人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2015年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

It was called Yellowboy. by HWS

e0162444_19505434.jpg
Winchester Model 1866 lever action rifle "Yellowboy"は、1866年にそれまであった.44 ヘンリーライフルの右側面にローディングゲートを取り付け装弾を手元でおこなえるようにし、フォアーストックを取り付けたものであって、基本的にはベンジャミン・タイラー・ヘンリーが1860年に発表したものと同様の構造であり使用弾薬も同じ.44ヘンリーリムファイアーある。
構造的にはボルカニック ピストルから受け継がれたトグルアクション方式の閉鎖機構だ。
通常トグルアクションというとヒューゴ・ボーチャードの開発したC-93ボーチャードピストルをイメージするが、彼自身は以前にウィンチェスターに勤めていたようでトグルアクション自体にはその時から関わっていたようである。
e0162444_19504189.jpg
昔からYellowboyというのは「黄色い小僧」って感じのイメージしていたのだが、辞書を引いてみたら「金貨」と出ていた。
う~ん、それはカッコイイ! 
e0162444_19504066.jpg
ウィンチェスターというとコルト シングルアクション アーミーと共用できる44WCF(Winchester center fire)弾を使用したことから『西部を征服した銃(The Gun that Won the West)』で有名だが、それは堅牢な鉄製フレームを持つM1873 になってからのことで、砲金製フレームのM1866にはプレッシャーの弱い.44ヘンリーリムファイアーを使用している。
e0162444_19504712.jpg
今回レポのM1866はハートフォード社製のエアガンだがブラス フレーム付のカスタムバージョンだ。
実物の場合、フレームは真鍮ではなく砲金で出来ているようである。
砲金とは銅と錫の合金で英語名はGunmetalでブロンズに属している。
かたや真鍮(黄銅)は銅と亜鉛の合金で英語名はbrassである。
e0162444_19504799.jpg
これは再仕上げをしたもので、フレームを削り合わせてストックを仕上げなおしたものだ。
HWSのモノは切削跡が等高線のようにガリガリでサイドプレートの合いもイマイチであった。
ストックも削ったままでオイルすら入っていない。
綺麗なウオールナットのようだが何とも白っ茶けていたので、軽くステインをかけて色味を付けた。
現時点ではウベルティ製のリプロのようだが時間が経つとイイ感じの色になってゆくはずだ。
e0162444_19505495.jpg
フォア-ストックは丸みを付けている。
e0162444_19504816.jpg
バットストックは実物の写真を見てシャープに仕上げた。
かなり上品な感じに仕上がっている。
1860年代当時、ウィンチェスター銃はかなり高価なものだったようなので、ある程度の品格はあったのであろう。
そんな感じをイメージした。
e0162444_03493656.jpg
この時代の銃には何とも人間味のあるデザインを感じる。
出来れば登録証付きの実物古式銃で所持したいところだが、日本の無茶苦茶な仕来たりのおかげでとんでもなく高価になっている。


いずれ念願の世界征服が叶った暁にはミントコンディションの古式銃を部屋じゅうに散らかして、油臭い中で眠りたいものだ・・・
あっ、ガバやミリポリも散らかそう・・・ルガーもイイな・・・ラドムも欲しいし・・・


BANG!!


by 1944-6-6 | 2015-08-30 21:52 | ハ―トフォ―ド | Comments(18)

