人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

今日の”一枚”・・・

 
e0162444_22242783.jpg

友人と街を徘徊していたら素敵な建物に出会った。


本当に、偶然に、意味も無くバスに乗り適当なところで降りた。

来たこともない街。

夕暮れ近くの知らない街をブラブラと歩いていたらトンデモなく魅力的な建物に遭遇した。



狭い東京にも、まだまだ味のある楽しい風景は残っているのだ。




by 1944-6-6 | 2014-09-14 22:44 | そ の 他 | Comments(10)
Commented by どこぞのオヤヂ at 2014-09-14 23:17 x
へぇー。
ネジ屋さんですかねぇ?
Commented by 1944-6-6 at 2014-09-15 11:26
>どこぞのオヤヂ 様
その後、ネットで調べたらリッパなネジ屋さんでした。
1951年に建ったらしいこの建物がイイですね。
よくぞ残してくれてます。
感謝! 感謝!
Commented by entaro at 2014-09-15 13:29 x
ネジ屋さんてとこがまたミソですね!  マークからすると、科特隊・・・?(^o^;)
Commented by カバ男 at 2014-09-15 19:31 x
昭和の「オレたち最尖端!!」て心意気がヒシヒシと感じられますね~。
ロゴも手描きのレタリングみたいでいい味です。
いずれ京浜工業地帯のどこかでしょう。朝のサイレンとともに三角巾を被った若い女子工員がぞろぞろと・・・・。
萌えますぜ。
Commented by 1944-6-6 at 2014-09-15 20:02
>entaro 様
歩いていると上の星マークが見えてきたので、まさか「ツーラ」じゃあ・・・って、一瞬驚きました。
な、わけないよね。
Commented by 1944-6-6 at 2014-09-15 20:18
>カバ男 様
う~ん、全く同じような妄想をいだいてしまいました。
「下町の太陽」に出てきた倍賞千恵子のような女工さんがツラツラと・・・
アタシャ、主任さんになって〇〇〇してしまいたい・・・
(・・・大変、失礼なことを申してしまいました)

お察しのとおり、大田区の第二京浜のすぐ横で多摩川渡れば川崎です。
Canonの本社もこの辺だったんですね。
朝鮮戦争当時に川向こうの三菱の工場に修理の為に運ばれる貨車に載ったシャーマン戦車を見た知り合いがいます。
写真だけでも見たい!


Commented by カバ男 at 2014-09-16 21:09 x
スカっと抜けた空が下町です。青春です。悶々です(笑。
1970代末なら、幌もかけず戦車乗せた長大な貨車が、平気で新宿駅なんか通ってましたよね。よく見ましたよ。
ワタクシあんまし詳しくないんですが、一度は「あ、新型」と思った記憶がありますので、あれは74式だったのかな。
まだベトナムが盛んだった頃、横浜の国道16号線なんかは大破した戦車積んだ米軍のトレーラーがばんばん走ってましたよ。
ノースピアから相模原の補給廠まで修理に通ってたんですね~。
おっと脱線脱線。
Commented by entaro at 2014-09-16 22:27 x
なるほど!  いずれ鉄関係ですね!(^o^)
Commented by soul at 2017-02-15 18:45 x
ここはよく通る場所なんですが
現在、建て替えの工事中でこの鉄塔はあと一年位で
消えてしまうそうです、、。(涙)

Commented by 1944-6-6 at 2017-02-16 16:29
>soul 様
あの時偶然に通りかかってみておいてよかった!
情報ありがとうございました。
近くに東急線武蔵新田駅があります。
お袋から聞いた話ですが、お袋が中学生の時の友人宅が武蔵新田にあり遊びに行くと近くの多摩川河川敷まで行ったそうです。
その道すがらになんとも不思議な一角があって布団がいっぱい干してあったらしいです(勿論昼間です)。
後々聞いたところではいわゆる”赤線”がだったとのこと。
そんな昔話をお袋から聞いた時はなんか無性にドキムネしてしまった記憶があります。
近くにいながら自分の知らない人間臭い歴史っていうのは非常に好きです。
当時遊びに行ったオッサンに話でも聞いてみたいですね。
武蔵新田、今は愛機Canonの街です(笑)