人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

New England small Arms製 B.A.R M1918A2

e0162444_20362987.jpg
第一次大戦末に実戦投入された米軍の自動火器がB.A.R(Brownig Automatic Rifle/発音はビー.エー.アールでバーではない)である。
ただし実戦配備のすぐ後に大戦が休戦となってしまったが、それなりの高評価はあったようだ。
米軍は第二次大戦直前の1930年代にそれまでのM1918に幾つかの改良を加え、M1918A2としてモディファイした。
そして1940年代初めにニュー イングランド スモール アームズ社(以下 NEと表記)とIBM社に対してM1918A2の製造を発注している。
その2社の製造総数合計は208,380挺で、NEがその約90%の188,380挺を製造している。
第一次大戦でB.A.Rを製造したのはブローニング社、コルト社、マーリン-ロックウェル社、ウィンチェスター社、第二次大戦後の1950年代にロイヤル・マックビー・タイプライター社が生産している。(R.M.Tのトリガーフレームは鋳物製が多い)
e0162444_20362976.jpg
写真のM1918A2 B.A.RはNE製で208,380挺のうちの1挺だ。
間違いなく第二次大戦中の製造である。
全体にパーカライジングされた感じがある意味近代兵器のイメージだ。
WW1当初採用のM1918 B.A.Rはパーカライジング処理技術が確立されておらずブルー仕上げだ。
1930年代にA2タイプとしてモディファイされた際にパーカライジング処理がされたようである。

ちなみにB.A.Rはクローズド・ファイアと思われている方が多いがオープン・ファイアなのである。
したがってこの状態では発砲できないのだ・・・って、無可動銃じゃあ発砲できないが(笑)
e0162444_20363642.jpg
初期のM1918のリアサイトは通常状態(サイトリーフを倒した状態)でもM1ガーランドのようなピープサイトだが、1940年代以降に製造されたA2タイプはUカットのオープンサイトになっている。
e0162444_20363069.jpg
コルトとウィンチェスターが初期に製造したM1918にはB.M.R(Brownig Machine Rifle)の刻印が打刻されているものもある。
レシーバー上部の出っ張った部分は内部にロッキング・リセスがあり、その部分のカバーのようなものは上部からリセス部分の加工をした際の加工穴を塞ぐ蓋だ。
e0162444_20363585.jpg
シアー自体は取り外されているが旧加工品には多くのパーツが残っているのは嬉しい。

第一次大戦のM1918はセミ/フルのセレクティブ・ファイアだが、M1918A2はスロー/ファースト(遅/速)の切り替えだけで単発射撃はできなくなっている。
e0162444_20363672.jpg
写真のバイポッド初期のタイプ。
上下調整用のミッキーマウス・ネジがパッドに近い下部にあるが、後期型はそのネジが上部にあり30口径M1919A6マシンガンと共用になっている。
e0162444_20363682.jpg
ショルダーヒンジはいかにも分隊支援火器っぽい。
スィベルの後ろの穴はモノポッド(単脚)用のものだが、あまり使用されないようでその後に無くなっている
e0162444_20363774.jpg
銃身のプルーフ・マーク(P)が見える。
よくキャリング・ハンドルが銃身に取付けられているイメージがあるが、大戦末に採用されたアクセサリーなので戦中の写真ではほぼ見ることがないようだ。
映画「プライベート・ライアン」でも取り付けられていないが、銃身に取り付けて擦れた跡が光っている。

ということで大戦を気どる僕は付けないのだ(笑)


このB.A.R M1918A2は明日出品予定しちゃいます。
なんといってもジジイには重すぎるんです(笑)

出品しました。
この無可動銃は25年くらい前にエリカクラブで購入したものです。
当時の購入価格は27万円でした。
まだ、Sレジメンタルスが東京にお店を出す前ですね(笑)


# by 1944-6-6 | 2017-08-21 18:00 | 無 可 動 銃 | Comments(13)

Colt's Texas Paterson

e0162444_19152455.jpg
初めてテキサス パターソンを見た時にトリガーが無い!・・・「これは壊れているのね。」そんなふうに思っていた。

壊れているのはお前だ!
e0162444_19151949.jpg
ハンマーをコックすると・・・ピコンとトリガーが出てくるのだ。
1836年当時はトリガーガードちゅう発想はなかったわけだ。
e0162444_19151826.jpg
そして発砲後はまたトリガーをしまっておく・・・
180年前の人はそう考えた。
整理整頓が行き届いた時代だ(笑)
e0162444_19151979.jpg
そしてコッキングするとまた出てくる。
なんとも忙しいトリガーである。



# by 1944-6-6 | 2017-08-20 19:30 | ハ―トフォ―ド | Comments(4)

留之助 ブラスター2049 スタント モデル(無可動モデル)

e0162444_15533788.jpg
”あの映画”の続編が公開されるらしい。
その映画の製作にあたりプロップ用に留之助商店にブラスターのオファーがあったようだ!

