JACKET COMBAT WINTER "TANKERS JACKET"

e0162444_22035560.jpg
通称”タンカース ジャケット”、正式には Jacket Combat Winter という名称の戦闘服だ。
機甲師団などの車両内での取り回しを考慮され、袖口や腰回りに伸縮性のニットが取り付けられている。
表側はカーキ色のコットンツイル製で裏地が厚手のウール生地で出来ている。
袖口などのニットはウール製だ。
e0162444_21512689.jpg
これは実物のタンカースだ。
袖と他の部分とのニットの色が異なるのが、ここが気に入っているのだ。
e0162444_22035544.jpg
スライド・ファスナーは何社かのものが採用されているが、この個体はCROWN社製のものでツマミ部分はスプリングが内蔵されていてややオシャレだ(笑)
e0162444_21512670.jpg
これは比較用のモデルジャケット。
BUZZ RICKSON社製でニット部分などはイイ感じだ。
タンカースのモデルジャケットは何社か製作しているが・・・個人的に100点満点をつけるものは残念ながら見ていない。
e0162444_21512606.jpg
左がモデルジャケットで右が実物。
実物のニットの部分の縫い付けがかなりギリギリのところにある。
個人的にはここがカッコいい!どこか緊張感があるのだ!
リプロはこの部分が眠たく迫力が無い・・・何処かオモチャっぽいのだ。

テッポーにしろジャケットにしろ、どうしてビンビンくる出来のリプロって出来ないものなのだろうか?
まぁ、毎度ドーデもいいことなんだが・・・(笑)



by 1944-6-6 | 2018-03-14 22:30 | 軍  装 | Comments(12)
Commented by グライフ at 2018-03-14 22:46 x
やはり、国が威信をかけて作る物。ましてや兵士の生き死にに関わるものなら心血注いで作るもんなんでしょうな〜。伝わってくる緊張感が違いますよね。
Commented by 犬札 at 2018-03-14 23:36 x
犬札ホイホイにまんまと引っかかりましたっと。バズは俺的にダメダメです。型紙はMASH最後期で素材はトイズマッコイで色はリアルマッコイズの2005年なら俺がエレクトする最低限のところですな(知ってる範囲では)。レプリカジャケットってリアルを謳ってる割に、写真だけでどこそこ社の何年ごろの製品とかある程度特定できちゃうのがね、なんかね。
Commented by Schutze600 at 2018-03-14 23:37 x
タンカージャケットほど、日本人に似合わないジャケットもないと思います。パッチでも付けないと、良く言って土建屋の現場監督かじいちゃんの防寒着にしか見えない(笑)
。バタ臭い長身のヘンリー少尉だから似合うのだろう思います。
20年位前、ヤクオクではお馴染みの大阪のC店から物珍しさで1stタイプを買ったことがあって、袖を通したらさえないおっさんにしか見えず、仕舞いっぱなしでしたが、映画Furyで注目されて、久しぶりに引っ張り出したら、結構、良いじゃん、リブのダメージもジーンズと同じで味だよな、とか大人の反応を示せるようになりました。でも、羽織ってみたら、やっぱり、初老のさえないおっさんがそこにいました・・・これはジャケットのせいではないか(笑)。
Commented by 犬札 at 2018-03-14 23:43 x
あ、あと比較用のはホントにバズ?
コンマージッパーでもこの形の引き手の製品はあったかなぁ?
Commented by K at 2018-03-15 08:10 x
35年前ロンドンで上下セットの新品を買った。
レプリカは全てアパレルっぽくって軍服の雰囲気が無い。
細かな部分だけでなく、素材自体が良く無いので着古した時の雰囲気が出ない。
素材からちゃんと研究しているメーカーは無い。
Commented by 1944-6-6 at 2018-03-15 15:50
>グライフ 様
軍用銃のようです!
1943年のレミントンランド製とシリーズ’80じゃあ、同じガバでも緊張感や迫力が違いますよね。
Commented by 1944-6-6 at 2018-03-15 15:53
>犬札 様
やはり喰いついたね!
まぁチミのような人間がメーカーになれば、ちったぁマシなものも出来ように・・・
愛だなぁ・・・(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2018-03-15 16:00
>Schutze600 様
全く仰る通りで日本人(というより僕)には似合いませんね。
手足が長ければどうにかなるものを・・・
タンカースよりボア付きのB-15なんざぁ完全に現場の方です。
A-2なんかも着こなせる姿形だったら・・・人生ももう少し楽しかったのかもしれませんね(笑)
Commented by 1944-6-6 at 2018-03-15 16:05
>K 様
昔は肩のラインが丸いブルゾン風のものなんかもありましたがスタジャンじゃねってんだよ。
内張りも厚からず薄からず・・・結構ここはシルエットを決める大事なファクターなのに毛布みたいなものだったり。
ジッパーばかりに凝らないで全体を見て欲しいですよね。
Commented by K at 2018-03-15 19:26 x
モデルガンもそうだけど、木を見て森を見ずが日本人なのね。
Commented by Schutze600 at 2018-03-15 20:26 x
一つ思い出したこと・・・
このジャケット、戦車兵だけでなく、温かかったせいか、一般将校も好んで着用したようで、派手好きのパットンは、肩に階級章付きのエポレットを追加して着用している写真が残っています。エポレットを追加したタンカーズジャケットはたまに見ます。M41も最初はエポレットなしで、将校だけ後付けされていたようですが、面倒臭かったのか、すぐにエポレット付きがスタンダードになりました。エポレットがあると無しでは印象がかなり違いますね。エポレットは軍服の証というところでしょうか・・・
Commented by 1944-6-6 at 2018-03-15 22:30
>Schutze600 様
フランスの将校なんかもあの変わった帽子を被ってタンカースを着ているところが写真にありました。
襟をビシッと折ってね。
コンバット!のケーリーは41のエポレットにベレーを入れてましたね。