人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

cyqのP38

e0162444_21465419.jpg

いきなり「昔はこんなモノもあったとです!」とエセ九州弁のシリーズを始めた。
なぜ九州弁なのかは・・・いずれ語ることにしよう。

記念すべき第一号はスプリーベルグ社製のP38である。
もう今では絶対に入ってくることは無い、超超超超超ド級のお宝だ。
数十年前はハッコー商事が輸入して、イベントなんかでも飽きるほど売っていた。
でも、今は・・・もういないのだ。

e0162444_21465407.jpg
スプリーベルグのP38は、知る人ぞ知る荒い仕上げの作りの製品である。
表面はホントにガリガリ君だ。
しかし、元は本物なので当たり前だがアムト入りだ。
仕上げ直しもしていないので、当時の荒い仕上げ雰囲気がバッチリ伝わってくる・・・かも(笑)
e0162444_21465479.jpg
銃口だったところはツルペタにされている。
ここまでいくと銃じゃねえな。もう!
e0162444_21465750.jpg
ブリーチ部分もザックリ無しだ。
チャンバー下もスリットバッチリ。
色は金色、銃口/薬室ツルペタ、ブリーチまる無しという安全仕様なのだ。
e0162444_16273998.jpg
フレーム内部もザックリとフライス加工されていてる。
う~ん、フィーディング ランプが無い!
e0162444_21465439.jpg
マガジンまでキンキラキンだがアムトやら何やらの刻印いっぱいだ。
後ろに見えるMP40はMGC製だが錆もなく良いコンディションの逸品だ。
e0162444_00023929.jpg
7/5のVショーに出品予定なのだがメチャクチャ高そう!
しかし、オーナーも鬼じゃない、ZEKE製のP08とP38とM1911の3丁なら交換も可能とのことだ。
(このP.38は既に販売済です)
e0162444_16274539.jpg
イベント用の飾り台も作ってみた。
イイねぇ!

しかし、田中貴金属か三菱マテリアルのHPのようだ。




by 1944-6-6 | 2015-06-30 22:28 | モデルガン そ の 他 | Comments(7)

COLT COMMANDER Cal.45  by ELAN

e0162444_20022608.jpg

以前にも登場したエランのコマンダーである。
その後、メチャクチャにドツボって、グリップセフティは効かないわ、サムセフティは不安定だわ、ディスコネクターも不安定になり、動きはギコチナイというガバの諸症状が全てといってよいくらい発病してしまった。
あっ! 塗装も剥がれたんだ。

そんなオーナーの暗い目に耐え兼ね、ボランティアで調整とレストアをすることとなった。
取り敢えずハンマーをロストのモノに変えてみた。
おっ! なかなかイイ感じではないか!

こうなると調整も楽しくなるってもんだ。
シアーもガバ・パーツボックスから適当なものを選んで取り付ける。
さもあらん! たいした調整もなく上記の症状が消えたのだ!

素晴らしい!!
e0162444_20022511.jpg
まあ、塗装はやり直さなくてはならないが、そこは元モデラー(?)なので大した手間じゃない…はずだ。

写真を撮ろうとキャメラを向けて照明を当ててみると、何とも自身に満ち溢れた「コマンダー」がファインダーにいた。

野郎、なかなかやるなぁ!
自分のフォトジェニックを心得ている感じ。
以前のヤツとはどこか違う。
e0162444_20022698.jpg
ロストワックス製のハンマーはサイドを磨いてみた。
やはりZincとは違う輝きがイイ感じだ。
しかしロストとはいえ鉄は硬い!

実はこのハンマーはヤフーに出品中なのである。
勿論、この個体のものではない。
e0162444_20022771.jpg
やっぱコマンダーはエエね!
しかし、30-06の箱はねぇだろってか!(自虐笑)
e0162444_20022786.jpg

e0162444_20022617.jpg




by 1944-6-6 | 2015-06-24 20:40 | エ ラ ン | Comments(2)

病み上がりの悪戯 MGC MP-40

e0162444_19474242.jpg
何とか風邪から立ち直ったのだが、何ちゅーかダルイ!
集中力が無く気分散漫だ。
と、やる気が無い僕の前にブログのレポ用に借りた、MGCのMP-40があることに気づく。
ハンドガードが壊れている。

ピカッ! ヒラメイタ!

頼まれていないけど、これを治そう!