すげぇ!

元々の原型は友人のTo氏が作っている。
あの44オートを造っている神の手を持つ偉人である。
e0162444_15533813.jpg
今回紹介のものは2049のレジンの無可動タイプだ。
スタント モデルと称されている。
全く動かないものだがレジンの抜きと仕上げが良いので、全く安っぽさは感じられない。
限定20挺とのことだ。
e0162444_15533783.jpg
マットの部分とグロスの部分の使い分けが素晴らしい。
重量は465gで軽いことは軽いのだが適度にイイ感じだ。
ちょうど近くにあったタナカのディテクティブ(HW/カート込)を計ってみるとほぼ同じ重さだった。
なのでそこそこの重量感はある・・・かもだ(笑)
e0162444_15533762.jpg
以前にモデルガン仕様の留之助ブラスターを持っていたのだが、あれははっきり言って「重い!」。
こちらは遊ぶには適度でイイって感じなのだ。
まぁ・・・トリガーくらい動いてくれるとイイんだけどね。
e0162444_15534482.jpg
LED部分などは塗りではなく別の素材がはめ込まれているようで実に感じがイイ!
e0162444_15535068.jpg
握っているとついトリガーに力が入ってしまうが・・・それは禁物だ。
レジンは案外モロイのである。
e0162444_15534589.jpg
ステーアーSL 222レミントンの排莢口も凄い抜きで気泡一つないのは素晴らしいクオリティだ。
e0162444_15534442.jpg
僕のような凡人には思いもつかない造形だ!
ただただ関心!
e0162444_15533695.jpg
このアングルで見るとなんか・・・カッコ悪いというかオマヌーな物体だ(失礼)
カッコイイぞ!
e0162444_15534305.jpg
ステアーのマガジン丸出しの下部。
でもなんか好きな部分だ。
e0162444_15534497.jpg
モデルガン仕様と同じものかグリップは非常に良く出来ている。
実際に六角のボルトで止まっているようだ。
e0162444_15535169.jpg
第一作の実物プロップの写真集が付属している。
これだけでもホスイ!
e0162444_15535180.jpg
こんな感じのセットだ。
ディスプレイには最高のアイテムだ。
e0162444_15535124.jpg
先日買った水鉄砲と並べてみると・・・
e0162444_15535273.jpg
水鉄砲の方はステアーのレシーバー部分が長いが良く出来ている。
結構売れているようで場所によってはプレミア付きで売っているようだ。

さすがブレラン人気があるねぇ・・・って、言っちゃあいけねえのかな(笑)


このブラスター2049を出品しています。


# by 1944-6-6 | 2017-08-19 17:00 | 特 撮 モ ノ | Comments(4)

シューターズ デザイン製 S&W M66 4in for TANAKA

e0162444_16200092.jpg
先にSD製 M19の2.5インチをレポしたが今回はM66 4インチである。
e0162444_16200873.jpg
一部のエアガンパーツを合わせてみたがイイ感じだ。
トリガーを引いても全くキシムことがないのはさすがソリッドの強みだ。
e0162444_16200779.jpg
銃口は初めから貫通していない。
僕的には、この質感や肌触りは日本で味わえる数少ない”本物”のフィーリングだと思う。
まぁ、ステンレスに比べればかなり軽いが・・・
e0162444_16200870.jpg
明るいゴンガロのグリップがとても似合う!
パックマイヤーやホーグなどのラバーグリップもシルバーのフレームには映える!
カッコイイ!
e0162444_16200193.jpg
アルミ切削後にポリッシュされているので表面はツルツルだ。
う~ん、いい肌触りだ(笑)
e0162444_16200909.jpg
アルミの部品を組むとこんな感じ。
e0162444_16200156.jpg
サイドプレートもパチッと合っている。
e0162444_16201504.jpg
ハンマー/トリガ/シリンダーストップのピンはステンレス製のピンが圧入されている。
e0162444_16200074.jpg
アウターバレル下部には改造防止のスリット加工がされている。

