人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

CMC Mauser Kar.98k Sporter type

e0162444_18345161.jpg
先日、射撃を始めたいという友人に同行して都内の銃砲店を何店かまわってきた。
僕的にも久しぶりに訪れた店もあり非常に楽しかった。
ただ、銃砲所持者に対する方策はチト厳しすぎとも思われる話もチラホラ。
持っているだけで犯罪者…的な気もする。
一つまみのフトドキ者の為に連帯責任的な事はドーなんだろう?

とまぁ、愚痴は置いといて。
銃砲店では大好きなレミントンやウィンチェスターのボルトアクションライフルを見てきたが、どうもイマイチ燃えてこない。
銃砲店に行く前に寄った中古モデルガンショップの「大雄」のほうが遥かにドキドキした気がする。
実物は許可だ管理状況だ更新だ…で、どうも自分のものの気がしないのが原因かも知れない。
モデルガンなら売ろうが買おうがカスタマイズしようが、誰の許可のいらない。
その点は無可動銃にも言えることだが…
e0162444_18345135.jpg
そんな訳でCMCのKar.98kスポーターを撮ってみた。

やっぱボルトアクションはイイね!
金属と木の感じは美しい。
何故か銃砲店に並んだ実銃より実感があるのはどうしてだろう?
e0162444_18345142.jpg
CMCの98kスポーターには初期ロットと後期ロットがある。
ストックの出来なんかは圧倒的の初期のモノが綺麗な気がする。
チェッカーも丁寧に入っているようだ。

写真のものは初期タイプでボルトハンドルも後期のものに比べると後方への曲がりが強い。
 
ただし、エキストラクターは実物を付けている。
CMCオリジナルはプレス加工で出来ているのだが、著しくボルトに傷をつけるのだ。
特にスポーターはメッキ仕様なので痛い!
作動させなければ良いのだが…それは僕にはできない相談だ。
e0162444_18345110.jpg
5連のストリッパー・クリップから8㎜モーゼル弾を一気に押し込む感じは何度やっても気持ちがイイ!
その後、クリップを抜かずにボルトを前進させると、はじかれるようにクリップが飛んでいく。

そこからは、なんとも甘美な妄想の世界が始まっていくのである。

どうも僕のボルトはイマイチ元気がないからねぇ。
e0162444_18345126.jpg
マガジン・ベースを外せば残弾が一気に出てくる。
ジャラッて感じだ。

このダミーカートの重量感もなんかイイのだ。
e0162444_18345185.jpg
メッキ仕上げのボルト…いいねぇ。
ここにエンジンターン加工がされていると、いかにも猟銃って感じになるのだが。
CMCエキストラクターによって付いた傷が確認できるだろうか?
こうなる前に対処すべきだった。


by 1944-6-6 | 2013-12-22 00:05 | 絶 版  C M C | Comments(10)

DenixのM1ガーランド用M1905E1銃剣をいじくってみた。

e0162444_20323477.jpg
以前にレポートしたDenixのM1ガーランド用M1905E1銃剣をいじくってみた。
デニのままだと実物のスキャバードに最後まで入らない・・・ロック部分が当ってしまいダメなのだ。
何故デニもここまでリアルに作っておきながら、ロックしないようにしたのか・・・
きっと、大人の理由があるのだろうが(か、どうかは知らんが)、そこはガツンッと修正してやるのがオヤジーの意地である!! ふんふん!
e0162444_20323446.jpg
ドーでもいいがガーランドと並べると、やはり絵になる!
これが¥3,000の銃剣に見えますか?
合法の亜鉛合金の銃剣に見えますか?

因みにこの無可動M1ガーランドはオリジナル度85%のWinchester製だ。
めったに見れない逸品である(自慢!)。
e0162444_20323416.jpg
当たり前だがちゃんとスキャバードに収まっている。
ロックも掛かる。

因みにM2ボールのダミーカートだが、弾頭はよくあるシェラの150gr FMJではない。
シェラのFMJだとクリンプ・グルーブの関係で弾頭の繰出し量が短くなってしまう。
オリジナルM2ボールの場合、全長が3.34in(84.83㎜)なくてはならないが、先のシェラFMJ装着だと83㎜弱、あと2㎜弱たりないのである。
この2㎜の印象の違いはデカイ!
しかも形状的にも尖がった感じで大戦中のイメージではなかった。
そこで僕はシェラ製ではないFMJを探して雰囲気の良い弾頭を見つけたのだ。
・・・と、まぁフェチってみたのだが、それこそドーでもいいか。
e0162444_20333358.jpg
今回改良の為に鍔(ツバ)を外しロック部分を削りこんだ。
これがその部品構成である。

今回の改良で一番大変というか手が掛かるのが鍔の取り外しだ。
鍔を外さないとロック部分が外せないのである。
e0162444_20333320.jpg
鍔を止めているピンがDenix製は非貫通で右側から叩き込まれているので外せない。
そこで左側からピンのある位置にやや小さな穴をドリルで開け、元のピンを左側から叩きだすしかないのである。
その後に、右側と同じ穴にあけ直して貫通ピンを造り、叩き込んで固定することにした。
これは実物も同じ固定方法である。
e0162444_20333424.jpg
貫通ピンを鉄材から作った。
ちょうどピッタシの3㎜材があったのでラッキー!
e0162444_20333478.jpg
スキャバードのロックが入る部分を上下に広げ入り易くする。
実物もそんな感じに加工されているのだ。
e0162444_20333334.jpg
ほとんどロック・ボタンを削っただけで完了。
写真の白い部分が削って整形した部分だ。
e0162444_20353465.jpg
Denixではグルーブ(横溝)で表現されているロック・ボタンの滑り止だが実物はチェッカー。
筋目ヤスリでサクッと入れてみた。
ロック部のフックの形状はオリジナルとは若干異なっているが、これは鋼材と亜鉛合金の強度差を考え補強としての形状決定だ。
オリジナルはもっと繊細なフック形状で、とても亜鉛じゃもたないとの判断。
e0162444_20333476.jpg
しかしこんな感じでスキャバードにはしっかりロックされる。
まぁ、改良点はあるのだが・・・
e0162444_20333426.jpg
グリップは前回同様、筋目ヤスリで縦スジを多くした。
実物は固定ネジがボルト&ナット・タイプだが今回はサルッとパスした。
e0162444_20333449.jpg
鍔を外したついでに上面下面にあるパーティング・ラインを削っておいた。
これは、モデラーにとって残しておいてはいけない非常にみっともないものなのだ。
e0162444_20333469.jpg
これが鍔の固定ピンを叩き込む直前の写真だ。
貫通孔がよく判る。
e0162444_20333472.jpg
後はピンを叩き込んでから面一の整形しブルーをかけて終了・・・のはずであったが、グリップエンドの形状が角ばっていて非常に気に入らなくなってきた。
実物はもっと丸みがあってセクシーなラインである。

考えること10秒・・・こうなりゃあ、削ったるわ!!!

ちゅーことで、いつもの様にガリンガリン削ったのが最初の写真である。
ほとんど自己マンの気もするが、なかなか気に入る逸品となったのである。

メデタシ! メデタシ!



by 1944-6-6 | 2013-12-13 03:17 | ア ク セ サ リ ー | Comments(6)