モデラー的にやれば楽に出来そうだし、リハビリには最適だ。
ということでレストアを開始したのだった。
e0162444_19474259.jpg
まず、ヘカートを作った時のABSの端材から1㎜厚と2㎜厚の材料を見つけた。
それを、13×25㎜に切り出す。
e0162444_19474207.jpg
1㎜にはカラーやナットの収まる8㎜の穴をあけ、2㎜の板にはネジの通る4.5㎜の開ける。
この3枚を貼り合わせてネジ受け部分を作る。
e0162444_19474233.jpg
破砕した元々のネジ受け部分を平らに均していく。
ここに先程作ったブロックを接着するのである。
e0162444_19474398.jpg
こんな感じで瞬間接着剤でがっちり固定する。
隙間がある場合はゼリー状が便利だ。
e0162444_19474381.jpg
接着剤が乾いたら高さを合わせる。
0.5㎜ほど出っ張っているはずだ。
これでもう完成である。
e0162444_19474357.jpg
こんな感じの仕上がりだ。
e0162444_19474483.jpg
取り付けてしまえばもう誰も気が付くことは無い。
もし気づかれて生意気なことをぬかしたら、呪いをかけてやるだけだ。

でも、ここをレストアしたら全体のクリーニングもしたくなってきた。
クゥー、金にもならんことを・・・と、いいつつ我慢できない。
これはもう一種の病気である。

それでは、後日のレポートをお楽しみに・・・!?



by 1944-6-6 | 2015-06-22 20:23 | 絶 版  M G C | Comments(7)

夢をみた

e0162444_01381667.jpg

夢をみた。

体調を崩し微熱が続いて意識が朦朧とし、寝ているのか起きているのか混沌としている時のこと。
そこで不思議な夢をみた。

どう言う経緯かは思い出せないが、ケイズにアレが持ち込まれた。
買取は出来ないモノだ・・・どうすればいいのか?
でも欲しい・・・個人的に絶対に。

夢の中でモラルとエゴの狭間をアタフタしている自分がいる。
焦ってしまってまともに計算も出来ない。
持ち込んだのは知り合いのようだが、誰だったのか顔が思い出せない・・・

アレコレ弄り回しているうちに現実に戻った。
じっとりと寝汗をかいていたが、手には感触が残っている。
はて?今の事は夢だったのか現実だったのか・・・その時点では判断がつかないほどにリアルだった。

もう一度、あの夢に戻れたらと思う。
でも、そうしたら戻って来れないのかも知れない気がした。
微熱のせいなのか・・・でもどこか妙に怖い夢だった。





by 1944-6-6 | 2015-06-21 02:10 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(10)

大金持ち様へのお願い。

大金持ちの皆様へ
Colt社を買いとってトンプソンM1921を再販させてください。
e0162444_12584703.jpg
e0162444_22413234.jpg


by 1944-6-6 | 2015-06-15 22:27 | Comments(9)

アルミのS&W M945

e0162444_17301453.jpg


非常に綺麗なテッポウである。


by 1944-6-6 | 2015-06-10 17:32 | K S C | Comments(0)

S&W Military&Police .38SP Revolver by Hartford をイジッテみる(Vol.2)

残念ながらこの計画は中止しました!
可愛いウサギは死にました。
今度は亜鉛合金かABSのウサギを育てることにしました。
こうご期待!
e0162444_19492210.jpg

今日のウサギの発育状況。
だいぶそれらしい形に育っているが・・・まだ一回り大きい感じだ。
しかし、 ダブルアクションリレーはどうするか?
HWSのを使うしかないか。
e0162444_19492354.jpg
結構イイ感じで育っている。
e0162444_19492278.jpg
ハンマーの形状はピン位置に合わせているのでこんなに異なる。
e0162444_19492381.jpg
仮組みしてみる。
e0162444_19492302.jpg
コッキングポジション。
綺麗な感じで起きている。
イイね!


e0162444_19492155.jpg
ランヤードリングの位置が異なっている。
e0162444_19492189.jpg
ランヤードリングも全く異なったものである。この改良によりミリポリ本来の位置にランヤードが付きシリアルが打刻できる。


by 1944-6-6 | 2015-06-09 20:13 | ハ―トフォ―ド | Comments(20)

S&W Military&Police .38SP Revolver by Hartford をイジッテみる。

e0162444_17220690.jpg
永いモデルガン人生の中で新製品案内を見て狂喜し・・・発売されてから落胆し・・・憎悪に変わる。
そんな経験が1~2回程あった。
このHWSの「びくとりー」は、数少ないその一つだ。
戦前の38口径リボルバーは大好物である。
特にM&Pは堪らない!
そんな僕がHWSの案内を見て狂喜するのは当然だ。

