人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:絶 版  ナ カ タ( 2 )

Walther P.38 by NAKATA

e0162444_19221040.jpg
昨夜に引き続き本日もワルサーP.38である。
今回はかなりのオヤジー達が一度は手にしたことがあるんじゃないかと思うナカタのP.38だ。
e0162444_19235157.jpg
手に取ってみると何処かブサイクに感じるが、こうして写真で見ると結構カッコイイ。
e0162444_19223241.jpg
この個体のグリップはアンクルタイプが装着されていたのだが、やはりコマーシャルタイプがいいということで手持のマルシン製を取り付けてみた。
元々大した違いはないようで若干手を入れればこんな感じで取り付けられる。
e0162444_19221020.jpg
ハート形のトリガーガードは強烈な印象だが、ある意味これがナカタのワルサーなのだ。

当時このトリガーガードに慣れてしまっていた僕は、後年手に入れたCMCの直線的な形状が手抜きに見えて仕方なかった。
我ながらアホウなことである(笑)
e0162444_19221114.jpg
今見るとハンマーも凄い形だ。
まるでゴム長靴のようなに見える。
しかし当時NAKATAのバナーが結構好きだったのを思い出した。
e0162444_19221192.jpg
マガジンにもNAKATAバナーが打刻されている。
因みにカートはZEKE製のリプロ品だが非常に素晴らしい。
正確でスムースな装填が可能だ。
排莢時は重いカートがよく飛んでいく。
e0162444_19221235.jpg
チャンバーにカートを装填すると指示ピンがスライド後端に出てくるのは立派だ。
ハンマーの打撃面に出っ張りがあるのもNAKATA P.38の特徴だ。
e0162444_19223765.jpg
確かに薄べったい感じもするがこれはこれでイイ感じだ。

考えてみればMGCのルガーP.08も薄べったいし・・・なんか妙に心地よい。どこからか平玉火薬の匂いが漂ってきそうだ。

次回はこのP.38を解体してみる。
こうご期待!




by 1944-6-6 | 2017-01-06 21:30 | 絶 版  ナ カ タ | Comments(4)

Browning Hi-power by NAKATA

e0162444_21154553.jpg
先日のOFF会にて知人が持ってきてくれた "飲みのネタ" が本日のナカタ製のハイパワーだった。
キラン!「これはブログるしかない!」
ちゅーことで無理を言って借り受けてしまった。

有難うございます!


思い起こせばハイパワーは中坊の時に黒染め穴開きで遊んでいた。
銃口にカンシャク玉を押し込んで発砲すると壁や樹木に当たって弾ける。
本物を撃っているようだ! と感激しながら遊んでいたのだ。
時すでに46年規制後だったが今に比べ世の中のんびりとしていて、中坊がそんなモデルガンで遊んでいてもお巡りさんも見て見ぬふりだった。
e0162444_21154972.jpg
やっぱ、ハイパワーはカッコイイやね。
以前に異国にて実物を握ったがメチャクチャ握り易かった。
モデルガンに比べグリップ全体に丸みがあって太く感じないのだ。
ブルーも凄く綺麗でとにかく上品で良いテッポーといった印象しかない。
e0162444_21235236.jpg
ナカタのハイパワーもイイ感じだ。
先端が薄くなっているスライドがガバと比べるとオシャレでラインが綺麗だ。
e0162444_21154929.jpg
初めて見た時はトリガーの位置からDAなのかと思っていた。
ナカタがカナディアン・タイプをモデルガン化したのでタンジェント・サイト付のM1935を見た時はゲゲッと思ってしまった。
でも本当はカナディアンのほうがマイナーなモデルなのだ。
e0162444_21154000.jpg
このナカタ製は46年規制直後の製造品なのか仕上げが粗く感じる。
e0162444_21154406.jpg
かすかな記憶では僕が中坊の時に持っていたモノにはストックレールがあったような・・・気がするのだが勘違いかもしれない。
e0162444_21154013.jpg
かなり実物をトレースした構造だ。
マガジンセフティは実物とは異なる動きをするがシッカリと機能する。
この部分のアイデアにはホント感心させられてしまった。
e0162444_21154087.jpg
ナカタ製ではスライドストップの軸がバレルをロックさせているが、実物はスライドストップ軸の直後にロッキング用のシャフトが固定されている。
タナカのエアガンでは一段凹んだモールドでその部品を表現しているが、実際はフレームと面一だ。
e0162444_21154032.jpg
ナカタお得意のファイアリング・ブロック・システムだ。
P.38やフレンチ、トカレフなどが同じような構造をしていた。
e0162444_21153432.jpg
アルミ製のこのファイアリング・ブロックが発火させていると直ぐに割れるのだ。
何度か中田商店(当時はモデルガンを展示販売していたのだ)に買いに行った記憶がある。
それとバレルがチャンバー直前で折れるのには困りはてた中坊の僕だった。
中坊にはバレルは壊れると高くついたのだよ。
e0162444_21154571.jpg
ナカタ・オリジナルのマガジンは何故かパーカライズされたものだった。
今思えばトカレフもそうであった。
このハイパワーのオーナーはマルシン製のプラ用メッキ・マガジンを取り付けていた。
なかなかゴージャスな感じでイイ。
e0162444_22311173.jpg
キャッチ部分に手を加えているとのことだ。
e0162444_21154060.jpg
その他、木グリもマルシンのものを取り付けられるようにスペーサーを付けている。
木グリが付くと非常にカッコイイ感じだがランヤードリングを付けられなくなってしまっている。
記憶ではランヤードリングのねじピッチが細かくてすぐにバカになってしまった。
当時ナカタ製には何とも言えないアンクル用の木グリしかなかった気がするが・・・
e0162444_21153451.jpg
完全分解してみたが・・・マガジンを入れ忘れた。
まぁ、完璧を期すと魔がさす・・・と言うことでご勘弁されたい(笑)



by 1944-6-6 | 2016-09-21 22:30 | 絶 版  ナ カ タ | Comments(8)