人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2016年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

BT-42 by TAMIYA

e0162444_22535305.jpg
「だろ~」などと生意気なセリフがムカつく、ガルパンのケイゾク高校だが・・・
BTは中々イイ感じで描かれている。

ということでTAMIYAのBT-42を作り始めたのであった。
e0162444_22535379.jpg
さすがTAMIYAだ。何の問題もなく組んでイケる。
エキゾースト部のエッチングのメッシュも雄雌型を利用に綺麗にプレスできる。
感激だ!
(まぁ、ステンレスエッチングは結構硬いので焼きなましておいたのだが・・・)

パンツァー フォー!!



by 1944-6-6 | 2016-07-20 23:00 | 模  型 | Comments(0)

S&W M29 by Kokusai

e0162444_21451260.jpg
写真のM29は皆さんよくご存知のコクサイ製だ。
しかし、よく見ると少し違う部分があるのだ!
いかにも僕らしい個所が異なっている。

さぁ、何処だろうか?

e0162444_21451398.jpg
そうである!
トリガーがワイドのターゲット タイプに変わっているのだ。
コクサイのモノはグルーブ無しのセミ ワイドトリガーだ。
タナカのトリガーに換えてみたのである。
e0162444_21451320.jpg
実はこれはご依頼もので最終的には8 3/8インチ銃身を6 1/2インチに切り詰めるのである。
銃身を約48㎜詰めてフロントサイトも後方に移動するのだ。
出来ればトリガーも・・・とのことなので大好きなトリガー変更のみ先にやってみたが・・・

イイねぇ!

これで銃身の切詰めにも気が入るってモノである。
e0162444_21451389.jpg
何故こんな手間のかかることを・・・なぁんて思う方には話しても分かるまい。
とどのつまり6インチ用のバックハイマーに6.5インチを突っ込みたいってことなのだよ。

オヤジーの憧れの "アレ" ってことだ!



by 1944-6-6 | 2016-07-19 22:00 | 絶 版  国 際 | Comments(6)

本日の戦利品 "ブレッド プーラー"

e0162444_23192392.jpg
今日はビクトリーショーであったが・・・

戦利品はこれだけなのじゃ!



HScのウエイト3点のケイズ発売割当分は全て完売いたしました。
ご注文いただいた方にはお礼申し上げます。
誠に有難うございました!

ひき続き商品希望の方はマルゴー商店様にお問い合わせいただければと思います。

「上野アメ横 ガンショップ マルゴー」


by 1944-6-6 | 2016-07-18 23:30 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(8)

Old S&W Glip

e0162444_20015347.jpg
ちょっとした気まぐれでM19にオールドタイプのグリップを付けてみたが・・・

結構イケる!

e0162444_20015387.jpg

e0162444_20015362.jpg

e0162444_20015373.jpg




by 1944-6-6 | 2016-07-17 21:00 | グ リ ッ プ | Comments(0)

拝啓 三八式歩兵銃 様

e0162444_22091853.jpg
出品のご依頼で来られた三八式歩兵銃 様である。
日本の象徴的な小銃でガーランド/トンプソン好きの僕も一目置いている美しいフォルムだ
刻印から名古屋陸軍造兵廠の製造であることがわかる。
e0162444_22091773.jpg
木部はやはり傷みはあるが表面を一皮むかれたようには見えない。
そういう意味ではイイ感じだ。
e0162444_22091855.jpg
遊底覆いの後端にはシリアルが打たれている。
其れで見る限りは銃本体とは異なるが旧軍の銃には無くてはならない必須アイテムだ。
e0162444_22091770.jpg
菊花紋章は削られているのではなく、上からタガネなどで潰した感じだ。
勿体ない話だがこれも戦後の歴史の一コマなのである。
e0162444_22092865.jpg
機関部/遊底の加工はこんな感じで溶接ガチガチだ。
遊底の状態から見ると抽筒子(エキストラクター)は残っているように見えるが・・・
e0162444_22092897.jpg
弾倉内の受筒板と発條は欠品している。
鈎子も溶接止めになっているので引き金は動かない! 残念!
e0162444_22092856.jpg
割れもあってお疲れを感じるが基本的に当時のままのようである。
無可動銃の楽しみとしては、時代を経たものが「ここ」に有るということに尽きる。



by 1944-6-6 | 2016-07-16 23:00 | 無 可 動 銃 | Comments(2)

もはや・・・ 

e0162444_18063243.jpg
もはや・・・M16A1は遠きにありて想うもの・・・
e0162444_18063231.jpg
満艦飾って言葉がピッタリか。
e0162444_18063283.jpg
しかし、これはこれでカッコイイかもしれない・・・あぁー イカン!イカン! 観ていると惑わされそうだ!
e0162444_18063261.jpg
一昨日にケイズにて行ったOFF会にて友人が持ちこんだテッポーだ。
銃にもいろいろな趣味がある。


告  知

7月18日月曜祝日(海の日)は浅草の都立産業貿易センター台東館において "第81回 ビクトリーショー" が開催されます。
ケイズも6階に「YON YON K2」というブースで参加しています。
友人のmaimaiさんとの出店です。
よろしかったらお立ち寄りください。
e0162444_16125445.jpg
e0162444_16124402.jpg