このカチッとした部品の平滑性は堪らないが、このままでは組むことは許されない。
寂しい事である。


このフレームセットを出品しています。


# by 1944-6-6 | 2017-08-18 17:00 | エ ア ガ ン | Comments(4)

コンバット スマイソン .357MAGNUM

e0162444_19414086.jpg
先日のブラックホールで思ったよりも人気があったのがこの”コンバット スマイソン”だった。
ふ~ん、それなら・・・

ということで製作を進めることになった。
e0162444_19414169.jpg
ラウンドバットの3インチ・・・確かにカッコいいフォルム、コンバット マグナムの2.5inとは異なるアグレッシブな印象だ。
e0162444_19414020.jpg
ホルスターはビアンキの#8/8Lだ。
2~3インチ用のものだがイイ感じで収まる。
e0162444_19415422.jpg
スマイソンで言われるのがこのつなぎ目だ。
コルトのパイソンとS&WのM19の合体なのだから段差があって当然だろうというのだが・・・
e0162444_19415435.jpg
Webで写真を検索するとこんな写真があった。
2.5インチのリアサイトの方が先が長くフレームの先端までいっている。
4~6インチのフレームに2.5インチ用のリアサイトを取り付けるとほとんど段差はできないのだ。

これで安心して”コンバット スマイソン”が作れるって訳だ(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-17 21:00 | 絶 版  国 際 | Comments(2)

ビバ!ハートフォード! 二十六年式拳銃

e0162444_20384063.jpg
ハートフォードが二十六年式を再販したとのタレコミがあった。
それに伴い・・・やってくれたのだ!
e0162444_20354386.jpg
上がリニューアル前、下が今回リニューアルされたエジェクターだが・・・壊れやすかった軸部分が鉄製に変わったのだ。

・・・アアァ!素晴らしい!

以前、ブーたれた自分が恥ずかしい。
これで心おきなくブレイクオープンできるようになった・・・かも知れない。
だって、わざわざ壊れるまでやるバカもおらんだろうて(笑)
e0162444_20354465.jpg
しかし、これほどフィールド・ストリップが簡単な銃も珍しい。
メカニズム的にはエンフィールドやパイソンと同じだ。
e0162444_20384041.jpg
東京砲兵工廠製を示すマークが打刻されている。
これは砲弾を4個積み重ねたものを図案化したものだとの事。

東京砲兵工廠の跡地が今の後楽園遊園地/東京ドームである。
隣接する小石川後楽園は江戸時代初期に水戸徳川家の上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園で明治時代には砲兵工廠の敷地内にあった。

この庭園内の砲兵工廠の記念碑で二十六年式拳銃や三八式歩兵銃の写真を撮りたいと思っているのだが・・・通報されるだろうな(笑)
e0162444_20384526.jpg
実物はわからないがモデルガンではハンマーを押すと雷管を叩いてしまう。
ハンマーブロックが無いからだが・・・落としたらヤバイ!・・・が、そのためにランヤードが付いている訳か!

なるほど(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-16 21:30 | ハ―トフォ―ド | Comments(2)

PERFORMANCE CENTER M629 .44MAGNUM by TANAKA

e0162444_21540546.jpg
今日はタナカのモデルガン仕様のM629 3インチでも見てみよう。

僕的にはタナカのクオリティは現在最高と思っている。
カチッとしているフォルムには全く関心するのだが、今回のパフォーマンス センターの面取りされたバレルは特に素敵だ。
e0162444_21540561.jpg
しかしながらシリンダーをスイングアウトした時に現れるプッシュ・ピンには投げつけたくなるほどの幻滅だ!
メッキ仕様だけにここは修正できない。
全く画竜点睛を欠くとはこのことである。
e0162444_21540462.jpg
パフォーマンス センターのバレルは美しい!
3インチバレルがこれまたピッタリだ。
ホーグのグリップは最初本物かと思ったがどうやらパチモンらしいが・・・実にイイ感じだ。

これが金属製だったら・・・心地よいハンドリングに痺れちゃいそうだ!いっぱつCMCでやってみるかな(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-15 22:15 | タ ナ カ | Comments(2)

接写してみる

e0162444_22221571.jpg
以前に購入した”接写レンズ”を使ってみた。
特に意図はなし。
e0162444_22221666.jpg
たいしたレンズじゃないのだが、このくらいまでよって撮れる。
なんか面白い・・・
e0162444_22221604.jpg
こう見るとモデルガンの表面は綺麗じゃない・・・まぁ、お疲れのコンバットマグナムだからかも。
e0162444_22221633.jpg
1977年12月・・・僕が大学浪人している頃の製品だ。
ウィキペディアによるとMGCがコンバットマグナムを出したのは1968年とか。
この9年の間に何丁くらい製造したのだろうか?
モデルガンが最も売れた時代だったんじゃないのかな。

まぁ、そんな時代はもう来ません(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-14 22:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)

ブラックホール その2

e0162444_18324287.jpg
今年のブラックホールは本日にて終了!
お疲れ様した!

