人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

FURYを観てきたぞ!

e0162444_20463375.jpg
この冬一番の話題作(限定された人達に)、『FURY』を観てきた。
僕的には超お勧め映画である。
それも映画館の大スクリーンで観るのを強くお勧めする。
疾駆する本物のM4A2E8シャーマン戦車やタイガーⅠ型戦車は素晴らくイイ!
まぁ、多少グロイとか、MG42の曳光弾がスターウォーズぽいとか、8㎜のモーゼルを3発もくらってなかなか死なないタフガイとか、しょぼい威力の独軍柄付き手榴弾とか・・・は置いといて、とにかく最高の出来だ。
なんだか無性にオリジナルのシャーマンが欲しくなってしまった! 
でも、東京じゃ駐車場が高くて維持費がかかるから残念ながら買えないなぁ←それだけかい!

e0162444_20462695.jpg
と言うことで、この機会に秘蔵のタンカー・ヘルメット他米軍アクセサリーをご紹介しよう。
これは30年位前に原宿の東郷神社で毎月行われている骨董市で購入したものである。
米軍モノはほとんどなかったが、その中にこれがあった。
一発で何かは判断したが業者のオッサンに白々しく「これはなんですか?」と聞いてみた。
オッサンは「色からして軍隊の・・・フットボールかなんかのヘルメットじゃないかな。」
僕「へぇ~、そうなんだ。安っぽいもんね。で、お幾らなんですか?」
オッサン「う~ん、珍しいからねぇ~(←あったりめぇだ)、¥8,000!」
僕「そぉかぁ~、でも面白いからイイかな、オジチャンまけてよ!」
オッサン「う~ん、そうだな、珍しいからなぁブツブツ・・・それじゃあ特別に¥6,000だ!それ以上はだめだ」
僕「そうかぁ・・・じゃ、せっかくだから貰っていくよ」

という感じで購入したが、目と鼻の先のhead quarterなら¥20,000はする。
とても気持ちよく買い物をした日だった。

e0162444_20462645.jpg
全体は圧縮した紙製とか。
だから非常に軽いが対弾性は全くない。
耳の部分にヘッドフォンを入れるようになっている。
上の穴は湿気抜きと思うが、この映画の中では寒さ除けの為か黒いテープで塞いでいるものもあった。
ゴーグルはM1944。劇中ではあらゆるゴーグルが使用されていて個人個人で異なっていた。
一番新入りのノーマンが使っていたのがこれと同型だ。

e0162444_20462714.jpg
タンカーヘルメットはサイズ別になっている。
所有のモノは7 1/8で日本人サイズではやや小さい。
何とか被れるが、7 1/2位だと余裕を持って被れるのだが中々見当たらない。
ヤンキーは頭がチッサイからね。
製造はA.G.SPALDING&BROS.社製。製造年月日のプリントや刻印はない。

e0162444_20462772.jpg
次に登場は45口径用M3ショルダーホルスター。
やはりこれも30年位前に購入したものだが・・・悲しい過去というか若気の失敗がある痛いアイテムである。
それは・・・購入当時あまり使用感はなかったのだが経年の為、革がやや硬くなっていた。
そこにMGCのGM5をもろ突っ込んだ・・・若かったんだ!
次の瞬間、ビッ!という音とともに縫い糸が全部切れてホルスターが一枚の革になってしまったぁぁぁ!・・・全ては後の祭り!

その後、ユザワヤのレザークラフト売り場で糸と針と蝋を買って自分で縫い合わせてることとなった。
糸は紅茶で煮て色を付けたが手縫いではミシン縫いとは縫い方が異なってしまう。
コレクション価値のなくなってしまったホルスターに謝るように一針一針縫っていった。

そんな思い出のホルスターだが、彼も僕同様ずいぶん歳をとったようである。

e0162444_20462767.jpg
トンプソン用の補強金具である。
昔々、倒れ掛かったCMC製トンプソンM1のスリングを持っておさえた・・・と思ったが銃はそのまま倒れた。
WHY?
よく見るとハンドガードのネジ部が割れていて銃から外れていた。
CMC製は銃身下にガスバイパスがあるので、その分ハンドガードのネジ部の肉厚が薄くなっていたのである。
そこに一気に力がかかり・・・バキッ!となった訳だ。

その時にこの補強金具があれば防げていたのだ!

この金具を手に入れた際に内側を見たらズレ防止の突起が出ているではないか。
せっかくのハンドガードが傷傷のなってしまう・・・と思いきや!
我家にあった中古の実物ハンドガードにそれのモノと思われる傷があるものを発見したのだ。
たぶん40年前に御徒町のMGCサービス部で¥300で買ったものの一つであった。

と言うことは、このハンドガードが現役時代に同じ補強金具が付けられていたんではないか!
アメイジング グレイス!

そして、このハンドガードは僕の家で現役に戻ったのである。

e0162444_20462737.jpg
我サテアンの為にライフル・スタンドを買ってみた。
この手のモノは初めてだったが、中々しっかりしていて良い感じだ。
自分で作ろうかとも思ったが考えた末、買ったほうが安上がりで早いとの結果になったのである。

写真のように銃を立て掛けていない状態で置いておいたところに我母親が参上して一言
「洒落た傘立て買ったんだね。しかし水受けのトレイが無い。」

ガァーン!

