人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

MGC シュマイザー MP40

e0162444_20373418.jpg
昭和の小僧達は疲れきったオヤジーに変貌を遂げてしまった。
が、ボケ始めた脳細胞に鮮明に残っている記憶があるはずだ 。
万博やアポロの記憶、夏休みのプールや終わってない宿題などなど・・・でも・・・でも、テッポー小僧だった奴らには初めて目にした時のMGCのトンプソンやMP40(シュマイザーって呼んでた)の記憶は何にもまして鮮明かつ美化されて記録されている。

その後つまらない大人になっていく過程で、いろんな楽しい遊びやお酒・オネーチャンを知っても、歳をとるにつれ時たまフラッシュバックようにチラつく懐かしい憧れのような記憶がある。
小賢しいスペックや情報に犯されていない頃に焼き付けられた、ただただカッコよく見えた欲しかった憧れのモデルガンの記憶だ。

しかし、後年それらのモノを手に入れても、どこか満たされない「もどかしさ」のような感覚がある。

「こんなんじゃなかった」・・・ような

そうしてオヤジーは果てしなく無邪気な頃の刺激を求めて、無駄遣いの道を歩みだすのだった。

出来れば汚れていない小僧の時に戻って、おもいっきりトンプソンやMP40で遊んでみたいものだ。
e0162444_20373531.jpg
ということで、ノスタルジーいっぱいのMGC MP40を分解してみることにした。
欲しくても手に入れられなかったオヤジー諸氏は写真を通して「手に入れた」疑似感覚を味わっていただけたら幸いである。

因みにこのMP40は僕のモノではないが、いつものようにバラしてみよう。
e0162444_20362608.jpg
まずマガジンを抜き、薬室の安全を確かめる。
e0162444_20362796.jpg
ロッキングノブを下に引いて、180度回転させると出っ張った状態になる。
e0162444_20361876.jpg
シアーの前の丸いのがロッキングノブと連動のレシーバーロック。
下がった位置にある。
e0162444_20361759.jpg
右手でグリップを握りトリガーを引きながらチャンバーカバー(アッパーレシーバー)を時計方向に回す。
少しまわすと前に外れてくる。
この作業には若干の慣れが必要だ。
e0162444_20361795.jpg
そうすると上下が外れる。
e0162444_20361858.jpg
ボルトはレコイルスプリングガイドチューブが固定されていて、一緒に引き出せる。
ここまでは実銃とほぼ同じである。
e0162444_20361783.jpg
慣れればほんの数秒でここまでのフィールドストリップは完了だ。
さすがドイツ人は合理的だ。
e0162444_20363577.jpg
そこそこ火薬で遊ばれたボルトヘッドだが、さすがMGCである。
某他社のように崩壊してはいない。
製造から40年は経っているはずだ。
鉄板2枚折のエキストラクターが頑丈で強度も高い。
しかし、このディテールがMGCを確認できる要素にもなっている。

