人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本当に感謝しかありません!!

e0162444_22023987.jpg
10月20日に~などと戯言を書いてしまった事を反省しています。
個人的な心の整理を記したつもりが・・・

全く予期せずに何人かの方が工事現場さながらの我アトリエ兼スタジオ兼隠れ家に訪れて頂きました。
お祝いまで持って・・・
カバ男様、サイドアームズ様・・・有難うございました。そして、何もなくてごめんなさい!

僕は幸せ者です。
本当に嬉しかったです。
まさか、あのブログを見ただけで駆けつけてくれるとは・・・と、言うより旗の台だけでよく場所が判ったものと感心しています。

なんとか楽しい場所にしていきたいと頑張っています。
笑って喜んで感心して・・・たまに討論なんかして趣味の輪を広げていけるかな。

でも、取り敢えずビジネスしなきゃあ・・・って、屋号が決まってねえや! ったく、何やってんだか。
でも今一番の難題なんだよね、何ともこれが・・・




by 1944-6-6 | 2014-10-23 22:22 | その他 | Comments(8)

きれいなS&Wは、好きですか・・・・ブルーイング HWSヴィクトリー.38

e0162444_00433526.jpg

e0162444_00433501.jpg

僕もモデラーの端くれだ。
作る、削る、磨く・・・は、当然だが出来る。

しかし・・・・・気力と根性が生まれながらに欠落しているのだ。

モデルガンのHWをブルーイングするやり方は知っている。
何度か試したこともある・・・が
全く集中力が続かない!
つまり、言いにくいがダメ野郎なのである。

しかし、きれいなS&Wは好きだ・・・
ちゅーことでポチってしまった。



おおっ、美しい!

e0162444_00433405.jpg
タナカのS&W系はフォルムも構造もパフォーマンスも最高なのだが・・・
サイドプレートが亜鉛なので、どこか色合いが異なってしまう。
S&Wのサイドプレートは水も漏らさぬくらいの精度で嵌まっていてなくてはならない(と、思うが)
HWSのヴィクトリーモデルはハンマーや細部形状に不満はあるが取敢えず及第点という感じだ。
サイドプレートがフレームなどと同様のHW樹脂なので色合いや合わせも良い感じになっている。

という事で、ヤフオクでHWSのS&W系のブルーイング仕上げのモデルガンを狙っていた。
今回のモノは我愚ブログにコメントも頂いている無駄遣いじーじ氏製作の逸品である。

氏の作品は平面の仕上げが綺麗で以前よりブログなどで注目していたのだ。
カチッとした仕上げの戦前のリボルバー等にはマッチしている。
サイドプレートのS&WモノグラムやMADE IN USAの刻印は打ち直しである。

基本的に僕はエッジの無いテッポウは嫌いである!

一枚目の縦構図写真はスティールの油じみを撮ったつもりである。
これが実際に見ると真に鋼鉄っぽくてイイ感じなのだ。


これを見ていると、カチッと綺麗にブルーイングの決まったColtのリボルバーも手に入れたいという煩悩が頭をもたげはじめている・・・・イカン!






by 1944-6-6 | 2014-10-22 01:34 | モデルガン ハートフォード | Comments(6)

私事ですが・・・

e0162444_20024266.jpg
誠にもって私事ではありますが、10月20日からビジネスを始めます。

と言ってもマッタリとユックリとなんともやる気の感じられない歩みなのですが、取り敢えずケジメの日だけは決めておこうと思いその日にしました。
会社を辞めて丁度一年目の再出発です。

甚だ地の利の良くない場所なのですが、事務所(アトリエ)も借りました。
只今、内装等を友人の手も助りつつ自分で整えております。
おかげで大工仕事が上達しました。
明日は壁の石膏ボードを貼って壁の補修をしています。
あっ、NTTも来るんだ・・・

業務内容はそのうちにお伝えいたす所存ですが、今までの人生で携わったテッポウとかモケイとかの延長でいくつもりです。

ゆくゆくは「オヤジーの為のテッポウ喫茶」ってえのが開ければと夢を見ています。
会社や家庭では封印されたモデルガンの思いや思い出を話せる「解放区」にできれば・・・
コーヒーやビールを飲みながら、好きなモデルガンや無可動銃をいじれたら・・・
猫喫茶やフクロウ喫茶が有るんだからテッポウ喫茶だってイイじゃん!
まぁ、暫くはアトリエ内でお話ししましょう。

まぁ、今んとこ夢物語ですが・・・

11月に入ればインフラ整備も整うと思われますので、お近くに来られた際はお立ち寄りください・・・って、何処なんだよ場所は!(笑)

To Be Continued…



そのうち外見の写真をあげます。お楽しみに・・・??



全くもって、の~んびりな。 絶賛!改装準備中!の我アトリエ兼スタジオ兼隠れ家。

e0162444_22161378.jpg


中では、我弟が絶賛!塗装中!
流石、職人の手際は素晴らしい!







by 1944-6-6 | 2014-10-15 20:45 | その他 | Comments(29)

U.S. Bayonet M1 & M1 Garand

先日、台風明けで気分の良い秋の日をアキバで満喫していると・・・メールが。

「中田商店でガーランドの銃剣が1000円だよ」

全く不躾なメールだが、ニャンコを娘と思い込んでいるヤヤ不器用な友人からだったので真摯に対応してあげることにした。

早速、中田商店に行ってみると(しかしアキバにいたとは何とも奇跡的だが…)箱の中にカット済みのM1銃剣が2~30本入っている。
ここは何本か購入して僕が健在である旨を友人に示さねばならない。

見ると刻印違いで何種類かある。
取り敢えず昔から持っているものもあるので、家に無いと思われる刻印のものをチョイスした。

米軍のM1銃剣は6社が製造している。

Utica Cutlery (UC)

Union Fork and Hoe (UFH)

American Fork and Hoe (AFH)

Oneida,Limited (OL)

Pal Blade and Tool (PAL)

Wilde Tool (WT)

そのうち5社が揃ったわけだ。
WT刻印は見当たらなかった。


e0162444_22391542.jpg

Pal Blade and Tool (PAL), Plattsburg, NY.

e0162444_22391540.jpg

Oneida,Limited (OL), Oneida, NY.


e0162444_22391528.jpg

Utica Cutlery (UC), Utica, NY.


e0162444_22391695.jpg
American Fork and Hoe (AFH), Geneva, OH.

e0162444_22392345.jpg

Union Fork and Hoe (UFH), Columbus, OH.


e0162444_22392383.jpg
これは米軍製造品ではなく日本製のようだ。
刻印はNP Jと入っている。
グリップは全体に丸みが強く、裏面に53 8の数字がモールドされているので1953年製と思われる。
自衛隊発足以前なので朝鮮戦争の米軍用か警察予備隊の為のものだと思われるが・・・

いずれにせよ久しぶりに楽しい買い物をした。
やっぱ実物はイイね! Denixもいいけど。

タレこみを入れてくれたK氏には感謝! 感謝!



by 1944-6-6 | 2014-10-09 23:25 | 軍装 | Comments(9)

オレのヘカートⅡ

このクソ雨の本日10月5日(日)に秋葉原UDXとベルサール秋葉原の2会場で、『電撃文庫 秋の祭典2014』とかいうイベントが開催されたようでオレのヘカートⅡが展示されておったとのタレこみがあった。

以下が現場の状況写真だ。
e0162444_21400674.jpg
写真提供:シュタイアー御子息

「ヘカートかぁ……何もかも皆懐かしい……」


ガクッ・・・死んだ!





by 1944-6-6 | 2014-10-05 21:46 | 模型 | Comments(1)