人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

OLD COLT'S REVOLVERS by CAW

e0162444_16382249.jpg
未来のテッポーの後はずっと昔のリボルバーなどいかがだろうか。
コルトのM1849ポケットとM1851ネービーである。
e0162444_16382360.jpg
諸外国ではCap & Ballといった名称で呼ばれるパーカッションタイプのリボルバーだ。
思い起こせば中坊の時に見た「続・夕日のガンマン」のM1851ネービーが、それまでSAA一本やりだった僕に目を開かせた。
早速、MGCのネービーを手に入れるべく画策し始めたのだった(当時はすぐに買えるほど安い買い物ではなかったのだ)

しかし劇中のものはいわゆるコンバージョンのようでカート式・・・当時はこのギャップに悩まされたものだ。
e0162444_16382244.jpg
CAWの管打ち式回転拳銃はカチッとした出来で非常に大好きなのだ。
特に49ポケットはイイ!
e0162444_16382254.jpg
どちらも本物が日本でも買える・・・のだが僕には買えない。
我が家には ”諭吉” が居つかないのだ(笑)

このところハートフォードからコルトM1860アーミーのコンバージョンモデルを出した。
欲しいぃー!・・・が余裕はない!

先日買ったデリンジャーを売却して買っちゃうかなぁ・・・(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-11-27 20:00 | C A W (MULE) | Comments(2)

留之助ブラスター2049 in Progress(進行中)

e0162444_16033627.jpg
ハリー・キャラハン刑事がホットドッグを食いながらジャフィーに警察への電話を頼むシーン。
「in progress(進行中)・・・」を強調する。

正に留ブラ・プロジェクトもProgressだ。
取りあえず東京コミコン用の5挺は納品できたが・・・あと35挺あるのであった。
ちょっとここで作業の途中写真や加工跡の再現など御覧くだされ。
e0162444_16033026.jpg
HWのブルドックのフレームは留ブラの証拠たる(笑)の押出ピンを削る。
e0162444_16033174.jpg
バレルも機械加工切削痕を再現する。
特に銃口部はダレないように気を付ける。
このあたりが「鉄砲好き」の血が騒ぐところだ。
合わせてネジ穴をザグッておくと綺麗だ。
e0162444_16033988.jpg
加工待ちのフレームたち・・・
上記の加工以外にもいろいろ ”らしさ” を表現しているのだ。
e0162444_16033149.jpg
エジェクション・ポートから覗くボルトはギラっとさせたい。
上側4本が製品版で、下の6本が加工済のもの。
押出ピンも削っている。
e0162444_16033715.jpg
ボルトエンドはショットブラストを残しつつ研磨する。
e0162444_16032915.jpg
シリンダーは旋盤に取り付けられるように冶具を作った。
シリンダー外周部に切削痕を付けたい為だ。
これに伴いシリンダー前後にも加工を入れた。
e0162444_16033884.jpg
シリンダー前面に見える切削痕がイイんだよね!
辛子レンコンのようだ(笑)
e0162444_16033899.jpg
グリップフレームにもささやかな加工が多い。
e0162444_16033962.jpg
カブトムシの大群のようだがシリンダーカバーだ。
e0162444_16084318.jpg
この白コードを取り付けるために左側のカバーには2×3㎜のスリットを入れる。
このコードを入れるとすごくイイ感じ(プロップっぽさ)が出るので楽しい。
e0162444_16084337.jpg
このヒネッた感じが”らしく”ていいのだ!
e0162444_16084200.jpg
ケイズとしてはダミーカートもおろそかにできない!
プライマー部に墨入れをして単調さをなくす。
しかし、デッカードもレミントンを使っていたんだ(笑)

今回のブラスターはデッカードがしっかり手入れしながら30年以上も使っている ”ツール” ・・・みたいなドラマを個人的に妄想しながら仕上げてみた。
古くなっても直ぐに使えるように・・・ ”錆” なんか有ったらイカンのだ。






# by 1944-6-6 | 2017-11-26 17:00 | 留之助ブラスター | Comments(10)

It's the same 38 caliber ...

e0162444_18153517.jpg
The photo of Teppo is Smith & Wesson's Victory and Enfield No.2 Mk I you all know.
However, there are not many people who know that these two are actually the same ammunition.
It is not a so-called .38 SPECIAL.
These two are .38 S&W(.38/200) and in the British they are called. 380 Mk I.
Victory's 5 inch was provided for police officers in Japan after the war and its ammunition was used in the name of 38 regular.
By the way, ".38 special" which is often said is the special specification of this .38 S&W.

