人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

姿は見せずに現れ消える・・・

e0162444_0115717.jpg

50過ぎのオヤジには忘れられない「忍者部隊 月光
あの頃は忍者ブームだったんだな。


e0162444_0123511.jpg

なんと1964年放送開始の忍者部隊月光でブローバックして排莢するMP28ベルグマンが登場している。
写真の左上にボケているが空カートがしっかりと飛んでいる。

素晴らしいことです。


e0162444_0125410.jpg

テロップには日本MGC協会(MGCとはモデルガンコレクターズの略)としっかり入っている。
1963年の「007は二度死ぬ」でもプロップガンを提供しているのだから納得はするが・・・

やはり、素晴らしい!


e0162444_0132442.jpg

もうひとつ、素晴らしいのはこのオネーサン。
忍者部隊では「三日月」の源氏名で呼ばれていた。

えーねー!

でも敵をピストルで倒したのに月光隊長に「馬鹿!撃つ奴があるか、拳銃は最後の武器だ。我々は忍者部隊だ!」と意味不明の叱責を受けてしまう。
綺麗なネーチャンへの言葉攻めは子供心にも強い憧れを持たすことになる。

絶対に月光はSだな。

by 1944-6-6 | 2010-11-29 00:44 | 映画・テレビ | Comments(0)

秋の気配・・・ってオフコースかい!

e0162444_14770.jpg
時期的には「冬の気配…」なんだけど。
昨日、何気なく訪れたお寺の境内で見目鮮やかなモミジやイチョウを見て心を洗われました。
よ~し、明日はバアサンに席を譲ろう・・・って明日だけかい!

by 1944-6-6 | 2010-11-27 01:14 | その他 | Comments(0)

Re-finish

e0162444_23192024.jpg
e0162444_23194062.jpg
e0162444_232042.jpg
e0162444_2320203.jpg
何気にS&Wのロゴが3つ並んだ。
e0162444_2331043.jpg
以前、ヤフオクで格安にて落札したS&Wのオリジナル・グリップをお手軽にRe-finishした。
購入した時は表面のクリアー部がボロボロで触るのもおぞましい可哀想な状態だった。

Do it your self(自分のケツは自分で拭け)の好きな僕は好んでこのようなアイテムを欲しがる。
何故かって・・・完品はコレクションにはなるけど手は入れられないからだ。

綺麗なモノは綺麗なままに・・・それは当たり前。
でも難有りはいじれるから楽しい!

今回はBIRCHWOODのTru-Oilちゅーのを使ってみた。
何気に単なるアマニ油と思って買ってみたんだけど・・・ニスの様なもんだった。
ペーパーやスティール・ウールで磨いた表面に指で塗ればそれでOK!
非常にお手軽ナンダナ。

若干の慣れやコツは必要だけどラクラク出来る。
これでまた楽しみの域が広がったちゅーわけだ!

メデタシ! メデタシ!

by 1944-6-6 | 2010-11-24 23:54 | グリップ | Comments(0)

ワンダバダ ワンダバダ ワンダバダ

e0162444_064855.jpg
e0162444_07896.jpg
e0162444_073067.jpg
e0162444_075138.jpg
e0162444_081342.jpg
今年一番楽しみにしていたプラモがやっと発売された。

マットアロー1号!

誠にワンダバな逸品である。

by 1944-6-6 | 2010-11-23 00:14 | 特撮モノ | Comments(5)

Colt M1903 .32auto

e0162444_010517.jpg
e0162444_0102639.jpg
e0162444_0105856.jpg
e0162444_0115362.jpg
e0162444_0124015.jpg
e0162444_013470.jpg
e0162444_0132893.jpg
e0162444_013487.jpg
e0162444_0153396.jpg
素晴らしい天使が降臨されました。

ハレルヤ! ハレルヤ!

by 1944-6-6 | 2010-11-20 00:21 | モデルガン ZEKE | Comments(6)

FN Browning M1910

e0162444_1151550.jpg

「サラエボ事件」・・・まったくといって歴史には関心がない人間なのだが第1次世界大戦の発端となったこの事件ぐらいは知っていた。
と言ってもイデオロギー的にではなく単に銃器的な情報のみというのが、いかにもノンポリらしいところだ・・・

しかし僕などが知っていた古~い情報ではオーストリア皇太子夫妻を撃ったセルビア人の使用していた銃はFNブローニングM1900と言われていた。
M1900はこれまた大好物な鉄砲ではないか・・・
昔、ミコアームズから真鍮のモデルガンが出ていたっけなぁ。
ハートフォードも九四式の次はこれをモデルガン化してほしいもんである。

・・・閑話休題・・・

ところが・・・最近の情報では同じFNブローニングだがM1910というのが真相らしい。

M1910と言えば今年が100周年記念の年。
敬愛するジョン・モーゼス・ブローニング大先生の優秀な作品である。
同氏は敬虔なモルモン教徒である。
昔の知り合いにもいたが彼らはお茶とかポルノとかはNGとか・・・
ブローニング先生の様な立派な人になりたかったが、とーてい無理である!

・・・閑話休題・・・

ちゅーことでマルシンのヤツを撮ってみた。
何といってもカッコイイじゃあ、あーりませんか。



by 1944-6-6 | 2010-11-15 01:28 | モデルガン マルシン | Comments(5)

きんぽうげ

e0162444_2344745.jpg久しぶりに「きんぽうげ」を聞いた。

いきなりのギターに久々に感激!
なんかスゲェかっこいい!

元来どちらかと言うと器用な方だけどギターは全くダメだ!
御多分にもれず若い時に何度かトモダチにギターを習った事があるが必ず最後に言われた

「オメェ、ギターはやめた方がいい!」

確かに指が短くて太いからコードをまともに押さえられないかもしれないが・・・引きてぇよ~!


「きんぽうげ」を初めて聞いたのはハタチの時・・・
何年か前にカラオケで歌った時にトモダチに言われた

「オメェの声には色気が無いからダメだ!」



確かにそうかもしれないが・・・歌わせてくれよ~!

by 1944-6-6 | 2010-11-13 02:58 | その他 | Comments(0)

神保町に行ってきた。

e0162444_112087.jpg
日曜日が休みだったので、なんの気なしに神保町に行ってみたら「第20回 神保町★ブック★フェスティバル」なる催しをやっていた。

前に神保町にブラっと来た時に昭和の写真集のハードカバー本を行き成り3冊も購入し、その後重くて重くて閉口した思い出がある。
ふと、それを思い出し、今日はそうならない様に気をつけなくては・・・と思った。

・・・しかし、やはり、やべえ・・・

またしても重たい写真集を会場に入ってすぐに買っちまった!

それが東京オリンピックの写真集である。
なんせ500円だったんで・・・つい!

その後、またしてもバターン行軍の様な辛さであった。
しかし、会場でタイのうどんを食べて満足し「妖怪花札」も購入!
ちょっと天気が危なかったが楽しいお祭りであった。

マンゾク! マンゾク!!
e0162444_1121638.jpg

射撃の記録写真とワルサーGSP。
なんとなく絵になるのでは・・・
e0162444_1123529.jpg

もはや意味など考えられないショット!
気にしないでもらいたい。

by 1944-6-6 | 2010-11-02 01:34 | その他 | Comments(2)