人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

マスターピース

e0162444_22513292.jpg
Smith & Wessonの38口径リボルバーにマスターピースというのは二つある。
M14ターゲット マスターピースとM15コンバット マスターピースだ。
勿論、ナンバリング通りにM-14ターゲット マスターピースが古く1947年から登場している。
M15コンバット マスターピースは4インチバレルが1949年の登場だ。

M14ターゲット マスターピースは銃身長が4、5、6、8 3/8インチがあり銃身のリブは幅広でM19コンバットマグナムと同様だ。
銃身もM19と同じブルバレル。

M15コンバット マスターピースは基本的に4インチ仕様のみで後年(1964年)から2インチが製造された。
リブはナロータイプで銃身はテーパードなのだ。

実はオヤジーにはそこがイイのである!
美しいカーブがおネーさんの太ももから足首までを連想させる。
ブルバレルはいわゆる”サリーちゃん脚”なのだ(笑)

因みにM15コンバット マスターピースの2インチはストレートなブルバレル、ワイドリブというなんだかわからない僕的には鬼っ子なのだ(笑)



by 1944-6-6 | 2018-04-23 23:00 | 絶 版  国 際 | Comments(7)
Commented by Schutze600 at 2018-04-24 07:45 x
私もそういう認識で、HWSが、M15 のヘビーバレル6inchモデルを出したときは、M14の間違いだろうと思ったものです。でも、良く調べると、M15 のヘビーバレル6inchモデルは存在します。1886年に8-3/8モデルと共に追加されたそうです。M14 との違いは、S&Wのトレードマークが、M14(M15の初期も)ではサイドプレートに刻印されているのに対して、M15では右側面に小さく刻印されていること。M14の廃盤に伴ってM15に統合されたということなのか、そこら辺はよくわかりません。
M14 6inchは、知り合いの警察官が、これを使って熊本国体のセンターファイアピストル種目で優勝したので、精度が高いというイメージがありますね。
Commented by Schutze600 at 2018-04-24 10:16 x
すいません。先に1886年と書いたのは1986年の間違いです。
Commented by 1944-6-6 at 2018-04-24 16:41
>Schutze600 様
確かに今まで写真の間違いだろうと思っていましたがアチコチ見て回るとM15刻印のブルバレル4/6インチが確認できました。
バレルピンの有るもの無いものやモノグラムが右(サイドプレート)にあるブルバレル6インチもありますね。
M15-3あたりから変わっているようで・・・
しかしながら・・・ブルバレルのコンバットマスターピースは僕の中ではやはり許されない存在なのです(笑)
Commented by イチロー at 2018-04-25 20:34 x
元は、コクサイのM19でしょうか。+ねじが悲し。テーパーは、ずばり型取りか、公式図面からの削りだしがベストなんでしょうが、量産機のテッポでは、メーカーは再現しないでしょうね。ミリポリ、コンバットマスターのアウターバレルどっかで作ってくれないかな。
Commented by 1944-6-6 at 2018-04-25 22:23
>イチロー 様
よくぞ聞いてくれました!実はコクサイのM10からなんですよ。
テーパードバレルを使いたかったから、リアサイト部分を作りました。
Commented by 至高のガンマン at 2018-04-26 10:52 x
お疲れ様です。
やはりテーパードバレルに魅せられてしまいます。
ダイヤモンドチェッカーのグリップも美しいです。
なんでこんなにカッコいいんでしょうね。
Commented by 1944-6-6 at 2018-04-26 14:57
>至高のガンマン 様
美脚に黒スト・・・イイっすねぇ。
マスターピースよりマスター✖✖✖✖✖・・・
なに言ってんだバッカヤロォ~!(笑)