和訳:テッポーの写真はSmith&Wessonの勝利で、Enfield No.2 Mk皆さんは知っています。
しかし、これら二つが実際に同じ弾薬であることを知っている人はあまりいません。
これはいわゆる.38 SPECIALではありません。
これらの2つは.38 S&W(.38 / 200)であり、英国では呼ばれています。 380 Mk I.
勝利の5インチは日本の警察官のために戦争の後に提供され、その弾薬は38名のレギュラーで使用された。
ちなみに、この「38 S&W」のスペシャルスペックは、しばしば「。38 special」と言われています。


昨日のレポをGoogle翻訳で英文にしてそれを和訳してみた。
果たしてこの英語は通用するのだろうか?

まぁ、どうであれ厨二程度の英語力しかない僕にはかなり威力大のツールであることは間違いないが(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-11-25 20:00 | 銃 関 係 | Comments(4)

同じ38口径なのだが・・・

e0162444_18200093.jpg
写真のテッポーは皆さんよくご存じの スミス&ウエッソンのヴィウトリー と エンフィールド No.2 MkⅠ だ。
しかし、この2挺が実はおなじ弾薬だということをご存知の方はあまり多くない。
いわゆる.38 SPECIAL弾ではないということだ。

この2挺は .38 S&W(38/200)という弾で英軍では.380 MkⅠと称されるものである。
ヴィクトリーの5インチは戦後日本の警察官用に供与され口径は38レギュラーという名称で使用されていたのだ。

因みによく言う”38スペシャル弾”とはこの.38 S&W弾のスペシャル仕様ということなのである。



# by 1944-6-6 | 2017-11-24 20:00 | 銃 関 係 | Comments(2)

”ダブル オー セブン” のPPK

e0162444_21361137.jpg
ネットでいろいろ探し物をしていたら・・・今のジェームス・ボンドはこんなハイテク(?)なPPKを使っているのだ。
チップに登録された人物にしか使えないようになっているみたいだが、どんな仕組みなんだろう?
トリガーバーをロックするのかシアーをロックするのか・・・ワクワクする楽しそうな疑問がいっぱいだ。

そう言えばマルシンのPPKがいくつかあるから、なんちゃってダブルオー仕様でも造ってみるかね(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-11-23 22:00 | 映 画 ・ テ レ ビ | Comments(8)

30 Mauser ダミーカート

e0162444_19423596.jpg
写真右ブラスのダミーカートはオリジナルの30Mauserで、左のものはずいぶん前のイベントで購入したモノだ。
銀色ケースの弾頭はソフトポイントである。
e0162444_19423560.jpg
こう見たところほとんど同じように見えるが、左側は実弾仕様なのか・・・不明なのだ。
e0162444_19423607.jpg
ヘッドスタンプを見るとオリジナルはStarline製のものだが、左はLC 74とある。
これはアメリカ陸軍レイクシティ陸軍弾薬工場(LCAAP:Lake City Army Ammunition Plant)1974年製造のスタンプだ!

米陸軍で30Mauserのammoを造っているとは思えない。
・・・ということは、このケースは5.56×45㎜(.223Rem)のケースから誰かが造ったということなのか?

オー マイ ガッド!

5.56㎜のケースを切って、トリムして、マウスを薄くして、30Mauserにリサイジング・・・ケース製作だけでメチャクチャ手間が掛かっている。
弾頭は30 Carbineの110grあたりか?おまけにメッキまでかかっているのだ。

思うにこれは日本国内で行われたことではないだろう。
こんなことしても日本では需要が無いので全く儲からないからだ。

もしダミカのためだけにやっていたとしたら・・・これはもうダミカ界の神である(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-11-22 20:30 | ダ ミ ー カ ー ト | Comments(8)

COLT SAA

e0162444_21294003.jpg
たまにはピーメでも・・・
ということでランパントのピーメの写真を撮ってみた。
e0162444_21294186.jpg




# by 1944-6-6 | 2017-11-21 23:00 | ラ ン パ ン ト | Comments(4)

全然知らない飛行機のプラモを買う

e0162444_14041099.jpg
用事があってアキバのボークスへ行く。
必要なものを購入をすまして脇を見ると

「2日間のアウトレット」

とあった。
e0162444_19240713.jpg
特に何も考えず覗くと大きな箱に¥1,200のプライスが・・・
エゲレスの飛行機には全く思い入れが無かったがこの大きさでこの価格!