NATIONAL MATCH の昔と今    CMC & ZEKE Part 2

e0162444_20032659.jpg
さて、ZEKEのPre'70 NATIONAL MATCHをジックリと見ていこう。
e0162444_20030101.jpg
まず、バレルブッシングからだがプラグにべベルカットが入っていて明らかに他のM1911系と異なることがわかると思う。
ブッシング自体も前面部が厚くなった。
計測してみるとNM=3mm/COMM=2.2mmと出た。
(ここでの計測対象は全てZEKE製品で実物ではない。計測は僕自身が一般的なノギスで測った結果であり多少の誤差はご容赦願いたい。)
e0162444_21031015.jpg
特徴的なべベルカットなのだが・・・正直言って僕にはあまり効果のほどがわからない。
その為かその後のNMやクローンでは見られないのだが。
e0162444_20030121.jpg
嬉しい事にCMCでも再現してくれている。
40年前にここに拘った昭和のオヤジ達・・・イイねぇ。
e0162444_20030130.jpg
ガッツリとしたパートリッジ・タイプのフロントサイト。
厚みは3.2mmだ。
e0162444_20030115.jpg
フル可動リアサイトは正確無比にイライアソンをコピーしている。
(ELLIASONのロゴのOの中にポチ点があることもコピーされている)
非常に精密なのでZEKEではユーザーの分解を行わないようにマニュアルに記載している。
そこまでいうのだから分解しない方が絶対に良いのだろう。
e0162444_20030167.jpg
トリガーガードとほぼ同じ幅のトリガーは約9mm。
当たり前だがトリガーアジャストスクリューも機能はする。
e0162444_20030894.jpg
このグリップ前面のグルーブがNMを主張している。
子供の頃はそれらしく見えたが、今の目で見るとおとなしいと言うか何と言うか・・・
でもこの上品さがイイのである。
e0162444_20030947.jpg
何故かストレートタイプのメインスプリングハウジングに先祖返りしている。
縦のグルーブは戦後のスタンダードでM1911にはないものだ。
e0162444_20030992.jpg
見慣れたガバのようだがNMはハンマーのハーフコック・ノッチが小さくなっている。
勿論、ZEKEのはダミーハンマーだが雰囲気だけは再現されている。

しかし、なんともいえぬ素晴らしい造形美である。

e0162444_20030935.jpg
なんか写真を撮っていて、ついつい嬉しくなってしまった。
「やっぱ、ガバは美しいわ!」と独り言を言っていた自分に納得。
e0162444_20032679.jpg
これがNM特有のディプレッサー付きのシアーアッセンブリーである。
思えば中坊の頃、分解図に記載されたこのディプレッサーが何のためのモノかさっぱり判らず、誰に聞いても存在すら気づいていないヤツばっかりでずっと気になっていた。
e0162444_20032607.jpg
どのように取り付けられているのかさえ判らなかったのが当時の僕である。
その後のWEB環境のおかげで部品構成は判ったが、このZEKEのものを弄るまではイマイチって感じだった。
う~ん、積年の思いがここで形となった訳だ。
メデタシ! メデタシ!
e0162444_20033166.jpg
シアー部分の構成。
右端が噂のディプレッサーである。
真ん中のがディプレッサースプリングで直径は1mmの極小スプリングだ。
失くしたら大変だ。
ZEKEでは分解を極力しないようにインストで記している・・・が、自己責任でやってしまった。
なお、シアーはダミーで先端部がカットされている。
e0162444_21032216.jpg
知る人ぞ知る、NMのハンマーストラットピンの位置。
普通のモノと比べると下に約1.3mm内側に約0.5mm位ずれている。
これによりコッキングが軽くなるとのこと。
早速、メインスプリングを強いモノに換えて試してみた。
非常に感覚的だがコマンダーのハンマーだと起こしきるまでグーっと力がかかっているが、NMのハンマーは途中からスウッと軽くなるように感じる。
?????なのだが、そんな感じなのだ。
いっぺん試されると面白い。
そこで思うに、じゃあ何故他のモノもNMタイプにしないのか?
う~ん、それがこれからの課題でなのである。
e0162444_20031071.jpg
スケルトンスライド。
銀色のエキストラクターが見えている。
e0162444_20031922.jpg
この肉抜きされたスライドは戦後のNMの45と38SP、コマンダーに採用された仕様のようである。
その後のシリーズ'70系では採用されていないようだ。
一部のSeries'70 GCNMにも若干スケルトンスライドが存在するようである。
スライドを軽量化して反動を軽減するのが目的のようだが、実物の場合強度的には多少リスクがあるのでは・・・と思うのだが。
e0162444_20031973.jpg
エキストラクターとは反対側もザックリとえぐられている。
こういう所がしっかりと再現されているのは、実物に触れることのない僕らには非常に有りがたいことだ。
まぁ、生きるには何の役にも立たない情報なのであるが・・・知っていて損はない。
e0162444_20031974.jpg
バラすとこんな感じ。
ダミーFピンは取り外せないようになっているが、先端部のない後部分だけ再現された全くのダミーだ。
e0162444_21031000.jpg
NMの特徴の一つがこのバレルだ。
と言ってもほとんどの人は知らない。
通常のものとは上部の形状が異なり交互性はないのだ。
フィーディングランプ部もワッドカッター弾を使用した時のために広げられている。
e0162444_20032677.jpg
Right'sのダミーカートを入れるとピッタシ収まりいい感じだ。
e0162444_20032560.jpg
何かテッポウって感じで嬉しくなる。
実銃のあるアメリカあたりじゃこの密やかな(ある意味「暗い」)幸福感は判ってもらえないだろうなぁ。
このブログを御覧の方は判るはずである・・・

