:01
>Schutze600 様
この放出品のM1942は超ナマクラながら刃はついています。
ただ以前にガランド用のM1とKar98k用のバイオネットの未使用品を見ましたがどちらも刃がついていませんでした。
どっちも刃の部分は1㎜弱の平面になっていましたが後から潰したようには見えませんでした。
どうやら軍への納品時には完全な刃付けはされていないのかもしれません。
Commented by イチロー at 2018-06-17 18:47 x
前世紀にイギリスに行ったとき、ブランダーバスという軍装品店で銃剣売ってるのを見ました。98KとM1942がそれぞれごみ箱?状の容器に、傘立ての傘みたいにたくさんぶち込んでありました。98Kはどれも刃がついてませんでした。ガーランドのは、何本か刃がついてたような記憶があります。刃付は極少数派でしたが。ちなみに私の持ってる5cmカットの銃剣には刃があります。想像するに新品ではついてないのかも。たくさんつくっておめえらで研げよ。の方が供給する側が便利だし・・・。それにしても、当時一本ずつ抜いてみたら、あらゆる年号と、メーカー、05からの改造品も刃先の加工がいろいろあって天国のひと時でした。まとめて買って帰りたかったけど、お縄になるのいやだからやめました。代わりに英軍のP40バトルドレスとP38のホルスター買いましたがな。後者は1940年製の濃茶色で比較的若い年代で得した感ありましたねえ。当時のレートで1万円切ってたし。今はネットでいろんなとこで買えるようになりましたねえ。それにしても軍装品コレクターってモデルガンコレクターと同じで日本じゃ減っているような気がします。じじいばっかの先細り・・・・。死んだら遺族が大量放出かあ。けっこうデッドストック集めまくったけど、差し引きすると大損かも。悲ちーーーー。でも、俺死んでるからいい。
Commented by 1944-6-6 at 2018-06-17 20:50
>イチロー 様
M4やM7は元々M3トレンチナイフのブレードと同じなんで”ナイフ”としても使いやすいでしょうが10インチブレードじゃあ使いづらい。
てぇーことで必要以上に刃は付けてないんでしょうか?
海外でM1ライフルなんかのバイオネットってゴミのような扱いですよね。
まぁ昔のナカタでのカットしたのを一斗缶に入れてゴミのように売ってましたが・・・

プラモも軍装もモデルガンもくだらない事に拘っているのは私らジジイばっか。
イベント行くと昔のマニアたちがブース並べて・・・若い子はリプロとエアガンとガンプラ/フィギュアに走って。
文句を言っても始まらず、終活に励むだけ・・・
僕らの良く知る某店の買取品も最近ではどこぞのお爺さんたちの御遺品ばかり。
老兵は死なず・・・ただ埋められちゃうだけです(笑)