今回はHWSのHSc用のウエイト(マルゴーオリジナル製品)を持っていっています。
この第2ロットはフロントウエイトのゲート位置を変えてより綺麗な仕上がりになりました。
イベント特製(って、ほどじゃないけど)で、このフロントウエイトの上面部を面一にしブラック仕上げにしたものを2個だけ持っていきますので宜しくね!
価格は同じです。
フロントウエイト  販売価格 ¥3,900
スペーサーウエイト 販売価格 ¥3,900

e0162444_15204165.jpg

注 : 今回のビクトリーショーは月曜日です!


by 1944-6-6 | 2016-07-15 18:00 | エ ア ガ ン | Comments(2)

S&Wのトリガーガードに拘ってみる その1

e0162444_19512909.jpg
僕はフェチだ。

先日、初めて話した方からトリガーとトリガーガードに異常な拘りがあるんですねと褒められた・・・(のかも?)
確かにモデルガンのトリガーとトリガーガードの形状には強いこだわりがあるのだ。

今回もそのフェチ爆発だ!

写真のミリポリは上がコクサイで、下がタナカである。
どうしてもコクサイのモノはトリガーガードが薄い!薄すぎる!
タナカのが断然イイのだ!

我慢していたのだが・・・

e0162444_19512935.jpg
耐えきれずタナカのジャンクのフレームからトリガーガードを切り取ってしまった。
もう何をするかは察しが付くと思うが・・・
e0162444_19512922.jpg
コクサイのトリガーガードもバッサリと切り取られてしまい・・・
フレーム側もタナカのトリガーガードに合わせて整形している。
e0162444_19512954.jpg
次の瞬間には仮止めされていたのだ!見えない小人がやっているのだろうか?
e0162444_19512973.jpg
まぁまぁ、イイ感じになってきた。
コクサイ臭さが消えて爽やかなS&Wの調べが聞こえてくる。
アメイジング!

こうなるとトリガーもHWSのものを取り付けることになりそうだ(笑)



by 1944-6-6 | 2016-07-14 22:00 | シリーズ 「拘ってみる」 | Comments(8)

殺し屋の道具・・・サイレンサー by MGC

e0162444_17192377.jpg
殺し屋の道具といえば "銃とサイレンサー" は間違いなくマストアイテムだろう。
まぁ殺し屋なんてものにあったことや、ましては命を狙われたことなど無いケイズ所長だが・・・(!?)

写真のサイレンサーはどのくらい昔からかあるのか思い出せないほど我家に住んでいる「MGC汎用サイレンサー GM2用口金付き」である。
時折、何かの拍子に目にすることはあったが、手元にあるGM5にはガタガタで遊べない。
かといって今更GM2なんかありゃしない・・・と言う訳で放置され続けていたのだ。
しかし、ここにきてこれまた忘れられていたGM2がサルベージされたので、やっと合体できた次第である。
e0162444_17170074.jpg
殺し屋らしさがプンプン漂うショットだ(笑)
e0162444_17170195.jpg
やっぱり発砲音は "プスッ!" がイイか "バスッ!" なのか "ドムッ!" で決まりか・・・
妄想は膨らむばかりだ!
e0162444_17170509.jpg
この交換式の口金は45口径用だが、他にローマン用なんてのがあったような・・・44オートマグにも付けられる口金もあった気もする。
e0162444_17170123.jpg
サイレンサー本体を口金にねじ込んでいくと先が広がり銃に固定される・・・はずなのだが。
大抵は擲弾よろしくサイレンサーが飛んでいった記憶がある。
なので、発砲の際はどっかの映画で観たマウザーC-96のようにサイレンサーを左手で握って撃つのであった。

カッコワリィー!

e0162444_17170630.jpg
何故か口径は9mmなのだ(笑)
e0162444_17170056.jpg
小道具としてはやはりサイレンサーは秀逸である。
スパイ、諜報部員、殺し屋・・・男の子の妄想が広がるアイテムだ。
そういった意味では無くてはならない。

ただ音が消えるか・・・それは愚問というものである(笑)



by 1944-6-6 | 2016-07-13 22:00 | 絶 版  M G C | Comments(10)

謎のマガジン

e0162444_23292050.jpg
ケイズで見つけた謎のマガジン(左側が謎のマガジンで右はM1911のもの)。
一体何の銃のものかは不明だ。
口径は9mmパラがピッタリでガバより細い。
8発用だ。
e0162444_23291914.jpg
どこで手に入れたのか・・・スプリングの強さから実銃用である。
出来はガッチリ出来ている。
e0162444_23292026.jpg

e0162444_23292074.jpg

e0162444_23292023.jpg
重ねると幅がこのくらい異なる。
?????




by 1944-6-6 | 2016-07-12 23:30 | 銃 関 係 | Comments(2)

ホーグのラバーグリップ

e0162444_23382475.jpg
個人的にはラバーグリップは好きではない。
ましてフィンガーチャンネル付きは論外だ・・・った。

しかし、このホーグ製のフィンガーチャンネル付きラバーグリップはイイ!
見た目はやや派手だが・・・
手の小さい僕にもしっくりと馴染んでいてグリッピングのブレが少なく感じる。
e0162444_23382454.jpg
しかし木グリに比べると色気が無い。
写真を撮っても素っ気ない感じが・・・ホーグっぽい!?
なんか無機質なナショナルマッチには似合っている。



by 1944-6-6 | 2016-07-11 23:45 | グ リ ッ プ | Comments(2)