イタズラ画像
e0162444_15524790.jpg
もしCOLTが日本古来の銃器メーカーだったら・・・
こんなNM(国民競技大会)もあったかもしれない。
う~ん、〇リンコみたいだけど…ド~スカ?

e0162444_21092569.jpg
その後、CAWのガバのシアーを削りZEKEのディプレッサーをつけて効果のほどを実験してみたのだが、凡人以下の小生には何も感じることはできなかった。
でも・・・あえて言えば・・・引きやすくなった・・・かも。
スティールじゃないしね(負け惜しみ)
e0162444_21092789.jpg
こんな感じ。
e0162444_21092692.jpg




by 1944-6-6 | 2015-08-23 02:37 | Z E K E | Comments(26)

NATIONAL MATCH の昔と今    CMC & ZEKE

e0162444_19481450.jpg
e0162444_19481646.jpg

ZEKE

e0162444_19480594.jpg

CMC

e0162444_19480452.jpg

e0162444_19480426.jpg

e0162444_19480423.jpg

e0162444_19480566.jpg

e0162444_19481411.jpg

e0162444_19482205.jpg




by 1944-6-6 | 2015-08-20 20:56 | 絶 版  C M C | Comments(6)

次回予告 NATIONAL MATCH 

e0162444_21264676.jpg

スケルトンスライドとかディプレッサーとかで、写真が多くて只今整理中。
こう ご期待!



by 1944-6-6 | 2015-08-19 21:25 | Z E K E | Comments(0)

失われてゆく下町の風物

e0162444_21042217.jpg
僕的に東京の不思議スポットの一つが本郷菊坂界隈だ。
久しぶりにこのあたりをブラケイズ(ブラタモリのパクリっす)してみた。

本郷台地との際にあるこのあたりは高低差が大きく、散策していると非常に楽しい。
そのせいで菊坂とか鎧坂なんて名前もイイ感じだ。

そんな中、結構気に入っていたのがこの銭湯「菊水湯」なのだが・・・
「建築計画のお知らせ」などという知りたくもない事を知ってしまった。
無くなってしまうのか!

近くには樋口一葉の旧居跡に残る「一葉の井戸」があったり、坪内逍遥旧居や宮沢賢治の旧居跡など、僕的には全くと言っていいほどわからないジャンルだが非常に文化的な場所なのである。

まぁそんなことはどうでも、この菊水湯のこじんまりとした唐破風がたまらないのだ。
なんかいいんだよなぁ!

訪れたのが14時頃だったので開店前のようだが・・・どこか寂しい佇まいな気がした。
次回行ったらもうないのかもしれない。
e0162444_21041379.jpg
確かに今の世の中は銭湯なんて全く儲からないのかもしれない。
でも、なんだかなぁ・・・

僕自身は実家を出る29歳まで銭湯通いしていたせいか、今でも何カ月に一度は行っている。
温泉ほど気張らないし近所のジジイばかりが集っているのだが・・・なんか身も心もリセットできるのだ。
オマケにフロ上がりのポカリ(稀にフルーツ牛乳)がとんでもなくウマイ!

でも、あの風呂屋も儲かってはないだろうなぁ・・・



by 1944-6-6 | 2015-08-18 21:44 | テッポウのないブログ | Comments(0)

3度目のマカロフ by KSC

e0162444_21502076.jpg
三度目のマカロフである。
今回も実物グリップをカリコリ削って合わせている。
さすが三度目ともなると削る部分や調整の位置が判ってきたので、そういう意味では楽なのだが・・・
なんというか・・・面白くない。
初めてやる時のドキドキ感が無くなっているのだ。
いわゆるルーチンワークってことだ。

成り行きで9月のビクトリーショーにエントリーしてしまったので、その時にでも持っていこうと思っている。
e0162444_21502028.jpg
今回はトリガーの調整は当たり前だが、以前より気になっていたトリガーガード下部の湾曲を直線的にしている。
ここがヌルいカーブを描いているとなんかマカロフっぽくない気がするのだ。
たいして変わった気もしないが・・・雰囲気だけは出したつもりである・・・
e0162444_21501927.jpg
スライドやフレームの面出しもおこなった。
僕にはブルーイングなどといった事は出来ない。
本来ブルーイングとは勤勉な人間のやることだと個人的には思っている。
生まれながらのノンポリいい加減人間の小生には無理である。ちゅーことで塗装で仕上げるつもりだ。
e0162444_21502055.jpg
貴重なオリジナルグリップを無残にも削ってしまった・・・しかも3個も・・・ところがあまり気にしていない。
やはり共産モノだからか・・・というか値段だな。

