人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

マズルに拘る

e0162444_21394922.jpg
ローン ブロゾォ~!
今回はマゾォー(ネイティブっぽい発音)に拘ってみた。
旋盤での切削痕表現だ。
e0162444_21394890.jpg
ご存じのようにパイソンやダイアモンドバックなどはシュラウドの有る銃は銃口以外にも回転による切削が見える時がある。
あれがなんか機械っぽくてイイんだな!
e0162444_21394885.jpg
ちゅーことでベンチレース(卓上旋盤)を使って表現してみようと思った。
銃口部は軽くクラウンを付ける。
e0162444_21394869.jpg
当初の目的は切断面(フレームとの接合面)を軸線に対して直角に出したいと思ったからだ。
e0162444_21394725.jpg
このついでに銃口部もやってみたら・・・カッコいいではないか!
なんか機械加工って感じだ。
e0162444_21394888.jpg
2インチもシュリシュリって真っ平らにしてツーツマークを付ける。
実際はブラストがかかっているのであまり感じないようだが・・・イメージなのだ!

しかし・・・こんなことをやって何が楽しいんだなんてこと言わないように!
心が折れちゃうからね(笑)



by 1944-6-6 | 2018-04-25 22:00 | シリーズ 「拘ってみる」 | Comments(2)
Commented by 大野 敏久 at 2018-04-28 08:15 x
ダイヤモンドバック、どんどんカッコよくなって行きますね。製造過程を見ると、さすが K’zさんこだわっていますね。
画像を見ていると、だんだんと、発注したくなって来ます。
まだ、発注は可能なのでしょうか?
Commented by 1944-6-6 at 2018-04-28 12:09
>大野 敏久 様
ご注文は全然大丈夫です・・・っていうか喜んでいるのは僕だけです(笑)