人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

"Ageing"というよりか"Used feeling"

e0162444_22504406.jpg


使 用 感 !


# by 1944-6-6 | 2018-01-20 23:00 | タ ナ カ | Comments(6)

S&W Model 1917 Cal.45/.455 by TANAKA

e0162444_15505063.jpg
しつこいくらいのイクイナなのだが、不思議なことに僕的には飽きないのである。
それどころか写真を撮っていて「S&Wはいいなぁ…」などと思うくらいだ(笑)
ただし今回は銃自体というよりタナカのメーカーとしてのレポだ。

ご存じとおりタナカではこのM1917を2種類の口径で出している。
.45と.455で米軍の45APC用と.英軍の.455MkⅡ用だ。
e0162444_15540018.jpg
左が英軍の455 MkⅡで、右が米軍の45ACP。
45ACPはM1911 自動拳銃用のリムレス薬莢のためハーフムーン・クリップを使用してヘッドスペースを確保している。
その為にシリンダーとフレームとの間がクリップ1枚分広くなっている。
e0162444_15504351.jpg
実際はシリンダーを短くすることで対応しているのだ。
したがってタナカでは455のシリンダー後端を1.2㎜程切削加工して45APC用のシリンダーにしている。
e0162444_15504379.jpg
その証拠がこの押出ピンの有無だ。
元々の455にはピン跡が痛々しいが、45用には全く見られない。
米軍ファンやお巡りさんマニアには嬉しい事なのである・・・特にスティールジュピターなんかではその違いは天と地ほどの差がある!
e0162444_15504290.jpg
シリンダー短縮に伴いエジェクターの厚みも後加工で薄くしているのだ。
よく見るとラチェット部分に切削の加工跡が見える。
別々の金型を起こすよりこの方が安上がりなのだろうが・・・マニア的にはこの加工の方が嬉しい(笑)
e0162444_15505187.jpg
シリンダーの長さが変わりヘッドスペースが変更されているのでフレーム・ラグも後加工で形状を修正されている。
勿論、M29とも異なっている。
M19もM10も同じラグを使っているところもあるのに・・・タナカさん、あんたは偉い!

とまぁ、ドーデモイイコトをもっともらしく記したが、個人的にこういったメーカーの努力を流布したいのだ (刻印がM29なのは…Www)




# by 1944-6-6 | 2018-01-19 18:00 | タ ナ カ | Comments(11)

ノスタルジックなジジイ

たまに閲覧させていただいているブログに鉄道模型のストラクチャーをアップされている方がおられる。
建築模型などを作られているようでイイ感じだ。

先日も拝見していたらなんかグッと来た。
「日田彦山線 大行司駅」
昨年の大豪雨で崩壊してしまった駅だ。
e0162444_15493982.jpg
勝手に写真を拝借してしまい誠に申し訳ないのだが・・・これは素晴らしい!
地元の方々にとっては思い出深い忘れえない駅舎だろうと思うのだ。
こんな形でそれを残す方がいるなんて・・・

僕の地元の「東急線 西小山駅」が地下になって久しいが、最近になって小供の頃の古~い駅舎が懐かしく記憶もうろ覚えだが模型化して見ようと思ったことが何度もある。
硬券だった頃の切符売り場とか売店・・・
新入の頃の小学校の校舎なんかも隅々まで覚えている。
怖かった理科室や更に怖かった汲取り式のポットン便所・・・
ジジイになると無くなってしまった風景が欲しくて仕方ないのだ。

くぅ~、モデルガンなんか弄っている自分に忸怩たるものを感じてしまう!
単純なケイズ君はこれからは世のため人の為に生きていこうと思うのであった・・・って、何するんでしょうね?



# by 1944-6-6 | 2018-01-18 16:30 | 模  型 | Comments(2)

雨の午後はヤバイゼ

e0162444_22572506.jpg
今日は久しぶりの雨降りだった。

上の写真はハセガワの1/24スケール JEEP のシャシィーで、もうだいぶ前に仕事で作ったものだが非常にお気に入りなのだったが・・・
e0162444_22572528.jpg
昨年になるがケイズに飾っておこうと慎重に運んでいた。
その日も雨降りだった。

ジジイになるとつまずくことが多くなる。
まして雨の日の午後だ!
ご想像のとおり何もない道でつまずいた上に滑ってしまい、僕の大好きなJEEPがすっ飛んでいったしまった。

地雷で吹き飛ばされた車両ような状態を見て涙目になったが・・・誰のせいにもできないのだorz

今年になって心の傷も癒えかけてきたところでレストアを始めて、なんとか形になってきた・・・が、やはり幾つかのパーツは再生不能だ!

