人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Western Arms "Colt Combat Commander Custom"

e0162444_18092650.jpg
僕が20代の頃、WAから出ていたのがこのコンバット コマンダー カスタムだ。
当時はこの手のものが流行りで僕も欲しかったが・・・高価ゆえ諦めざるえなかったのだ。
今回も借り物だがフルスペックのカスタムパーツ仕様みたいだ。
e0162444_18092762.jpg
何処までがデフォなのかは分からないがショットブラストのフレームに磨いたスライドの取り合わせは派手ではないがイイ感じだ。
おおかたのカスタムパーツは鉄製もしくはステンレス製のようでカチッとしている。
e0162444_18092712.jpg
グリップには3㎜厚の鉄板のウエイトが装着され総重量はABS製なのに872gある。
ただし、丸太のようなグリップだが・・・(笑)
コンペンセイターは鉄製だ。
e0162444_18092049.jpg
なんともお大臣なコマンダーだがグリップ以外はイイ感じだ。
造りも丁寧でお高そうな雰囲気である(フロントサイトのイエローランプは特に良い仕事を感じてしもた!)
e0162444_18092038.jpg
マスプロ品では初のセンター仕様だった気がするが・・・
当時、本体を買えなかった僕はWAでスライドだけ買って悦に入っていたのである・・・惨めだなぁ(笑)
e0162444_18092058.jpg
MGCのKKスペシャルと合わせてみる。
WAはMGCとの大人の約束でガバを造れなかったとか・・・
ほんとかどうかは知らないが本家本元の国元社長にKKスペシャルを造って欲しかった!(エアガンは出たけど)

なんせこのジジイにはクニさんとタークは憧れの大先輩なのだ・・・今でもね。



by 1944-6-6 | 2017-08-31 20:00 | 絶 版  W A | Comments(6)

Colt Detective Special by HobbyFix

e0162444_21593874.jpg
大好なテッポーなのに手に入れることが出来ないのが、今回のホビーフィックス製のディテクティブである。
勿論これも借り物だ。

さすがカチッとしていい出来だというのが最初のインプレッションだ。
作動的にはむずかしいコルト・アクションの為に調整なしでは快調のものは少ないようだが、今回のこれはオーナーが調整に出したとかで快調に動いている。
3年前のグアムを思い出すパフォーマンスだ。
e0162444_21593870.jpg
持っていないせいかホルスターも少ない!
S&Wばかりだ(笑)
かろうじて先に紹介したColt製のスケルトンがあった。
う~ん、さすがピッタリだ!
e0162444_21594398.jpg
38SPLの薬莢はピッタリと収まる。
気持ちイイくらいにスッと入るのだ。
e0162444_21594411.jpg
S&Wとは異なるラインがドキドキする。
どこか男っぽい力強さが感じられる。
グリップはオリジナルがこれまたピッタリ装着可能だ。
これもフェチ野郎には大変嬉しい事なのだ!
実物は全体に丸みがあって握り易い。
e0162444_21593907.jpg
くぅ~、暫く弄って写真を撮っていたら俄然欲しくなってきたぞ!

イカン!

なんといってもこのモデルガンは・・・最近、非常に高いのだ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-08-30 22:30 | ホビーフィックス | Comments(6)

Lightweight Commander

e0162444_21290196.jpg
当初のコマンダーはスティール・スライドにアルミフレームの仕様だった。
これがライトウエイト・コマンダーで、その後フレームがスティールになったのがコンバットコマンダーと呼ばれるものだ。
e0162444_21290944.jpg
CAWのフレームは一般的なHW材で出来ている。
そこにHFの重たい樹脂のスライドを乗せるとライトウエイト・コマンダーもどきが出来るのである。
e0162444_21291025.jpg
あれこれパーツを寄せ集め何とか形になった。
あとは刻印をどこかで入れてもらおうと思っている。
e0162444_21290081.jpg
フロントサイトも切り取ったスライドの端材から削り出している。
しかしタングステン入りの樹脂はヤスリで削るとすぐに削れなくなる。
タングステンが非常に硬いので逆にヤスリが削れちゃうのだ。
そこのところを騙し騙し作業してできたのがこれだ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-08-29 23:45 | モデルガン そ の 他 | Comments(0)

ソードカトラスのモデルガン

e0162444_23521233.jpg
ブラックラグーンのソードカトラスをモデルガンでやろうと思っている。(写真は想像図)



by 1944-6-6 | 2017-08-28 23:55 | マ ル シ ン | Comments(6)

本日はOFF会

e0162444_22235774.jpg
暑い夏に別れを告げるべく・・・本日OFF会をやりました。
こんなテッポーも見れたし・・・
e0162444_22235784.jpg
日本語吹き替えの”戦略大作戦”持参してもらったんで久々に当時の雰囲気を楽しめました。

オッドポールがイイねぇ!(笑)



by 1944-6-6 | 2017-08-27 22:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(7)

”Western”への憧れ

e0162444_18232495.jpg
ちょっとした修理でSAAをお預かりした。
ナカ氏がブルーイングしたものとのことだ。

やっぱピーメはイイ!
ピーメには思い出がいっぱいだ。
今じゃ1st だとか2nd がいいとか言ってるけど、そんなことも知らずにCMCの68型を振り回していた中学の頃が懐かしい。
アノ弾頭が可動式でシリンダーがスッポンポンのタイプだ。
ちゃんとカートの掃除をしないとファニングの最中に弾頭が戻らずスタッグする。
最悪の状況だ。
フォーシングコーン(と呼べないくらい薄いが)あたりにドライバーを突っ込んで何とか弾頭を戻した時の安堵感。
その後暫くしてからはピカだ。
他にもなんだかんだでピーメには思い出が多いのだ。
e0162444_18232402.jpg
プラのピーメは初めてのロッケンもん。
当時ほとんどのガキンチョそうだったはずだ。
アレもずいぶん壊したっけなぁ・・・(笑)

