人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

National Match

e0162444_22521824.jpg
Elan M1911A1 National Match
e0162444_22525429.jpg
e0162444_22534059.jpg
e0162444_22543750.jpg

e0162444_22561665.jpg

ナショナルマッチと言いながら見慣れたミリタリーと何ら変わらないのが楽チンなせいかエランを始めホビーフィックスもプラ・金属とリリースしている。一般的なゴールドカップ・ナショナルマッチはシリーズ70のものだと思いますが・・・e0162444_22565261.jpg
# by 1944-6-6 | 2009-05-15 23:12 | エ ラ ン | Comments(2)

G.I Colt .45

e0162444_2248219.jpg
Elan M1911A1 2005version
e0162444_22485292.jpg
e0162444_22492596.jpg
エラン製M1911A1ガバメント

全く馬鹿な事とは知りながらエランのM1911A1ガーエントは2002年バージョンと2005年バージョンの2丁を持っている・・・って言うか買ってしまっている。
ネットではアレコレと言われているエランだけど価格を除けば僕は非常に気に入っているのであった。

 理由 1、なんとなくちゃんと重い!
     2、シャーシー・フレームが無いのでなんとなく実物っぽい!
     3、色が全体に統一されていてなんとなく綺麗!
     4、持っているヤツが少ないので特別な人間になったようでなんとなく嬉しい!
     5、エランとエライは1字違いなので誉められたようでなんとなく誇らしい!

と言うようにドーデモイイ理由でお気に入りなのだ。
ただ欠点は新しいアイテムが発売されるとドーシテモ欲しくなってしまう事。2008年バージョンのシリーズ70も持っていないのに今度は大好物のコマンダーが出るとか・・・しかも限定30丁!
馬鹿じゃねえかってんだ!!

ゲキヤバな50歳の初夏であった。


    
# by 1944-6-6 | 2009-05-14 23:25 | エ ラ ン | Comments(4)

Pistol,Automatic,Caliber,45,M1911A1(1943)

e0162444_334592.jpg
Elan M1911A1 2002version
e0162444_1251016.jpg
e0162444_3295419.jpg
パーカーライジング

1915年「T.Paker」が発明した鉄鋼の表面処理である。
第一リン酸マンガンに鉄鋼を浸漬して表面に第二リン酸の強靭な皮膜を作る。
皮膜表面はリン酸の結晶によってツヤのない粗面になるため、反射防止効果がある。
1911年にアメリカ政府の正式拳銃となっていらい「ヒートブルー」での表面処理が施されていたコルトM1911であるが、その光沢のある表面処理が反射などを考えミリタリーユースとしては適切ではないと判断されるようになった。
軍の要請で1941年5月19日よりパーカーライズド・フィニッシュM1911A1が試作される。
以後のミリタリー向けA1はすべてこの仕上げに移行されていく。
1941年から1945年までに作られたコルト製M1911A1はすべてパーカーライズド・フィニッシュである。
1942年以降A1のスライド前半部に熱処理が施されるようになったが、この場合焼き入れ部分のパーカーライジングの色合いが少し変わって見える。焼き入れ硬化部分が少し濃色になるのである。主要部品も同じだ。
1943年4月以降はスライドストップ部分にも油のシミのような焼き入れ部変色が見られる。
これを「ツートン」と呼んでいる。
カラー写真にはなかなか映りにくいが、1942年以降のコルト製ミリタリーA1の実物を手に取るとはっきりと2色になっているのが分かる。
ちなみにコルト製以外のM1911A1は「イサカ」「シンガー」「レミントンランド」「US&S」のいずれもがデュライトという仕上げを施していた。下地にサンドブラスト(高速で砂などを吹き付けて表面を粗面にする方法)を施してから「ケミカルブルー」処理をするもので、仕上がりは「パーカーライジング」と非常に近く判別しにくい。(イサカとレミントンランドに関しては後期につくられたものはパーカーライジング)
見分けるには内部を見ると「パーカーライジング」はリン酸液中にドブ漬けしているため内部まで均一に粗面になっている。
ともあれ表面処理が似ているため、ついM1911A1ミリタリー仕様の仕上げを示して一率に「パーカー」と呼んでしまいがちだが、あやまりである。

