人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

CMC M1911A1 カスタムガン (ナショナル マッチ)

e0162444_23574734.jpg
e0162444_2358487.jpg
若かりし頃、Gun誌のレポートで大先輩「国本圭一」氏が使用していたM1911カスタムがあった。ナショナルマッチ・ゴールドカップをジム・ホーグ氏がカスタムしたもので当時メチャクチャ痺れてしまった。
その後、創世当時のWAがMGCのGM2をカスタムしたものを発売していたが非常に高価でとても手が出なかった。
そんな当時、なけなしの銭でCMCのNMスライドを手に入れ軍用タイプのガバに乗せてその気になっていた。
今考えるとラッキーな事だったが僕の買ったガバは不良品でバレル内の前撃針が付いていなかった。
おかげで発火することも無く今に至った。

今回はそんな子供の頃の憬れの残骸である。


by 1944-6-6 | 2011-05-31 00:22 | 絶 版  C M C | Comments(4)

HI-STANDARD D-100 by Hudson

e0162444_0575617.jpg
e0162444_058135.jpg
e0162444_058284.jpg
22LRじゃなくて22MAGNUMなので薬莢が長い!
・・・って良く見たら22 MAGNAM CALと刻印(モールド)されていたのだ!!
そういやぁーミコアームズのM1ガーランドの刻印はRIFLEではなくLIFLEだった。
全く江戸時代のアルファベット感覚だ!
e0162444_11222.jpg

e0162444_114449.jpg
クロームもあるでよ!
e0162444_12535.jpg

ハドソンが撤退する前に今後どこのメーカーも金型を引き取り再生産しないだろうと思われるアイテムを買っておいた。
これで安心・・・と思いきやタナカからビズリーが発売されるのを知って眩暈がした。
このハイ-スタンダードのデリンジャーも絶対に・・・絶対に再リリースは無いと思っていたのに軽く裏切られた!

ガッデーム!!

サファリランドのホルスターも手に入れて最近流行りのコンプリート化したつもりだったのに。

まぁ、そんただ事にはめげずに写真だけでも撮っておきましょうか。

by 1944-6-6 | 2011-05-24 01:28 | 絶 版  ハ ド ソ ン | Comments(4)

なんか不気味な風景

e0162444_16473196.jpg
なんか怖くないスカ!
非常に心象的な恐怖がありました。

新宿駅から歩いて10分くらいのところにあった世界です。

by 1944-6-6 | 2011-05-12 16:52 | そ の 他 | Comments(2)

瀬田隧道

e0162444_16104029.jpg
e0162444_16105059.jpg
先日の休みに友人と変わりゆく「二子玉川(通称:ニコタマ)」をブラブラしてきた。
ある意味心地よかったローカルな風景が一掃されてなんか馬鹿げた観光地化していたのには全くオヤジーの美意識ではついて行けない。

・・・などということは何時もの如くどーでもいいのであった。
なんせ江戸っ子は時代の変化に順応しやすい生き物なのだ。

ちゅーことで久しぶりにウルトラ・ファンにはよく知られた「瀬田隧道」を確認してきた。
まだ、あったぜ!
ご存じウルトラQの「育てよカメ」やウルトラマンの「ミイラの叫び」のロケ地だ。
一時、心霊スポットとも言われていたようだが・・・


e0162444_1611432.jpg
e0162444_16111386.jpg
駅前のキチガイじみた大規模再開発と目と鼻の先にはこんな良い時間が流れる空間もあった。
高いビルは世界遺産にならんけど、こういうのは世界遺産になるかも・・・それぁねえか。
それでは「人はパンのみに生きるにあらずが選ぶ歴史的に大切かも知れない気持ちの良い遺産(通称:人パン歴史遺産)」として登録することとしよう。

by 1944-6-6 | 2011-05-12 16:34 | 特 撮 モ ノ | Comments(2)

ガバ100周年なんだよね・・・ヤバッ!!

e0162444_3494597.jpg
タナカのスティール・フィニッシュはヤバイくらい鉄っぽいのである。
こうなると金属製モデルガンの白や黄色ってのはなんざんしょって言いたくなる。
当時、紛らわしいからとか仰ってましたが・・・

まぁ、そんなこたぁドーデモイイさね。

本題はこっからなのである。
昨日、我家に金色(こんじき)の天使をつかわして下さったZEEKのシバシャチョーと話す機会があった。
いつも大変に興味深い話を聞かせて頂き嬉しくなってしまう。
M1911A1が大好物の僕は次期リリースのM1911はどーでもよかったのだが取り敢えず次回作の事をちょっと聞いてみた。

「驚かせますよ!」との事。

勿論、アブナイ話ではなく再現性と精度の事だ。
熱く語るシャチョーの言葉はM1903 .32AUTOで実証されている。

クゥーーーー、ヤベェーーーー!!!

もうすぐプー確定の僕には30万は国家予算と変わらない・・・
ドーする、オレ! でも今年はガバ100年だ!

いつか向こうの世界でジョン・M・ブローニング、ジョン・C・ガーランドとサミュエル・コルトをメンツに麻雀をやりたいとカネガネ思っているので、ここはなんとかお祭りに参加しておかなくてはならない。(何故?)
なんたって、あたしゃー三代続いた江戸っ子なんですから。(ハァ~?)

「全くもって困ったもんですたい!!」

因みにその麻雀の場ではミハエルはお茶くみである。



さて、僕は暴挙にでるのでしょうか?
by 1944-6-6 | 2011-05-12 04:34 | エ ア ガ ン | Comments(7)

お巡りさんの拳銃ケース

e0162444_0594033.jpg
オクにて購入したS&Wビクトリー・タイプ4インチ用拳銃ケース。警察用を示す刻印は見られないがまず間違いなくお巡りさんようだ。
固定用のストラップはビクトリー・タイプの撃鉄でないと掛けられない。M10系の撃鉄ではハンマー・ホーン部分が低くなるのでストラップに干渉してしまう。
となると戦後米軍から払下げられたS&Wが入っていた事になり・・・・・お巡りさん用という訳だ。フム フム
ボタンが破損していたので非常にお安く4000円はしなかった。
ボタンは直ぐ修理完了でバッチリ!お買い得な逸品だった。

満足! 満足!


e0162444_10990.jpg
ハートフォードのビクトリー・モデル。
いろいろ不満はあるがらしいって言えばらしい。
オリジナルグリップにパックマイヤーのグリップ・アダプター付き。
サイズは6LでKフレーム用だ
これが幼き頃のお巡りさんの鉄砲のイメージなんである。
こうなると引金の後ろに付ける安全ゴムなる物が欲しくなった。
どーせ売ってはないだろうから作っちゃうかなぁ。

でも、カッコええなぁ!

e0162444_102653.jpg
左から、ニューナンブ用、Jフレーム用、Kフレーム用、Nフレーム用
e0162444_111350.jpg
ゴチャゴチャ!
e0162444_113060.jpg
これまたGun誌の表紙風アングル。
ええね!

by 1944-6-6 | 2011-05-07 01:33 | ホ ル ス タ ー | Comments(4)