たまに思うことがある・・・一体今までにピーメのモデルガンを何千回くらい分解/組立したのだろうか?
中学/高校の頃は1日2~3回は調整がてらやっていた。
オナヌーと同じくらいだ。
そうなると一年に千回近くやっていたのか・・・飽きもせず。
ちゅーことはアレも・・・(笑)
e0162444_18232480.jpg
初めての長物はMGCのウィンチェスターM73カービンだった。
このモデルガンは火薬を入れて遊び過ぎたのか数年後には崩壊してしまった。
アーメン!

この写真のCMC M92は1977年の規制前に当時お世話になったホビース商会で購入したものだ。
火薬使用がほんの数発だったためか今でも健在である。
M73の方が好みなのだが・・・でも、このM92は姿/形が美しい銃だ。
目が合うとつい手に取ってしまうテッポーなのだ。

ある意味、危ない変態野郎だ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-08-26 20:00 | ハ―トフォ―ド | Comments(6)

S&W M28 Highway Patrolman by KOKUSAI

e0162444_21085332.jpg
またアノ病気が出はじめた・・・変な”拘りシンドローム”だ。

コクサイの2代目M28ハイパトを見ていたら異常にタマゴ型で薄べったいトリガーガードが気になりだし・・・切ってしまった。
e0162444_21083182.jpg
上がオリジナルのトリガーガードで、下が別のトリガーガードを移植した改良版だ。
たいして変わらない?
まぁ、フェチな拘りなんてこんなもんだ。
e0162444_21085402.jpg
ついでにサイドプレートと一体になっているリコイルシールド部分を切り離し、フレーム側に接着してオリジナルどおりにしてみた。
リアサイトの位置も2㎜強前進させている。
ここまでくるとタナカとの区別はつきにくい。
唯一、シリンダーフルートの形状に品がないことでバレバレだが・・・
e0162444_21085408.jpg
カッコイイ!!
この日のために購入しておいたポリスベルトと共にパシャリ!・・・イイねぇ!
今回はM28なのでリアサイトのグルーブはついていないので削り落としてフラットにしている。
e0162444_21083041.jpg
このモデルガンをお持ちの方は違いを判って戴けると思うが、一般的には僕が何を言っているのかわかっていただけないだろうと思う。
そこに変態の血が騒ぐのだ(笑)

因みにこの時点で作動は完璧なのだ。
e0162444_21083175.jpg
上が改良型サイドプレートでしたがデフォだ。
これ以外にもやるべき課題は盛り沢山だ。

・・・またクダラぬことをしてしまった・・・のかも知れない(笑)



by 1944-6-6 | 2017-08-25 21:30 | 絶 版  国 際 | Comments(10)

毎週作る「WILLYS MB "Jeep"」

e0162444_19322685.jpg
本屋に行ったら見つけた。
毎週作る「WILLYS MB "Jeep"」
スケールは1/8。
ディアゴみたいなもんだが会社は違うのだ。

取りあえず今回は購入。
¥299だしね。
まぁ、次号からは¥1,799だけど・・・(笑)
e0162444_19320901.jpg
でも・・・なかなかのイイ感じのフォルム&ディテールだ!
ただ110号で完成とか・・・簡単計算で完成までに¥196,390!
悩むなぁ!
過去に1/6のJeepを作っただけにその出来の良さはわかるが・・・
e0162444_19320817.jpg
端正なWILLYS MBのフロント・グリルはZinc製だ。
因みに MB とは、WILLYS社のModel Bということだ。
したがってMBの前にMA(Model A)というのがあるのだ。
それの改良型がMBってわけだ。

MBと同型のものがその後Fordにも発注されているがこれはMBとは呼ばずGPWと区別されている。
e0162444_19320997.jpg
いずれはライトが点灯できるようになるのだろう。
それより、その下のB.O(ブラック アウト)マーカーがイイ感じだ。
こういうのを見せられると・・・¥196,390が安く思えてくる。
イッカァーーーン! 久々にオヤジ ホイ ホイに掛かりそうだぁ!
e0162444_19322528.jpg
まぁ、裏側はミニカーぜんとして胸をなでおろしたが・・・

1/8Scaleといえば20年くらい前に¥500,000で販売されていた傑作”Fine Art Models"のMBがある。
当時買えなくて1/6のものを作ったのだが・・・
e0162444_20121515.jpg


まぁ、暫く静観して我慢できなくなったら・・・地獄を覚悟でイッちゃうかもだ。
その時は笑ってくだされ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-08-24 20:00 | ミ ニ カ ー | Comments(10)

こんなもんばっか観てます

e0162444_22300651.jpg

多感な時期を昭和という素敵な時代に育ったジジイは、今日またこんなもんばっか観ているのであった。

グレート!



by 1944-6-6 | 2017-08-23 22:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(3)

暑い日‼

e0162444_00221415.jpg


今日はなんか蒸し暑い日だったなぁ・・・
取敢えず明日もガンバロ!




by 1944-6-6 | 2017-08-22 23:55 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)