人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

Colt M1908 Vest Pocket

e0162444_18583034.jpg
黒沢明監督の1949年の名作「野良犬」である意味主役だったのがこのコルトだろう。
三船敏郎演ずる新米刑事の村上がバスの中で盗まれてしまう拳銃だ。
冒頭から深川射場と思われるところでの実射シーンは堪らない場面だ。
また、使っているホルスター(ケースと呼んでいる)が旧軍のものらしいのも時代感があってマニアには嬉しい。
e0162444_18583072.jpg
そんなせいかこの25オートはモデルガンとしてはかなり初期から発売されていた。
(このモデルガンはマイティジャックで久保菜穂子演じる桂隊員がバックに入れて使用している)

今回のは旧コクサイのABSプラスティック製のものだが黒いメッキ仕上げで光の当たり方では鋼鉄製に見える。
実物より若干太めな気がするがノープロブレムなのだ!
e0162444_18583187.jpg
発売から30年は経つのではないかと思われる我が家のコルポケは相変わらずいい状態を保っている。

今更、火薬を入れて撃つ気はないが、発売当時に違う個体で遊んでいたがビシビシ動いて面白いモデルガンだった。
マガジン1本~2本は楽々に連射できた記憶がある。

あの頃は僕自身も連射できた・・・気がする(笑)



by 1944-6-6 | 2018-05-10 19:30 | 絶 版  国 際 | Comments(4)
Commented by K at 2018-05-11 04:13 x
金属製もありましたね。
Commented by entaro at 2018-05-11 12:25 x
25オート、よいですね!

中坊の頃、自由が丘に映画を観に行ったとき、何故か映画館の通路に飾られてた記憶があります。

時期的にダイキャスト製のものだったかと思いますが、もしかしてプロップだったのかも知れませんね。
Commented by 1944-6-6 at 2018-05-11 17:19
>K 様
あの金属製の方がサイズ的に実物に近い気がしますが・・・
構造的にも良く出来ていました・・・銃身の取り付け方以外はね。
Commented by 1944-6-6 at 2018-05-11 17:35
>entaro 様
オカジューは昔は湿地で場末です・・・なのでその25オートは兄貴のマジチャカだったのでは。
僕は「忍者部隊 月光」や「サンダ対ガイラ」を観に行きましたけどチャカは置いてありませんでした(笑)
ただ月光の網付ヘルメットを買ってもらいました!ワーイ