わけわからず買ってしまった・・・金欠のこの折に(笑)
e0162444_19240734.jpg
”キャンベラ”・・・オーストラリアの首都だなくらいしか知らなかったが、なかなか良さげなキットだ。
どうもエアのキットにはいい思い出がないが最近はどうなのだろうか?
e0162444_14041042.jpg
ムムッ! キャノピーが左にオフセットされているのかぁ!・・・知らんかった。
見ていくとだんだん楽しくなっていく。

こんな出会いがアウトレット商品の楽しみだ。
定価だったら絶対に見もしないキットの魅力が味わえるのだ。
これがファントムだったらア~だコ~だとクダラナイ蘊蓄が先に立ってしまうが、知らない機体だと純粋にプラモとして楽しめる。
e0162444_14040903.jpg
だって翼スパンはこんなにデカいんだぜ!
なんかすごくお買い得なものを手に入れた感じでちょっとした満足感だ。
e0162444_14040976.jpg
デカールも綺麗で貼ってみたくなる。
マーキングの印象が随分前に仕事で作ったモスキートにどことなく似ているなって・・・当たり前か(笑)
e0162444_14040984.jpg
ということで訳の分からないプラモを買ったのだが果たして組み立てるか・・・?

ここでいつもの”性(さが)”が出てしまう。
さて資料を・・・とか、レジンのコクピット無いかな・・・とか検索している自分がいるのだ。
こうなるとまず完成などはありえない。

たまには小学校の頃みたいにサクサク組み立てて翌日には完成だぁ!・・・って、いつまでもそんな純粋な天使のような模型作りが出来たら、こんな偏屈なジジイにはならず生きていたんだろうなぁ(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-11-20 20:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(8)

MGC Heavy Duty Magnum Cal.41 "ハイパト"

e0162444_14550502.jpg
MGCのハイパトはイイ!
無条件にイイ!
僕のS&Wの原点と言ってイイ!
e0162444_14550628.jpg
どことなくチェッカリングの眠い感じがMGCオリジナルの木グリなんだが・・・MGCハイパトにはピッタリ!
実物のS&W製なんかを付けたらかえって野暮・・・って、気すらするのは頭がおかしいのだろうか(笑)
e0162444_14562080.jpg
検証してみると後期タイプの製品らしい。
個人的にはEリング止めしたエジェクターロッドはいただけない!
僕が当時持っていたのはこのタイプではなかったので特にそう思ってしまう。
e0162444_14550631.jpg
飾り弾は当時MGCがガンベルトのカートリッジループ取付用に販売していたものだ。
初期ピーメのソリッド・タイプ・カートに鉛の弾頭を接着したものだが・・・よく取れてしまって困った思いがある。
ハイパトも発売当初はピーメと共用のこのカートだった。
そのうち可動式に変わってしまったが・・・それではピカ・カートが作れなかったのである(笑)
e0162444_14562885.jpg
この木グリにはMGCハイパト専用のグリップアダプターを付ける為に加工されている。
e0162444_14550559.jpg
ハイパトを見ると「太陽にほえろ」を思い出す。
Gパン刑事(何とも言えないネーミングだが・・・カッコいい!)が使っていたのはハイパト改造のミリポリだった。
22口径とかで細い銃身が印象的なプロップだったが・・・Kフレームのモデルガンが出る前の苦肉の策だったのだろう。

当時は完全にNGだったが・・・ジジイになった僕としては真面目に作ってみようかなと思っているのだ。



# by 1944-6-6 | 2017-11-19 18:30 | 絶 版  M G C | Comments(16)

M31 アルミリム by MULE

e0162444_21112195.jpg
長年の酷使でカートのリムがボロボロになってしまったMGCのショット・シェル。
MULEからアルミ削り出しのリムが出たので補充として購入しておいた。
しかし・・・これはプラになったM-31のキャップ専用タイプだったのである。