・・・でも『傘立て』にもいいかもしれないなと思った。
今度、防水加工でもしてみよう。



by 1944-6-6 | 2014-12-03 22:34 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(10)
Commented by OAS at 2014-12-04 11:35 x
あの時期にあの武装SS?とか気になるシーンも幾つかありますが、かねがね満足です。
しかしウォーダディのリボルバーが気になりますね。
うちもライフルスタンドはありますが、立ててる銃で個性がでますね。
しかしM1A1のストック。もしかしてアレですか?
Commented by シュタイナー at 2014-12-04 15:46 x
フューリー見てきました。タイガー戦車が、なぜわざわざ接近戦挑むのか?とか,MP44のサイクルレート早すぎだとか、m2活躍し過ぎとか、いろいろ語れそうな映画デシタ。
後、ガンスタンド、羨ましいです。
4430
Commented by 1944-6-6 at 2014-12-04 18:16
>OAS 様
1944年4月・・・あと1ヵ月でナチ崩壊なんだけど、おったんでしょう精鋭は。
まぁ、兵隊全員が余命あと1ヵ月って知っていたら、やる気を無くして消化試合かもしれませんが・・・
我日本においても昭和20年6月にグアムから飛来のB29に、3式戦飛燕で体当たりして墜落させた精鋭もおられたそうだし・・・

裸のネーチャンのイラスト付きグリップはエロいっす。
M1917みたいだけど、なんかシリンダー長い気がしたな。
でもカッパーのFMJが見えていたし・・・ブルレイでも出たらゆっくり見てみましょう。

M1A1は例のアレです。
Commented by 1944-6-6 at 2014-12-04 18:29
>シュタイナー 様
ハハハッ! 突っ込みどころは多々あろうけど笑って許そう。
なんたって数分間だけだけど実物のタイガーⅠが動いていたんだから。
こうなると戦略大作戦は許せるとして、プライベート・ライアンが惜しまれるなぁ。

やっぱ本物の迫力や説得力はデカいですね。戦車もテッポウも・・・

50口径ブローニングM2の良さを世の中がやっと判ってきたようで嬉しいっすね。
でも、バレルにつくキャリングハンドルの鉄パイプ部分を茶色に塗るモデラーが某AMに出ていました。
木だとでも思っているのだろうか?
日本のモデラーは銃に対しての考証がなっとらんね・・・って、ザロガも茶色に塗ってたわ。
嘆かわしい!
Commented by monco at 2014-12-14 10:54 x
僕もこの映画はぜひ劇場で観るべしと思いました。
封切りの日に観に行きましたが、観客数は少なめでしたね。
カップルで観に来ていた人もいて、女性が気持ち悪いとかほざいていましたよw
ブラピは好演していましたけど、彼が主役じゃなかったら手りゅう弾の効果も違っていたのかなあ?

それにしても、戦車のヘルメットとか色々と小道具を持ってらっしゃるのですね。
いつも凄いなあと感心しています。
Commented by 1944-6-6 at 2014-12-14 17:50
>monco 様
やっぱりそうですよね!大きなスクリーンと良い音響設備で観るべし・・・です。
戦車砲も50口径も非常にイイ感じの発砲音がします。
総火演や射場で聞く(感じる)バァーーン!じゃなくてバァン‼って感じの一瞬の空気の膨張を感じさせる音です。
もう一回見に行ければと思っています。

今回観に行った名古屋と川越の友人に聞いたらどちらも70歳くらいの年輩男性が大多数だったとのこと。
僕も有楽町マリオンで観ましたがやはりジジイばかりでした。
何かあるんでしょうか?
暇な人、各地の状況をお知らせください、案外面白いかも。

米軍の装備品は30数年来の軍装マニアなので、まだまだ多ぁ~くさん持ってます。
ジジイ一人のこの身において何の自慢にもなりませんが、おいおい紹介してゆくつもりです。
・・・が整理が全く出来ていないのでどうなることやら・・・はぁ!
Commented by neko at 2014-12-20 16:19 x
早く映画観に行きたいですわ・・
ライフルラックを過去に自作したけれども、木材って結構高いもんで、簡単なモノでも既成品探したほうが安く手早く済む と学びましたわ。
Commented by 1944-6-6 at 2014-12-20 17:51
>neko 様
これは劇場で観たほうが絶対に良いです。
出来れば同好の士と観るのがベスト。
間違っても女子との観覧はイカン!・・・ただし、秋山 優花里級の女子なら負けないようにすべし!
帰宅後に触る50口径M2ブローニング・へヴィーバレル・マシンガンは最高ッス‼
持っている人しか判らない特権ですな・・・ははは!
まぁ、今うちのは出てますが・・・
Commented by kitayama at 2015-01-18 09:54 x
はじめまして。埼玉ですが、やはり年輩男性が多かったです。グループで来ているような感じでした(某隊OBだったりして…)。
履帯に踏まれてぺったんこの遺体とか、悲惨さの描写はパシフィックを上回っていましたね。
Commented by 1944-6-6 at 2015-01-18 13:14
>kitayama 様
初コメ有難うございます。
川越に続きそちらの埼玉でもジジイ多しとは・・・
なんか曰く因縁でもあるのでしょうかね。

なんかこの映画は無理やりっぽいところが多い気がします。
あんま意味ない残酷シーンとか初めから死亡フラグの立っているオネーチャンとか・・・
TV放映があるかは判りませんが、そのあたりバッサリとカットして尺を詰めても何ら困らない感じですからね。
それよりタイガー戦車の出番がもっと欲しかったですよ!