人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

BERETTA M1934 Original Grip

e0162444_22023851.jpg
以前、オクで手に入れたベレッタM1934のグリップをレポしよう。

ご存知の通りM1934のグリップはプラスティックと鉄のハイブリッドだ。
プラ自体はABSなどに比べるともっと古くさい手触りでもろい感じがする。
ベークライトとも何処か異なる。
その為か鉄板で補強しているようにも感じられる・・・そんな印象だ。

今回はWAのGBBベレッタM1934に付けている。
最も新しいモデルなのである程度正確なラインを持っていると思ったからだ。

しかし、バックストラップ部分のラインが大きく異なっていた。
写真を見ればわかるが、実物はウエッブのくびれが強くもっと裾広がりなのだ。
でも何とか取り付けることが出来た。
e0162444_22023936.jpg
いつも思うが、中古の実物グリップ(特に軍用/LE)は凄い迫力が感じられる。
使用による擦れやチェッカーの摩耗など「使われてきた―!」って感じが "味" を出している。
言い方を変えれば・・・チト恐い・・・ってことなのかもしれないが・・・

このM1934グリップも擦れて鉄色になった部分に歴史があるのだ!
e0162444_22023129.jpg
まぁ、そんなスピリチュアルな話は置いといて、ヲタクはマテリアルに走ろう。
ベレッタモノグラムはメダルではなくモールドが正解だ。
e0162444_22023177.jpg
実物では裏側の一部が折り返されていてフレームに嵌り込むようになっている。
シアーの六角ネジは位置が決まっていてグリップがある限りは緩むことのない設計だ。
ちょっとめんどくさい気もするが・・・さすがホンモノなのである!
WAはマルイ頭のピンなので六角に削っている。
e0162444_22023964.jpg
こんな感じだ。
シアーピン(ネジ)はこんな感じにする。
ドライバーのマイナス溝を入れれば完璧だ。
鉄板部のポチポチしたプレス跡がイイ感じだ。
e0162444_22023143.jpg
このように鉄板部分の折り返しがフレームに嵌り込む。
ワルサーP.38も同じような形でグリップをしっかりと固定している。
e0162444_22023144.jpg
往年の名機MGCベレッタにも付けてみたいが、フレーム形状が異なるためそのままでは取り付けはられない。
取り敢えず記念写真的に乗せて撮影した。

まぁ、雰囲気はイイ感じだ。



by 1944-6-6 | 2016-07-22 22:45 | グ リ ッ プ | Comments(5)
Commented by 世安 at 2016-07-23 00:41 x
やはり、MGCは一回り大きいような気もしますね。
かつて実物大を謳ったCMCに付けるとどうなりますでしょうか。
Commented by 1944-6-6 at 2016-07-23 16:05
>世安 様
CMC製にはランヤードリングの有るのと無いのあるみたいですね。
初期のリング無のタイプは見るからに後端部の形状が異なっているのでダメでしょうね。
リング有のほうがグリップラインがイイ感じです。
いずれにせよリング有CMCを所持していないので、実験が出来ずに誠に申し訳ございません。
Commented by 大野 敏久 at 2016-07-23 23:46 x
実は、私も同一のグリップを持っていて、WAのベレッタM1934に取付けたいと思っていた所なのです。でも、素人には難しくて、どうしようか? 悩んでいた所なのです。 K’sさん は流石に素晴らしい出来栄えですね。メールしますので、よろしければ、同様の加工依頼のご相談させてください。よろしくお願い致します。
Commented by PRODUCTS ZEKE at 2016-07-27 16:14 x
弊社では、このベレッタも詳細な取材を終えております。

実物の構造はあまり知られておりませんが、
ハンマーストラットとシアレバーは連結され、
ストラット軸に切られた雄ネジにナットをかけて留めます。
そのハンマーストラットナットの形状が正方形でできていて、
フレームに組み込むことでナットの回転を防ぐ緩み止めになっております。

グリップパネルのシアプレートスクリュー六角ナットの緩み止めといい、
軍用拳銃としての質実剛健を地で行く構成には、
オモチャとの違いを感じて驚いたことを、このブログ記事で思い出しました。

今まで玩具で発売されたM1934系はハンマーストラットとシアレバーは連結されておらず、
組立にはそれなりに要領をつかんでおかなければいけませんでしたが、
実物はシアのユニット、トリガーのユニットのブロックが簡単に分解できるようになっており、
当時のオモチャの省略には上手い処理をしていたことを感心しました。
Commented by 1944-6-6 at 2016-07-27 20:10
>PRODUCTS ZEKE 様
役立つトリビアに感謝です!
MGCのは直ぐにハンマーストラットが吹っ飛ぶので、それで修理が楽なようにナットを省略していたりして・・・って、ことは無いでしょうね(笑)