人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

月食を見た!

e0162444_23182796.jpg
e0162444_23184029.jpg
月食を見た!・・・だけ。 
# by 1944-6-6 | 2011-12-10 23:20 | そ の 他 | Comments(0)

とんでもないものが・・・来るぅーーー!!!(Part2)

e0162444_0165629.jpg
ドラゴンが 1/6 WW.II アメリカ軍 M4A3 シャーマン 75mm砲型(塗装済完成品)出すそうだ!

こんなモンを買ってはいけない!
部屋に入れなくなる!
ますますチマいモンに興味がなくなる!

しかし120%購入する気がする!・・・・・危険だ!(Part2)

# by 1944-6-6 | 2011-12-10 00:19 | 模  型 | Comments(2)

He say you Blade Runner.

e0162444_1305229.jpg
ボーナスが出たら買おうと思っていた留之助を買ってしまった。
オレって、そんなにマニアだったのだろうか・・・まぁ、いいか!!


e0162444_1391635.jpg
# by 1944-6-6 | 2011-12-09 01:35 | 特 撮 モ ノ | Comments(7)

浮世離れした世界

e0162444_3313611.jpg
e0162444_3324935.jpg
e0162444_333291.jpg
e0162444_3331290.jpg
e0162444_3332188.jpg
久しぶりに西富士射撃場に行ってきた。
写真の3丁は友人の銃で勿論許可証の付いた実銃だ。
無可動ではなく可動して発砲もできる・・・元来銃とはそういうものだが。

当日は小雨模様だったがそれ故に山や木々の色が鮮やかで幻想的に感じられた。

そんな中である意味幻想的な鉄砲ばかりが並んでいる。
G43,Kar98k、M1ギャランド・・・
まったく浮世離れしている。

とてつもない大音響を響かせながら発砲する銃を見るといつも思うのが
「ここの当たり前は一般的な日本では全く考えられない光景・・・なのだ」
という事。


e0162444_3333064.jpg
これは僕の愛銃ベレッタ390AUTO。
名前はシャリィーンであります(モチ嘘である)。
上品ぶった割にはどこかチープな感じが好きだ。
その割にはよく当たる。

しかし当日、初めて不発が出た。
何千発撃ったか判らないが(少なくとも3~4,000発は下らないが)今まで起こったことがなかったので一瞬おどろた。
雷管を見ると打撃痕が浅い・・・閉鎖不良?
おっかないのでその場で遊底を外してロッキング・ボルトや撃針をチェックしたが特に問題なし!
再度撃ってみたらチャンと発砲したので一安心だが・・・
そういえば以前、土砂降りの中で発砲したら通常では起こらないがエジェクション・ポートから火が見えた。
爆風で一瞬暖かい風を感じた。
雨の為に閉鎖が甘くなるのか・・・おっかなかったなぁ!
そういえば米軍のマニュアルにも雨の中では発砲するなとあったのを思い出した。
火薬が湿気っちゃうだけではないのである。

# by 1944-6-6 | 2011-12-07 04:18 | 猟  銃 | Comments(12)

久しぶりに聞けたぁーー 「漕げ!漕げ!漕げよ!~♪」

e0162444_150484.jpg
「漕げ!漕げ!漕げよ!ボート漕げよ。ランラン ランラン 川くだり~♪」   これは、みんなでアイスクリーム工場に見学に行くときに歌う楽しい歌だ!

先週、故山田康夫氏の吹き替えの入ったダーティハリーBlu-Ray Box5枚セットを買った。
以前から売っている安いDVDには吹き替えがないのだ!
ちょっと前に吹き替え付のDVD Boxがでたのだが結構高価で見て見ぬふりをしていた。
おまけに興味のないダーティハリー4と5も入っているのは全く無駄だ。
しかーーし、今回のこれはメッチャ安いのであった!
UK版らしいがオクで¥2,000から出品されていたのを¥2,700で落札。
観れるのかは全く解らなかったけど「まっ、いいか!」ってことで入札したのだったが届いてみたら何の支障もなかった。
そこで久しぶりにアンディ・ロビンソン扮する「さそり」の歌声を聴けたって訳だ!
それに手持ちのDVDよりも断然画質がいい!

そこで気づいたのはさそりが屋上から二式改で狙撃をしようと開けたケースに一緒に入っているMP40がMGC製だという事。
エキストラクターが短かったのである。
フロント・スリング・スイベルも左に付いているし・・・しかしスリングの陰になりバレル・ナットとハウジングを止めているカップ・スクリューは確認できなかったが。
発砲しないシーンではプロップとはいえ実銃のマシンガンは扱いが面倒なのであろう。


しかしダーティハリーを見ると毎回思うのがジャフィの店のホットドッグの美味そうなこと。
それにキャラハンは無造作にマスタードをかけて喰いはじめる・・・

あぁーーー、オレも喰いてぇーー!!!

