人はパンのみに生きるにあらず                                 "Man shall not live by bread alone."    k’z(ケイズ)ブログ

カテゴリ:エ ア ガ ン( 52 )

Luger P-08

e0162444_32937.jpg
e0162444_324033.jpg
タナカのルガーP08ヘビーウエイトです。
バレル・レシーバーとフレームはブルーイングされてものをオクにて落札!いちおうショップ・カスタム品らしいのですがそれほど仕上げは良くありません。値段もメッチャ安かったから文句はいえませんが・・・結構お気に入りのひとつです。



by 1944-6-6 | 2009-01-29 03:25 | エ ア ガ ン | Comments(0)

Smith and Wesson M66 .357magnum

e0162444_0211841.jpg
e0162444_0214347.jpg
e0162444_0215570.jpg
タナカのヘビーウエイト・タイプのM66。
いかにも塗装って感じがチープなのだが変に上品でなんかお気に入りなのである。



by 1944-6-6 | 2009-01-19 00:29 | エ ア ガ ン | Comments(1)

Packmayr Lightning

e0162444_1173392.jpg
e0162444_118973.jpge0162444_1183116.jpg
e0162444_1192823.jpg

e0162444_1194799.jpg
CMCがパクってたパックマイヤー製のライトニング・グリップ。
CMCは軟質プラだったけどオリジナルはゴムで出来ていたんですねえ。



by 1944-6-6 | 2009-01-16 01:31 | エ ア ガ ン | Comments(0)

Remington M870 & Winchester 00 Buck

e0162444_2321031.jpg
e0162444_2322492.jpg
e0162444_2323528.jpg
何を隠そう僕は「銃砲所持許可」を持っているのだ!
これは正しい行いをし国のために貢献する覚悟を持っている人にしか与えられない・・・というほどのものではないが本当に持っているのだ。
が、何故かタナカのM870も持っている。勿論これはエアーガンなのだ。
実物も申請すれば所持できるのに・・・である。

先日、やはり実銃を所持している知人にその事を話したら彼もタナカを持っているとのこと。

やっぱり手元において遊ぶには実銃ではないほうが良いのである。 フムフム 納得!!!



by 1944-6-6 | 2009-01-15 02:52 | エ ア ガ ン | Comments(3)

S&W M64 stainless revolver

e0162444_20143758.jpg
e0162444_20195053.jpge0162444_2020810.jpg
チェッカリング・タイプのオリジナル・グリップはあんまり見かけないので稀少かも。色合いもステンレス・タイプにはバッチシ!!!
アルミの削り出しフレームが欲っしいー。
e0162444_20205677.jpg
パック・マイヤーのライトニング・グリップはM36には似合うけどM10に着けると、なんか中途半端にデカくて野暮ったいです。
64と並べると綺麗な奥様と根暗おたくのダンナの夫婦って感じかな?!



by 1944-6-6 | 2009-01-13 20:40 | エ ア ガ ン | Comments(0)

Colt Police positive special

e0162444_1452385.jpg
僕が初めて買ったモデルガンはコモダのポリス・スペシャルっていうPolice positive specialに準じたモノでした。
今にして思うとなかなか渋い選択に当時の自分を誉めてあげたくなります。
意識していなかったけど僕の38口径好きはこの時期に形成されていたようです。
昨日、イベントでそのコモダのポリス・スペシャルが¥8000で出ていたけど買いそびれてしまった感があります。
弾無しだったので躊躇しているうちに忘れてしまったんだけど買っときゃよかったなあ・・・

写真の銃はタナカのポリス・ポジティブのグリップ・フレームを短く改造して、オクで落とした実物と思われる木製グリップを取付けたモンです。
何気ない感じが実によろしい!!・・・と結構お気に入りの一丁です。
e0162444_1453617.jpg
e0162444_145464.jpg

by 1944-6-6 | 2009-01-13 13:28 | エ ア ガ ン | Comments(0)

