人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

ブラスな Cz75 by KSC Part 2

e0162444_20552926.jpg
以前にレポしたブラスのKSC Cz75だ。
今回はそのCzにそれらしくモデルガンのマガジンを装着できるようにしてくれとの御依頼だ。
勿論、装填などは一切できない”ナンチャッテ”ってことである。
e0162444_20552840.jpg
若干短いのだがマルシンのハイパワーのものを使用した。
マガジンベースは同じくマルシンのCz75のものを使っている。
マガジン・キャッチのスリットは若干上に切りなおしているので、ダミーカート入りのマガジンでマグ・チェンジごっこを楽しめるようになった。
本当に単なる ”ごっこ” なんだが・・・(笑)
e0162444_20552982.jpg
合わせてグリップを木製に変更した。
実物用のようだがほぼポン付で取り付けられたが、若干上部に隙間が出来ているのはご愛敬ということでお許しを・・・

因みにガスガンとしてのパーツは外しているのでBLKもしないが、削りだしの真鍮製でそこそこの重量があるのでハンドリングは抜群だ。



# by 1944-6-6 | 2017-06-09 22:00 | K S C | Comments(4)

S&W Performance center M36 by TANAKA

e0162444_18400625.jpg
パフォーマンスというと反射的に 東京パフォーマンスドール っていうのを思い出してしまう。
ずいぶんと若い頃に耳にしたオネーチャンのアイドルグループだ。
かといって何をしていたグループなのか知らないのだが・・・

因みにS&WのPerformance Centerを知ったのはずいぶん後だ。
e0162444_17532909.jpg
トイガン的にはバレル、トリガー、ハンマー、サムピースが通常のチーフとは異なるようだが、実物の場合は内部のチューンアップがされているのだろう。
しかし、S&W Performance Centerのモノグラムは威風堂々としてカッコイイねぇ!
e0162444_18365405.jpg
サイドの面取りされたバレルがこれまたカッコいいのだ!
e0162444_17532885.jpg
ただし、モデルガン的にはアクセントになるが、実物はこの時期のチーフにバレルピンは無いだろうと思うが・・・
e0162444_17532967.jpg
ショルダーホルスターは旧コクサイ製だ。
No 528 B380と打刻されている。
勝手にS&W Jフレーム用と思っているがもしかしたらオート用かも知れない・・・が、出来はなかなかイイ。
造りもしっかりしているし革も厚く、その実物っぽさに非常に感心した記憶がある。



# by 1944-6-6 | 2017-06-08 22:00 | タ ナ カ | Comments(2)

旭工房カスタム "ポーピール・ポケット・ピストル"

e0162444_15054041.jpg
友人が旭工房カスタムのポーピール・ポケット・ピストルっていうの持ってきたので早速のレポだ。
実物もカスタム品でGun誌時代に取り上げられたもの・・・らしい。

ベースはコクサイのM10の3インチだがシリンダーは38SPより長い357Mag仕様だ。
e0162444_15054125.jpg
デホーンド・ハンマーには上部にグルーブが切られてシングルでの使用も可能だ。
実物はS&Wのグリップをカットしたものが使用されているようだが、旭工房では新たに作り直している。
ベースのグリップがプラ製のためと思われるが・・・
グリップスクリューの位置が実際とは大きく異なっている。
e0162444_15054157.jpg
357Magの空薬莢がしっかり装填できる。
しかし、グリップの出来はややチープに感じる。
リアサイト後端が斜めにカットされているのが新鮮な感じだ。
e0162444_15054251.jpg
旭工房のオリジナル加工がソフティケイテッドと称したシリンダーのべベル・カットだ。
実物はセミワイドのコンバット・トリガーだが旭カスタムはスタンダードなものが付けられていた。
幸いコクサイのM29用がセミワイドなのでケイズにあったものをトレードして取り付けている。
e0162444_15054601.jpg
銃口クラウン部はリセス・タイプで迫力がある。
エジェクター・ロッドはスパッと切り落としただけだが、長さが確保されているので357Magカートのエジェクトは確実だ。
e0162444_15054773.jpg
縦横のサイズ的にM36チーフスペシャルとほぼ同じくらいだ。
たぶんチーフの寸法を目安にカスタムしたと思われる。
e0162444_15055299.jpg
ぶ厚くて強力なコクサイ製のハンマースプリングだが、それをグリップ・カットした為に短くなったぶんさらにテンションが強くなっている。
このままでは破損も考えられるのでもう少ししなやかなものと交換した。
これで作動がかなり心地よくなった。
e0162444_15341204.jpg
バレル・カットをした為ロッキング・ボルトが無い。
これはエジェクター・ロッドを長く残したいという理由もあるらしいが。

