人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

ボブ チャウ 完成す!

e0162444_23135424.jpg
たぶん最初で最後の "ボブ・チャウ スペシャル" が仕上がった。
フー!
e0162444_23135095.jpg
しかしやってみるといつも気を使っている悩ましいエッジを粉砕して・・・ガリンガリン削り倒していくといったなんとも気持ちが良い!

カ~イカン!ちゅーことだ
e0162444_23134561.jpg
憂さ晴らしには結構イイ作業かも知れない(笑)
e0162444_23134571.jpg
しっかし・・・ミリガバ好きには対極にある感覚か!
e0162444_23135071.jpg
今までよく見たことが無かったので全く気付かなかったが・・・
斜めセレーション(グルーブ)なのにスライド上のリブが無い???GCNMじゃない???
気になって調べたらNM M1964とかいうみたいのがあるらしい・・・知らんかった(反省)
なんとも興味のないってことは恐ろしいことだと改めて悟った次第である。
e0162444_23135437.jpg
バレル刻印はNM。
って、まぁいいやボブチャウだし・・・(笑)
e0162444_23134675.jpg
このボマーサイト(?)は真鍮製であった。
ベースをかなり削り込んでシルエットを低くした。
e0162444_23135012.jpg
今回ご依頼のボブ・チャウ スペシャルは "MGC ボブチャウ スペシャル メモリアルラストオーダー" というメーカーカスタムのようだが・・・はっきり言ってヤスリの跡がガリガリで全体はザリザリ、そこに艶消しブラックの塗装という故チャウ氏も怒り出しそうなラフな仕上げだった。
そこでツルツルヌルヌルスレスレハゲハゲにさせていただいた。
元はMGCのGM5なのでHWとはいえ軽い。
出来れば今の重たいモデルガンだと楽しいかも・・・しかしタングステン入りの樹脂じゃ普通のヤスリは使えず削るのが大変だ!

でも・・・重たいボブチャウはイイかもしれないなと暫し考えた僕であった(ヤバ)



by 1944-6-6 | 2018-03-10 16:00 | 絶 版  M G C | Comments(4)
Commented by Schutze600 at 2018-03-10 21:58 x
Bob Chowって、1948年のロンドンオリンピックのラピッドファイアピストル競技で銅メダルを獲得している根っからの標的射手なんですよね。この1点だけでも、彼を尊敬してしまいます。彼がこういう銃を製作した理由は知らないのですが、このいわゆるメルトダウン仕様は、恐らく注文者からの要望に答えたもので、ベルトクリップが付いていることから、ズボンに直接突っ込んで、引っかからず楽に抜けるための配慮なのでしょうね。明らかに実戦用ですが、それに競技銃並みの精度を求めた結果なのでしょうか・・・
最初Gun誌で見た時気になったのは、表面のブルー仕上げの雑さでしたが、彼がこだわるのは、あくまでスムーズな作動性で、表面的な仕上げにはあまりこだわらない人なのかなと思ったものでした・・・
Commented by グライフ at 2018-03-11 11:41 x
ボブチャウネタが出ると思い出すのが「これボブチャウカスタムちゃう?」「ううん。チャウチャウ。」です。笑。関西の方ごめんなさい。
Commented by 1944-6-6 at 2018-03-11 17:05
>Schutze600 様
何事でも大勢の人前で称賛される結果を出せる人は尊敬してしまいます。
小者の僕はプレッシャーに弱く綺麗なおネーさんとは話せません(笑)
でもボブチャウにはオヤジ達の反応が結構リアルで好き嫌いの好みはあるけど印象深いテッポーだったんですね。
個人的には当時、実物を撃てる環境下だったらツールとして1挺欲しい感じを受けました。
また、あのラフな仕上げにリアルなセクシーさを感じましたね(笑)
エロい感じです!
Commented by 1944-6-6 at 2018-03-11 17:06
>グライフ 様
あ~ぁ、言っちゃった!
みんな我慢してたんですよ(笑)
しかしボブチャウはオッサンに人気あるなぁ・・・