S&W M36 square butt

e0162444_3374950.jpg日本製の公用拳銃ホルスターにもなかなかカッコイイモノがあります。
写真のものは裏に「警視庁」の刻印が入っています。かなり古いもので30年位前は上野の払下げ屋で¥500で販売されていたものです。S&WのJフレーム2インチ用でスプリング・ホールド・タイプのしっかりした出来で元々の仕上げは結構上等だったと思われます。
昭和20年代か30年代にこのホルスターを着けた刑事がホシを追っていたのかと思うとお得意の脳内妄想が広がり暫くの間トリップしてしまいそうです。
太陽にほえろの長さんって感じかなぁ・・イメージとしては。

収めている鉄砲はタナカのチーフ・スペシャルですが実物のスクエアー・バット・グリップに合わせグリップ・フレームを自分で修正しました。本当は時代から見て小判型のサム・ピースとスウイベルがついていたほうがらしいのかも知れませんがモノグラムの位置やサイド・プレートの4スクリューなど考証が面倒で・・・はっきり言って手抜きです。
しかし見慣れたラウンド・バットと比べ新鮮で良い感じ!ちょっと違う鉄砲って気がします。

e0162444_33811100.jpg
e0162444_3384025.jpg
e0162444_339757.jpg
e0162444_3392337.jpg
e0162444_3401382.jpg

by 1944-6-6 | 2009-01-06 04:18 | エ ア ガ ン | Comments(0)

The Man from U.N.C.L.E.

広告を見たときから「買い」って決めていたマルゼンのP38デチャッタブルを正月早々に手に入れてしまった。
もう誰が見ても○○11ナポレ○ン・ソ○のアンクル・スペシャルってーのはわかるっちゅーに‘あえて‘その名前を出さないのは何らかの大人の事情があるのでしょうね。

まぁそんな事は偉い大人達に任せて陽気なオヤジは素直に喜び楽しみましょう。
e0162444_5332737.jpg
ウーン、カッコイイ!!数あるプロップ・ガンの中でも最高やね。
e0162444_5335615.jpg
僕的にはナポレオン・ソロ(あっ、言っちゃた・・)ってあんまし好きなわけじゃあないけど、なんの役に立つのか判らないバード・ケージ・タイプのサプレッサー・・・これがもうたまらなく、思いっきり握り難そうなグリップもなんだか知んないけどメッチャカッコイイ!!!
e0162444_537207.jpg
アンクルってオジサンの事だと思っていたのに実は「United Network Command for Law and Enforcement」の略だとか。
やっぱこの手の鉄砲にはショルダー・ホルスターがカッコイイのでBIANCHIのX-15mideumに入れてみたら中々良い感じ。

e0162444_5451471.jpg
e0162444_545366.jpg
どーせなら本家本元のP38もうpしてあげよう。これはこれでカッコイイからね!!!



by 1944-6-6 | 2009-01-03 05:56 | エ ア ガ ン | Comments(0)

Airweight

e0162444_126395.jpg

e0162444_1265496.jpg
先日の休みに高田馬場にある中古モデルガン・ショップに行ってきました。
中古ショップには思いがけないサプライズがあるので楽しみです。
この日も以前から欲しかったタナカのAirweightを発見!
コンディションはあまり良いほうではなかった(悪い)けど大きな傷も無く、おまけに8,000円の1割引きなら迷う理由も無し!即買いです。

早速クリーニングをしてみたら案外と良い感じでBIANCHIのBrackwidow#5とあわせてみました。
結構イイ感じなんで‘お気に入り‘に追加!!



by 1944-6-6 | 2008-12-21 01:47 | エ ア ガ ン | Comments(0)

Model49 Body Guard

e0162444_002297.jpg

e0162444_005150.jpg
僕にタナカのリボルバー・フリークにした原点がこのM49ボディーガードでした。
元々はそんなに好きな鉄砲ではなかったのですが、何気にオクで購入したM49があまりにも良い出来だった・・・って訳でそれ以降買い捲り。いわゆる大人買いって言うやつです。



でもこの鉄砲のイメージって幼き頃見たベトコンを路上で射殺!するおっそろしい感じでしたね。


ホルスターはサファリランド。
ホックがないのでM49にはピッタリ!これまたお気に入りの逸品です。

e0162444_014136.jpg

by 1944-6-6 | 2008-12-19 00:26 | エ ア ガ ン | Comments(0)