手持ちのMGC ウィンチェスターM-97には使えなかったんだぁ!
以前も同じことをしてしまっっている。
学習能力がゼロである!
e0162444_21112097.jpg
装填すると写真のように閉鎖不良でハンマーも落ちない。
また以前行ったようにキャップ火薬の保持部分を削り取らなければならない・・・

これが結構面倒な作業なのだ(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-11-18 22:00 | C A W (MULE) | Comments(2)

.44-40 Winchester

e0162444_15521764.jpg
先日、デリンジャーで遊んでいたら急にウエスタンな気分が高まり久しぶりに西部劇映画を観た。
したっけ妙にウィンチェスターがカッコよく見えてしまったのだ!(スクリーンではM1873だったのだが…)
まぁ、形式は違えどウィンチェスターってことでCMCのM92を抱えて戦いに参加した!
e0162444_15521352.jpg
そこで気になったのがカートだ。
CMCのものはイイ感じだがどうも.45LongColtっぽい。
.44-40(.44WCF)はかすかなボトルネックなのだ。

そこでいつものように手持ちの44-40のダミーカートから適当のものを見っけてきた。
マルゴーかマルベリィーのものと思うがボトルネックでイイ感じだ。
e0162444_15521237.jpg
しかしそのままではCMC M92の前撃針にあたって完全に挿入できない!
蛇の生殺し状態だ!

暫し考えた結果ホローポイント風にするべく結論が出た。
早速、弾頭の先端に3.5㎜の穴を開けた。
リム径もモデルガンに合わせて13㎜にする。

これで楽しく快調に装填/排莢が出来るようになった!
e0162444_15521396.jpg
上から
MGCの45コルトのダミーカート

CMC製 M92の発火式カート

今回作った44-40のダミーカート。

いわゆる”西部を征服した銃”が45口径(45ロングコルト)仕様のピースメーカーとウィンチェスターだと思っている人はいないだろうか?
実際は.44-40のピーメとウィンチェスターなのである。
当時、ウィンチェスター社では45口径のレバーアクションを作っていないのだ。
ピーメ=45口径は軍用からの刷り込みだ。

・・・実は何を隠そう僕もそう信じていたのだった(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-11-17 20:00 | ダ ミ ー カ ー ト | Comments(4)

ブレランの本

e0162444_22261154.jpg
留之助商店のブラスター開発についてのいろいろなネタが満載されているのがこの本なのである!
なんといっても留之助商店の代表である 中子真治氏 が監修しているのだから当然なのだが・・・

最近は街の本屋が減っている。
家の周辺でも閉店する本屋が多くちょっと本を探す場合は非常に困った状況だ。
特に僕らの探す本って一般的ではないものが多い。
結局、電車に乗って出かけなくてはならない。

今回のこのブレランの本も結局Amazonで注文する羽目になった。
しかも品切れで注文から1週間後の本日到着した。

・・・ということでこれでやっと読めるのだ。



# by 1944-6-6 | 2017-11-16 22:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

Remington U.M.C. Double Barrel Derringer (U.S. PRORERTY) Part 2

e0162444_14501231.jpg
やっぱ気になっちゃいますか!・・・って事で”ハンマー”弄ってしまった。
トリガーとかトリガーガードの形状と言えば弄らずにはおけないケイズ君だが・・・
ハンマーもその範疇にあるのだ!
e0162444_14493547.jpg
ということでサルっと弄ってみた。
Webで資料を探したのだがいろいろ形状のバリエがあるようだが、ホーン部のチェッカーの写真が驚くほど無い。
取りあえず見っけたU.M.C.の個体を参考にしてそれらしい形状にしてみた。
e0162444_14493621.jpg
昔っぽいチェッカーがイイ感じだ(歳取ると自画自賛が多くなるね・・・うぜぇ!ってか)
e0162444_14493662.jpg
分解ついでにフリクションの出そうなところを磨いておいた。
e0162444_14493799.jpg
ラチェットはワイヤーカットなのか非常にシャープでチト嬉しい!
こういったところに見たことのない本物のニオイを感じちゃうんのだ。
e0162444_14493691.jpg
ハンマースタラップ・ピンは左から右に抜かないと泣きを見る。
ピンに緩み止めのロレット加工がされているからだ。
トリガーピンにも同様の加工が見られる。
CAW(MULE)に多く見られる加工だ。