軍用コルトM1911A1の表面処理
NO・700000~780000 
ブラッシュドブルー(研磨工程を省略したドブ漬。オーブンによる熱処理ヒートブルー。ただし殆ど黒である)
NO・729993~END  
パーカーライジング・フィニッシュ(1942年以降はツートン仕上げ)

# by 1944-6-6 | 2009-05-13 01:32 | エ ラ ン | Comments(0)

Colt`s MkⅣ Series`70 Goverment Model .45

e0162444_305088.jpgElan MkⅣ Series`70 2005version
e0162444_313754.jpg
e0162444_32824.jpg
e0162444_322615.jpg
# by 1944-6-6 | 2009-05-12 03:08 | エ ラ ン | Comments(0)

Smith & wesson Model 2 Army

e0162444_2363135.jpg

e0162444_2364181.jpg1865年に開発されたS&Wシリーズの第二号、通称アーミーモデル。基本的な機構はモデル1と同じだが、装弾数を減らして口径を32口径に大型化した。この銃によってS&W社のシェアは多いに拡大し、口径の小ささから陸軍の制式採用こそ逃したものの、多くの将校・兵士達に護身用として購入された。
 
またこの銃は長州の高杉晋作が上海で購入、後に坂本竜馬に譲渡した事でも有名である。特に、伏見の寺田屋で幕府役人に襲撃された際には、この銃を乱射して難を逃れた。
但し、矢張り軍用銃としては口径が足りないらしく、桂小五郎に宛てた手紙において「彼の高杉より送られ候ピストールをもつて打ち払い、一人を打ち倒し候。何れ近間に候へば、さらにあだ射(命中)仕り候へども、玉目少なく候へば、手負ひながら引き取り候者、四人御座候」と語り、威力不足を明かにしている。
 有名な軍人カスター将軍が使用していた事でも知られる。


全長:274㎜(銃身長:152㎜)
重量:714g
口径:32(約8.32㎜)

e0162444_2364773.jpg

e0162444_236541.jpg

e0162444_2373123.jpg

お待たせいたしました!鉄砲の写真ぜよ(何故か竜馬になっている)
ブルーイングされたんをヤフオクで落札!・・・って言ってもメチャ安かったぜよ(やめれってば!!)
# by 1944-6-6 | 2009-04-30 02:55 | マ ル シ ン | Comments(2)

Asyuraten

e0162444_2403674.jpg
阿修羅フィギアが欲しい!!

完売だったので入いらんかったのよね。
# by 1944-6-6 | 2009-04-29 02:43 | そ の 他 | Comments(2)

Taitouku Yanaka

e0162444_2484238.jpg
谷中で見つけたお墓の入り口の狛犬様。
これも一種の「結界」なんでしょうか?

そんなこんなで台東区谷中は不思議な空間が彼方此方に有って楽しいッスね。


阿吽・・・・・



# by 1944-6-6 | 2009-04-25 02:49 | そ の 他 | Comments(0)

・・・

e0162444_3253383.jpg

# by 1944-6-6 | 2009-04-24 03:38 | そ の 他 | Comments(0)

a strange

e0162444_23312278.jpg
何故か残っている「日暮里」駅前の古くて錆びているバス停・・・なんか怖っ!

e0162444_23343570.jpg
あの世とこの世の境(結界)なのか不気味で・・・なんか怖っ!

e0162444_23382319.jpg
でっけぇバケ招き猫、妙に腕が筋っぽい・・・なんか怖っ!

e0162444_2340132.jpg
今は使われていない「京成 博物館動物園駅」の駅舎、古っぽい感じが・・・なんか怖っ!

e0162444_23451898.jpg
空にそびえる雲の「Z」、テポドンの航跡じゃないよなぁ・・・なんか怖っ!