なんか今日の雨の中を歩いていて、辛いそれを思い出してしまったという次第である。



# by 1944-6-6 | 2018-01-17 23:00 | 模  型 | Comments(2)

日本警察御用達けん銃

e0162444_15400364.jpg
こう見ると結構あるもんだ・・・と、何気に顔をほころばせながらつぶやく(笑)

取りあえずS&W M360J SAKURAとかSig P230Jとか無いものも幾つかあるが・・・気にならないものばかりだ。
なんてたって紺やカーキの制服に似合うテッポーが好きなんだよね。

たぶん我愚ブログを見てくださるオヤジーはそんな方が多いはずだ。
できれば旭日章の付いた手錠が欲しいなぁ・・・って、かけられるのはご勘弁だが(笑)



# by 1944-6-6 | 2018-01-16 18:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

”再起動”

e0162444_17494302.jpg


K.T.B.P(Kize Tomenosuke Blaster Project)再起動‼

とうとう動き出してしまったか!



# by 1944-6-6 | 2018-01-15 18:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(0)

”ブラックホール” 無事終了‼

e0162444_18134452.jpg
2018新春 ブラックホール が無事終了‼
いろいろな方とジックリお話しできて嬉しく思っております。
お立ち寄り戴いたマニアの方々にはお礼申し上げます。
幾つか修理やレストアの御依頼も頂き合わせて嬉しい次第です。

懐かしいアイテムを会場で見かけたご紹介!
e0162444_18134339.jpg
ベレッタM1951のアルミ製文鎮!
なんかイイ感じでチト欲しくなりましたわ。
e0162444_18134355.jpg
P38もありました。
僕らの先輩マニアはこれを見てハァハァしていたのねwww
e0162444_18134434.jpg
ベレッタは92Fからでっち上げられないのか・・・無理かなぁ。
e0162444_18131654.jpg
これはMGCのGM1の最初期の箱ということだ。
初めて見た!
e0162444_18131792.jpg
どこにも”COLT"の文字は見当たらないので輸出用なのかもしれませんねぇ。
しかし素晴らしいデザインセンスに感激!
ランパントがカッコイイ!
e0162444_18131777.jpg
かなり厚みがある箱です。
e0162444_18131707.jpg
CLIP MAGAZINEがいい響き。
張り箱でしっかりした造りの箱です。
やはりグリップが短くて持って行った無可動のガバ(売れ残りましたが)は入りませんでした。

「やはりなぁ!」と妙に納得の僕でした(笑)



# by 1944-6-6 | 2018-01-14 19:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(5)

欲しいもの "No.1"

e0162444_22394762.jpg

ずいぶん前の新聞記事だけど・・・
これは欲しいでしょ!

COLT製 トンプソンM1921



# by 1944-6-6 | 2018-01-13 22:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

マイ コレクション 0001

e0162444_18481314.jpg
大昔、どこかのミリタリーイベントで入手したモノだ。
記憶では六戸部御大将のブースで直接氏から購入したような記憶があるのだが・・・
もしかしたら希望的記憶の改ざんかもしれない(笑)

リアルマッコイのM1911用のロックライト製だ。
e0162444_18481208.jpg
金型から出したまんまのもののようでその後の加工は一切されていないようである。
こういった一般的に販売されていないようなアイテムが結構好きなのだ。
e0162444_18481360.jpg
ロックライト製なので叩くと乾いた甲高い音が響く。
金属的・・・というより備長炭を叩いたような音に近い。
しかしプラスティックとは思えない音だ。
残念なのは・・・非常に軽い事なのだ(笑)

明日はブラックホールにブースを出していますんで宜しく!
e0162444_23594332.jpg
e0162444_23594358.jpg
この無可動銃を持っていきます。
委託品で250Kです。



# by 1944-6-6 | 2018-01-12 20:00 | 絶 版  ロ ッ ケ ン | Comments(2)

MGC SW/44オート レストア完了

e0162444_17030765.jpg
ご依頼の44オートのレストアが完了しました。
今回のものは”エジプト製”の真鍮パーツが付いているので豪華な感じです。
e0162444_17030312.jpg
アクセントでスライドストップとセイフティを磨いたままにしました。
色味の付いてイイ感じです。
クリアーを塗付しているので簡単には退色しないと思います。
e0162444_17030452.jpg
MGC製ではないようですが木グリが実にイイ感じです。
エジプト製のブラス・トリガーはシャープな感じに仕上げました。
e0162444_17030045.jpg
エキストラクターの形状から後期型だとわかると思いますが、スライド上部のスチールボールはパテ等で目立たないようにしています。
e0162444_17025900.jpg
取付に手間どったエジプト製の真鍮トップリングは、ややボッテリした厚みを薄くしてシャープな顔つきを演出しました。
バレルはエアガンのアウターを被せて”見てくれ”を良くしています。
勿論、元々の銃身内部やインサートには一切加工をしていないので安心です。

でも見た感じは別次元になっています。
e0162444_17030702.jpg
なんとも凛々しい姿です。
表面保護のために時たまシリコンオイルを全面に塗布しておけばOKです。