因みにハンマーとハンマー・スプリングをつなぐ部品をモデルガンではストラップ(Strap:紐の意)と呼ばれることが多いが、正確にはスタラップ(stirrup:鐙[あぶみ]の意)である。
日本語では発音が近いので混同されているのだと思う。
e0162444_14501156.jpg
ああああああぁぁぁーーー!カッコイイ!
e0162444_14501259.jpg
ハンマーのコバ部分にも機械加工っぽい感じを残す。
これが判んねぇヤツには傷とか未仕上げと感じるようだが・・・変態にはたまらんのだwww
e0162444_14501118.jpg
ちょっとハンマーを弄っただけで随分落ち着いた感じになった気がする・・・

ああぁーーーー、こうなるとしっかりとしたアクションと形状のウィンチェスターM1873も欲しいなぁ!



# by 1944-6-6 | 2017-11-15 17:00 | C A W (MULE) | Comments(2)

Remington U.M.C. Double Barrel Deringer (U.S. PRORERTY)

e0162444_20394168.jpg
僕のモデルガン遍歴の中で案外重要なのものにレミントン ダブル デリンジャーがある。
MGCの以外はおおかた手に入れてバコバコしている(MGCのはバレルロックのEリングが子供心にも「なんだかねぇ~」と思ってしまったのであった)。
特に印象に残っているのは小学生の時に手に入れたハドソン製で最も発火したモデルガンだ。
平玉火薬を5粒以上入れてのファイアリングは短い銃身(なぜかカートは長かったが)も相まってすごい迫力だった!

昔々、家でモデルガンを撃っていると
「BANG!」
そうするとお袋が
「こら~!なにやっているのぉ!」
しらばっくれて2発目を
「BANG!」
そしてまたお袋が
「そんなことばっかしていると、ろくな大人になれないよ!」・・・
40年後、お袋の言ったことは事実であった(笑)
e0162444_20394199.jpg
このデリンジャーはMULEの発売したものだ。
驚くくらい良く出来ている。
特にRemington U.M.C.でU.S. PROPERTYときては我慢が出来ず・・・Take Fiveでいってマッタ!
e0162444_20394271.jpg
早速、ナイロンバフでなんちゃって使用感を出してみた。
とりあえず軍用だし鉄っぽい感じが欲しかったのだ。
ブルーイングだとギャンブラーっぽいしね・・・って、ブルーイングといった高級技法が出来ないことは伏せておこう(笑)
e0162444_20394976.jpg
とにかくこのMULE製デリンジャーは重く感じる。
グリップを外すと大きな鉄製のウエイトに驚いたがなんと2枚で61gある。
全重量(285g)の21.5%が重りなのだ。
付属の発火カート6発分に相当する重量である。
モデルガンが重いことはイイことだ!
e0162444_20394857.jpg
バレルとフレームの精度は高くガタひとつ無い!
ハンマーも改良されたとかで心地よくコッキングが出来る。
ウ~ン、素晴らしい!CAW(MULE)らしさ爆発だ!

しかし・・・U.S. PROPERTYがイイ感じだねぇ~(笑)



# by 1944-6-6 | 2017-11-14 21:30 | C A W (MULE) | Comments(8)

コルト 32オートに木製グリップを取付ける

e0162444_17594843.jpg
大好きな32オートへ木製グリップを取付けの御依頼があった。
なかなか手の込んだ綺麗なグリップだ。
個人的にはブラスな銃には明るい茶色でやや柄のあるものがベストと思っている。
今回のグリップは正にその感じでイイ!高級感が倍増するではないか。
e0162444_17594840.jpg
結構このグリップはポン付けでいけそうであと一歩合わない。
グリップスクリューの位置に合わせて裏の凸部を調整しつつ削るのだが、この木は樹脂が多いいのか思った以上に硬いのだ!
おまけにリューターで削るとウ〇コのニオイがしてやる気をそがれるのであった(笑)
e0162444_17594755.jpg
そんな臭いにつつまれて完了した。
勿論今はウ〇コ臭くはないのでご安心を・・・




# by 1944-6-6 | 2017-11-13 21:00 | Z E K E | Comments(2)