# by 1944-6-6 | 2009-04-21 23:47 | そ の 他 | Comments(0)

It`s  my Gun

e0162444_1505560.jpg
e0162444_151811.jpg
e0162444_1512275.jpg
e0162444_1513695.jpg
本日は銃砲検査なのである。
メデタシ!メデタシ!


# by 1944-6-6 | 2009-04-19 01:53 | 猟  銃 | Comments(2)

Guntou

e0162444_0164365.jpg
e0162444_017093.jpg
e0162444_017263.jpg
昭和13年(皇紀2598年)の服制改正による正衣正装の廃止簡略化に伴い、九四式の佩環を1個のみに制定し直した九八式軍刀である。赤い刀緒は佐官ちゅーことじゃ!しっかりと名も入っとるのだ。



# by 1944-6-6 | 2009-04-13 00:27 | 軍  装 | Comments(0)

Spiegel Spiegel Spiegel Spiegel 3.2.1.0

e0162444_1432949.jpg
ダンダダ ダンダダ ダンダダ ダンダダ 月も火星も遥かに超えてぇーえー 宇宙に飛び出すシュピーゲルぅーーーうー♪

てな軽快な主題歌をバックにシルバースターからスパッと発射するシュピーゲルはかっこ良かったっスネェ。
内容としては円谷作品の中ではイマイチだったけどシュピーゲルは最高に痺れちゃいました。(アカネ隊員にも別の部位が痺れてました)
聞くところによると日本初の合体メカだとか・・・にゃ-るほどカックイイ訳だ!

という訳でITCメカとウルトラ系メカにメチャクチャ弱い僕としてはどーしても「シュピーゲル号」は欲しいアイテムだったんですがイマイチグッドなオモチャやキットに巡り会えず寂しい思いをしていました・・・がネットを見ていたらもうべストなキットを発見!早速購入してしまいました。
たいしてパーツも多くなく仮組みは簡単!大きさも40センチくらいでタマンないサイズ!
クッ、クッ、クッ・・・・カックイイ-----------------------!!!
なんとか昔取った杵柄でプロップっぽい塗装をしてあげようと企んでいる次第です。

ちなみに「シュピーゲル」とはドイツ語で「鏡」の事だそうで・・・イイ響きですねぇ!

e0162444_1442130.jpg
e0162444_1444353.jpg
e0162444_145376.jpg
e0162444_1461685.jpg
e0162444_146358.jpg

# by 1944-6-6 | 2009-04-12 01:55 | メ カ モ ノ | Comments(2)

Made by Beretta in Italy

e0162444_10496.jpg
最近、知り合いのオッサンからベレッタ・グッズをいっぱい買ってしまった。

スペシャル・プライスだったんで市価よかは安かったけど・・・まっ、いいかなぁ。
ちゅ-訳でこの92F用のハード・ケースを見てね。

マルシンのP210についてきたスイスアーミーのケースと基本的には同一のモンだ。
アウターの成型色とインナーのウレタンのカッティングが異なる勿論ロゴが違うのは同然だけどね。
鉄砲はKSC、グリップのロゴが思いっきりダサくておいそれとBerettaモンなんかは付けられそうにないやね。
何より92FじゃあなくてU.S.M9なのである。 バッコン! バッコン!!
e0162444_101757.jpg
e0162444_105818.jpg

# by 1944-6-6 | 2009-04-12 01:07 | エ ア ガ ン | Comments(0)

Hand Grenade

e0162444_1335376.jpg
e0162444_1342410.jpg
e0162444_1364778.jpg
e0162444_13704.jpg
e0162444_139206.jpg
e0162444_1393761.jpg
e0162444_1395388.jpg
e0162444_140990.jpg

# by 1944-6-6 | 2009-04-01 01:43 | 軍  装 | Comments(0)

What shall I do ?

このような事態が起こってしまった。


e0162444_17565175.jpg




もうドーしたらいいの!!!
# by 1944-6-6 | 2009-03-27 18:00 | マ ル シ ン | Comments(3)