# by 1944-6-6 | 2011-11-25 02:38 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(6)

ジャンク屋の野郎、サビ弾よこしやがって・・・

e0162444_1425152.jpg
『紅の豚』の劇中のセリフなのだがリムドの.303ブリティッシュを見ていたら、急にそんなイメージが湧いてきた。
銃はありあわせでブレンMkⅠとコラボレートしてみたがどうだろうか?


# by 1944-6-6 | 2011-11-24 01:48 | 無 可 動 銃 | Comments(4)

我家の『いちよん姉ェ』

e0162444_23413292.jpg
とある有名なお方から不要になったM14ライフルのプラスティック製ストックを頂いた。
なんかスナイパーちゅー感じが欲しかったのでハッコー製MPZ-3950を載せてみた。
射撃で使おうと購入したものだが12番のオートマティック・ショットガンに乗せると角刈りサングラスのダイさんのようになってしまうので止めた。
じゅうよんに乗せるとまあまあカックイイではないか。

今までずっと木製のストックに乗っていたのでプラはプラで新鮮でイイ!
なんか非常に嬉しいのだ!! たまに着せ替えて楽しもう。

「***様、ストック有難うございました!」

# by 1944-6-6 | 2011-11-12 23:58 | 無 可 動 銃 | Comments(6)

とんでもないものが・・・来るぅーーー!!!

e0162444_23352179.jpg
スペースドラゴンウイングスが1/72スケールで サターンV型ロケット出すそうだ!

こんなモンを買ってはいけない!
部屋に入れなくなる!
ますますチマいモンに興味がなくなる!

しかし120%購入する気がする!・・・・・危険だ!




# by 1944-6-6 | 2011-11-11 23:41 | 模  型 | Comments(6)

淋しさの徒然に~♪♪ WA ベレッタ M1934

いきなり井上陽水から入ってしまったのは、このところ湿りがちだったオク活動のせいで寂しさあまってついモデルガンを買ってしまったからだ。

懐かしのWA製ベレッタM1934である。

当時から気になっていたのだが値段はどうでも豪快なヒケと後部亜鉛の組み合わせに趣旨を動かされなかったのだが、いつもの悪い癖で「削りてぇ!」の一言でポチってしまった。

しかし幸か不幸か傷の多い個体だったので躊躇なく面出しができラッキー。

e0162444_2348593.jpg
フレームの所々に黒っぽく見えるのが豪快なヒケの残党。
特に目立たなかったスライド先端下部の強烈なヒケは削ることでは解消できない。
何らかのパテ状のモノを盛るしかないようだ。

e0162444_23482514.jpg
WESTERN ARMSのロゴも派手で消そうかと思ったがあまりにお茶目なのでこのままとした。
e0162444_23484387.jpg
新旧WA製ベレッタM1934。
国本社長はこの34が好きなのだろうか?
右が新作のガスガンだがセレーションの形状が全く異なる。実物は直線ではなく円弧状だ。

e0162444_23485751.jpg
おやっ?ツートン・カラーだ!
e0162444_23492043.jpg
MGCの金属製との比較。
この2丁はほとんど部品の交換可能と言って過言ではない。

e0162444_23492936.jpg
ちゅーことでチト悪戯でスライドを載せてみたのだが問題なく作動する。
この組み合わせの逆はフレームの幅が若干広くスライドが入らなかった。
バレルは全く交換性無し。

そういえばMGCのリペアパーツにWAのモノを使うなんて事をよく聞くが全く問題なしだ・・・がWAも今やレアなアイテムちゅーことだな。



※今日は11/11/11ではないか!記念にどっかの駅で切符でも買おう!!
# by 1944-6-6 | 2011-11-11 00:29 | 絶 版  W A | Comments(2)

鉄の男『ウイリアム G. カービー』様だ!

e0162444_013366.jpg
よくあることだが、何か他のモノを探していたら・・・久しく埋もれていたコレクションが出てくる。
まさにそんな状況で久しくお目にかかっていなかったBARを掘り出した。
大体の場所は判っていたのだが7~8年は埋もれていて、なかなかピックアップできなかったのだ。
錆びて僕を恨んでいるだろうなぁ・・・

しかし、鉄の男カービーさんのBARは強かった!

錆びひとつなくヤツは出てきた。埋もれていたのが幸いしてあまりホコリも乗っていない! 素晴らしい!
さすが男の銃だ!!!
その後は最近本屋で手に入れた宝島社発行DVD付COMBAT!の『戦場の名投手』を見ながら手入れをした。
なんという幸せなひと時であろう!!

とういことでBARも綺麗に整備されたのであった。 メデタシ! メデタシ!

e0162444_014049.jpg
ほかにも以前に手に入れたWITTNAUER社製の米軍御用達コンパスを見っけ!
レトロなデザインがなかなか良いのである。
まるで懐中時計だ・・・って同社は元々時計屋だったのである。
なもんで、こんなんはお得意なのだ。

e0162444_0141134.jpg

なんかコンパスを見てると『冒険』ってぇのに行ってみたくなるのは僕だけだろうか?
地図とコンパスを頼りに・・・
ついでに綺麗にしたBARも持って出かけるかな!←ムリムリ!!