写真は会場で頑張って演奏していた "FULLMOON" というオネーさんバンドだ。
狭い会場ではヤカマシイ感じもするが・・・決して乗りの良くないミリヲタ相手に汗をかいている彼女らに心打たれ、最後は応援したくなっている自分がいる。

Arigatou! Otukaresama!
e0162444_18324637.jpg
どーでもいいことだが会場で知人からFiocchi(フィオッキ)製の12番トラップ用のダミー装弾を頂いた。
トラップ用実包は装弾ロッカーに何発もあるが、ダミーカートは持っていないので非常に嬉しい!
有難うございました!

・・・と、ヒマながら楽しい一日を終えたのであった(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-13 19:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(5)

ブラックホール その1

e0162444_22435820.jpg
ブラックホール1日目が終了!
取りあえず楽しい方々との交流で一日がアレよアレよと過ぎていきました。

先日手慰みで造ったコマンダーも、その後HF社製のスライドでも製作してみました。
なんとスライド重量はCAWの120gに対し、HFのものは240gと倍の重さです。
さすがメガウエイト!

これを付けるとフレームが軽くスライドが重いという”ライトウエイト・コマンダー”が味わえるのだ・・・って、どうでもいい事だけどね。
ということでHFのスライドを付けた時はライトウエイト・コマンダーで、CAWのスライドを付けた時はコンバット・コマンダー・・・と呼称しようっと!(笑)
e0162444_22440173.jpg
僕のブース。
売っているのはダミカだけというやる気のなさ。
e0162444_22440191.jpg
一緒に出てくれた友人のブース。
中国仕様のハイパワーがいいエイジングをしていて人気があった・・・が、売れなかった?(笑)
e0162444_22440772.jpg
ミロク製のリバティ・チーフの実物グリップ。
なんちゅうレア物なんでしょうか!
ブサ可愛い・・・かも知れないね(笑)
e0162444_22440730.jpg
なんとなくS&Wっぽいメダリオンの裏側。
e0162444_22440802.jpg
おぉ、これはU.S.AIRFORCEのコルト・エアクルーマンのグリップじゃないスカ!
メダリオンが何ともイイ感じですね。
e0162444_22435115.jpg
FN M1922のレジン製レプリカ。
オーナー曰く、床井さんが型取りしてムーさんがレジンで抜いたものだとか・・・う~ん、これまた国宝級のお宝だなぁ!
e0162444_22435056.jpg
個人的には大好きなテッポーなんだけどね。
昔、友人がUSマートで買おうとして購入メールしたのに返信が無かったそうで・・・
実はその時点でアノ事件に巻き込まれていたようだった。
残念・・・というか良かったというか(笑)
e0162444_22440254.jpg
T氏が持ってきたスタート・ピストル。
エバニュー製とか・・・
意味のないシリンダーの装飾がなんかいたいけでイイ!
e0162444_22440109.jpg
床井先生とT氏。
何やらマニアックな話をしていましたっけ・・・

先生、お写真を撮らして頂き有難うございました!

と色々と楽しくもお疲れの一日でした(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-12 23:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(0)