しかし3個のベークライト製グリップを加工して思ったのは、それぞれで削った具合が異なることだ。
やはりアチャラ製って感じなのだろうか。



by 1944-6-6 | 2015-08-17 22:31 | K S C | Comments(2)

COLT M1911A1 NATIONAL MATCH CAL.45 by ZEKE

e0162444_19513607.jpg
先日、ZEKEのM1911が知らぬ間にうちの子になったという衝撃のレポをしたのだが・・・
実はあれは買取に出した友人が、愚かなことに中身を確認せずケイズに持ち込んだとのオチであった。
売りに出された本当の子は「COLT NATIONAL MATCH Pre'70」なのである。
まぁ、最初からそのような買取話だったので、M1911が来たときはちょっと喜んでしまったのだが・・・
やっぱりM1911はスリムでカッコイイからね。

そんな訳でNATIONAL MATCHがやって来た・・・のである。
e0162444_19513652.jpg
友人が勘違いに気づき、交換に来てしまいお宝の1911を連れていってしまった。
また、人のうちの子になってしまったのだ。
当初は1911への未練もありちょっと凹んだ。

しかし、実はこのNATIONAL MATCHもとってもイイ感じなのだ。
CMCのNMもこれと同じ刻印である。
後日、ご対面写真をご披露出来るはずだ。

元々はSERIES'70 GOLD CUP NATIONAL MATCHのスライド右面に打刻されたGOLD CUPの絵が気に入っていたので、このPre'70はチト敬遠していたのだが・・・
美人は刻印がどうであれ綺麗なものだ。

メンテが終わったらすっかり気に入ってしまった次第である。
e0162444_19513691.jpg
ヘレッツのターゲットグリップを付けてみた。
グリップ中央がサムレストっぽく膨らんでいて、全面チェッカーもイイ感じだ。
NMにはこれだと購入していたのだが・・・

しかし驚くことに取り付けてみると、グリップにセフティが埋もれてしまい全くと言っていいほど作動することができない。
軍用タイプのセフティなら何とかなるがそれでは意味ない・・・
ということでセフティを掛けやすいようにグリップ後端を削りチェッカーを入れてみた。
その後ステインで色を整えた。これでセフティがしっかりと掛けられるようになって大満足だ。

難有で非常に安く手に入れたこのヘレッツもお気に入りに昇格した。
e0162444_19513713.jpg
でも考えるに、このNMは商品として買い取ったものだ。
いわゆるケイズの糧なのである。
しかし、手放す気が日に日になくなっていく。
まぁもう少し愛でていようか。
もう少しちゃんとしたレポートもしたいしね。

スケルトン・スライドとかディプレッサーとかバレルサイズとか、普通のガバとは異なる部分がアチコチ再現されているのだ。
ただ、バレルブッシングはSERIES'70のコレットタイプではない。
こうなるとZEKE新製品のGCNMも気になってしまうな。



by 1944-6-6 | 2015-08-15 20:54 | Z E K E | Comments(2)

MGC ダイナミックシリーズ

e0162444_15475860.jpg
今から半世紀も前の1966年、伝説のモデルガンが世に出ている。

MGC ダイナミックシリーズである。

M1911A1ガバメントに始まりP.08、P.38とつながる一連の各国軍用拳銃のモデルガン化は、当時のマニアにとっては心揺さぶる出来事だったのだろう。
まだ小学校低学年だった僕には全く分からなかったが、今にして思えば憧れの昭和40年代の始まりだった。

そのオヤジー憧れのダイナミックシリーズがこの4挺である。
説明の必要もない銃ばかりだ。

以前、P.08とP.38は以前にもレポしたが、ガバとコマンダーが我家で行方不明だった。
しかし、この暑さのおかげで無事サルベージされたのだ。
久しぶりに見る奴らは亜鉛の崩壊もなく元気だった。

