人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

CMC Smith & Wesson .44MAGNUM / Model29 のレストア

e0162444_22382565.jpg

44マグナム好きオヤジー達には今でも根強い人気なのがCMC往年の名作”S&W M29"だ(のっけから言い切るなぁ)

しかし、かなりの確率でハンマーピンが折れてしまうことがある。
古くからのオーナーにとっては全く持って心の折れる事態なのである(笑)

理由はいろいろな要因が考えられるが当時の発火優先のモデルガンはハンマースプリングがかなり強い・・・それを亜鉛合金のハンマーピンで受け止めている。
そしてハンマーが倒れてフレームに当たった時の衝撃がハンマーピンにかかる。
その繰り返しで折れるのだろうと推察する。
勿論、ピンの太さや形状も関係しているとは思うが、ハンマー自体の質量も大きなファクターのように感じる。
e0162444_22203057.jpg
このCMC M29はかろうじてハンマーピンの破損はないが、それだけに今のうちにケアをしておこう。
そこで元のハンマーピンのセンターにフレームを貫通しないように気を付けながらギリギリまで2.5㎜φの穴を開けていき、鉄ピンを打ち込むこととした。
e0162444_22203251.jpg
2.5㎜の鉄ピンをジャンクボックスから見つけたのでこれを使用する・・・なんのピンかは不明だが(笑)
e0162444_22203204.jpg
長めなので丁度いい。
約12.5㎜程打ち込んで余った部分はカットする。
e0162444_22203320.jpg
ヤスリで切り口を成形すれば完成だ。
e0162444_22203393.jpg
勿の論だがフレーム表面にはピンが出てこないように気を付けている。

これでもう折れることはないだろうと思うのでバシバシッとカラ撃ちが出来る・・・けど、やらないけどね(笑)



by 1944-6-6 | 2017-03-31 23:00 | 絶 版  C M C | Comments(6)

本日はケイズはOFF会でした!

e0162444_21545126.jpg


本日は呑み会。
こんなの見ながら呑みながら騒いでいます。

(※:通報しないでね!)


by 1944-6-6 | 2017-03-30 22:00 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

EOE (easy open ends)

e0162444_17522679.jpg

今では当たり前になっているリングプルだが、正式にはEOE(easy open ends)といわれるようだ。
開発されたのは1950年代後期だが、僕が幼き頃はまだまだ一般的ではなかった。
覚えているのはトマトジュースなんかには小さな爪の付いたオープナーが付いていた。

上の写真でM16A1にあるのがBeer Can-Openerと称する栓抜だ。
e0162444_19041609.jpg
僕が子供の頃はこんな風にしてジュースを飲んでいた・・・かすかな記憶がある。
リングプルが普及する前の話だ。
e0162444_19041525.jpg
ベトナムの戦場でもこうやってバドワイザーやグリーンベルトのビールをあけて飲んでいたんだろう・・・
e0162444_17522560.jpg
このオープナーは30年位前に骨董品屋をうろついていて見つけたもの・・・それこそいろいろのブランド名が入っていて幾つも買い込んだものの一つだ。

なんかレトロっぽいような・・・そうでもないような、そんな中途半端な魅力を感じるアイテムだ・・・って、ホントきゃよ!



by 1944-6-6 | 2017-03-29 22:30 | そ の 他 | Comments(6)

コクサイ S&W M29 6.5” カスタム

e0162444_23393131.jpg
御依頼いただいていた コクサイ M29 6.5インチ カスタム の完成記念に写真をパチリ!
e0162444_23393244.jpg
カスタム内容は
 1. バレルの6.5インチ化
 2. タナカのグルーブ入りターゲット・
   トリガーに変更
 3. 実物ダミーカートが入るチャンバー
 4. シリンダー前面の乳首削除
おおかたこんな感じだ。
e0162444_23393223.jpg
どこかコクサイらしさが薄れているように見えたら僕的に非常に嬉しいのだ。
e0162444_23393298.jpg
ハンマーノーズは元々のものを削ってらしくしている。
コッキングした時がイイ感じになった。
e0162444_23393796.jpg
銃口はこんな感じで仕上がった。
今回のものも ス があまりなくてイイ感じだ。
どうやらメッキが綺麗になった後期の仕様のほうがスが少ない気がする。
まぁ、通常では全く関係ないが・・・(笑)
e0162444_23393396.jpg
シリンダー前面もくっきりさせた。
クゥ~・・・カッコいい!
e0162444_23393719.jpg
コクサイお得意の乳首をカットした。
個人的にはどうもあれが好きになれないのだ。
しかしシリンダーインサートには一切触っていないのでご安心を・・・
e0162444_23393804.jpg
カウンターボアで実物のダミーカート(カラ薬莢のみだが)がしっかり収まっているのは痺れちゃうねぇ!
ご覧の通りインサートはバッチリ入っている。