勿論、当時の同社への信頼は薄かったが・・・リリース後に手に取って泣いたね。
変なハンマーの形と変な位置のコッキングポジション。
舐めて細くなった千歳飴のような銃身。
あえて六人部氏の痕跡を残すとかでカウンターボアのシリンダー用のフレーム・ラグ。
M19そのまんまのシリンダー・フルートなどなど・・・
でもHW化や刻印、5スクリューやフレームトップにリアサイトはなんといってもあり難い。
e0162444_00575326.jpg
この変なハンマー形状とコッキングポジションには深い秘密が隠されているのだ。
ハンマーピンの位置が戦前/戦後ではおよそ3㎜も違う。
戦前のモノは3㎜前にあるのだ。
ただし、これはHWS社だけではなくT社のM1917にも言えることで以前レポしている。

それらの変更より、戦前のダブルアクション時の長いハンマー・ストロークが、戦後のモデルでは短いストロークになっているのだ。(ここでは深く触れないが気になる方は25番氏のHP見てみるとイイ。素晴らしいレポートをされている。)

HWSの「びくとりー」はそのような歴史的なことは問題にせず、ムっちゃんの作った痕跡を大切にM19のまま作っちゃったのだろうか。
それなら素直に戦後のM10を出しゃあイイのに・・・である。
e0162444_17220894.jpg
という事で我探偵団では・・・って、探偵ナイトスクープきゃよ!(ジヨーダンです)

という事で我慢できないケイズではそこにコダワリ、無謀にも7㎜のアルミ板を購入しハンマーを手で削り出し、戦前のM&Pへの挑戦を始めたのだ。
まずHWSのハンマーピンをもぎ取り、3㎜前方に新たに穴を開けた。
元のピン穴部分はプラリペアで埋めている。
e0162444_00580245.jpg
パクった写真から起こした下図。
e0162444_17220769.jpg
こんな感じでアルミの厚板を切り出した。
ババババッ穴開けて切り抜いていったのだが、案外面白い。
これをヤスリで仕上げていく。
先日YOUTUBEで見たパキスタンのダッラ村の職人のようである。
でも、向こうはスティールでこっちはアルミ。
ぜんぜん楽である!

ただし、撃針とかダブルアクションリレーとかをどうするか?
全く考えてない行き当たりバッタリの製作開始だ。
フライスが有れば楽ちんなのだが、ケイズはダッラの非公認姉妹工房なのだ。
e0162444_17220621.jpg
なんかウサギみたいでカワイイ!
そういえば昔、近くの駄菓子屋にウサギの形のパンが売っていた。
そのものズバリのウサギパンって呼んでいたが・・・今もあるのだろうか?
チョコでコーティングされていたような。

左のピンが新しいハンマーピンだ。
e0162444_17220765.jpg
e0162444_01254528.jpg
実物・・・イイねぇ!やっぱ!

もう一つのコダワリがリアサイト後方のフレーム形状だ。
大体のモデルガンのモノはKフレームNフレーム共に、ここの形状がダメだ!

人によって感じ方は異なるかもしれないが、もっとなだらかで角が立った感じにしたい。

続く



by 1944-6-6 | 2015-06-08 23:28 | ハ―トフォ―ド | Comments(2)

Victory D-day

e0162444_21115330.jpg

祝‼ D-day‼


by 1944-6-6 | 2015-06-06 21:13 | K'z(ケイズ)日記 | Comments(6)

重たいピーメは好きですか・・・タナカSAA用 Zincフレーム参号機

e0162444_21153967.jpg
e0162444_21155632.jpg

残り一つのタナカのエアガンSAA用のZincフレームを磨いた。
加工は今回も『トモ削り』でトリガーガードやバックストラップを取付けての削りで、仕上がりが面一(ツライチ)になって実にカッコいい。
面出しもイイ感じだ。
今やこのZincのフレームもとんと見なくなったが、Zincは昔からの馴染みがあってなんかイイねぇ。
削っていくとブルーをかけたくなる。
でも、そりゃぁイカンってわけなのである。

今回はシリンダーの穴はノーマルのまま。
その代りじゃないが、なんちゃって1st(1900年以降の無煙発射薬仕様)にしてみた。
まずはフレームの下部先端をアールを付けた。
ただし、この部分は写真によって(時期によって)形状が異なるのであくまで1stらしくだ。
シリンダーにべベルカットを付けたが、ここもいろいろあるので僕好みのオラピーメなのだ。
トリガーガードも卵型にした。
本当は角っぽいほうが軍用っぽくて好きなのだが、たんに気まぐれである。
ハンマーもホーン部の後部を削って少し華奢な感じにした。
リアサイト・ノッチは手つかずでダミー撃針も何もしていないし刻印も元のままだが、それっぽくなって気持ち満足かなってところだ。

因みにバレルはHW材のプラである。



by 1944-6-6 | 2015-06-04 19:33 | タ ナ カ | Comments(0)