人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

シリーズ「拘ってみる!」  WAブラックホークのトリガー

発表当時、群を抜いた再現性で高評価され現在でも決定版として君臨するのがWA製スターム ルガー ニューモデル スーパー ブラックホーク.44マグナムだ。
この銃はアノ荒唐無稽の劇画大作にも準主役で活躍しているので、40代のオヤジーには血のたぎるアイテムであることは間違いない。(ドッコーン!極多少、SBHのポテンシャルを○○っているだけだが)

WA製SBHは以前に一度レポしているが、今回は僕的にドーしても気にくわない箇所をチョロリンと修正して、スゴクお気に入りになったので再レポしてみることにした。

まず、下の写真を見て頂こう。

e0162444_03435138.jpg
左がWA製で右側がオリジナルの写真だ。
こう比較してみるとよく判るがトリガー前面のラインが異なり全く別の印象になっている。
一見同じようだがWAは直線的でシャープ、それに引き換え実物は柔らかいカーブを描いている。

テッポウのトリガーとオネーチャンの脚のラインが大好きなオヤジーとしてはこの差は非常に大きい。

そこで我慢できずに手でイジクリながらハァハァしてみたと言う訳だ。
e0162444_21472098.jpg
ということで、いつも通りコダワリを持ってチョロリンと修正してみたわけだ。

どーだ! 美しいだろぉwww

この撫でたくなるようなトリガーラインがイイのだ。
最初のツンッとした冷たい感じから、銃と人とのインターフェイスらしさを持った優しい感じになったと思われないだろうか。

まぁ、フェチなことではあるが・・・


追加の画像
コメントにドーやって曲げるのか?との質問があったのでこんな感じで加工したのだ!と写真を掲載。
なんてことはなくトンカチでカツン!とやるだけだ。
このやり方はCAWのピーメでもやっている。
e0162444_15361744.jpg
良い子は不用意に真似をしないように・・・!
失敗したら終わりだ!

僕は峨眉山で辛い修行の末に体得したのだから・・・って、何個も失敗しただけだが。
ハハハッ!



by 1944-6-6 | 2015-02-27 23:58 | シリーズ 「拘ってみる」 | Comments(5)
Commented by albert at 2015-03-01 00:48 x
亜鉛合金は叩いて曲げることができないので、どうやって加工したのかとても興味があります。修正方法をご教示いただければ幸いです。
ちなみに「ドッコーン」ではなく「ドゴーン」ですよ(笑)
Commented by monco at 2015-03-01 07:18 x
S&Wのメダリオンのカーブとか、このトリガーとか、曲がりにこだわりがあるのですね。
Commented by 1944-6-6 at 2015-03-01 15:50
>albert 様
亜鉛も曲りますよ簡単に。
ただ、その限界を体得しておかないとならんわけです。
丸すぎたり角バリすぎたトリガーガードもカキンコキンで素敵な形になりますよ。
やりすぎはダメです。
コツはしっかりと押さえて叩いた力が曲げたいところから分散しないようにすることかな。

また、遊びにおいでくだされ。
Commented by 1944-6-6 at 2015-03-01 16:07
>monco 様
紆余曲折の人生ですからねぇ。
25歳までプータロ、結婚すればカミさんに逃げられ、勤めれば会社を2度もクビになり、老眼で目は見えず、降圧剤を飲みながら、チンチンは元気なくなり、体重は増え、髪は薄くなり、子孫はなく・・・と全く曲がり曲った道をトボトボと歩いているので、曲ってないものを見るとつい曲げてみたくなるのでしょうか。

なんて・・・結構楽しい人生なのですが。
Commented by 1944-6-6 at 2015-03-01 16:11
個人的なご連絡はk'z(ケイズ)にメールください。
kz_gunshop@yahoo.co.jp
宜しくね!