でも何度カスタムしても 44MAGNUM はカッコイイ!



by 1944-6-6 | 2017-03-28 23:45 | 絶 版  国 際 | Comments(6)

CMC M1910 vs INT M1908

e0162444_22470322.jpg
以前、イベントで手に入れたファイアリング・ピン。
上がCMCのブローニングM1910用で、下がINT(国際)のコルトM1908ポケット用で共に今は絶版のレアものだ。
e0162444_22470493.jpg
基本的に全く同じものである。
驚くほど相似形だが、サイズ的に下の25ポケット用のほうが小さい。
e0162444_22470318.jpg
同じものが何本もジャンク箱に転がっていた。
価格は確か¥100だったような・・・

INTの25ポケットは持っていないがついつい買ってしまったという次第だ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-03-27 23:00 | 絶 版  そ の 他 | Comments(0)

”撮り鉄”の旅

e0162444_14020282.jpg
昨日に引き続きの”撮り鉄”
e0162444_14020293.jpg
こんなところから機関車を撮っていたのだ。
こう見るとたかが知れて見えるが、本当はオッソロシク高い!
e0162444_14023148.jpg
待つこと暫し、やっとD51が来た!
バッコバッコ煙を吐いてカッコイイー!
でも・・・どこかZゲージのレイアウトを見ているような錯覚に陥る。
e0162444_14020365.jpg
ダイナミックなパノラマ。
谷川岳(1,977m)のようだ・・・って、山には全く興味のない僕には何処にあるのか見当もつかないが(笑)
e0162444_14020444.jpg
たとえ山に興味がなくともこのパノラマには感動する!
きっとこの風景は何百年いや何千年も変わっていないのかも・・・ブルブルブル(感激)!
e0162444_14020449.jpg
これまた趣のある神社だ。
鳥居には十二山神社とあった。

久々に小旅行のようで楽しい撮り鉄だったがたまにはイイやね(笑)



by 1944-6-6 | 2017-03-26 21:00 | テッポウのないブログ | Comments(6)

D51 498

e0162444_22054013.jpg
本日は友人に誘われ "撮り鉄" になってきた。
獲物はD51 498「デゴイチ」だ。
e0162444_22054169.jpg
ガシュガシュと煙をはく姿が見たかったので大満足だ!
e0162444_22054166.jpg
前橋市内をこんな感じで疾走する。
e0162444_22054342.jpg
そして走り去ってゆくのであった!

イヤイヤお疲れ様でした~!



by 1944-6-6 | 2017-03-25 22:30 | テッポウのないブログ | Comments(2)

ハーネルMP41短機関銃 by Denix

e0162444_18232452.jpg
ナチスよりもドイツ保安隊とか国家警察部隊(治安維持部隊)ってのがなんだか解らないが ”秘密っぽい” 感じでカッコイイ!
そうなるとMP40じゃあダメなのである。
MP41でなくてはならないのだ。

僕がモデルガンなんて不治の病気にかかった当初からMP41はトイガンの世界にはあった。
しかし子供心にはあまりカッコよくは映らなかったのも事実だ。
やはりお子ちゃまにはMP40やトンプがイイのだ。
ウージーなんかは発音が ”蛆” と相通じるためか見るのも嫌だった・・・ったく、ひでぇ話だ(笑)