話は変わるが映画ダーティハリーの敵役スコーピオンが99式改の狙撃銃とともにケースに入れているのがMGCのMP40である。
エキストラクターから確認できることは周知の事実だ。
e0162444_20363547.jpg
Zinc製のエジェクター。
e0162444_20364568.jpg
結構頑丈そうだが・・・
e0162444_20365230.jpg
エジェクターの固定ピンが実物同様に左右からカシメめられている。
その為、安易に外せないのだ。
嬉しいような悲しいような・・・
鉄製のエジェクターなんてものもサードパーティであるようだが・・・カシメを壊さないと外せないので交換できない。
まぁ、エジェクターが経年変化などで破損したらやるしかないか。
e0162444_20363664.jpg
結構破損しているのがレスティングバーである。
実物はシリアルナンバーの下のカシメピンで止まっている。
MGCのはレスティングバー内側の突起で止めているだけだ。
外すには下に引っ張るだけだ。
間違ってもひねってはいけない。
e0162444_20363685.jpg
外したレスティングバー。
先の薄い出っ張りが折れているものが多い。
外す時にひねったりすると折れるのだ。
この個体もそうだが、だいぶ油がしみ込んでボソボソになっている。
たぶんABSではない樹脂と思われるが、ほどなく崩壊してゆく運命だろう。
まぁ、崩壊したらZEKEのレストアセットに入っているので購入するのが一番早い。
※このMP40補修用部品の3点セットはケイズでも通販しています。
価格は¥15,000(税別)で送料はレターパック¥510です。
e0162444_20363676.jpg
バレルナットを外すとこんな感じになる。
ほぼ実物どおりだ。
唯一の違いがMGCの特許だったデトネーター。
真中上のコマみたいなパーツだ。
このチンケな部品が¥2,000もした。
確かステンも同様。
ステン本体が¥4,700だか¥4,900の頃にだ。
e0162444_20364405.jpg
9㎜エキストラロングのカートがこんな感じでセットされる。
e0162444_20364587.jpg
結構使用されているがまだ使えそうな気がする。
間違えても汚れを紙ヤスリなんかでヤスってはいけないのだ。
いとも簡単に¥2,000がパーになる。
e0162444_20365325.jpg
MGCの広告などではカラーと呼ばれるスイベルの位置が左側面についている。
角ばったバレルナットがMGCを主張している。
e0162444_20365341.jpg
実物の写真などでは必ず右側だ。
MGCのように左側にあると、背中に背負った場合ボルトハンドルが邪魔になる。
しかし、右側だとスリングが排莢口を邪魔する気もするが・・・
e0162444_20364538.jpg
リアサイトはZinc製でレシーバー内側からカシメて止められている。
この状態だと100m射程にセットされている。
e0162444_20364574.jpg
ものすごく硬いが200m用のリーフも起こすことができる。
しかし、破損を気にするなら あまりやらない方がよさそうである。
e0162444_20365389.jpg
ネジ止めのフォアーグリップを外した状態。
MGCのフォアーグリップは左右に分かれるが、実物は左右一体のベークライト製である。
したがって実銃の場合、フォアーグリップを外すのにロッキングノブを外さなければならないのだが、これがカシメピンで止められているので大変だ。
その点、MGCは気が利いている。
e0162444_20365332.jpg
ビックリしたのがグリップフレームを固定しているフロントのネジである。
本体のネジ部はダミーで緩み止めの小ネジがモデルガンでは固定用になっている。
思いもよらない攻撃であった。
何も考えずにいたらダミーネジを潰していたかもしれない。
しかし当時のMGC技術陣には頭が下がりっぱなしだ!
e0162444_20370151.jpg
グリップ上のネジ&ナットを外せばグリップフレームが外れる。
残っているネジ&ナットはトリガースクリューである。
e0162444_20370141.jpg
前にあるEリングと先のトリガースクリューを外せばシアー/シアーレバー/トリガーが一体で取り外せる。
各々はカシメピンで止められているので必要なければ外さない方が良いはずだ。
e0162444_20370353.jpg
シアーの後ろにスプリングがセットされていた。
トリガーのリターンもこのスプリングが兼ねている。
実物はトリガー自体にコイルスプリングとプランジャーが取り付けられていてMGCとは逆になる。
e0162444_20370233.jpg
実物ではカシメピンだがMGCは分解整備のことを考慮してか六角のイモネジを使っている。
モデルガンとしては非常に有り難い対処だが、実物では連射の反動で緩んでしまうのかもしれない。
e0162444_20370210.jpg
分解するとこんな具合だ。
e0162444_20371904.jpg
ストックもピン一本で止まっている。
e0162444_20372096.jpg
ストックの折りたたみ機構はこんな感じのメカになっている。
e0162444_20372043.jpg
なんかとってもメカっぽい絵柄だが、この辺がドイツなんだろうか。
ただし実銃ではグリップフレームも鉄板プレス製である。
何種類かのバージョンが存在している。
因みにMP38ではアルミニュームアーロイの切削加工だ。
e0162444_20372010.jpg
グリップ/フォアーグリップはこの2種類3本のネジで留まっている。
e0162444_20372095.jpg
全く蛇足だが最近モデルガンの分解にはこんなトレイを使っている。
レトルト米飯のモノだが白くて部品が見やすく、そんなに深くなく、端がカーブしているのでイモネジなどが取り易いのだ。
油にも強いしリサイクルなのでタダである。
e0162444_20373415.jpg
マガジンはこの4パーツからなっている。
そこそこ遊ばれているのにあまり錆びていないのは奇跡的だ。
e0162444_20373422.jpg
こうなりゃこれらを使ってノスタルジックゾーンを突っ走るか!

・・・って度胸はないが。
期待されればやっちゃうかもしれない。
どうせ僕のMP40じゃあないし。

因みに1980年代にコンバットマガジン誌に掲載されていた「ノスタルジックゾーン」を書いていた故川越のりと氏は友人であった。
とにかくモデルガンをブローバックさせるのが好きな人で、よくCMCのガバをブローバックさせていたのが印象的だった。
もっと一緒にモデルガンで遊びたかったな。



by 1944-6-6 | 2015-07-29 20:50 | 絶 版  M G C | Comments(13)

ワンフェスに行ってきた!

e0162444_20305625.jpg
e0162444_18211942.jpg
暑---いのに、ワンフェスに行ってきた。
戦利品はジェットビートルのハイドロジェネレートロケットエンジン部とでっかいバットマンカー。
相変わらずこの辺のアイテムは入れ食い状態なのである。
e0162444_20382675.jpg
e0162444_20381616.jpg
e0162444_20381782.jpg
e0162444_20381772.jpg
e0162444_20382551.jpg
e0162444_20382688.jpg
e0162444_20382647.jpg


by 1944-6-6 | 2015-07-26 18:42 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(2)

明日はワンフェスに行きます!