その為、ヨークにボール・ディテントを新設してシリンダーのブレを防いでいる。
これでかなりしっかりと固定されるが、スイング アウト/インにはほとんど支障はない。
e0162444_15055303.jpg
短くしたグリップ下部はこんな感じで加工されている。
バックストラップ側からピン(ネジ?)が入っている。
このような構造でハンマーSPが強すぎると危険だ。
e0162444_15055363.jpg
マグナ・ポートは6か所。
トリプル・キャップで発火させるとドバっと火が出てカッコ良さそうだ!
e0162444_15054767.jpg
Bucheimer Clark社のUpside down holster #188。
-52はM19の2.5インチ用だがこのテッポーもしっかりと保持できる。

ただ・・・グリップが短すぎて若干抜きにくいなってしまっているのだが(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-06-07 21:00 | 絶 版  国 際 | Comments(6)

Invasion!!

e0162444_22382543.jpg



Next stop・・・Normandy!!



# by 1944-6-6 | 2017-06-06 23:00 | 無 可 動 銃 | Comments(2)

なんか変な感じ・・・

e0162444_23433327.jpg
一週間前には正にこの場所から外を見ていたのに・・・今は下から見ている。
どこか不思議な感覚だ。

9階からの眺めは新鮮で、夕方になると羽田空港に着陸する旅客機のライトが連なっているのが見えた。

今はもう見ることが出来ない・・・なんか少し寂しい感じで見上げてしまった。



# by 1944-6-6 | 2017-06-05 23:45 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

魅惑の ”バス グッズ”

e0162444_20234961.jpg
僕自身は特にバス好きというのではないが、生まれも育ちも東急電車/バス沿線の僕にはこの手のグッズに弱い!
発売と同時に我慢が出来ず購入してしまったアイテムだ。

ボイスレコーダーになっていて降車ボタンを押すと録音できる・・・らしいがやったことはない。
出来れば「ピン ポーン」ってなってくれれば最高なのだが・・・ならないのである。
口で言うしかない!。
これは実際のバスで悪戯されるのを防ぐためなのだろうと推察した。


世の中に『鉄』を代表する乗物マニアは多いが、ケイズの仲間にも大型二種免許を持っている人は2人もいる。
ちゃんとお客さんを乗せることもできるらしいが・・・両人とも仕事はバスとは全く関係のない職場だ。
免許取るんだってお金かかるだろうに・・・

う~ん、なして?
僕には全く理解が出来ない世界だ・・・けど、ちょっと憧れる。

しかし、”バス”だの”鉄道”だのというマニアにはテッポーなんかとは比べ物にならないくらいに変わり者が多いようである(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-06-04 21:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

殺人的な "わらじメンチ"

e0162444_10575397.jpg
入院中にお世話になった友人と会って食事をしようということで、彼の知っているレトロムード満点の洋食屋に連れて行ってもらった。
大井町では知る人ぞ知る有名なお店らしい。

表通りから裏道に入ると・・・思いっきり自己主張している看板が目に飛び込む!
「いったい何がこうさせたのか・・・?」
期待と不安が渦巻いてきた。
e0162444_10575484.jpg
今までにTVの取材なんかもあったらしい。
まぁ、レトロというかなんちゅうか・・・
はっきり言って普段だったら絶対に素通りするだろう(笑)
e0162444_10582294.jpg
これが当店おすすめのメンチカツ定食だ。
はたして数日前までお粥を食べていた人間が食うものだろうか?