歳がいくとそんなテッポー達が好きになってくる。
ここ数年はMP41なんかは非常に気になるのだ。
そこに運よくDenixのものがイイ感じなうえ、お手軽な価格で出回ってきた。
勿論、チャンバー部分は変に長くないのもいいのだ(笑)
e0162444_18232532.jpg
しかし、お手軽お気軽に出来ているのも事実だ。
でも生意気にもリコイルスプリングはテレスコピック・タイプになっていて(プラパイプだが)、ちょっとニンマリさせる。
んなわけで幸いにも上記の個所を弄ればだいぶ良くなりそうだ。
ただし、日本製の一般的なモデルガンではないので装填/排莢はおろかマガジンへの装填もできない。
したがって、このDenix MP41は玩具ではなく装飾品なのである。
e0162444_18232549.jpg
マガジンはマルシンのプラ製のものがマガジンキャッチのわずかな加工で何とか取り付けられる。
Denixのマガジンは無垢なのである。
マルシンに換えれればダミカくらいは入れられて見栄えが良くなるって訳だ。
e0162444_18232606.jpg
そこで誰もが考えそうなことがDenixのロアーにマルシンのアッパーを付けられないか?
銃身の形状などに問題はあるがナンチャッテにはイイのではないだろうか・・・
e0162444_18232676.jpg
早速やってみるのがケイズ流だ。

結論としては何とかなりそうな具合だった。
まぁ手間は掛かるがブローバックするMP41モドキはそう遠くないって感じだが・・・個人的にはやらないだろうなぁ(笑)


MP38/40はチャンバー前部のバレルナットを回せばバレルを簡単に外すことができる。
それではMP41は・・・外から見えるバレルナットは見られない。

実はMP40とMP41ではバレルの取り付け方法が全く異なっているのだ。
MP41のバレルはレシーバーの後ろから長い専用レンチを差し込み内部にあるバレルナット取付け/取り外しを行うようである。
したがってMP40ほど簡単にはバレルを外すことはできないのだ。

アッパーレシーバーに関しては構造的に同じで多くの部品は共用と思うのだが・・・
ボルトはセレクターの掛かる部分があるので若干異っている。
何故バレルの取り付けをMP40などと同じにしなかったのか分からないが・・・う~ん、軍と警察といった大人の事情があったのかも知れない。


by 1944-6-6 | 2017-03-24 22:00 | モデルガン そ の 他 | Comments(8)

ランパントのキャバルリー

e0162444_22161690.jpg
久しぶりにランパントの『 エクスペリア・エディション COLT S.A.A. 1st 軍用 7 1/2 “H.N.”』を出してみた。
購入から約4年・・・メッキに浮きなどあったら「ゆるさぁーーーん!」ということでチェックしたのである。

しかし、高いゼニを払った甲斐があったようでメッキに浮きや乱れは見られず購入時を保っていた。
メデタシ! メデタシ!
e0162444_22161770.jpg
デフォの真鍮製ハンマーだけは形状/仕上共に気に入らずノーマルの亜鉛製に交換した。
この方がずっとカッコイイのだ。

ピーメ好きのマニアのイメージはどうも千差万別の気がする。
マニア同士で話しているとハンマー形状やトリガーガード、シリンダーフルートやべベルなどイメージ(好み)が違っているのだ。

ある意味で嗜好品である。
e0162444_22161791.jpg
個人的にはこのランパントのピーメはイメージに非常に近いラインを持っている。
ただし、シリンダー・ノッチはもう少し大きい方がイイのでは・・・どうも貧弱な感じがするのだ。

このランパントのエクスペリア・エディションは亜鉛パーツと真鍮製パーツのメッキの色味が合っていて非常にイイ感じだ。
削りだしの真鍮パーツも加工跡が綺麗に研磨されていてツルツル、しかもメインフレームと共削りで段差や隙間もないのだ。

メッキがかけられた金属モデルはこうであって欲しい・・・という見本のようなアイテムである。



by 1944-6-6 | 2017-03-23 23:00 | ラ ン パ ン ト | Comments(2)

テレカ

e0162444_23312051.jpg
どこからか入手したのか不明なテレカ・・・近畿管区警察学校とある。
ゴールドカードのようでゴージャスな感じだ。
これを持っていると近畿管区では駐車違反くらいは見逃してくれる・・・ってなわけはねぇよね!・・・ハハハッ!

検索したらヤフオクでも売ってやがったぜ(笑)



by 1944-6-6 | 2017-03-22 23:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(0)