ワッドカッター

e0162444_22552004.jpg



明日のブラックホールに持っていきます。

38SP ワッドカッターのダミーカート




# by 1944-6-6 | 2017-08-11 23:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(0)

シューターズ デザイン製 S&W M19 2.5in by TANAKA

e0162444_18502239.jpg
最近は全く見なくなったリボルバーのアルミフレーム。
随分前に購入したがそのまんまになっていた。

これはSD(シューターズ デザイン)製のタナカM19用のものだ。
切削加工などで製作されているので非常にカチッとしている。
それと同社のものはフレームに直接ハンマー/トリガー/シリンダーストップのピンが圧入されている・・・つまりシャーシーフレームがないのだ。
これはマニアにとって泣くほど嬉しい事なのである。
e0162444_18502229.jpg
まるで実物を見ているようだ!
アクションも非常にスムースなのは言うまでもない。
e0162444_18502319.jpg
S&Wのモノグラムもバッチリだ。
サムピースはタナカの亜鉛製だ。
e0162444_18502302.jpg
サイドプレートもアルミ製だがピチッとハマってしまうので、外すには実物どおりグリップあたりをプラハンマー等で叩いて少しづつ浮かしていくしかない。
マニアックな喜びが沸き起こる手間だ(笑)
e0162444_18503075.jpg
残念ながら完全に組み立てることは違法になる。
たとえエアガンと言えども合法にはなりえないのだ。
したがって色を塗るか部品で保管するか・・・
e0162444_18503051.jpg
良く出来ているのだがモデルガン的に見るとサイドプレートにハンマーブロックの溝が加工されていない。
e0162444_18503119.jpg
アウターバレルの銃口は開口されているが、これに合わせてインナーバレルも閉塞させておかなければ組立はダメだ。

しかし・・・この精度でモデルガンがあれば、銃腔が詰まっていようが色が白でも黄色でもイイからホスイ!
いつかそんなリボルバーのモデルガンが出てくることを祈るばかりである・・・って、もっと世のためになることを祈れよ(笑)


出品しました。




# by 1944-6-6 | 2017-08-10 20:00 | エ ア ガ ン | Comments(0)

Colt Python .357 Magnum original box

e0162444_23044104.jpg
今回はコルト パイソン .357マグナムのオリジナルボックスである。
ただし・・・6インチ銃身用なのだ。
e0162444_23044118.jpg
因みに6インチのパイソンのモデルガンがケイズには無かったので、取りあえず4インチで誤魔化しておこう(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-09 23:00 | 銃 関 係 | Comments(10)

また意味のないことをやってみた・・・CAW M1911A1

e0162444_19211941.jpg
CAWのM1911A1はサイズ的には非常に良く出来たモデルガンであるのだが・・・
e0162444_19212427.jpg
しかし、どういうわけかスライド先端のバレルブッシング固定用にリセスから先がぶっ飛ぶのだ。
僕のところにはこうなってしまった哀れなスライドが2本もあり、そのうち何かに使えるかと取って置いた。
先日それを手に取ってみていたら、これまたクダラナイ事を考えてしまった。

「これでコマンダーを造ったら面白いきゃも!」
e0162444_19211154.jpg
ちゅーことで早速やってみる。

まず、スライド先端を20㎜ほどカット。
そして切り取ったものからダストカバー部分を10㎜程切り取りスライド本体に接着する。
e0162444_19211051.jpg
こんな感じで接着するのだ。
ブローバックをさせるつもりはないので強度的な不安はない。
e0162444_19211983.jpg
完全に接着出来たら面一に整形していく。
スライド先端もリューター等で整形し、内側にバレルブッシングのリセスをリューターで再生している。
e0162444_19211225.jpg
バレルはCAWのものは使えない。
鉄の塊が入っているからだ。
他に良いものが無かったのでHFのものをカットしたものを付けている。
e0162444_19211981.jpg
ハンマーは以前にケイズでも販売したロストワックス製を利用している。
これは無調整で取付けが可能だった。
e0162444_19211134.jpg
スライドの刻印は瞬間で埋めたのだがフレームの方は・・・なんだか飽きてきたのでやっていない(笑)
フロントサイトは切り取ったスライドの残骸から削り出した。
e0162444_19212043.jpg
分解用の切り欠きやスライドストップ・ノッチも位置が異なるので一旦埋めてから、若干後方に彫り直す。
フレーム後端やグリップセフティも形状変更している。
マガジンキャッチも縦スジだけだ。

スライドストップとサムセフティはどうにもならないので、エアガン用などで探してみようか。
スライド刻印もレーザーで彫ってくれるところがあるので頼んでもいいが・・・お金もかかる。
そこまでしてCAWのコマンダーを造っても自己満以下にしかならない。

・・・ということでこれにて終了だろうなぁ(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-08 21:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)

聖 グロリアーナ女子学園 "ダージリン"

e0162444_20224926.jpg
こういうものが好きなマニアが先日のワンフェスで購入した陶器製のフィギュア(置物?)である。

申し訳ないが僕には全く興味も何も無い。

手にした時に思わず”レマゲン鉄橋”の時のロバート・ヴォーン(クリューガー少尉)のように床に落としてやろうかと思ったくらいだ(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-08-07 21:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)