「ケイズ君、ここに死す・・・?」
e0162444_10582377.jpg
と、思いきや数分後には完食していた!
マイティな胃袋だった。
しかし、この定食一人前で僕の一日の理想摂取カロリーを大きく越しているだろう・・・

お味のほうは案外あっさりとしていて僕好みでゴハンが進む。
バクバク喰ってしまった。
しかしメンチの下のキャベツの量も半端ない。
ご飯だけでも400gくらいはあったはずだ。

ここで箸袋をよく見ると”ブルドッ”とあるが、表の看板には確か”ブルドッ”とあったはずだ。
う~ん、このユルユルさが昭和の味なのである(笑)

(その後に調べてみたら”ブルドック ソース”も読みではドックだが、英語ロゴでは”Bull-dog”とドッグだった!知らんかった)
e0162444_10582248.jpg
友人が食ったおバカなハンバーグ定食。
3段重ねだ。
因みにその一つを僕にくれた。
有難う・・・というか、アンタは鬼だ(笑)

向かいのオッサンは僕と同じメンチカツ定食を食っていたが、ご飯の上にサービスで置いてあるゴマ塩ふりかけをガァーとかけているではないか。
しまった! ゴマ塩の存在に気付かなかったぜぇ・・・チィッ!(次回は是非)
しかし、なんとも男らしい食い方だ(笑)
e0162444_10575448.jpg
店を出て振り返ってみる。
こんな世界が東京の片隅にはまだまだあるのだ。
きっと何十年も変わらない風景なのだろう。

お酒の飲めない僕にとって夜は恐くて近づけない地帯だということをヒシヒシと感じる”大井町の裏道”なのであったが・・・近いうちにまたあのメンチは食べに来ようと能天気に思う僕であった(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-06-03 21:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)

有難うございました!

遅くなりましたが取りあえず退院いたしました。
退院に際し皆様よりのコメントは本当にありがたいものです。
重ね重ねお礼申し上げます。

さて、取りあえずと申したのは、今回の入院は中等症急性胆嚢炎の対応で胆嚢ドレナージという管を胆嚢まで差し込んで化膿した胆嚢内のもの(胆汁/膿)を排出し炎症を鎮めるものでした。
そもそも胆嚢炎の原因は肥え太った胆石にあり、それが胆汁の流れをせき止めたことにあります。
e0162444_15410763.jpg

したがって胆管に詰まった胆石を取り除かぬ限り、いつまた同様の炎症を起こしかねないのが現状です。

ということで今月の20日より再入院をして胆嚢の摘出手術を行うことになりました。
そんなことで現時点では一時退院といった感じです。
右わき腹にはドレンパイプがぶら下がったままなんです。

次回の手術では術後4~5日での退院とのことで短いようですが・・・それなりに痛いようなので恐いですね。
ちんちんに管入れられるようだし・・・

やはり今までの悪行が祟ったのでしょうか?
「悪の栄えた試しはない!」
たいした悪さもしてないんですけどね(笑)

取急ぎご報告までに・・・


k'z (ケイズ)




# by 1944-6-6 | 2017-06-02 16:00 | 入院日記 | Comments(20)

開店 おめでとうございます!

e0162444_22280012.jpg
e0162444_22280055.jpg
e0162444_22275986.jpg


開店 おめでとうございます!



# by 1944-6-6 | 2017-06-01 22:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

MkⅢ と MkⅤ

e0162444_19241104.jpg
Colt MkⅢシリーズ・・・というより『ローマン』と言った方がオッサン達にはわかりやすい。
僕も高校時代はMGCのローマンにずいぶんお世話になった。
おりしもTVの刑事モノなどにも多用されその人気は最高潮だった気がする。

しかし・・・当時からS&WのKフレ好きの僕にとってはどこか空虚な時代だったのも事実だ。
e0162444_19241268.jpg
確かにMGCのMkⅢシリーズはモデルガンとしては優れたものだったが、反面子供だましな面も多い。

まずサイドプレートの分割だ。
大人の理由はこの際いらない・・・とにかくカッコ悪いし本物と違う。
後年、プラスネジになった時には「死んだ・・・」と、思ったほどだ。
グリップエンドの形状も当初知らなかった小僧としては真実を知った時にゲロを吐きそうになった。
ここまでオモチャにするか・・・モデルガンって高級玩具のはずだろう!