# by 1944-6-6 | 2018-01-11 17:30 |      M G C  44オート | Comments(4)

HWSヴィクトリーのコッキングポジションを弄る

e0162444_21101691.jpg
タナカのS&W M1917のコッキングポジションを弄ってみたのだが、今回はHWSのヴィクトリーを弄ってみた。
e0162444_21101616.jpg
基本的な方法はM1917と同じでハンマーピンの位置の変更と調整だ。
まぁ、基本は同じだがタナカに比べると手間取った。
e0162444_21492403.jpg
以前、アルミでハンマーを造ってみたが(いわゆる”うさぎ”)今回はHWSのものを使っている。
ハンマー自体の形状は実物とは若干異なるがコッキングしたところはカッコイイ。
e0162444_21492487.jpg
コッキング位置が低いのでシングルアクションの際に起こしやすくなった。
e0162444_21492499.jpg
上部を若干薄く削って形状を変えている。
また、HWSのハンマースパーのチェッカリングはそれっぽいが本当のチェッカリングではなく、凹凸が逆になっているのでそれも修正した。

しかし・・・僕も好きだねぇ(笑)



# by 1944-6-6 | 2018-01-10 22:30 | シリーズ 「拘ってみる」 | Comments(2)

新年早々にウンが付く・・・

昨日の雨も上がり気持ちよく晴れている。
どことなく春に向かっているなぁ・・・なんてピンフなことを思いながらケイズに向かっていた。

交差点に差し掛かったところで歩行者用信号が点滅、小走りで渡りきる直前に左腕に何かが当る。
e0162444_16133683.jpg

最近お気に入りの S&W で記事とは全く関係ない。


ふと見ると・・・凄い量の鳥のウン〇だ!たぶんカラスであろう。
しかも小走りで移動する標的への爆撃を成功するとは、ウ~ン敵もかなりの手練れだ。

・・・ちょっと狼狽しながら対処に悩む。
今日に限ってティッシュも何も持っていない・・・このままでいたらすれ違う小学生に気づかれてしまう・・・
「昨日さぁ、ウン〇付ジジイが歩いていたわけよ!」「見た!見た!」・・・なんて明日のクラスでのネタの中心になってしまったら家名の恥だ。

しかし、どういうわけか不思議と頭に来なかった。
普段だったら ”鳥絶滅運動” を唱え猟銃に九粒弾(通称ダブル オー バックね)を装填しているところだが・・・今日は「まぁいいか(笑)」って感じで穏やかだ。
ついに俺も萎えたか・・・



まぁ、そんなこんなで新年早々大量のウンが付いたというメデタイ”落ち”でございます。
(・・・でも、書いてたら無性にムカついてきたわぁ~)



# by 1944-6-6 | 2018-01-09 16:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

電飾化成功!

e0162444_16314487.jpg
先日、苦手な電飾作業をレポしたが、その際に古くからの友人の”犬札”氏からタレコミがあった「HIROMI(ヒロミ) ミライト 316G 緑 」なるLEDを入手してみた。
取りあえず最も小さいサイズを購入。
e0162444_16314591.jpg
手元にあったパーツ(リテイラーなどのアルミ製では無く鉄製のモノ)にミライトが入るように加工する。
本来このLEDは夜釣りなどで浮が見えるように取り付けるものらしく発光部分を押し込むと点灯し引っ張って戻すと消える。
チト面倒だが・・・ブラスターにつけて遊んだらピンセットやニッパーで引っ張りだせばいい。
バッテリーと一体で30時間くらい光っているようでその後は使い捨てのようだ。
配線は一切なし!
ただし発光部を不用意に引っ張ると抜けてしまうが、本来の位置に戻せば問題はない。
e0162444_16314599.jpg
長さは発光時で約26㎜、太さはバッテリー部分が3㎜だ。
グリーンのプラ部分がやや長かったので若干カットしている。
e0162444_16314444.jpg
やはり光っているとカッコイイ!
e0162444_16314382.jpg
取りあえず今回は試作的にやってみたがなかなかイイ感じだ。
一本¥300前後の価格で約30時間点灯するのであれば、こまめにON/OFFすればかなり遊べそうだ。


PS : 留ブラをお持ちの方で「これでいいから点灯してみてぇー!」って方は取りあえずメールください。
加工委託をお受けします。
mail : kz_gunshop@yahoo.co.jp

たぶんご満足いただけると・・・思います。



# by 1944-6-6 | 2018-01-08 17:00 | 留之助ブラスター | Comments(2)

ラジ館の”あみあみ”に行ったら・・・

e0162444_23211772.jpg
よせばいいのにアキバのラジ館に行ってしまった。
そのうえ、よせばいいのにあみあみに寄ってしまう。

「あっ!フジミのUH1号が31%offじゃん!」

正月早々、作りもしないプラモを懲りもせず買ってしまった。
まぁ、僕らにとってウルトラ物は別腹か・・・ちゅーことで(反省)



# by 1944-6-6 | 2018-01-07 23:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

モデルガンで一番リアルなチャンバー・・・でした

e0162444_23584265.jpg
WAのPPK/S・・・このモデルガンが40年近くたっている。
でもこのモデルガンを手にした時のチャンバーのリアルさには驚いた。
実物のようにポリッシュした鉄だったのだ。
おまけにこれまたリアルな形状の刻印が打刻されていた。

今から見ればいろいろと愚痴が出るところもあるのだが・・・僕個人的には非常にインパクトを感じたモデルガンだった。

1980年代はいろんな意味で面白い時代だったなぁ(笑)



# by 1944-6-6 | 2018-01-06 23:50 | 絶 版  W A | Comments(10)