早速、この4挺を「MGC ダイナミックシリーズ」として写真レポしてみよう。
e0162444_15475941.jpg
e0162444_15480799.jpg
ガバメント(GM1)
当時、ガバメントといえば米軍用とばかり思っていたので気に留めなかったが・・・完全な米軍用刻印のモノはMGCのGM1には存在しなかったようだ。
この刻印は今でいうところのプレ70ってことになる。
民間バージョンだったのである・・・やられた。
e0162444_15475990.jpg
e0162444_15480770.jpg
コマンダー(GM1)
小僧だった頃は、このズングリムックリが嫌いだった。
リングハンマーも妙にオカマっぽくて嫌だったのである。
しかし、すっかりオヤジーになった今は大好物である(別にオカマが好きになった訳じゃないけど)
バランス的にはガバよりも良好だ。
コマンダーを手にした後にガバを見ると異様に長く感じてしまうのだ。
さて、MGCではガバとコマンダーの製造比率はどのくらいだったのだろうか?
結局GM2以降、MGCではコマンダーの製造をしなかったことから、GM1が売れなかったのだろうと推測するのだが。
e0162444_15475996.jpg
e0162444_15480810.jpg
P.08
個人的にはMGCの中でも最も上品なフォルムのモデルガンだと思っている。
当時の記憶ではトグルの操作が重く装填時の暴発が怖い・・・ってことだった。
それと直ぐにシアーがすり減って、これまた装填時の暴発につながった。
しかし、ルガーのコマーシャルポスターは今でも憧れの写真の一枚である。
僕も屋外でテッポウの写真を撮ってみたい。
太陽光の下でのテッポウは非常に綺麗でなのである。
e0162444_15475902.jpg
e0162444_15480841.jpg
P.38
何度も言っているが、小僧の頃はタニオが嫌いだった。
メカニズム至上主義だった当時の僕には、MGCが何故P.38でそれをしたのか理解できなかった。
バカじゃねぇか!
しかし、今ではタニオは心地よい。
火薬もガスもいらずに映画のようにテッポウで遊べる。
大人になるって、こういう事だったのかもしれない・・・って訳はないが楽しいことには真摯でいたいのだ。



by 1944-6-6 | 2015-08-12 20:04 | 絶 版  M G C | Comments(2)

ブラックホールが終わりました

e0162444_20481751.jpg
四半世紀において慣れ勤しんだ浜松町「都立産業貿易会館」での最後のブラックホールが終わった。
暑い中、マッタリとした我ブースを訪れていただいた友人知人お客様にはただただ感謝である。

今回も素晴らしいパフォーマンスを持った方々にお会いすることができて、老体に若干のクリエィティブなパワーというか活力を頂いた。

人間って素晴らしい!・・・←ど・どうしたんだ!

ちゅーことで次はどうなるかは不明である。
e0162444_21013822.jpg

有難う、都産貿!



by 1944-6-6 | 2015-08-10 21:02 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

今週末はブラックホールだ!

e0162444_23282686.jpg
今週末、8月8(土)~9(日)は浜松町都産貿での最後のブラックホールが開催される。
お世話になった思い出深い都産貿での最後という今回も、相変わらずマッタリとヤル気のないブースで来場者の度肝を抜く作戦だ。

しかしヤル気のない中、パートナーである東北の希少モデルガンバスターT氏がヤル気を出して出品物を掘り出してきた。

MGC CAL.41 HAEVY DUTY MAGNUM…通称ハイパト

購入から40年は経とうとしているワンオーナーの逸品だ。
なんと! 2挺も放出とのこと。
これを逃したら二度と手にすることは出来な・・・くも無い!?
e0162444_23314097.jpg
勿論発火され遊ばれた使用品だがABSは綺麗だ。
擦れや小傷/打ち傷は隠せないが、なんといってもハイパトはオヤジーの心の友である。
遊び倒したツールなのだ。

僕もダブルチャージやトリプルチャージで何度シリンダーをぶっ飛ばした事だろうか。
e0162444_23282591.jpg
このテーパード・バレルが実にイイ感じなのだ。
e0162444_23314831.jpg
個人的にはハイパトというと「太陽にほえろ」と同義語と言っていい。
このハイパトはMGC純正のウォールナット・グリップを付けている。
チェカリングが何ともショボイが今となってはそこがイイのだ。
本体のテッポーが¥3,000そこそこの時にこの木グリが¥1,000。
結構高価なアクセなのであった。
e0162444_23282356.jpg


by 1944-6-6 | 2015-08-04 02:27 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(10)