といいつつも何挺も買ってしまったのだが・・・(笑)
e0162444_19241288.jpg
そのうちコクサイやハドソンがローマンをリリースする。
どこか『真似っこ』っぽくて購入したことがなかったが、作動的にイマイチとのうわさに「やっぱね・・・」と思った記憶がある。
パチモンは天罰が下るのである。
e0162444_19241310.jpg
今回、コクサイの金属MkⅢ ローマンをレストアしたが機能的にはなかなかイイ感じになった。
ちゃんと チチバン も出来るし実物薬莢も装填できる。
ただし、38SPの薬莢で357Magnumは入りきらないのはご愛敬なのか(笑)

実物の場合、MkⅢとMkⅤではかなり部品が共通らしい。
Gun誌のレポートではハンマー軸を変えてハンマーの起倒角を浅くしたとかだったような・・・
グリップは完全に異なる。
e0162444_19241915.jpg
KSCのMkⅤ キングコブラは精度や再現性を見る限り素晴らしいモデルガンだと信じている。
トリガーガードの形状や厚みも痺れるエロっぽいラインを持っている。
出来ればフィクスサイトのローマンも作ってほしかった。
個人的に何気ない普通のテッポーのほうが好きなのだ。
e0162444_19241966.jpg
MkⅢ/Ⅴの特徴的なカウンターボアー。

まぁ、これが好きか嫌いかは分かれるところだ・・・が、個人的にはS&Wには真似してもらいたくない仕様だ(笑)




# by 1944-6-6 | 2017-05-31 22:00 | K S C | Comments(0)

銃砲検査・・・

e0162444_19070541.jpg

僕の所轄では今月の21日が年に一度の銃砲検査だった。
所持許可を持つ僕もテッポーをかついで行かなければならなかったのだが・・・17日からいきなり入院してしまったので検査当日に行けなかったのだ。

取りあえず所轄にはその旨を連絡しておいたので問題はなかったが・・・院から出所したての明日行くこととなった。

う~ん、体力が不足している・・・
猟銃2挺で約8kg

しかし、取りあえず行くって連絡してしまったん行くしかない!
これがガバ2挺だったら楽なのだが・・・(笑)


そういえば御徒町のマルゴー跡地に『アンクル』が入るとタレコミがあったんだが・・・にわかに信じられない僕である。


(因みに写真のレミントンM870はタナカのガスガンで僕の猟銃ではありません)



# by 1944-6-6 | 2017-05-30 20:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(3)

まだ…居ます⁈

e0162444_12090598.jpg
夕方に退院になりそうで…まだ居ます。

エレベーターに乗ったらこの数字にニンマリ…
脳内の膿は出きっていないようですね!

ハハハッ‼️


# by 1944-6-6 | 2017-05-29 12:00 | 入院日記 | Comments(9)

仮住まい

e0162444_10450831.jpg
取り敢えず明日退院となりました。
浮世離れした此処ともおさらばです。
何処か嬉しいような寂しような…




# by 1944-6-6 | 2017-05-28 12:00 | 入院日記 | Comments(5)

久々に…

e0162444_20520520.jpg
友人の差し入れ。
懐かしいGun誌が非常に新鮮で楽しいですネェ!
CMCの投げ売りのような広告にはどこか悲哀を感じてしまいました。

盛者必衰の理をあらわす…そんな事を考えざるえません。




# by 1944-6-6 | 2017-05-27 12:00 | 入院日記 | Comments(1)

雨の午後はヤバイゼ

e0162444_06465286.jpg
昨日は久しぶりの雨が降っていた。
そんな日はやはり何処かおかしな輩が多く徘徊するようだ。
e0162444_06405400.jpg
事もあろうか神聖な我病室に銃器を持込むおバカなヤツもいた。
う〜ん、頭がおかしいとしか思えない。
まぁそれが50年らいの友人っていうのも哀しい…(笑)
e0162444_06411409.jpg
マルイのS&W M19とベレッタM9だ。

しかし我ながらイかれた友人が多いのには閉口する…まさか、類は友を呼ぶってこと?(笑)




# by 1944-6-6 | 2017-05-26 12:00 | 入院日記 | Comments(3)