e0162444_20563701.jpg
ファミマに行ったら何とも美しいCoca-Colaのボトル発見。
宇宙時代のドリンクのようだ・・・(古)


by 1944-6-6 | 2015-07-25 21:01 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(7)

嬉しいオマケ・・・by ELAN

e0162444_18291547.jpg
今日、委託品のELANのコマンダーを出品の為に整理していたら・・・エランの小冊子が入っていた。
たいして気にも留めていなかったのだが、休憩時にお茶を飲みながら開いてみた。
わずか18ページあまりの小冊子だったが・・・

「面白い! なかなかやるなぁエランさん!」

暫し楽しんでしまった。
やっぱり作り手の話や製作時の裏話は面白く興味は尽きない。
改めて休刊になった「Gun Magazine」のタニコバさんのレポートが思い出された。
e0162444_18291668.jpg
ムーさん(って、全然知り合いではないが…そう呼ばせて下さい)のお話も出ている。
サイン付だ!
e0162444_18291754.jpg
くろがね氏の製造時の話もなるほどと思ってしまった。
判りやすい説明は流石プロだ。
e0162444_18291837.jpg
エランの廣瀬氏の言葉もなんかイイなぁ。
いろいろ批判めいたレポもしてしまうが期待の裏返しと解釈していただきたい…なんて都合のいい話かな。
e0162444_18291834.jpg
こう見るとこのコマンダーもイイ味出している。
当時これがニッケル仕上げで発売されていたら…僕はいってたね!間違いなく。


by 1944-6-6 | 2015-07-23 18:54 | エ ラ ン | Comments(0)

あなたも私も知らない世界Part.2   エジプト製 S&W Model 52 (細部写真)

e0162444_14295495.jpg
以前にレポして反響の大きかったエジプト製のS&W M52だが、今回もう一度お目にかかれたので簡単な分解写真をお願いした。
快く承諾してくれたオーナーには感謝の言葉もない。

この手の超超超マニア物は、しかるべき処に厳重に収められ情報たりとも出てこないのが普通だ。
しかし、超弩級マニア物こそ情報が欲しいアイテムであることは間違いない。
僕自身がそうだからだ。

因みに、このM52は基本的にはMGCの44オートを元にしている。後は写真を見て楽しんでいただきたい。

e0162444_14295458.jpg

e0162444_14295506.jpg

e0162444_14295425.jpg

e0162444_14295508.jpg

e0162444_14295692.jpg

e0162444_14295592.jpg

e0162444_14295500.jpg

「レポートに協力いただいたオーナーの方には最大限の感謝をいたします。」


by 1944-6-6 | 2015-07-21 14:47 | モデルガン そ の 他 | Comments(5)

病み上がりの悪戯2 ?ストラット

拙者、先週末から風邪がぶり返し再度死んでおりました。
今回は熱もガッと出たので完治したと思うのだが・・・
実はもっと重篤な病かもしれない。

怖い~!

ということで何とか立ち直ったものの、何ちゅーかダルイ!
集中力が無く気分散漫だ。
と、元々やる気が無い僕の前に実物の〇〇のハンマーストラットのコピーがあった。

ピカッ! ヒラメイタ!

面白半分にこれを作ろう!

モデラー的にやれば楽に出来そうだし、リハビリには最適だ。
ということで製作を開始したのだった(というほどのモンではない)
e0162444_21004223.jpg
実際は2.5㎜の鋼板からできているようだが、kzには2㎜しかなかった。
まぁ、Let's try & errer!
ちゅーことで小一時間コリコリカリカリと、小汗をかいたところで取り敢えず完成した。

取り敢えず作動も問題ないようだ。
実弾を発射するわけじゃ無いので、厚が実物より薄いが強度的にも問題ないだろう。


13代目石川五エ門の口癖ではないが
「また、つまらぬものを造ってしまった・・・ヒュー!」
そんな感じ・・・かな。

テヘ!ペロ!



by 1944-6-6 | 2015-07-16 21:29 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(4)

k'z(ケイズ)の新入荷・・・なのか!? COMBAT COMMANDER by ZEKE

e0162444_20294413.jpg
ZEKEのピカピカの新製品である。
COLT COMBAT COMMANDER .45
とうとう発売されてしまった。
ということで、早速入手してみた・・・

今回は見た目だけだが、結構ガバと異なる部分があり驚きだ。
昔のMGCやCMCのようにスライドをちょん切っただけではない。
この辺のことは追加レポをお楽しみに・・・
e0162444_20294450.jpg

e0162444_20294465.jpg

e0162444_20294315.jpg

e0162444_20294459.jpg
なぜかM1911が知らぬ間にうちの子になってしまった。
スリムな感じはガバメントの原形態と言っていいだろう。
これも追加レポを予定している。
M1911系→M1911A1系→Series’70系と形態、寸法の違いがありそうだ。
e0162444_20294482.jpg




by 1944-6-6 | 2015-07-09 20:52 | Z E K E | Comments(6)