# by 1944-6-6 | 2011-11-07 00:15 | 無 可 動 銃 | Comments(12)

初めての流し

e0162444_22492350.jpg
本日は休日。
友人と『大井川鐵道』に撮鉄を気取ってきた。
初体験なので学ぶべきところは多く非常に有意義な1日となった。

ぽっぽマン様、有難うございました。

写真は初めて撮った流し撮りの1枚である。
諸先輩にはいろいろと御意見や御批判もあろうがお許し願いたい。

# by 1944-6-6 | 2011-10-18 23:03 | そ の 他 | Comments(2)

また一つ消えた・・・

柳ジョージが亡くなった。
ショック!!
奥さまは確か浅野真弓さん。
大大大好物のドラマ『雑居時代』で女子大生を演じて良い味を出していた女優さんです。

あぁ~、ご冥福をお祈りいたします。

youtubeで『青い目のステラ』を聞くかな・・・


『青い目のステラ,1962年夏・・・』

赤いCandy包んでくれたのは古いNewsPaper。
白いペンキ、何度も塗りかえす夏の風の中で
今頃、故郷のTennesseeあたり刈入れ時さと片言まじりで
バルコニーから覗くあんたはブロンドさえも色褪せていた。
派手な化粧、ふりまくオーデコロン、自慢の胸のペンダント。
俺の髪を撫でまわしながら開けて見せた写真。
もう一度、船に乗る夢ばかり
風邪をひいた日にうわ言のように
好きなブルースかけてた夜はきまって夜明けにすすり泣いてた。
 
  After Midnight 悲しみは永久の眠りについたかい?
  After Midnight 悲しみは海を越えていったかい?

沖を通る貨物船眺めTennessee Waltz歌おう
うまいもんさ、あんたに教わった一寸いかしたステップ。
ほめてくれよ、しゃがれた声で
芝生の下で眠っていずに
ほめてくれよ、BuleEyes細めて
芝生の下で眠っていずに
芝生の下で眠っていずに・・・

# by 1944-6-6 | 2011-10-14 22:00 | そ の 他 | Comments(4)

こんなの見っけ!

e0162444_3115770.jpg
e0162444_31274.jpg
友人と秋葉のボークスをうろついていたら、こんなおバカなアイテムを発見!
1/6スケールである。
我慢できずに購入してしまった。
他にも7.62㎜と5.56㎜もあったが目の見えないジジイにはこれ以上チマい物はキツイので12.7㎜のみにした。
因みに比較に入れた実物のダミー弾は30-06弾で12.7㎜口径弾ではないので間違えぬように。

# by 1944-6-6 | 2011-10-11 03:24 | 模  型 | Comments(2)

夏の終わりの空

e0162444_2303040.jpg
夏の終わりに撮った最後の夏空。

暑いのは嫌いだけど『』は好きだ・・・
# by 1944-6-6 | 2011-10-06 02:38 | そ の 他 | Comments(2)

WALTHER P-38

e0162444_20515899.jpg
俺の名はルパン三世。
 かの名高き怪盗ルパンの孫だ。


ワルサーっていうとルパン→P-38というイメージが出来上がっているのが我々の年代なのである。
チョイ上の年代ではワルサー→007→PPKという公式が出来上がる。
まぁ僕の場合、変わりモンなんで「ファイトだ!!ピュー太」ってマイナーな古いアニメのカタキ役(ワルサー7世)を思い出すんであるが・・・

先日の床井ゼミにてP-38とは軍の採用モデル名であってワルサー社での名称ではないので「ワルサーP-38」とはおかしな名前だとか・・・なるほど!

ちゅーことで今回は、「俺の名はP-38。かの名高きMGCのタニオ・アクションだ。」なのである。

e0162444_20521761.jpg
e0162444_20522644.jpg
e0162444_20524345.jpg
中坊の頃はタニオ・アクションが許せなくてCMC絶対主義だったのだが、大人になると独創的なアイデアに感動してしまった。
なんといっても「オモチャはオモチャ」なのである。
楽しければOKなのだ。
でもそれって歳を取ると感性がボブチャウ化してしまうって事なのだろうか?
まぁ、いいや!どーでも。

e0162444_20525130.jpg
実銃との比較って嘘。
ナチマニアも認めるマルゼンのP-38との比較だ。
MGCはかなり小ぶりである。
マルゼンのものはワルサー社から資料提供があったと聞いているのでサイズは正しいはずだ。
当時MGCではあえてリアルサイズを避けたとかいう話もあるが・・・
まぁビンテージってことでオール OK。

e0162444_2053193.jpg
マガジンも9㎜パラはダメ!(写真の1発目が9パラで弾頭がでっぱている)
380(9㎜ショート)はぴったりと入るのであった。

# by 1944-6-6 | 2011-09-26 22:17 | 絶 版  M G C | Comments(2)